fc2ブログ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪214(中編)簡易感想~基本ネタバレなし~

※これは正規の感想記事ではありません。あくまで“仮の”感想になります。基本ネタバレなしですが、内容についてのおおよその印象を語りますので気になる方はご注意ください。

5月18日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」がアプリ版で喪214(中編)に更新されました。
今回は喪214(中編)についての「ネタバレなし」感想になります。お間違いなく。

1週遅れの更新になりますね。
前回、5月11日はわたモテの日だ!とはしゃいでしまいましたが、やっぱりそうは問屋が卸さなかったw

ただ、内容としてはむちゃくちゃ濃かったですよ。作画さんの首のヘルニアの影響とかはほとんど感じられませんでしたね。1週間待たされた甲斐があったものになっていたと思います。

ていうか、むしろ内容が濃すぎるために、ペースが追い付いていけてないのかもしれません。
原作と作画の連携がどういう体制になっているかわかりませんけど、今の隔週ローテがうまく回らなくなってきているんじゃないでしょうか。

いや本当、そろそろ考えた方がいいですよ。3週おきとか月1でもいいじゃないですか。ギリギリで「更新変更」の告知を出すよりはよっぽどマシでしょう。
今のわたモテはかつてのようなショートギャグコメディとは趣が変わってきているんです。いつまでもあの頃と同じようなやり方でいけると考えていること自体が間違っているような気がしてなりません。

今のわたモテにあったペースというか、体制を今一度構築することが求められているんじゃないかと思いますね。


というわけで、以下より喪214(中編)のネタバレなし感想を綴っていきますが、ある程度は内容が推測できそうな部分もあるかと思いますので、一切の予備知識がないまま楽しみたい方は正規の感想までまでお待ちください。

なおTwitterでは簡単な「ネタバレ感想」をつぶやいていたりします↓
https://twitter.com/horobijiji/status/1659043052034588674
https://twitter.com/horobijiji/status/1659043097303715841

その他、記事の更新予定やブログで書くまでもない戯言をつぶやいていたりしますので、よかったらフォローのほうをよろしくお願いします。

それでは、さっそくいってみましょう!


なんかすごく「中編」らしい回だなあというのがまず最初の感想でした。
前編と後編との掛橋といったらいいのかな、前後の話と合わさることでより味わい深さが増すような内容になっていたと思います。そう言った意味では、今から単行本で読むのが楽しみですね。

かといって、いわゆる「つなぎ回」ではないんです。そこがまあ、ややこしかったりするわけですがw
ある意味、「喪214」のど真ん中だったりするわけですよ。密度というか、作品強度的には前回以上の読み応えがあると思います。
その分、取扱い注意的面もありますけどね。下手に軽く受け流していたらいつの間にかのぼせ上がってしまうかもしれませんよw

いやあどうにも、抽象的な言葉しか出てきませんね。ネタバレなしで語ろうとすると、どうしても奥歯に物が挟まったような言い回しになってしまいます。

要は前回で予感させたエグい火種は見事発火しているんですけど、それでもまだ爆発はしていないというか燻っているような状態なんですよ。さらにここからというところで以下後編といったところなんです。
ていうか、当の本人が不感症のためにまったくその熱さに気づいていないと言ったほうがいいかw

話としては「サウナ」側と「岩盤浴」側との2本立てなんですけど、まだお互いの状況を把握していない感じがなんとも不気味というか次回への期待を募らせますねw
彼が彼女たちと合流することで果たして爆発が起こるかどうか、注目の後編になっていくかと思います。


今回のこれは読んでおくといいかもは、基本的にはまず(前回)で挙げたものと同じでいいでしょう。
それに加えて、

喪147「モテないし一人(ぼっち)で寄り道」 (コミックス15巻所収)
を見直しておきたい。二木さんとヤンキー娘たちとの関係性が意外な形で伏線になっていくので、その辺も押さえておくといいかもしれません。

で、ついでに
喪30「モテないし走る」 (コミックス4巻所収)
これも入れておきましょうかw もこっちの思わぬカミングアウト(?)に納得してしまうかもw

あと、
喪159「モテないしまだ謹慎中」 (コミックス16巻所収)
「謹慎編」の中では、こちらを特に読んでおきたいかな。それぞれの思惑だったり抱えているものを見ていくと、また違った見方ができるかもしれません。

で、最後には
喪127「モテないしのる」 (コミックス13巻所収)
これかな。麗奈と杏奈が意外な形で重要な役割を担っていましたね。まったく油断も隙もあったもんじゃないw(何が?)


イメソンは
「Self Control」 Laura Branigan
 
で。

要は「自分を抑えられなくなる」という意味合いらしいんですけど、今回の彼女たちを見ていたらそんな言葉がふと浮かんだんですよね。特にMさんはますますそんな感じになってきているようなので。
なお、MVはちょっとホラーというか、けっこう怖かったりするので視聴にはお気をつけくださいw(といってもあくまでイメージですけどね)


いやあまあ熱い戦いでしたよw
さすがスパ銭での攻防だけありますね。お互い自分の手札を温存しながら相手のカードを出させようとみんな必死w
前半のサウナでの戦いは直接的には本編に関係してこないものの、暗にその後の岩盤浴班での彼女たちを示唆しているかのようにも思えました。

要はみんな痩せ我慢しているんですよね。高度な心理戦を繰り広げているつもりが、けっきょく我慢大会みたいになっているんです。みんなもっと素直になればいいのにw

そんな中、一切の策略や目論見もなく、誰よりもスパ銭を満喫しようとしているKちゃんが実に痛快w
MやSの思惑が彼女の無邪気な行動によって無に帰ってしまう様は、見ていて気持ちの良いものがありましたよ。ある意味今回のMVPですね、彼女はw
てか、あの格好はなんだw ちょっとびっくりするわマジでw

あと、何気にRとAの性質の違いが見えたところも興味深かったですね。
Rは春の遠足でも思いましたけど、けっこうYさんに対してちょっかいを出したがる面がある気がします。単に無神経なわけじゃなくて、そこには彼女なりの素直じゃないコミュニケーションの取り方があるんです。つまりは形を変えたツンデレですねw
で、そこにリーダー格であるAがバランスよく空気を読むことでうまく成り立っているのかなと。彼女たちの関係性が垣間見れたのがよかったですね。

Uは平常運転w 一応Mに呼び出された形だったので、かき回す役目を担うのかなと思ったのですが、今のところそんな感じは見えないですね。まああちこちで火花が上がりまくるのもどうかと思うので彼女はあれでいいのかもしれません。
ていうか、意外な「対応」役だったのは笑ったw

Fさんはあんなことを言ってましたが、やっぱりちょっと疲れているんじゃないかなあ…どこか無理をしているんじゃないかと少し心配になってしまいますね。まあ負けず嫌いなのは間違いないでしょうけど。

Mさんはなんかもう怖いw
完全にSを手玉に取ろうとしているというか、自分の駒として利用しようとしてるw
Sが思っている以上にかなり狡猾なやり口ですよ。自分は一切手を汚さないつもりなんですから。
Mに利用されているのを承知で、真正面から向き合おうとしたSの方がまだかわいげがありますね。今回に限って言えば、Mのやばさがかなり突出した感がありました。
最後のオチなんて、特にそれが顕著に出ていましたよw

しかし、「映画」のことはすっかり忘れられていますねw
もはや彼と彼女たちの成り行きばかりに、話の興味が向いている感があります。
後編も果たして映画完成までいけるかどうか怪しくなってきましたね。

いろいろ気になることが多すぎて、本当に次で決着がつくのかどうか心配ですw(たぶん無理だろうなあw)


というわけで、今回はこの辺で。
正式な感想はブラウザ版更新後の週末になります。(一応6月の半ばあたりを予定してる感じですが、そこはまあ流動的かなあ…)


※コメントはご自由に書いていただいて大丈夫です。ただ一応、ネタバレを嫌う方への配慮として最初に【ネタバレあり】と表記していただけると幸いです。(強制ではありません)


映画制作もいよいよ大詰めの最新23巻は絶賛発売中!感想記事は来週あたりかな…



前編同様、喪205は読んでおいたほうがいいですね。



何かにつけすぐに賭けたがるヤンキーさんたちですが、その対象がアイスとかジュースというのがかわいいですねw



マラソンと我慢ってどこまで関係性があるんだろw



謹慎編は読むたびにいろんなことを考えさせられます。



今さらながら、Aさんも気苦労が絶えないなとちょっと同情しますw

関連記事
スポンサーサイト



tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

喪214中編ネタバレ感想 スパ銭で頭脳戦開催中

更新お疲れ様です。やはり中編できましたねーしかし24巻はオムニバスも前中後編構成だとすると、喪213含めて3本も入ってしまうという構成になりますね、もくじが寂しくならなきゃいいのですが。まあそんなことはさておきです。


中編は麗奈杏奈たちとのサウナ勝負からです。二木さんともこっちはダチですが、うっちーはそうじゃないので一応の声かけでしょう。しかしうっちーの「対応」とは・・・もこっちはMなのは読者ももう知っています。杏奈の胸がでかいのは公式ですね。



サムネの黒木のクロキを隠すことがうっちーの「対応」とはwwwもこっちの想像図に乳首でていますね、コミさんの水着想像回じゃ乳首黒く塗られていたのにw勝利したときのうちもこが組体操みたいなのは吹きましたw


二木さんの脱落で勝敗が決まりますが、15巻でももこっちたちと麻雀した際も彼女最下位でしたし、もこっちとめぐり合わせがよくないのでは?まあ麻雀対決は17巻見る限りじゃそっちゅうしているみたいですが。


二木さんは明らかにムキになってゲーム勝負に続きますが、編集は大丈夫なんでしょうか?そもそも疲労があるのではと、もこっちが本来監督で自分がやることを押し付けているのに、配慮ないなーと。出番がない加藤さんとネモに期待するしかないです。


場面転換で、岩盤浴のところでよしゆりと智貴が合流しました。会話の内容は智貴が来た理由で、姉に関することだと智貴吉田さんはまともに会話しているなーとほほえましく思います。はやし立てる麗奈とそれを止めようとする杏奈と、性格の差が出ているなと。杏奈からすれば、まだ吉田さんと智貴はそういう仲じゃないと察したのでしょうね。



さらにサチキバまこもやってきます。まこサチは私服をキメていますが、小陽ちゃんは部屋着同然なのも、意気込みの差がでていますね。まこっちは杏奈麗奈を見てからあっさり吉田さんを発見します。智貴・吉田・ゆりの川の字を見て何を思案したのでしょうか?


さっそくサチを智貴のそばへ誘導していきますが、あえて智貴君ではなく「あの男の子」というのがサチへの照れを隠しそうとしている意図を感じさせます。まこっちはサチのこと美馬さん呼びではなくさっちゃんとは。キバ子にも南さんじゃなくて小陽ちゃんと呼んであげてw


サチはわざとじらす感じですが、まこっちも心得たものでゆっくり誘導していきますね。しかしサチのモノローグの「蠅みたくついて回っているのね」「こういうウザくて意味のない会話得意ね」って全部自分に返ってくるのですがw
そうこうしているうちに、キバ子が智貴の横で寝ころびます。


「ブタ」「隣で養豚(ね)てんだよ!」もこっちに迫るようなディスセンスですねwまこっちは偶然出会った風に装っているのも、策士っぷりが磨きかかっているなwどかないキバ子と同衾までしだすサチ、「女子が仲良くやっているの男は好きでしょ」たぶん君が嫌う柿沼や廣畑みたいなオタ男子に好まれそうな絵図だと思います。



「嘘の仲良しを見抜けない男にはちょっと幻滅だけど」って勝手なことを、自分はノリマキとさんざん嘘の仲良しをしていたくせに。智貴は熟睡中です。寝顔がもこっちそっくりだなーさすが姉弟。このコマで吉田さんは起きているのが注目です。で寝返りして近くなるというベタなイベントが。


で智貴が起きたときはサチがアップで観察中と、まあびっくりしますよね。サチは当然ながらあなたに会いに来たなんか、しおらしいことはいいません(ストーカーっぽいかな?)智貴の「姉以外何人いるんだ」は最もで、そうすると背後からコゾー呼びが。


吉田さんは完全にガン飛ばししていますが、これは明らかにサチと見つめ合う智貴に腹を立てていたんですね。まだ恋愛感情になっていないですけど、あと一押しだと思います。「私は寝てねーよ」って要は自分のほうを構ってほしいのでしょう。


サチと吉田さんに挟まれ智貴は針の筵。熟睡中のゆりにゆりを通り越してねっとり見ているまこっちがなんとも言えません。結局智貴離脱でこの勝負は幕を下ろし、サチVS吉田さんのにらみ合いになるわけもなく。


サチはキバ子を連れてお風呂へ。吉田さんは智貴を追いかけって心境じゃないみたいですね、考え中です。そのなかゆりが起きかけようとするとまこっちがハンカチかぶせて寝なおしさせました。


このオチの考察なのですが、真子に悪意があるかただの親切でやったのかは、次回を見ないと決定しないといいますか。ただ私が推測するのに、最近のまこゆりって決して仲が良くないのですよ。ゆりは相変わらずわがままいうし、それに対してまこっちもちょっとイラつき始めていますしね。


あとまこっちはどうも吉田さん関連になると冷静さを欠くといいますか。喪208とかはもこっちを睨んだり明らかにおかしいですし、やはり現段階ではちょっとおかしくなっていると推測します。真子自体はとてもいい子なのですけど、いつも聖人ができるわけじゃないですしね。



今回は12Pでしたが(10P以上だと2週間以内じゃ書けなくなっているのでしょうか?)睨むサチと吉田さんと画策するまこっちと見どころ満載でした。もはや恋愛感情を隠さないサチと、最終段階まで来ている吉田さんと、サチを利用して智貴を吉田さんから遠ざけるまこっちと。


果たしてサチの恋愛は実るかどうかというより、サチ自身、成長というかものの考え方を変えないといけない段階に来ているのかなと。いい加減自分は利口で他人はバカみたいに思っていたら、手ひどいしっぺ返しがきそうです。


まあいつも考えなしの小陽ちゃんと一緒だから、自分の頭がいいという錯覚が助長されたいいますか。やはりサチキバまこゆりの特別編が喪214の前噺になっていますね。まこっちも画策して吉田さんとの距離をつめるって感じですし。真子も何かしら修学旅行でのゆりへの裏切りみたいな、後悔する事態になったりしかねないなと思えます。


次回は智貴編は喪213みたく中編でいったん終わりなのか、続くのかが謎です。まあ二木さんとのゲーム勝負はさすがに長くなると、加藤ネモが切り上げるように言いに来るでしょうし、ゲームで夜が明けたどうする展開はちょっとあかんでしょうし。


やはり智貴吉田真子関連でしょうかね?温泉につかる、サチキバ吉田真子展開かどうかわかりませんが、しかし後編で終わるかなー後編の1とかついたりしてw果たして24巻で文化祭が始まるのでしょうかね?


ではまた、23巻の感想をお待ちしております。23巻の感想記事がアップされるころには、日めくりカレンダーやポスターは手元に届いているかもしれませんね。

Re: 喪214中編ネタバレ感想 スパ銭で頭脳戦開催中

>かわずやさん

確かに今のところ喪213と喪214がともに前中高ですからね。しかも今後も文化祭が始まればさらに長編が続きそうなかんじですから、下手すると24巻は213と特別編、それに今回の214と次の215だけで構成される形になるかもw
目次のことを考えると、喪215は単独回の可能性もありそうですけどね。

うっちーと麗奈たちはあまり接点はなかったでしたしね。一応謹慎明けの席で一緒にはなっていますが、まあ顔見知り程度だったので、あの対応は当然なのかもしれません。それでも意外と律儀なところがありますよね、麗奈さん。
杏奈は巨乳というか全体的にふくよかな感じw 麗奈がわりとすらっとしているのでよけいにそんなふうに見えましたね。

あの「対応」は笑いましたw
想像図のあれはほとんど男の乳首ですからw ていうか、自分の想像なのにいいのかw
あのうちもこはなんなんでしょうねw 団体優勝でもしたつもりなんでしょうかw

15巻時の麻雀は、二木さんはほぼ初体験でしたからね。運だとか熱さとか理由はつけてますけど、どちらかというと、初物に弱いんじゃ無いかという気がします。毎日トレーニングも欠かさないようですし、天才型ではなく日々の努力がものをいうタイプなのかもしれません。

二木さんもけっこうムキになるというか負けず嫌いなところがありますからね。少なくとも本人がやるといっているのですから、大丈夫なんだと信じましょうw
加藤さんとネモはどうしているんでしょうね。なんか急にこの二人が仲良くなっているのが不思議というか面白いw

麗奈は吉田さんだと特にちょっかいを出したくなるようですねw 後で色々揉めるのがわかっているのにツンデレというかなんというかw
杏奈さんは関係性を考えてというより、常識的に嗜めただけなのではw 実際他の人もいる中であんな大声は迷惑ですし。

キバ子の服装には度肝を抜かれましたよw なんですかあれw マジで寝ようとした格好のまんまで出てきたのかと思ったw ていうか、仮にパジャマだとしてもあのいちごのセンスはないわーw
まこっちは帽子をかぶっているのが逆に新鮮でしたね。似合ってましたけど、心理的に何かありそうな気がします。

「あの男の子」はどちらにせよあの言い方しかなかったのかなと。智貴くんという名前すら覚えているかどうかあやふやですし、黒木さんの弟というのもなんか変ですしね。真子にとってはまだ1回くらいしか顔を合わせていない相手ですし、名前で言うわけにもいかなかったのでしょう。
そういえば「さっちゃん」呼びしていましたね。バナナが大好きなんだろうかw
まこっちはノリのことも喪190で「ノリちゃん」と呼んでいましたし、基本ちゃん付けなのかもしれません。
でも、そうなると南さんへの距離感が気になりますよねw ゆりちゃんは「ゆり」だしなあ。あえて名前呼びじゃないのはそういうことなのかなと思ってしまいますよね。

サチは相変わらず自分はうまく立ち回っているかのように思っているのが滑稽ですよねw
やっぱり自分のプライドを守らないと気持ちが保てないのでしょう。
逆にキバ子はある意味自由ですよね。よけいな思惑がない分強いw

「隣で養豚(ね)てんだよ!」は気づきませんでした…てか、よっぽど拡大しないと読めないw
まこっちの変わり身の早さはエグかったですね。サチが役に立たないと思ったらスパっと切るw
女子が仲良く、はどこ情報なんでしょうね?なんかそれ系のネット情報ばかりを見て鵜呑みにしてるだけなんじゃ無いかという気がするのですがw 百合系男子でも、フィクション専門でリアルは引くとか色々ありそうだと思うですけどね。

智貴はあの状況で熟睡できるのがすごいw 意外とどこででも寝られるタイプなんですかね?それともよっぽど疲れていたのか。まあいずれにせよ、女慣れしてるからではないのは確かですw
てか、あのポーズはいったいなんなんでしょう。私にはシェーにしか見えなかったんですがw

目を開けたら目の前にサチのアップとか、ホラーですよw
よくもまああんな冷静に返せたものです。お互い目つきのことを自覚してるのも笑ったw
でもまあ「教えない」はちょっとかわいかったですよw

吉田さんは完全に智貴が気になる存在になってきていますね。嫉妬の感情が生まれたらもう時間の問題かもしれません。
「私は寝てねーよ」もかわいかったw 本当構ってほしいんですよね。

まこっちの目線も怖かったですが、いつの間にか熟睡しているゆりちゃんもすごいw
智貴と違って、つい先程まで「まこ、来たんだ」と言っていたくせにw それこそ何シカトして寝てるんだとw
板挟み状態になりながらも「万引き犯かよ」とセリフつっこみをしている智貴がまた面白かったですね。けっこう余裕があるじゃねーかw

どこに行くかも告げずに立ち去るところもさすがですね。どこまでクールというか無愛想なんだとw
「めし」と言ってるところからすると、単純にもこっちたちを鉢合わせするとは限らない感じかもしれませんね。吉田さんもそのまま追いかけるとは思えませんし、次回がどんな展開になるのかまだわかりません。

あのオチはただひたすら唐突すぎて笑えたとしかw
単なるいたずらとも思えますし、ゆりちゃんが起きないように先手を取ったとも考えられますが、少なくとも表情からは苛立ちみたいなものは感じられませんでした。そこまであとを引くような描写とは思いませんでしたね。

まこっちはだから「セルフコントロール」ができなくなってきているんですよw
自分でも何をどうしたいのか、わからないまま暴走している感があります。良い子じゃなくなってきているというより、普通では無い状態に陥ってるように見えますね。

最近の傾向だと、10P以上だと延期する感じですね。まあページ数というより、内容の濃さのほうが大きい気もしますが。
それぞれの思惑が丁寧に描かれていて、読み応えとしては倍以上のボリュームを感じました。

はっきりいって、誰が智貴の心を掴むのかという展開にはならないでしょう。恋愛がテーマなのではなく、あくまでそこから見えてくる駆け引きの妙とか滑稽さを描きたいんだと思います。
サチがそこからはたしてどう成長していくかはわかりませんね。失恋まで描くとも思えませんし。

特別編はここにきて本当にいい伏線になってきていますよ。4人の力関係みたいなものも暗示されていますし、そこから微妙に変化しているのもわかるのが面白いですね。
まこっちはこの後どうなっていくんでしょうね。吉田さんへの気持ちにどう決着をつけるのか見守っていきたいです。

> 次回は智貴編は喪213みたく中編でいったん終わりなのか、
ああそうか、その線は大いにありそうですね。
私はてっきり智貴の話が次回へも続くと思い込んでいましたが、「映画」のことを考えればここで一旦区切った方がよさそうです。
ただ、どう続けるかですよね。加藤さんとネモの姿が見えないのが気にかかりますし、ひょっとして彼女たちが次の鍵を握っているのかもしれません。

いやでも本当、見たいものやらなきゃいけないものが多すぎて、次回で終わるとは到底思えないんですがw
さすがに後編をさらに分割とかはないでしょうけど、「前夜祭のつづき」とか「さらなる前夜祭」とかが始まったりしてw

23巻の記事は来週の日曜日あたりでしょうか。カレンダーもその頃には届いているといいですね。

【ネタバレあり】

ここから智貴がサチにドハマりしていくんやろなあ・・・
https://horobijiji.blog.fc2.com/img/mo80-23.png/
添い寝するならやっぱりこの娘だよね。
https://mangazuki.net/?p=80

> 前半のサウナでの戦い
ここまで色気の無いJKを描けるんだと感心したね。夏帆とかとしっかり差別化できてる。
原作よりも早く
https://twitter.com/Sacchan_HAPPY/status/1122120956003008512

> 養豚
https://seiga.nicovideo.jp/watch/mg739073
ラムだっちゃ
https://togetter.com/li/2153909
> 「うる星やつら」 Blu-ray Disc&DVD BOX01
https://togetter.com/li/2152870

> で智貴が起きたときは
静かに寝かせてやれよ・・・
https://comic-walker.com/viewer/?tw=2&dlcl=ja&cid=KDCW_VP01202142010028_68
静かに眠らせてやれよ・・・
https://seiga.nicovideo.jp/watch/mg736170
cf.
https://togetter.com/li/2153697

Re: 【ネタバレあり】

>氷河期鳥さん

> ここから智貴がサチにドハマりしていくんやろなあ・・・
ああw 姉と同じ道をたどるということですかw でもいつの間にか意識してしまうというのはありがちではありますね。

> 添い寝するならやっぱりこの娘だよね。
うーんw でもやっぱりちょっと怖いw

> > 前半のサウナでの戦い
> ここまで色気の無いJKを描けるんだと感心したね。夏帆とかとしっかり差別化できてる。
確かに。夏合宿の時にサウナの話もありましたけど、全然雰囲気が違いましたね。

> 原作よりも早く
なるほど、これが元ネタだったかw

> > 養豚
本当だんだんおじさんがかっこよく見えてきてしまうんだよな…錯覚だろうけど。
てか、最後のオチがw

> ラムだっちゃ
これは斬新な発想。自分もちょっとやってみたくなったぞw

> > 「うる星やつら」 Blu-ray Disc&DVD BOX01
死んだ後のことまで考えてられねえ!

> > で智貴が起きたときは
> 静かに寝かせてやれよ・・・
ああこれですか。なんか微妙になつかしいw
まあしかし、本当寝る暇もないですねw

> 静かに眠らせてやれよ・・・
ええ何これ、なんだか身につまされるんですけど。
果たしてここから上昇の芽はあるんだろうか。

> cf.
うーん、こればっかりはなんとも言えないな。何がいいとか正しいとかうかつなことは言えない。
line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line