fc2ブログ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪213(前編)~文化祭「前日」ならではの色んなものが混じりあったワクワク感~

3月2日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」がブラウザ版で喪213(前編)に更新されました。

いや~よかったですね。何度読んでもテンションがあがります。
前回がどこかすっきりしないというか残尿感のある話だったので、よけいにそう感じるのかもしれません。
ずっと我慢してきたものがここでようやく解放されたような気がします。

ただ、「本番」が始まったというわけではないんですよね。あくまで「前日」というか、前段階なんです。
それは智貴周りのことも同様で、現時点ではまだようやく動き出したというのが本当のところでしょう。

ともあれ、
mo213-zen_samune.png 
このサムネを見た瞬間、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と叫びたくなったのは認めざるを得ませんw

何が興奮するって、サチの表情もさることながら、そこに被せるように「おい!!!」ですよ。
もうこの時点で誰が発した言葉なのかがすぐにわかってしまうというw
この構造自体になんだかワクワクが止まらないわけです。
今までぶつかりそうでぶつからなかったあの二人が、いよいよ直接対決するのを目の当たりにできるのですから。

よくもまあ、このシーンをサムネに選んだなと思いましたよ。久々のヒットですね。
しいては、まさに「前日」の雰囲気そのものを象徴している場面でもあるわけですから。彼女のこの表情は、決して「当日」では見ることはできないんです。
「文化祭前日」に誘う上でこれ以上ないというほどに、見事な案内役を果たしてくれました。

というわけで、さっそく見てまいりましょう!


mo213-zen_01a.png 
これまで何度か描かれてきた「文化祭まであと〇日」というカウントダウン。
そこには当然毎日貼り替える生徒たちがいるわけで、最後にその「裏側」を見せるというのがなんとも粋ですよね。どこの子も本当に楽しそうな笑顔を見せているのが実に印象的です。

文化祭前日の独特な空気感がよく表れている名シーンだと思います。

mo213-zen_01b.png 
そして「表側」から見ると、そこには「明日は」の文字が。
ワクワクする気持ちと同時に、なんとも言えない切なさが湧き上がってくる瞬間です。

ここは前回表紙同様、直接的に物語への誘口になっています。
もこっちたちの姿は見えず、登校する子たちはすべて名もない生徒たちというのがかえって「始まり」を感じさせますよね。

というわけで、今回は「モテないし文化祭前日(前編)」

タイトルからするといかにも「オムニバス」っぽい感じですが、そうではなかったですね。でも、それで正解だったんだと思います。

これまで文化祭にまつわる日々はずっとオムニバス形式で紡がれてきました。
喪192「モテないし文化祭までの毎日」喪199「モテないし3年秋」喪204「モテないし文化祭までもう少し」、そして喪210「モテないし文化祭準備」といった具合ですね。
それはまさに「文化祭までの準備」というテーマの短編集だったわけで、それまでの彼女たちの日々を追いかける形になっていました。

しかしそんな日々も、前回のラストシーンの撮影で(一応)終わりを迎えました。
つまりもう、「準備編」ではないんですね。今回から始まる「前日」はまったく違うステージになるんです。
そしてそれは、短編ではなく「長編」として語られるべき物語なのでしょう。少なくとも、私はそう感じました。

だって、「文化祭の前日」というのは独特な雰囲気があるじゃないですか。始まる直前というか、ある意味ほぼ始まっているような変な高揚感が漂っているんですよね。普段ならやるのを躊躇してしまうことでも、待ったなしの空気に急かされるようにえいやとばかりに足を踏み出してしまうものなんです。

本当混沌としているんですよ。人やものだけではなく、いろんな感情が渦巻いているんです。
例えば教室の外に置いてある段ボールの束を見ていても、なんだか感傷的な気持ちになったりしませんか?その感傷はどこから来てるかなんて到底説明できないんですよ。あらゆる気持ちが入りじまってのことですから。
言うなれば「今日は文化祭前日だから」なんです。本当それしか答えようがない。

このごちゃ混ぜな「光景」を描くためにも、今回はオムニバスではダメだったんだと思いますね。

…ところで文化祭前日って、学校総出で一日中準備に要するものでしたっけ。
1週間まえからは午後の授業も準備に充てていまたし、なんだかすごく文化祭に力を入れている学校なんだなあと思ってしまいましたw

mo213-zen_02.png 
クラス全体が飾り付けなどに勤しんでいる中、もこっち映画班は二木さんの席に集まっていますね。
とはいっても、手を動かしているのは二木さんだけのようです。他の子たちはただ見てるだけw
これ、逆に邪魔だろw 鬱陶しいと思うぞw
まあ二木さんのことですから、気にはしないでしょうけど……

清田はスプレーでカラーリングをしているんでしょうか。
こういうのは屋外でやらないとダメなので大変ですよね。マスクもしないとダメですし。
大仕事は彼の役割なのかもしれません。

mo213-zen_03.png 
ネモの申し訳なさそうな顔w
ていうか、本来はもこっちが頭を下げるところだろw
二木さんが普通に口を開けているのはなんだか新鮮ですね。いつもは、こんな感じの口なんでw

加藤さんが「何かできることある?」って聞いていましたが、動画編集なんて手分けするようなものじゃないですもんね。
ていうか、間のチェックとかなんて、事前に指示しとけってw
そういうのこそ、監督の仕事の領域なんじゃないかと思うんですけど。

動画編集まで二木さんに任せっきりとなると、監督のクレジットも二木さんにした方がいいんじゃないのw
ショートフィルムのほうも監督だったわけですし。もこっちはむしろカメラ回しですよね。

mo213-zen_04.png 
ガンダムで例えられてもよくわからんw ファーストよりゼーダの方が上なのか?w
ていうか、そんなくだらんことを言ってないでもっと二木さんを労ってやれw
なんか人ごとのようなんだよなあ…

mo213-zen_05.png 
そうそう、ただみんなで見てるだけなら何もしてないのと同じだからw
でも、加藤さんとネモがこんなふうに話してるだけで、なんだかほんわかしてしまいますね。普段あまり話してるイメージもないですし。

初芝は何を作ってるのかわからなかったんですけど、どうやら「映画泥棒」の頭の部分を作っているようです。マジックで黒く塗ってるんですね。
美術部ということで白羽の矢が立ったんでしょうか。絵だけではなく、意外なところで器用な面を持っているようです。
和田くんと鈴木が囃し立てるかのように感心しているのも、なかなか珍しい。

これも「文化祭前日」ならではの光景ではないでしょうか。

mo213-zen_06.png 
まこっちと南さんは飾りつけのほうを作っているようですね。ちゃんと参加しているようで感心感心w
ていうか、「えらいねー」はないだろw 逆に煽ってんのかと思うわw
でも南さんもあまり真剣に聞いてなくて、軽く受け流してる感じだから別にいいのかw

で、そんなまこっちのフリにふと思い出したのか、例の「シコる」について聞いてみるキバ子w

mo213-zen_07.png 
WWWWWこいつはw
なんでそこでカマトトぶるw(死語だそうですが、ここはあえて使わせてもらうw)
原幕エロ四天王の一人のくせに何を今さらw

でもこういうところでイメージを気にしてしまうのが彼女なんですよね。
ある意味、自意識過剰な面があるんだと思います。
今時、「シコる」の意味が分かるからって、エロいとか言われないってw

ていうか、「シ…コ?」とかそのごまかし方のほうがはるかに恥ずかしいわw
わざとらしいw

mo213-zen_08.png 
WWWWW
いやいや、性格悪くて下品だから知ってたわけじゃないw
もはや無意識状態で悪口言ってるなw

ここのまこっちの「……」は、単純に自分が性格悪くて下品な扱いされたことに対するものかと思っていたのですが、ヤンキーのことを「吉田さん」と勘違いしている可能性もありそうですね。彼女が謹慎していた時にも、南さんはそれでやらかしていますし。
…でも、吉田さんはたぶんシコるは知らないと思うんだよなあw

mo213-zen_09.png 
さて、場面は変わって隣の3-4。
すでに準備は終わっていて、今はみんなでちらし配りをしているようです。
もこっちたちのクラスとは偉い違いですねw
お揃いのユニフォームもびしっと決まって、あとは本番を迎えるだけといったところでしょうか。

そこに、加藤さんともこっちが通りかかるわけですが……

mo213-zen_10.png 
委託wwwww
仕事を押し付けてるだけじゃねーかw なんだよ特別ってw
20枚もらっても持て余すだけだしw
枚数が多ければ多いほど喜ぶとでも思ってんのかw

いやあ、やっぱりうっちーはいいなあw
こういう空回りした愛の表現しかできないのが、彼女なんですよね。

mo213-zen_11.png 
チラシとポスターは同じ内容でしょうか。シンプルでわかりやすいですね。
一瞬、加藤さんの似顔絵が描いてあるのかと思いましたがw

ていうか、けっきょく買い出しに行くだけかよw
もはや飾りつけの手伝いも間に合ってる状態だったのかなw
「今頑張ってる人の為」というのが、いかにも言い訳じみてるw

mo213-zen_12.png 
さあ来ましたよ、本日のメインディッシュ!
前回は小宮山さんと伊藤さんだけでしたが、今日はリハーサルも最終日ということでサチもいます。
もう何度も顔を合わせているだろうに、お互い一切関知せずといった感じがいいですねw

伊藤さんが笑顔を浮かべているのが、なんだか印象的です。

mo213-zen_13.png 
 おお、無事に一通りミスなしでやりきったんですね。智貴もああ見えて真面目ですから、しっかり役作りに勤しんだことでしょう。
監督ちゃんも演技が上手くなってると褒めてますし、みんなそれぞれ頑張った結果がこうした形で実を結んだようです。

井口さんも少し誇らしげですね。なんだか微笑ましいです。
…隣の女はどうでもいいですけどw

mo213-zen_14.png 
WWWWW一人スタンディングオベーションwwwww
こいつ、本気でやべえw
本番でやってもヤバいのに、単なるリハーサルだぞw しかもお前はまったく関係ないじゃねーかw

この上ないくらいに清々しい笑顔を浮かべているのが、よけいに怖いですよねw

mo213-zen_15.png 
WWWWW
そりゃ、そんな顔をするしかないわなw
別にヤジってるわけでもないですし、ここは無難に会釈くらいでお茶を濁しておくのがいいでしょうw

でも、二人の反応が微妙に違うように見えるのが面白いですね。
ツインジャージちゃんはわかりやすいくらいに困った笑顔ですけど、監督ちゃんは一応「あ、どうも」みたいな雰囲気を醸し出しているように感じられます。

智貴はまさに戦慄を覚えているかのようw
隣の井口さんに至っては見なかったことにしているww
紗弥加は普通に喜んでるぞwww ある意味、こいつが一番やべえだろw

mo213-zen_16.png 
伊藤さんwww
物理的にドン引くとはさすがw

でもサチは一歩引きながらも、少し心を動かされたようですね。
「こいつくらい 何も気にしないで 生きれたら……」
いやいや、ここまで何も気にしなくなったらおしまいだぞwとは言いたくなりますけど、サチは逆に色々気にしすぎなのかもしれません。

そして、彼女の手には一枚のチラシが…

mo213-zen_17.png 
今回の個人的ベストシーン
なぜか、すごく心に残ったんですよね。

制服に着替えているところからすると、一応もうやることは終わって今はつかの間の休憩といったところなんでしょうけど、何をすることもなくただいつもの場所で佇んでいる彼の姿は、なんだか心魅かれるものがあります。
ただ座ってるだけで絵になるなんてかっこいいですよね。少しサチの気持ちがわかったような気がしますw

mo213-zen_18.png 
待ち合わせしていたわけではないんでしょうけど、なんとなくお互い想定していたような感じでもありますよね。
自然に「お疲れ様」なんて言葉が出るくらいには、暗黙の了解的なものが二人の間にはあるのでしょう。

コーヒーカップのチラシは、智貴を誘うためにわざわざ一枚もらってきたのでしょうか。それとも、ご自由にお持ちください的なところがあったのかな。
本当はリハーサルの時に渡そうとしていたのかもしれませんね。

mo213-zen_19.png 
ここのシーンもいいですね。
きっとサチにとって、このセリフを口にするのは相当な勇気が必要だったはずです。
小宮山さんの何も気にしない姿勢が彼女の背中を押すきっかけになったんですね。

この「彼女とか」は、探りをいれるのとはまた違った意味が含まれているような気がします。
一瞬の「……」というためらいが示すように、そういう風に思われるかなとは頭をよぎったんですよ。
でも、あえて口にすることで自分はただ知り合いの後輩を自分のクラスの出し物に誘ってるだけだ、他意はないということを暗に仄めかそうとしているように思えたんです。気にしてないからこそ私は軽い気持ちで「彼女」という言葉も口にできるんだと。
たった一言ですけど、ものすごい色んな感情や思いが詰まっている一言だなと感じましたね。

それを受けて即座に否定する智貴ですが、
mo205_32.png 
サチにはこの時のゆりちゃんの言葉が忘れられません。

「よく家に来る女いるんでしょ?」とカマをかけますが、智貴はあっさり「まあ……でも別に関係ないんで」と答えますw
まあ関係ないと言えば関係ないですけどねw
でも、この時はっきりと「姉の友達だし」という言葉を口にしないのが彼なんです。
多分意識的に「姉」のことは学校では言わないようにしているんだと思います。
…まあそれが、いろいろいらぬ誤解を招くことになるのですがw

mo213-zen_20.png 
セフレw
ほら、さっそくいらぬ誤解を招いてるしw
サチもそれしか発想がないのかw

ただ、サチは切り替えも早いですね。
それはそれとして、もし一人で来るなら…と自分のやるべきことを貫徹しようとするのです。

mo213-zen_21.png 
WWWWW
本来なら一世一代の勝負に出たサチのメス顔がここのハイライトなはずなのに、「おい!!!」のインパクトが凄すぎてwww

いやあでも、ここは本当にワクワクが止まりませんでしたよ。
アプリで最初に読んだ際には、次のページをスライドするのを少し躊躇いましたもんw なんかもったいないような気がしてw
しばしの間、このワクワクを味わっていたいと思わせるものがありましたね。

mo213-zen_22.png 
コミさん、キターーーー!
ついに、サチとの直接対決が始まりましたね。
これまで何度も顔を合わせてきたはずですが、言葉を交わすのはこれが初めてなんじゃなかろうかw
ていうか、この場所に小宮山さんが来るのも初めてですよね。むしろ、なんで今まで足を運ばなかったのかという気がしますけど。

それにしても、「そこまでにしとけよ」ってなんだよw
まだ一言誘っただけだぞw しかも智貴が反応する間もなく、間髪入れずの「おい!」だしw
困る暇もないわw

mo213-zen_23.png 
WWWWW
初めて二人の思いがシンクロしたw
智貴の「一番やべー奴!!」が、なんだかラスボス登場みたいで笑えるw

mo213-zen_24.png 
暴走を待ってるんかwww
普通は暴走を止めるもんだろw

これはもう、自分のドン引き趣味のために泳がしてるなw
球技大会のとき「ことがおかしくなってる時はことも私も楽しい時」と言ってましたし、彼女にとって小宮山さんは自分をいつも楽しませてくれる大切な存在なのかもしれませんね。
それにしても、まだ止めるべきじゃないってw
いったいどうなったら止めてくれるんだw

mo213-zen_25.png 
ずっと気になってはいたのかw だったら声かけろやw
何関わってはいけない人認定してるんだw(いや、その判断は正しいのかもしれないけどw)

で、ここで小宮山さんが謎のマウントw
ゆりちゃんの「一宿一飯」(笑)は聞いていたわけですから、これはある意味対抗心から来ているのかもしれませんw
てか、「家に行ってる」ってなんだよw なんで現在進行形なのかw

智貴ももう、どう説明していいやらw 確かに知り合いには違いないですけど、こんなのうまく言えるわけがないですよねw

mo213-zen_26.png 
WWWWW
そりゃ、はあっ!!?としか出てこないわなw
でも、一応嘘はついていないというw↓
mo89-31.png

ちょっと考えれば「ベッドにも入ったことある」という微妙な言い回しの違和感に気づきそうなものですけどね。普通は「ベッドを共にする」とかだろうにw
まあそのくらいのことに頭が回らないほどには、テンパっているということなんでしょうw

mo213-zen_27.png 
見境なさすぎってw
さすがにその言い方はひどいw
てか、何気に「メガネもいってる」もすごいワードですよねw 別にメガネ自体はいいだろw
こんなんで、女なら誰でも食ってしまうヤリチン扱いされてしまう智貴が不憫w

でも、ここで何も言い返せないのは彼のほうにも問題があるように感じますね。
まあ説明が難しいのはわかりますけど、ただ黙っているだけじゃますますこじれるばかりですよ。

mo213-zen_28.png 
WWWWW
そっちの嫉妬かw
メガネさえいけるのに、なんで私だけというわけですね。
この辺は微妙な乙女心と言えるのかもしれません。漆黒の瞳もますますその闇を濃くしているように見えますね。

どうやらかえって彼女の心に火をつけるはめになったようです。

mo213-zen_29.png 
まだ早いwww
いったい何をどうしたいんだw これ以上話がこじれるのを期待してるとしか思えんぞw

井口さんがまるでおあずけを喰らってる感じが最高ですね。
実は一番やべー奴は伊藤さんだったというw

mo213-zen_30.png 
もっと、やばい奴キターーーーーwwwwww
何気に「困ってる?」が一番やばいw
なに、私が来たからにはもう大丈夫みたいな風になってんだw
ていうか、そのスカートを持ちあげるのをやめろw なんかイライラするw

いやあ悔しいですけど、今回一番笑ったシーンはここになりますね。
意外と最後のオチを選ぶことはほとんどないんですけど、今回ばかりはさらなるカオスが投入される展開に我慢できませんでしたw



やっぱり基本的にはワクワクしてしまう回でしたね。
ようやく始まるという予感に満ちた高揚感というか、期待せずにはいられない気持ちにさせられました。
特に、後半の智貴を巡る修羅場にはもうテンション上がりっぱなしでしたよw

そのワクワクはいったいどこから来るのかといえば、やはりサチが本気でぶつかってきたということに尽きるでしょう。
実は智貴に対して、明白に誘うようなアプローチをしたのは彼女が初めてなんですよね。
井口さんにせよ小宮山さんにせよ、あそこまではっきりと「私と一緒に」と直接気持ちを伝えたことはなかったんです。

そして、そんな彼女の行動を後押ししたのが、あの小宮山さんの周りを省みない奇行だったというw
この皮肉でもあるような、でもすごく胸を熱くさせるような、なんとも微妙で複雑ななりゆきがいいじゃないですか。
それはまるで、「文化祭前日」特有のあの雰囲気そのものでもあるような気がするんですよね。

始まることへの期待と不安、いつもとは違う日常に対するはやる気持ちとほんの少しの感傷。
いろんな感情が入り交じった渦の中でどこか浮わついている気分にさせられる空気感は、何か思いきったことをやるにはもってこいの場でもあるんです。
そういった意味で、今回の智貴をめぐる修羅場はまさに「文化祭前日」の風景だったのではないでしょうか。

まあしかし、まだ(前編)です。
舞台はようやく出そろったばかりの段階なんですよね。現時点で結果が出たかのように騒ぐのは違うでしょう。
今はまだ、彼女たちが何を思いどんな行動を選ぶのかを見届けるしかないかと思います。

それにしても、ここからどんな展開になっていくのかまったく見えてきません。
それはアプリでの先行更新の(中編)を見ても同じですね。本当どうなっていくのかわからない。
だからこそワクワクもしますし、不安にもなります。先は見えないからこそ混沌としているんですね。
それは「本番」を待ち望んでいる時は誰でも同じなのではないでしょうか。

本来、ワクワクする気持ちというのはそういうものなのかもしれませんね。
ただ純粋に待ち望んでいるのではなく、前向きな思いも後ろ向きな思いもすべてひっくるめてほとばしるエナジーを私たちは「ワクワク」と呼んでいるのかもしれません。

サチが智貴に「私と一緒に乗る?」といった時のあのなんともいえないキモい(笑)笑顔。
あれこそが「ワクワク」という気持ちの正体なのではないかと、ちょっと思ったりもした回でした。


サチと小宮山さんが初顔合わせをするも、まだ直接対決には至らない最新22巻は絶賛発売中です!



サチと智貴が出会ったのもあの場所でしたね。あれからどのくらい顔を合わせてきたのでしょうか。



この頃はまだ、小宮山さんも人並みの羞恥心があったように思う…

関連記事
スポンサーサイト



tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

智貴争奪戦本格化 しかし決着はなかなかつかないしこれからもつかない
そして即戦力外にされるサヤカ 参戦しても余計めんどくさくなるし何も解決しないのは明らかで…
まこっちと南さんはチケット作りだと思う
なんか紙とハサミやカッターを見たら1年時のちらし作りをなんとか手伝おうとしたもこっちを思い出したので

更新お疲れ様です
いや、中々どうして。面白かったですね。特別編といい、映画から離れるだけで面白いですw

>ていうか、本来はもこっちが頭を下げるところだろw
本当に呆れるくらいノープランですね…。自分達に出来ないのは分かりきっているんだから、そんなもん撮影する前から依頼しておけよw もし断られたら本当に完成しないじゃねーかw でも、そっちの方がまだマシなバッドエンドが待っている展開も捨てきれないんですよね…それはそれで楽しみですがw 何年もここまで引っ張ってきたんだからデカい事くらいはやって欲しい。

>例の「シコる」について聞いてみるキバ子w
岡田の四股も間違ってはなかったですよね。足コキなら"シコ踏んじゃった"ですしw (これは役員共ネタじゃないです)

>…でも、吉田さんはたぶんシコるは知らないと思うんだよなあw
ですよねw 良かった、意見が一致した。それをネタにしたのも一つあるのでw

>この時はっきりと「姉の友達だし」という言葉を口にしないのが彼なんです。
はっきり言わないのがポイントですよね。智貴がストレスを抱えているのは、そういう性格が大きいですし。迷惑なら迷惑と言わないから彼女達だって諦めないわけで。
まあ、それをやったらもう智貴達を利用した展開が出来無くなってしまうという最大の理由のせいなのですがw

>サチもそれしか発想がないのかw
盗み聞きした台詞からして無理もないけど、少しは頭使えよこの市松人形w それじゃ親公認のただれた仲みたくなるだろうがw 一人暮らしでもあるまいしw ちょっと考えればおかしい事に気づくだろうに本当にポンコツですねw

>なんで私だけというわけですね。
これまで吉田さんにゆりちゃんという的外れな相手ばかり目の敵にしてきたサチがようやく本当のライバル(笑)と対面しましたか。これは盛り上がりそうw
確かに小宮山さんは狂気すぎて土俵に上がれてないという指摘は的を射ていると思いますよ。なんでも何もサチも所詮、名前も知らない顔見知りでしかないですしw そんな状態で誘われても嫌だろw
一見すると三つ巴に見える関係も、挑戦者は井口さん一人なのかもしれませんね。

>委託wwwww
今回は…全体的に良かったですが強いてあげればここかな。「いや、いらんわ」とかじゃない辺り、もこっちもまだまだイケてますねw
でも、楽しみですよ。次回の智君にも期待出来そうですし。本当にサムネいい顔してますねw あの顔芸は姉譲りかなw

サチの踏み出した一歩?

更新お疲れ様です。深夜に目覚めて書いていますね、この回のワクワク感は簡易感想のときも相当でしたけど、WEBで読んでもなお面白いですし、結構発見がありますね。


アプリのほうは更新延期しちゃったのですけど、わかったのは先週の月曜日の午後7時くらいでしたね、で翌日先生のツイで作画担当の方の健康面がとのご報告がありました。色々心配になりますけど、ツイでは冗談混ぜていますので、そこまで深刻にとらえないでおこうと思います。


更新延期自体は仕方がないと思いますけど、ガンオン編集部の考えはよくわかりませんね、作画先生の怪我ならもっと早く報告できただろうに、いつもの「更新日変更いたしました」は誠意がないのと同時に、先生と報連相しているのでしょうかね、WEBの次回更新日は3/23になっていますけど、先生はヘルニアなのにできるのかも不安です。


まあそれはさておき内容ですが、喪213後編まで読んで書きたかったですけど、それは仕方ないです。でもオムニバス回とは違うのは分かります。文化祭前日の群像劇なのですが、方向性はまとまっているといいますか。


表紙みたいな文化祭まであと〇日から明日文化祭の張替えと、荻野の一日文化祭準備宣言で本編が始まります。で我らが主人公の映画は二木さんの編集作業からです。ファーストだのゼーダだの無駄なガンダム知識はさておき(マーク2含めて主人公機の変遷をネットで知ったのでしょう)相変わらず喪212から、もこっちが虚無的なのが気になります、自分の映画だぞ。



でまこっちのいつものキバ子への日課wえらいねーって雑な仕事ですこと。でシコるのところは、普通なら「南さんそんなこと教室で言うものじゃないよ」と諭すのが常識ですけど、彼女は自分のイメージを守るほうを優先しますしねwこの辺はちょっとサチノリたちに似ているのかな?


ヤンキーとか下品な奴発言に吉田さんのことが浮かんだのでしょうけど、まこっちは夏休みでの吉田さんとの会話とか含めると、吉田さんはゴムとかの性知識には疎いけど、智貴みたいな年下の男相手に色目使っている誤解がまだ続いている感じがしました。つまり危ういので私が見守らないという、いらん使命感がありそうです。


買い出しにでるかともこで、うっちーの委託がギャグになっていますが、普通編集作業で二木さんにあれこれチェックしなきゃいかんのは、監督のもこっちのはず、なぜ彼女が買い出しに出ているのでしょうか?喪211じゃネモのちゅぱ音修正でより過激にしようとしていたので、ネモがチェックすべく外されたのかわかりませんけど。


ここでもすごい映画に対する熱意が冷めて行っている感じがします。編集作業の見守りでもこっちが明らかに暇そうにしていたので、加藤さんが連れ出したのでしょうかね、智ちゃん退屈そうだから一緒に仕事なんかしようって。いや一緒に編集作業にあれこれ言っていこうよと思いました。


で智貴のクラス、リハーサルが完璧に終わりクラスで一体感がでている矢先に、コミさんの一人スタンディングオベーションで台無しwww様々な反応には笑いますが、朱里の他人のふりが破壊力高いです。ライバルでありもこっちから見てちん姉妹(シス)でしょうがw


次のページの智貴が一人ぼっちスペースにいるところは、なりそこないさんの言われるように絵になりますね。サッカー部どうこうじゃなくてこの辺が智貴の魅力だったりして。そこにサチが参戦と、智貴は全く嫌な顔をしてません。


で誘うまでのコマまでサチはいろいろ探りをいれているようですが、いつものマウントというか相手への情報収集といったのがメインの感じじゃなくて、好きな男子を少しでも知りたいいじましさを感じていいです。ここまでこぎつけたのは、コミさんの一人スタンディングオベーションなのですがw


でついに智貴にストレートに誘いができたのですが、そう綺麗にまとまらないのがわたモテw我らがコミさんの登場です。「智貴君が困っているだろうが」困らせているのはあんたですwサチと智貴の思考がシンクロしています。伊藤さんと朱里がいますけど、もっと暴走したらって、暴走しちゃいかんでしょw


ここでサチVSコミ対決が始まるかと思いきや、案外冷静。サチの中じゃコミさんは規格外扱いじゃなくて、喪203の二木さんを評していた女子として動いていない最たるものなんでしょうね、容姿もゆりちゃんと違って友達としてもアウトになるのでしょう。


サチはここでも思考の迷路というか、なんでなんでも喰うヤリチンなのに私は相手されないのって。相手はランクを見て動くものだっていうのは、彼女の信念なのでしょうけど、智貴はそういうことを頭に入れて活動していないと思いますし、どこかでサチ智貴の間ですれ違いが怒ったりして、まあヤリチン疑惑の時点ですれ違っていますがw


で朱里がどうにか事態を収拾しようとしますが、伊藤さんのステイは続き、紗也加までやってくるオチです(スカートのはじ持っているのがむかつくのは同意します)完璧な9Pでしたね。



いやー面白い回でした、簡易感想とだいぶだぶっていそうですが、いろいろすいません。内容はサチ智貴に入り込むコミさんなのですが、もこっちのやる気のなさも注目されると思います。まさに前日の前編たる内容でした。


後編はすごく楽しみなのですが、作画先生の病気治療が優先されますので、気長に待ちます。更新日変更の変更重ねも予測して受け入れて、単純に喪213中編が先読みじゃなくなるだけの更新の可能性も含めて、受け入れましょう。とりあえずお体大事にと。


私も明日病院で検査ですので(ヘルニアとか大したものじゃないです)なりそこないさんもお体には気を付けてではまた。

No title

更新お疲れさまです
サムネのメス顔サチ、それにかぶるセリフ。
もうこの時点で誰のだか分かっちゃうのがほんと草

>今日は文化祭前日だから
>今日は一日授業なしで文化祭の準備になるから
>全て完成できるように頑張ってね
遂に文化祭前日!
今は授業無しで準備オンリーなのか。なんとなく授業終わってから準備やらせてくれるイメージあったわ。
映画はあのありさまだったけど、教室の飾りつけ等の準備はどこまで進んでいるんだろうか。

>編集 ほとんど二木さんに頼ってごめんね
>平気
>私達に何かできることある?
>とりあえず映像をつなげてくから チェックして修正して 間とか
>絵文字MK2いなかったら編集ヤバかったな……もうMK2どころじゃないなZだな
ファーストエモジとゼータエモジで草。
二木さんを引き込んだのはあーちゃんの手柄。

>とりあえず今は教室の飾りつけ手伝おうか
>そうだね
初芝くんはなにやってんのかと思ったら、
映画泥棒だこれ!
あと、和田きゅんのポーズがあざとい。

>南さん岡田さんたちの撮影手伝ったんだね えらいねー
>えーあーうん
>でしょー
久しぶりにまこっちママを見たような気がする。
南さん、なんだかんだ言って結局自分のクラスの準備も手伝ってる。

>……そういやさー まこっち
>シコるって意味わかるー?
>わかる……けど!
>え?シ…コ?どういう意味?
>普通知らないよねー サチとかヤンキーとか性格悪くて下品な奴は知っててさー 私だけ知らないで恥かいてさー
>………
>そーなんだー
つまりまこっちは…
でもまぁ、性格悪いは偏見だけど、会話の中に出すのは下品ではあるかな。
そりゃまこっちも知らないふりするよね。

>ここ大丈夫かな?
>いいんじゃない
>どうぞ―
チラシ配りとポスターを貼る牝猫たち。
スカートの下のジャージいい。

>黒木
>ちらし?
>もう教室の準備終わったから私達は宣伝に回ってるの
うっちーのクラスは順調そうだったからな。
その裏でコーヒーカップ破壊という大事件が起きていたことは内緒だ。こちらも二木さん様々。

>黒木には特別に20枚あげる
>いや 委託じゃねーか
うっちーがめちゃくちゃ恋する乙女の顔に。
もこっちからすれば宣伝チラシを押しつけられてるようにしか思えないから仕方ないんだw

>3-5はもう終わった?準備
>まだだね 今頑張ってる人の為 差し入れ買ってこようって外行くところ
次回以降でかともこの買い出しエピとか入れてくるか?

ところ変わってお次は2-4。
またいつものギャラリーがいるようでw
>いいんじゃない!最初から最後まで全くミスなかったよ
>うん みんな演技も上手くなってる
>あとは本番待つだけだね
>うん
完璧な仕上がりを見せる2-4演劇チーム。
智貴はもっと嬉しそうな顔しろw

>パチパチパチパチ
先輩の奇行に一応頭を下げるジト目ジャージちゃんと監督ちゃん。
ドン引く智貴&モブ男子。
他人のフリする井口さん。
なぜかドヤる与田(呼び捨て)。
もうこのコマだけでいろいろ人間模様が詰まっててサイコーw

>こいつヤバ…
>…でもこいつくらい何も気にしないで生きれたら……
ヤバイと思いながらも、周りを気にせず堂々と行動出来るこみさんを羨ましいと思う…なんかちょっとエモくない?

>おつかれ様 文化祭順調そうじゃん
>これ私のクラスの出しもん 暇そうなら来れば?
>コーヒーカップ?
あなたそれにほぼ関わってないやんけ(それどころか壊したよね)というツッコミはさて置き、 クラスの出し物の宣伝という建前で話しかけるのは自然でいいね。

>……彼女とかと一緒にさ
>いやいないですけど
>へーでもよく家に来る女いるんでしょ 3年とか
>まぁ……でも別に関係ないんで 姉(あいつ)の友達だし
>ふーんそう じゃあいつ泊まったって言ってたけど何?セフレ?ビッチじゃん
そして女事情を聞き出す。
姉の存在を知らないから、智貴の家に女がいっぱい来てるって考えてるってわけね。
智貴も腹の中で思ってるだけじゃなくて口に出して「姉のとこに来てるだけです」と言えやw
そうすれば変な誤解を生まずに済むのにさぁw
それでも異性の部屋に入る=エロい関係だと思ってるサチさんもたいがいだと思うw

>まぁいいや じゃあ友達とでもいいし
>もし一人で来るなら
>私と一緒に乗る?
デートのお誘いキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
これが一年前にはラスボスとまで言われた女の顔か?
そんな子にこんなメス顔させるとか、智貴も罪な男だよw

>おい!!!
>智貴くん困ってんだろそこまでにしとけよ
>さっきのヤバいメガネ!?
>一番ヤベー奴!!
こみさんもキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
遂にVSサチが実現してしまったw
こみさんの恐ろしさは告ってもないくせに智貴は自分の物前提なところだよなぁ。智貴、別に困ってそうには見えんから。
当の智貴にはこんな認識のまま、普通に考えたら恋愛対象には入らないと思われるのが哀れみを感じる。
客観的に見たら、智貴に付きまとう狂人ストーカーの類いにしか見えんよw

>あの…お友達なんですよね 止めないんですか?
>まだ止めるべきじゃない もっと暴走したら
>あれ暴走じゃないんですか?
相変わらず「見」に回ることに定評がある伊藤さん。
数々の暴走を見てきた彼女からすれば「まだ慌てるような時間じゃない」のだろうw

>ねぇずっと気になってたけどこの人知り合い?
>まぁ……
>あんたが話してた智貴くんの家に行ってる三年だ
言い淀む智貴で草。
サチがまたのっぺらになってる。

>は?
>こんなメガネも連れ込んでるの?
>智貴くんのベッドにも入ったことある
>はあっ!!?
サチへの最大のマウントきたよw
以前に感想コメで「ベッドの件はマウントになる」って買いたけど、本当に使ってくるとは。

>こいつ……メガネもいってるの!?見境なさすぎじゃない!!
>ヤリチンにもほとがあるでしょ
ますます智貴への誤解、というかさらに風評被害w
でもさすがにベッド発言はインパクトヤベーからしょうがないかw

>ていうかなんでもいくならなんで私だけこないの?
>なんかムカついてきた
ヤキモチ妬いてるサチさん可愛いw
サチ史上最大級の可愛さだと思うのは私だけか?

>黒木くん困ってるし私が間入った方がいいのかな…?
>まだ早い
>なんなんですか?
伊藤さんブロックは草だけど、正直、井口さんが間に入ってどうにかできるとはちょっと思わないんだよなぁ。

>朱里 何やってるの?みんな呼んでるよ 困ってる?
>もっと困るから教室帰ってて!!
井口さんキッレキレのツッコミw
ヤベー奴にはヤベー奴をぶつけんだよ!的な発想もなくはないけどw
それにしても、井口さんほんと強くなったねw

遂に文化祭前日になりましたが、明らかに最後のこみVSサチが全てを持っていってしまいました。
途中にも書きましたが、こみさんが他人の恋路を邪魔するアレな人にしか見えないのがもうねw
もし智貴が彼女作ったとしたら、こみさんはそのたびにこうやって妨害するのかって話ですよ。
井口さんだったら素直に認めそうだけど、他の子はなぁ…
漫画だから笑えるけどね。
サチさんと智貴の今の距離感好きなので今後ますます注目したいです。
二次創作
ゆりもこ
表情😒では勝負できないと悟り 体を張った演技を試みる 田村ゆり ちゃんhttps://twitter.com/nekomaneki_55/status/1627085523968983040
わたモテ最新話でセリフ無かったゆりちゃんかわいい…😊https://twitter.com/kuroyukixy/status/1622195429831233536
バレンタインなわたモテ漫画です
https://twitter.com/gomagomagoma623/status/1625447956458647553

うちもこ
最新話のうちもこ妄想漫画描きました ちょっともこっちをイケメンに描きすぎな気もするがまぁいいだろう
https://twitter.com/uhotaro/status/1622618040700665856

こみさん他
喪213
https://twitter.com/381O212/status/1621138913766313988
みんなが苦笑してる中 奥の方でイイ顔してる紗弥加すきhttps://twitter.com/kuroyukixy/status/1620917178886402048
女の戰い
https://twitter.com/hen_byou_si/status/1620856684251078657

伊藤さん
最新話 伊藤さんhttps://twitter.com/cmyk41692581/status/1621071784450871297
まだ早いhttps://twitter.com/OK5JIlDnGJBFNlq/status/1620835804141744130
久々の落書き更新絵です!狂犬こみさん止めそうで止めないの可愛いhttps://twitter.com/itonof/status/1620813316972216321
ガマンする伊藤さんhttps://twitter.com/gomagomagoma623/status/1620813476750053377

南さん
小陽ちゃんでかhttps://twitter.com/kuroyukixy/status/1626909077627600896
柿沼くんハイセンス眼鏡
https://twitter.com/kuroyukixy/status/1624712892879863809
無知 キバ子https://twitter.com/cmyk41692581/status/1626197925130047488

まこキバ
あまりにも迂闊すぎる
https://twitter.com/ketumankonurunu/status/1611568819545473024

サチ
もう後戻りできないぞ😊
https://twitter.com/tukemonoaaa/status/1620810310016970753
てれサチhttps://twitter.com/decopitalking/status/1621171480703946757
ぷんぷんサチかわhttps://twitter.com/ich__ba/status/1621178593635364864
嫉妬サチかわいいhttps://twitter.com/leon_kame/status/1623803998158610432
暴走するサチhttps://twitter.com/watamote_kuro/status/1620839273313468418
言われなさすぎるサチ 喪213前https://twitter.com/noircamelli7/status/1621476350669516801
久しぶりの原作サチ成分堪能しました。今朝は寝坊したので急いで描いたけどサチサチサチ。
https://twitter.com/leon_kame/status/1620904881585537028
放っておくと段々誘いがエスカレートしていく美馬サチ
https://twitter.com/leon_kame/status/1621636719547416576
コーヒーカップから崩れ落ちた二人のその後妄想。 南「サチ頭ボサボサじゃんウケる」 美馬「...撮んな!ブタ!!!」https://twitter.com/leon_kame/status/1625042218108207104

智貴&とももこ
智くんはシスコン
https://twitter.com/misaki_nu07/status/1621053908683722754

もこっち
モテないしソシャゲ
https://twitter.com/inuidaiji2/status/1619543375610527745
モテないしソシャゲ②
https://twitter.com/inuidaiji2/status/1619606611210956802
モテないしソシャゲ③
https://twitter.com/inuidaiji2/status/1619634323107504128
モテないしソシャゲ④(オマケ)
https://twitter.com/inuidaiji2/status/1619678973566554113
ソシャゲネタまだ擦れる
https://twitter.com/inuidaiji2/status/1620339643245002753
ソま擦https://twitter.com/inuidaiji2/status/1620445952325844993
モテないしソシャゲ(完)
https://twitter.com/inuidaiji2/status/1621095384323080192
藤子・F・不二雄先生タッチで描くわたモテifストーリー・トップカーストもこっち。 略して「トプカもこ」 最終回「さようならトプカもこ」https://twitter.com/takayukiharada/status/1623637634076782593
skebご依頼品です 智貴が同じ高校に入学する事になった IF姉もこ達の反応集です ご依頼ありがとうございましたhttps://twitter.com/cmyk41692581/status/1626909930233167873

コメント返信その1

みなさん、コメントどうもありがとうございます。まとめての返信にて失礼します。

>ジャスさん

まあ決着はつかないでしょうね。恋愛ものでもないわけですし、そこに結論を求めるような作品でもないですから。
ていうか、紗弥加は元々数に入っていないでしょうw なんか勝手に髪型が私に似てるとかほざいていただけですよw

> まこっちと南さんはチケット作りだと思う
ああ!そうですね。ありがとうございます、なんかとんでもない勘違いをしていましたw
南さんがツーとやっているところなんて、もろにチケットを切っているところなのに、何を見間違えていたんだろう…


>不知沙さん

今回は不知沙さんも気に入ってくれると思ってましたw 次回はもっと面白いので乞うご期待!

> そんなもん撮影する前から依頼しておけよw
そうですよね。ていうか、プレゼンが終わった後くらいに「映像のことについて聞きたい」とかで二木さんをやたら探していた時がありましたよね。あの時いったい何を話したんだよw
今思うと、あのくだりはなんだったんだという気がしますねw

> 足コキなら"シコ踏んじゃった"
上手いとは思いますが、なんかピンとこないw 踏まれるのはやだなあとか思ってしまうw

> ですよねw 良かった、意見が一致した。それをネタにしたのも一つあるのでw
だって吉田さんはゴムとかもよく知りませんでしたからね。そう考える方が妥当でしょう。吉田さんのネタがあるんですか。彼女のウブキャラを活用したものになるのかな。

> 智貴がストレスを抱えているのは、そういう性格が大きいですし。
自らストレスを生み出してる感じですよね。あの性格を直さない限り、彼の受難は続くでしょう。
でもそこが変わってしまったらそれはもう智貴とは言えないわけで、やっぱり智貴周りは今のままでいいんだと思いますw

> それじゃ親公認のただれた仲みたくなるだろうがw
ですよねーw
でも案外、本当に一人暮らしを想定していていたりして。サチ自身が親との折り合いがつかなくてほぼ断絶状態だったりしたら、親のことまで頭が回らないのかもしれません。

> 本当のライバル(笑)と対面
確かにそうですね。現時点で明確に智貴への好意がはっきりしているのは、コミさん、井口さんとサチだけですから。
小宮山さんは一応土俵にはあがってますよw「ひとり相撲」という名のw
サチと井口さんとは次回、交える瞬間があります。こちらもお楽しみにw

> 「いや、いらんわ」とかじゃない辺り、もこっちもまだまだイケてますねw
確かにここのツッコミはよかったですね。もこっち本来のセンスはいまだ健在といったところでしょうか。

> 本当にサムネいい顔してますねw
あそうか、次回のサムネは見れるんですね。期待していいと思いますよ。本当黒木家の血は争えないw


>かわずやさん

WEB版で発見したことも多かったですね。わたモテは特にそうなのですが、媒体が違うと印象が変わることが多いので本当に飽きません。

延期の情報は月曜日には出ていたんですか。私は谷川先生のツイで知りました。ヘルニアということで心配ですよね。あえて軽く見せることでファンに動揺を与えないようにしてる可能性もありますし、無理はしないで欲しいものです。

> WEBの次回更新日は3/23
けっきょく次々回含めて1週間まんま延ばしただけなんですよね。本当に大丈夫なのかと心配になります。
ヘルニアといっても場所によるでしょうから一概にはいえませんけど、1ヶ月くらいは安静にしておいた方がいいような気がするんですけどね。

オムニバスのテイストではないのははっきりわかりますよね。なんていうか、前日の空気感が全体を覆っているんです。

ガンダムはなるほど、主人公の変遷というわけですね。
もこっちはやっぱりいまだに「諦めている」感じを受けます。彼女の問題もまだ継続中なのかもしれませんね。

まこっちは確かに周りからのイメージをすごく気にするタイプなんですよね。その点サチたちと合っていたのかも。彼女たちの中で「真面目な真子ちゃん」というキャラを守っていたのかなあという気がします。

> 智貴みたいな年下の男相手に色目使っている誤解
ああそうか。それはあるかもしれませんね。むしろそのことで杏奈さんたちにアドバイスを乞うて下品な言葉を覚えてしまっているのではという疑念を抱いている可能性もありそうです。

買い出しはもこっちの仕事じゃないですよねw 曲がりなりにも「監督」ならば、編集作業をちゃんと確認する義務があります。
まあたぶん加藤さんがもこっちを誘ったんだと思いますが、それにしても断れよとw
熱意が冷めてる感じは意図的に描いているような気がしますね。もう表情とかもあからさまですし。そこは何か次の展開につながっていくのかもしれません。

コミさんの一人スタンディングオベーションは戦慄を覚えましたねw
漫画だから笑えますが、実際にあんな場面に出くわしたらやっぱり見て見ぬ振りするしかありませんよ。絶対に関わりたくないw

> 次のページの智貴が一人ぼっちスペースにいるところは、なりそこないさんの言われるように絵になりますね。
おおそうですか。ちょっと変わったチョイスなのでどう受け止められるか不安だったんですけど、わかってもらえてよかった。
うまく言葉にできないんですけど、あの一コマに智貴の魅力が詰まっているように感じましたね。

サチの今回のアプローチはあくまで相手を知りたい近づきたいという気持ちからなんですよね。そこにやっぱりワクワクさせられたんだと思います。
そして、そんな彼女を動かしたきっかけになったのがあの小宮山さんだったというw
サチとしては恋のライバルとして範疇外だったんでしょうけど、実は無意識でつながっていたというのがなんとも面白い構造だなあと思います。

サチと智貴の思考のズレはなかなか解消はされないでしょうね。お互い本音を語らないというか、言ってることと思っていることがそもそもズレているわけですから、わかりあえるわけがないw
でも、決して悪い感情は持っていないと思うんですよ、智貴も。少なくとも、今回のサチのアプローチはしっかり彼に伝わっていると思います。それに対してどう応えるかですね。

オチも完璧でしたよね。さらなるカオスに期待もかかるしそれでいて最高に笑えるしで、次回への楽しみが膨らむばかりの締めでした。

確かに再延期の可能性も考えておいた方がいいでしょうね。
ここで変に無理したり我慢したりして、ますます悪くしたら元も子もないですから。あせらずじっくり直してほしいものです。
その際、ガンオン編集部もちゃんとフォローしてくれることを切に願いますね。

明日、検査ですか。ぜひお大事にしてくださいね。私も健康には気をつけようと思います。それではまた!


すみません、今日はここまでにしますね。ひろさんへの返信は明日ということで…

No title

更新お疲れ様です。やっぱり小宮山さん カッコイイです。「おい そこまでにしとけよ」ですからね。(自分は) 智貴くんのなんなんだ とかそういう考え微塵もないかんじがとてもイイです。それにひきかえ 智貴は何も言わなすぎじゃないでしょうか。話しを展開させるために仕方ないとはいえ もうちょっとはっきり言えよ と。もしかして智貴くんって結構だめなやつ というか
一昔前のラブコメの男なみの優柔不断なのかも なんて歯がゆい気がしました。以前 誰かが言ってた「報告連絡相談 これを徹底するとほとんどの少女漫画は成り立たなくなる」なんてのを思い出しました。まあ 次のエピソードではビシッと言ってくれるのでしょう。久々に風夏の姿が見えずそこだけ不満でした。

No title

かつて姉に教えてもらった、比較的人が来ない、校舎のあいだにある場所。
そこにいつも通り、一人で座ってる智貴。
そこへサチがやってきた。
サチ「またここに一人でいるのね」
智貴「あ、どうも」

会釈する智貴。歩いて近づいてきたサチの、服のポケットから、何かカギかキーホルダーっぽいものが落ちる。
サチ「あ、落としちゃった」
と言って拾おうとするサチ。智貴に背中を向ける体勢で、足をほぼ伸ばしたまま、前屈するように落としたものを拾おうとする。
サチのスカートも短いので、スカートの中のパンツがみえてしまう。
智貴「ぶほっ!」吹いてしまう智貴。
サチ「ん、どうかした?」
智貴「あ、いや別に・・・」顔を横にそむける智貴。

サチ(ふふふ・・・動揺してるようね。顔が赤くなってるし。わざとやったのよ。
これを思いついたから、今日は勝負パンツとして薄ピンクのかわいいのはいてきたのよ・・・!さらに挑発してやろう・・・!)
上半身をあげて普通に立った状態に体勢を戻し、智貴の方に向き直るサチ。
サチ「ふう、拾えた。あ、そうだ、たまには正面同士で話してみない?」
はあ、と答えた智貴の正面でしゃがみこむサチ。
短いスカートの上、手はひざより少し上に置くような感じでしゃがんだため、パンツが思いっきり見えてしまった。
智貴「あ、あの・・・」赤面して顔を背ける智貴。
サチ「ん、どうかした?」
智貴「パン・・・ツ・・・みえてます・・・」
サチ「あら、ごめん、変なものみせたかしら」わざとらしく言うサチ。
サチ「あれ?もしかして興奮した?」と言いながら、しゃがんだまま足をさらに広げる。
智貴「いや、だから隠してください・・・」
とその時。

「オイコラ、何してんだコラー!!」
怒鳴り声が突然響いた。その声の方向みると、小宮山さんがいた。
コミさん「オイコラ、てめーコラ、汚い布みせつけてんじゃねえ、このド腐れビッチが!
なんてことしてやがんだ、エーコラタココラ!
とんでもねー淫乱ビッチじゃねーか!てめーそれで興奮してやがんのか!
てめーのくさいマ0コから染み出したきたない液体をいっぱいしみこませたそのきたねー布を、智貴にみせてんじゃねーぞ、エーコラワレコラ!」
サチ「はあ?!汚くないし臭くないわ!あんたと一緒にすんな!」
コミさん「いーや、くさいね、私も智貴のこと思いながら毎晩マ0コ触ってるけど、その後液のついた指のにおい、かいだらそこそこくさいからな!
チーズのようなにおいするし!まあチーズはおいしいしよく食べるけど!」
サチ「何言ってんのよ、あんたには関係ないし私はそんなにおいしないし!
てかあんたと違って私のをみて彼、興奮してるはずよ!
たぶんたってるし、ちょっと出ちゃったかもしれないわよ、あんたのと違って!」
コミさん「はあ?!たって、しかもちょっと出ただとおおお・・・!なめたい、しゃぶりたい・・・智貴くんのそれは私のものだ、あんたに渡すものか!
こっちは智貴くんのち0ち0,上の口でも下の口でもしゃぶりつくす覚悟があるんだ!おまえにはそれがあるのか?!」
サチ「はあ?!いや、私だって、いや私の方が、ちんち・・・・・・」言いながら赤面しだしてしまったサチ。

コミさん「てめー、さっきたってちょっと出たとか言ってたくせに、何今頃言いよどんでやがるんだ、こんなとこでカマトトぶるんじゃねえ!」
井口さん「あああ・・・大変なことになってる・・・止めないと」
二人を止めようと前に出ようとした井口さんを制止する伊藤さん。「まだ早い」
井口さん「いや早くないでしょ!早いどころか手遅れ通り過ぎてるんですけど!」

というわけでどうもですw
我ながらなんちゅうもん書いてるんだろう・・・・むしゃむしゃしてやった。でも後悔はしていないので公開する。
今回はだいぶ後にふと思いついたコント?ですw
サチがえらく智貴に盛り倒してるのでw、そこから冒頭の挑発の話が頭にふと浮かびましてw

でもそれじゃあただのちょいエロ二次創作でしかないなあ、と思ったら、その後の展開が浮かびましたw
まあ今回の話を悪い方向にアレンジした感じですかねw
まあ自分の変なコントの多くは、てかほとんどほぼ全部、ひろさんとかが貼ってはる二次創作から影響うけてますさかい。
てことで、脳内でマンガ的な展開が広がったりするんですが、自分は幼稚園児よりもはるかに絵が下手で、描けもしない。
てとこで、ここで文章にしてみだしたわけでして。
今までの多くは、セリフだけでも大丈夫なネタだったのですが、今回は動き的なものも書かないと分からないな、と思ったので。
官能小説かどうかはわかりませんがw、SS小説のような、シナリオのような、そういう感じの文章になりました。
ご査収くださいw

思いついて頭でまとまった?のは昨日か一昨日かなあ。
それまで、本編読んで、ここのを読んでも、今回からは変なコント、思いつかず、別のを考えてたんですが、ふとこっちを思いついたので、稚拙な文ながら、一応書いてみました。
思いつてたやつは、また今度に。どっちにしろ、下ネタ(ちょいエロ?)だったりしますw

というわけで今回は、うんよかったな、てとこで。
笑えるとこもなかなかありましたし。
自分的には20枚あげる、委託じゃねーか、のとこと、コミさんの一人スタンディングオベーションが1番笑ったとこかな。
特にコミさんのはやべーw
そら井口さんも顔そむけて他人のふりするしかないと思うw
てかあのクラスではコミさんと伊藤さんとサチはどう思われてるんでしょうかね。
誰か「なんで毎日のように見に来てるんですか?」とか声かけたりしないんでしょうかね、さすがに。
いや、やっぱやばすぎて怖すぎて無理なんでしょうかw
コミさんは明らかにやばいし、サチも人相悪くてやばいしw
まともそうな伊藤さんに声かけても、結局こいつもやばいやつだった・・・てオチになりそうだ・・・どうあがいてもやばいw
てとこでいったん分けます

No title

今回は反映されました。
私、つい長文になったり、あるいは連日の2日目、とかある時があるので、そのあたりが受け付けられない原因かも、ともちょっと思ったりするのですが、実際のところはよくわかりません・・・・まあ気づけば何か報告できればな、と。
というところで、今回もいけるところまで。まあ後回しも可です、て書いておきます。
テーマ的なものを、と。

今回思いついた一つは、これ。

https://www.youtube.com/watch?v=l7vRSu_wsNc
Prince & The Revolution - Raspberry Beret

曲の雰囲気的に。奇妙なサビが印象的で、今回の話っぽいとちょっと思ったりw
ビデオクリップは初めて見たかも。しょっぱなは、目が回るー
伊藤さんのムーンウォークが出たのに、マイケルジャクソンの曲じゃなくプリンスの曲選んだというw
ベレエって単語、バレエもそうだけど、最後に読まない文字がるあたり、フランス語由来っぽい気がするなあ。
ラズベリーベレー プリンス、でググると、歌詞も出てきますな。
実は前回紹介したヌークザクロスもググると出てきました。

そしてもう一個は・・・・
まずは「元ネタ」を貼ります。

https://www.youtube.com/watch?v=rmhN2l2pizk&list=OLAK5uy_mLeHpH6TxPhE5k4ahMS9bNNyW8iyhf-j0&index=5
Helloween - Dr Stein

ハロウィンであります!
ちょい前?紹介しようとしつつ、後回しにしてた一つだったんで、今回紹介。
なんか10月に、メディアやらの陰謀でw、完全に日本に定着してしまったハロウィーンですが、あれ定着する前からこのバンドは日本でも知られて人気だったんですよ。
ちゃんとこちらも知らないといけない、てか知ってもらわないといけないのです!
こちらの曲は初期の代表曲の一つです。

えーとウィキ貼ります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3_(%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)

行事のハロウィンとは、実は綴りが違うのです。
いろいろと説明があるんですが、さらっというと、最初期のころがあって、現ガンマレイのカイハンセンがボーカル兼ギターだったころがあって。
で専任vocalのマイケルキスクが加入、その優れたvocalもあって、一気に人気バンドに躍り出て、特に日本で人気が出まして。
最初はこういうスピードメタルをやってて、その性質から、スラッシュメタルと混同されたこともありましたが。
要はメロディックスピードメタルであり、メロディックパワーメタルというジャンルなる、というかそのジャンルの始祖そのものという感じなのであります。

で、上記の曲も入った、2枚に分かれたキーパーオブセブンキーズ、邦題守護神伝、これがハードロック界に多大なる影響を与えまして。
いわゆるメロディックパワーメタル、メロディックスピードメタル、というジャンルのバンドは、ハロウィンの、特にこのアルバムから影響を直接的・間接的に受けたサウンドにほぼなってしまう、とまで言われてしまうほどの存在。
てか某バーンのレビュワーの中には、そういうジャンルを、ハロウィンのそのアルバムの焼き増しじゃねーか、と低くみる傾向すらあったりもしたという感じで。
正直言うと、そこからの影響も強く感じられたり、もろそういう曲・サウンドだったりすることも多々あるもので。
大半のヘビーロック・ラウドロック・メタルコアが、メタリカやインフレイムスからの影響を受けている、みたいな現象が起きている、という感じです。

えーと、「2期」までの話、てかその2期の話を長くしてしまいましたが、やがてカイハンセンが脱退、彼はガンマレイを結成します。これも大きな存在になるのですが。
で、ハロウィンも後釜を入れて続くのですが、ちょこまかと迷走したあげく、マイケルキスクが脱退することに。
で、後任に、ピンククリーム69というバンドが名をあげだしたのですが、そこのvocalだったアンディデリスが加入することに。
同時に元ガンマレイのドラマーもハロウィンに加入したりしてますw

その後はバックのメンバーがちょこまかかわるのですが、ここからが「3期」といってもいいかも。
そしてアンディのvocal時代が今に至るまでずっと続いていて、なおかつ今もジャーマンメタル、そして彼等の作ったジャンルのトップランナーとして、今も活躍を続けているわけですが。
割と今に至るまで、レジェンドとなった守護神伝の2枚のアルバムでハロウィンのすべてを語ってしまおうという、古い保守的なメディアやファンもいて、アンディがボーカルになってからの方が長く、そこからの活躍もだいぶ多いのに、そこにとらわれてしまうファンやメディアも存在してしまったりもするのです。

他に細かいエピソードもあるんですが、それは手が回らないかも?
また後日かも、ですが。
つい前置きが長くなったのですが、次にあげたかったことですが。
そのアンディ時代ということになりますね、だいぶたってからですが、以前の曲たちをいろいろ集めて再レコーディングしよう、ということになりまして。
でもただ今のメンバーで以前の曲をそのまま演奏する、てのも芸がない、と思ったみたいで。
かなりアレンジをほどこして曲の構成を作り直して一つのアルバムにすることにして。
それがアンアームドというアルバム。
そのアルバムで上記のドクターステインもアレンジされました。

それがこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=5yUihyOKxww
Helloween - Dr. Stein

ビデオクリップも作られました。
美人ナースも登場w
なんか杉本彩っぽいというか、ウィズインテンプテーションのvocalっぽいというか。
というところで、このジャズっぽいというか、ビッグバンドっぽいちうか、こういうちょっと違った感じ?のファニーな感じが、今回のテーマっぽい雰囲気だと思ったもので。
オリジナルのストレートの方だと雰囲気がちょっと違うかな、と。

この曲もそうですが、そのアレンジというのが、かなり変化させたアレンジで。
すべてハードロックやメタルとは全然違うジャンルの、元の曲の面影が全然ないようにしか聞こえないくらいのアレンジをほどこしたもので。
ロックからすらも遠くなってしまった大胆すぎるアレンジで賛否両論に。
上記のドクターステインのは、まあよかったんですけどね。
他にはレゲエっぽくなったり、どんよりした感じになったりとか、さまざま。

というところで、一応ユーチューブページも貼っておきます。
https://www.youtube.com/channel/UCJ_GGoAmF-LTtmV_2P5q8Dw

ハロウィンだけにかぼちゃキャラがトレードマーク。
アルバムとシングルのとこ、キーパーオブセブンキーズのやつ、1と2があって、さらに1と2をひとまとめにしたやつもある・・・
このアルバム、当時は1が最初に出て、後に2が出たんですが、さらに後に1と2をひとまとめにした2枚組としての商品も発売されたものでして。
同じ曲がどっちでも聞ける仕様ですな。

で、もう1曲紹介。
https://www.youtube.com/watch?v=UTYjRwlX7lM
Helloween -Sole Survivor

今回のテーマっぽくはないですがw、題名的にワタモテっぽいのでw
この曲はアンディデリスが加入して最初のアルバムに、インストのあと最初に始まる曲で、まさにハロウィンの新しい幕開けを告げる曲なのであります。
それ含めかっこいい。
ただ、探すのにちと苦労するというか。
理由なんですが、これ入ってるアルバムもいいし、その次のアルバムも傑作といっていい出来なんですが。

ただ、その後レーベルとかがバンドのアメリカ進出をもくろむんですね。
で、そのためアメリカでアルバムをレコーディングして、売り込もうとするのですが。
以前もうまくいかなかったこともあって、ここでもうまくいかず。
ここでバンド内で軋轢が生まれるんですよ。
で、オリジナルメンバーにしてリーダーのマイケルヴァイカートが、脱退するか、というところまでいってしまって。
でも彼が抜けるともはやハロウィンじゃなくなってしまう(オリジナルメンバーはベースだけ、曲作りの大半は初期からヴァイカートが多く手掛けていた)ということで、ここで彼と折り合いが悪くなったドラマーともう一人のギターが脱退することに。
その後彼等は、以前ウィキだけ紹介したことのあるヨルンランデをvocalに、マスタープランというバンドを結成。

で、アメリカ進出はやめて、日本とヨーロッパを中心にして活動する、以前のやり方に戻したわけです。
こういう経緯があるんで、彼等がいたころのアルバムは、上のオフィシャルユーチューブページでは、ちゃんとは表示されていないんですね・・・
このあたりのアルバムは曲もいいので残念なんですが。
その後は新しいメンバーを加入させて、バンドは続いているのです。
アンアームドもその頃の作品。

というところで、他にもいっぱいネタあるんですけどね。
アンディデリス加入後は、彼もけっこう曲を書く人なんで、ヴァイカートとデリスがそれぞれ多くの曲書いたり、とか。
デリスの元いたバンドのベースの人がハードロック界隈でプロデュース業で多くの作品を手掛け、名うての売れっ子プロデューサーの一人として有名になったりとか。
上記のエピのあと加わった元フリーダムコールのギタリストが身長2mとか。(本人いわく、自分は大きいのではなく背が高いだけだ、と主張してるそうな。)
そこで同時に加わる予定だったドラマーがケガや病気でなかなか参加できず、かわりにたたいたドラマーがモーターヘッドのメンバーだったり、とか(音楽性だいぶ違う気がしたけど!)
あと、初代てか2代目vocalのマイケルキスク、ピンククリーム69のメンバーとプロジェクト組んだりとか。
詳しいことはまた後日、と。

ガンマレイのこと書いたのはうる星のコメ欄でしたね。
https://horobijiji.blog.fc2.com/blog-entry-490.html#cm

探してみました。この回か。
ウィキは貼ってないなー。一応貼ってみるか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4

モーターヘッドのドラマーのことも。ハロウィンでサポートでたたいたのが意外だったのです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC

ロック界のカリスマアイコン、そしてモーターヘッドそのものだったレミーが亡くなったため、このミッキーディーがモーターヘッドの終結を宣言したのです・・・
そういやモーターヘッド、最初はバスタードって名前にしようとしてたのですが、過激すぎるからやめたという経緯があって。
あのマンガ、なんてとこから題名を・・・

ハロウィンの説明で長く・・・さらに分けます。

No title

続きです。向こうでもガンマレイのウィキ貼ってたなw
えーと、残りの余裕ないですが、書けるとこまで本編。
前々回、いやもう1個前か、になりますが、あの時計に針がなかったのは、もう時間がない、てことだったのかも?

サムネ、最初はサチが柿沼に変なこといって、「おい!」てつっこまれてるのかと思ったw
違った。あれはあざ笑う顔じゃなくて色ボケた顔だったかw
てか気持ち悪い笑顔ってw まあ正解ですけどw

初芝が色ぬってた?あれは映画泥棒、てのは簡易感想でかわずやさんが教えてくれた話でしたね。
まあカメラか、もしくは鉛筆削りっぽくはみえましたがw

えーと、ガンダムネタとかw、シコふんじゃったネタとかその他あるけど、今回は手が回らなさそうなので、また後日に、と。
うる星はさらに遅くなりそう、うーむ。
とりあえず何も言わない・言えない智貴のこと書きますか。
まあ言えないし、どう言えばいいのか、とかあるのでは。
井口さんだけに迫られてるのなら、まあつきあってもいいかな、とも思ってるかもしれませんが。
そこまで井口さんにぐっとはきてない感じではありますね。だいたいさやかのせいw
こみさんに横にしたvサインだしおるしw

井口さんだけならいいのですが、コミさんもいるので・・・さやかのこともあるし、井口さんとつきあおうとしたら、本当にややこしくなりそう、というところで二の足を踏んでるところもあるかと。
そもそもそこまで惹かれてない、てのもある感じですけど。
サチに関してはちょろっとしゃべるけど、所詮顔見知りでしかないですし。
で、今回誘われて、どうなるかの前にコミさん。
コミさんのベッドに入ったことある、て発言とか、なんで何も言わないの、とかつっこみがありますが。
説明したとして。

「ベッドに入ったことあるって?」
「いや、そういうのじゃなくて、家帰ってきたら、誰かベッドにもぐりこんでて。
姉だと思って出ていけ、て布団めくったら、あの人だったんだよ」
・・・て説明しても。え、どういうこと、てなるんですけど。
何言ってるかわからないだろうが、俺もよくわからねえポルナレフ状態ですやんw
あと・・・・以前もこっちが忘れた携帯をコミさんに届けてもらった、というか届けさせた時。
コミさんが何もみてない、ていってこいつ天使なのか、て思ったことありましたが。
あれ、当時(今でも?)のコミさんからすると、まったく興味ないから見なかっただけだと思う。
今回はいったんここまでで、ではまたー

No title

追記。ハロウィン→あいまいさ回避のところでお願いします。
同名(綴りは違う)のアメリカのバンドがいたとは・・・・映画は名前は知ってたけど。
ガンダムは初代は見たけどZはみてない。ZZは最初のとこですげーあわなかったよ
とりあえずZの主人公がすげーやばいやつな上に、精神が完全に破壊されて廃人エンドという、すさまじいことだったらしい、とは最近知ったというか。
二木さんの運命やいかに?もこっちに編集させられたせいで!(違う

コメント返信が遅れます

みなさん、コメントをいつもありがとうございます
しばらく返信ができなくてごめんなさい
今週になってちょっと急ぎの仕事に追われてまして、なかなか時間が取れない状態になっています
申し訳ありませんが、返信はもうしばらくお待ちいただけますでしょうか
今週末には少しずつ返信できたならなと思います
木曜日のわたモテ簡易感想はなんとか書こうとは考えていますが、ひょっとすると簡易感想のさらに簡易バージョンになるかもしれません
合わせてどうかご了承いただけると幸いです

コメント返信その2

大変遅くなってすみません、ようやく落ち着きましたのでコメントへの返信をしてまいります。
(幸か不幸か、今週のわたモテの更新もお休みになったので簡易感想の簡易版もなかったことに…)

>ひろさん

サムネは久々のヒットでしたねw 本当に誰が見てもわかるんだよなあw

> 今は授業無しで準備オンリーなのか。なんとなく授業終わってから準備やらせてくれるイメージあったわ。
やっぱりそこ気になりますよね。今がそういう流れなのか、それとも原幕が特別なのか…
しかも1週間前から午後の授業も準備に当ててますからね。授業数が圧倒的に足りないんじゃないかと要らぬ心配をしてしまいますw

> あーちゃんの手柄。
でも、当の本人は別の準備に追われていましたね。加藤さんなんて彼女の手伝いをすればいいんじゃないかと思うのですが。

> 和田きゅんのポーズがあざとい。
確かにw

> 久しぶりにまこっちママを見たような気がする。
そんなこともないんじゃないかという気もしましたが、ラストシーンは最後の時にいただけですもんね。
話に加わってくるのは喪210中編以来になりますか。
シコるは知ってるのが下品なんじゃなくて、それを面と向かって口にするのが下品なんですよねw

> その裏でコーヒーカップ破壊という大事件が起きていたことは内緒だ。こちらも二木さん様々。
けっきょくあの事件は、あの三人以外知る由もなく闇に葬られたんでしょうか。本当全てにおいて二木さんが無双すぎるw

> 次回以降でかともこの買い出しエピとか入れてくるか?
さて、どうでしょうね。作画さんのヘルニアのこともあってしばらく休載になりそうな感じですし、今のところまだなんとも言えない状況ですね…

> 智貴はもっと嬉しそうな顔しろw
まあそこは許してあげてw 彼だって内心はほっとしてるんだと思いますよ。でもそういえば、智貴の笑顔ってほとんど見たことが無いかも…

> もうこのコマだけでいろいろ人間模様が詰まっててサイコーw
言われてみればすごい一コマですね。ここをベストシーンに挙げてもよかったくらいかも。
ていうか与田っていうと、一瞬誰?ってなってしまうw

> クラスの出し物の宣伝という建前で話しかけるのは自然でいいね。
きっと随分前から考えていたんでしょうね。そうでなきゃ、リハーサルの打ち上げにチラシを手にしながら待ち構えていないでしょう。性格は悪いんですけど、やっぱり乙女なんですよね。性格は悪いけどw(なんで2回言った)

> それでも異性の部屋に入る=エロい関係だと思ってるサチさんもたいがいだと思うw
そこはやっぱり恋愛脳というか、狭い世界しか知らない反動がこういうところに出るんだと思います。自分の思い込みを疑うことを知らないんですよね。

> 遂にVSサチが実現してしまったw
けっこう長かったですよねw まあおっしゃる通り、同じ舞台に立ってもいないんですけどw
ただ、2-4の練習をずっと一緒に見ていたわけで、その間何も会話もなかったというのはお互い意識ながらも牽制していたんでしょうか。その時のお互いの心境が少し気になりますね。

> 数々の暴走を見てきた彼女からすれば「まだ慌てるような時間じゃない」のだろうw
ていうか、あの食堂事件のように、手が出るまでは「見」に徹するつもりなんじゃ…w

> 以前に感想コメで「ベッドの件はマウントになる」って買いたけど、本当に使ってくるとは。
そうでしたね。まあでも、小宮山さんにできるのはそのくらいですしw

> サチ史上最大級の可愛さだと思うのは私だけか?
ああなるほど…可愛いと言えば可愛いですけど、私はその可愛さに深い闇を同時に見てしまったんですよねえ…

> 伊藤さんブロックは草だけど、正直、井口さんが間に入ってどうにかできるとはちょっと思わないんだよなぁ。
でも、井口さんが間に入る場面も見てみたかった気もしますね。彼女がどう小宮山さんをコントロールするのかw

> それにしても、井口さんほんと強くなったねw
ある種、開き直った感がありますよね。周りが狂人だらけなので、逆に本人が冷静になるしかないのかも。

> もし智貴が彼女作ったとしたら、こみさんはそのたびにこうやって妨害するのかって話ですよ。
実際問題、どこまでそれを続けるかという話ですよね。彼女的に落としどころはどこなのかが見えてこないのでリアルに考えると色々ヤバい面があるような気はします。
ただまあわたモテの本質はそこではないので、笑いの範疇のままで終わるとは思います。


> 二次創作
> ゆりもこ
> 表情😒では勝負できないと悟り 体を張った演技を試みる 田村ゆり ちゃん
トイレというか、単に挙動不審なだけじゃねーかw

> わたモテ最新話でセリフ無かったゆりちゃんかわいい…😊
メタにメタを重なるスタイルwwwもこっちの説明口調がじわじわきますw

> バレンタインなわたモテ漫画です
チョコかつ丼はちょっと食べてみたいwww

> うちもこ
> 最新話のうちもこ妄想漫画描きました ちょっともこっちをイケメンに描きすぎな気もするがまぁいいだろう
ありがとうございます!個人的にご褒美的な妄想マンガでした!

> こみさん他
> 喪213
あらー、私が遅かったばっかりに(?)消されてしまったようです。残念。

> みんなが苦笑してる中 奥の方でイイ顔してる紗弥加すき
まあねw わかるというか、狂人は狂人を知るというかw

> 女の戰い
なるほど、我々が見ていないところで既に戦いの火蓋は切られていたんですねw

> 伊藤さん
> 最新話 伊藤さん
言ってはないけど、たぶんそういうことなんでしょうねw

> まだ早い
うん、だいたいあってるw

> 久々の落書き更新絵です!狂犬こみさん止めそうで止めないの可愛い
こちらもほぼ合っているな…みんなふっくらしているのがかわいいw

> ガマンする伊藤さん
伊藤さん、後ろ後ろ!

> 南さん
> 小陽ちゃんでか
絵に描いたようなシュールマンガw(いや実際絵なんだけどw)

> 柿沼くんハイセンス眼鏡
こちらはちょっと捻ったシュールですねw物理的にピカピカしとるw

> 無知 キバ子
体全体から発せられる無知無知ボディオーラw

> まこキバ
> あまりにも迂闊すぎる
まこっちさん、さすがですw

> サチ
> もう後戻りできないぞ😊
あの表情の裏にはこんな思いが隠されていたんですね。実際相当の勇気を振り絞ったんだと思います。

> てれサチ
すばらしい!まさにてれたサチそのものですね。

> ぷんぷんサチかわ
ここもいいですよね。本当はこんな風に嫉妬していたのか…

> 嫉妬サチかわいい
おお、こっちはちょっとダーク深めなサチさんですね。耽美な雰囲気さえ漂います。

> 暴走するサチ
今マジで、このくらいの啖呵を切ってしまいそうな勢いがありましたよ。

> 言われなさすぎるサチ 喪213前
うーん、こうしてみると、なんだか不憫に思えてきた…

> 久しぶりの原作サチ成分堪能しました。今朝は寝坊したので急いで描いたけどサチサチサチ。
いやあこちらも堪能させてもらいました。チラシのところはたぶんこんな感じでしょうね。うーんいじらしいw

> 放っておくと段々誘いがエスカレートしていく美馬サチ
こうして既成事実は作られていくんですねw こわいこわいw

> コーヒーカップから崩れ落ちた二人のその後妄想。 南「サチ頭ボサボサじゃんウケる」 美馬「...撮んな!ブタ!!!」
また振り落とされたんかw でも本当にこんな光景が当日繰り広げられるかもしれませんね。

> 智貴&とももこ
> 智くんはシスコン
うわw これは間違いなくラブコメ野郎w

> もこっち
> モテないしソシャゲ
うーんソシャゲネタはよくわからん…たぶんあるあるなんでしょうけど。

> モテないしソシャゲ②
おお、これはわかるぞw ていうか、面白そう。

> モテないしソシャゲ③
本当に実装されたら一番人気が出そうw

> モテないしソシャゲ④(オマケ)
うん、うっちーは沼にハマるわなw 二木さんのレア度がいい感じw

> ソシャゲネタまだ擦れる
ゆりちゃん、それは本当の友達じゃないよ…

> ソま擦
二木さんはいろいろ深みを知ってそうだよなあw

> モテないしソシャゲ(完)
なんつー完結編だw ていうか、何気に智貴がいるのがこわいw

> 藤子・F・不二雄先生タッチで描くわたモテifストーリー・トップカーストもこっち。 略して「トプカもこ」 最終回「さようならトプカ
なんかよくわからんが感動させられたwww

> skebご依頼品です 智貴が同じ高校に入学する事になった IF姉もこ達の反応集です ご依頼ありがとうございました
うーんどれも捨てがたいが、自分はヤンもこかな。


>しんやさん

カッコイイですか。まあ確かにそう見えなくもありませんがw
有無言わせないというか、ある意味一本筋が通っている感はありますね。
智貴は仕方ないというか、意外と古風な男なのかもしれません。男たるもの寡黙を美徳とすべしみたいな。
そうでなくても、もこっちのことを学校で言いたくないというのはあると思うんですよ。それにこだわるからよけいにこじれるわわけですがw
でもまあ、姉も言ってましたが一昔のラブコメ主人公っぽいところがあるのは確かだと思います。
優柔不断というより、鈍感なタイプな気がしますが。いずれにしても、読者から見て歯がゆい感じではありますね。今後彼が変わっていくかどうか注目していきましょう。
風夏の話は後編になるかなあ?今はキャラも多いので一つの話をまとめるのも大変ですよね。


>しょーかKさん

えー…今回はまたえらい方向に暴走してますねw ていうか、エーコラタココラの口にしてみたい感よw 関東人にとってはある意味憧れの罵倒文句ですわw

冒頭のパンツがどうのは確かによくありそうなエロネタでしたが、コミさんが絡むと一気にバカコントに変わりますねw
確かにちょっとシナリオっぽい文章だったかも。舞台転換もあるのでこの方がわかりやすいんじゃないでしょうか。
下ネタ全開ではありましたけど、別にエロとは思わないなあ…性的興奮を覚えるどころかドン引きしてしまう勢いだしw
ていうか、しばらくチーズが食べられなくなりそうw
別のネタも読んでみたいですね。ぜひ次の機会にでも。

> というわけで今回は、うんよかったな、てとこで。
おお、やっぱり。今回はさすがに誰もが面白かったといいますね。もこっちが主役じゃないととたんに評価が高くなるというw
委託ネタは不知沙さんも一番に挙げていましたし、かなりウケがよかったようです。それか、一人スタンディングオベーションのどちらかみたいですね。私のように最後の紗弥加を挙げているのは珍しいのかもw
もちろん委託も一人スタも最高に笑ったんですけどね。なんかますます収拾がつかなくなる感じがツボのはまりましてw

コミさんにしてもサチにしても伊藤さんにしても、誰も気になってはいるでしょうけど聞くに聞けないってかんじでしょうねw
だって怖いもんw
そんなクラスの雰囲気もあって、井口さんも何も言えないんじゃないかなあ。


今回は問題なかったんですね。よかったです。
連続投稿や連日長文が、ひょっとしたら荒らし的なものと受け止められた可能性はありますね。でも、こういったらなんですけどひろさんは問題なく投稿できてるみたいだしなあ…あでも、一度長いのが弾かれて分割して投稿しますってことがありましたね。ウマ娘のコメントはそういうこともあって今は分割してるそうです。
まあ私もわからないので、それほど気にすることはないですよ。何か気づいたらということで。

> Prince & The Revolution - Raspberry Beret
ああこれは見たことがあります。サイケというか、60年代のフラワームーブメントのパロだなあと思った記憶がありますね。アニメとかもその辺を狙ってるような気がします。ちょっとボブディランぽい歌い方もするところが面白い。切り抜きも意図的に雑にやってる感じ。
歌詞はちょっと変わったラブソングですね。ラズベリーベレーも隠語というか何かの暗喩っぽい気もしますけど、これはネイティブでもわからないかな。

> Helloween - Dr Stein
ハロウィンはずっと気になっていたんですよね。もはやメロハーの代名詞みたいなところがありましたから。
ああでも、これはスピードメタルというかスラッシュと間違わられるのもちょっとわかるかも。けっこうハードな面も押しだしている感じを受けますよ。
それでもサビのわかりやすさとかボーカルのハイトーンボイスは説得力があります。有無を言わせない王道ぶりがありますね。

> えーとウィキ貼ります。
あ、ハロウィンとは綴りがちがうんですね。ていうか、行事の方がHalloということを知らなかったw
あと、アメリカにもハロウィンというバンドがあったとは。こちらは行事と同じHalloweenのようですが。

やっぱり歴史が長いバンドなだけあって、いろいろ複雑ですね。
でも基本的にはマイケルキスクがボーカルとして加入してからの「2期」からが本格化したといっていいかも。邦題守護神伝は私もよく耳にします。何度かアニバーサリーアルバムも出たりして、彼らの代表作といってもいいですよね。いずれにしても、一つのジャンルを作ってしまうというのはすごいことです。
アンディデリスが入ってからが「3期」という感じですね。そこから迷走から抜け出してかつてのパワーメタルに回帰して人気も回復といったところですか。
いまでもアンディ時代が続いているんですね。それはすごい。その後も色々メンバーチェンジもあったようですが、ここ20年くらいは同じメンバーでやっているようですし好感度があがりますw

> Helloween - Dr. Stein
なんだこれw これはまた思い切ったアレンジですね。確かにこれは賛否両論別れるのも仕方ないかも。まあ本人たちに言わせれば、ここまでやらないと同じ曲をやるいみはないということなのかもしれませんが。
ただ、最初に元の原曲を知ってるから違和感があるだけで、最初にこれを聴いたら普通にいいポップソングだと思うかもしれません。

> というところで、一応ユーチューブページも貼っておきます。
ホントだ、キーパーオブセブンキーズは合計3種類ありますね。どれから聴いても問題なさそう。でも知らない人が見たらちょっと混乱するかもw

> Helloween -Sole Survivor
イントロが最高ですね。それこそワクワクするような導入部分です。すごくアルバム一曲目という感じがします。
今はアルバムが手に入りづらいんですか。もったいない話ですね。
アメリカ進出がきっかけでバンド内で軋轢というのはよく聞く話です。成功してもしなくても、結果的に遺恨を残す感じが多い印象ですね。
でもマスタープランもかなり良かった覚えがあります。まあメンバーは同じなんですから当たり前なのかもしれませんがw
フリーダムコールも好きですね。ユーチューブでたまたま聴いただけでしたが、自分好みだなと感じました。
身長2メートルですか。それで背が高いだけなのは逆に怖いですけどねw ひょろひょろじゃないですかw
モーターヘッドは確かに全然違う気がする…でも快く受けてくれたということは何か感じるものがあったのかな?

> ガンマレイのこと書いたのはうる星のコメ欄でしたね。
そうそう、レイつながりでしたねw

> ウィキは貼ってないなー。一応貼ってみるか。
いや、うる星の時もガンマレイのwikiは貼っていただいていましたよ。「この辺界隈はやっぱりややこしいですねw 」なんてコメもしてますしw まあでも何度貼っていただいても大丈夫です。とても一度じゃ覚えられないしw
どうやら今はツインボーカルになっているようですね。

> モーターヘッドのドラマーのことも。ハロウィンでサポートでたたいたのが意外だったのです。
今はスコーピオンズにいるのかな。それもちょっと音楽性が違う気もしますがw
でもそうそう、レミーが亡くなったんですよね。残されたメンバーでバンド存続を誓うケースも多い中、ミッキーディーが取った選択はそれだけ重みがありました。本当にバンドのことを深く愛していたんですね。

バスタードって、向こうだと日本が考える以上にやばいワードなんですかね?こちらは逆にマンガの印象が強くてそんな感じはないんですけどw でもまああれも過激といったら過激なマンガかw

時計の針がない…ああ、
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪211~本気もネタもすべては“裏切り”の名の元に~
https://horobijiji.blog.fc2.com/blog-entry-503.html
こちらのラストですね。そうか、そんな暗喩が隠されていたとはw

> サムネ、最初はサチが柿沼に変なこといって、「おい!」てつっこまれてるのかと思ったw
なぜ柿沼w ということは智貴が柿沼に見えたってことですか?
でもなるほど、あの笑顔でまたオタクたちをあざ笑ってるのかと思ってしまったわけですね。

鉛筆削りw それじゃ、欽ちゃんの仮装大賞ですよw

ネタは増える一方ですか。まあ焦らず一つ一つ面白そうなのからお願いします。もちろん、うる星の方もお願いしますねw
智貴のことですが、姉のことは言えないというのはあるとして、「どう言ったらいいのかわからない」というのもあるでしょうね。口下手と言うか、元々うまく自分の気持ちを言語化するのが苦手なタイプなのかもしれません。

こみさんに横にしたvサインだしおるしw
ホントだ!これは気づかなかった。珍しいですね、こんな小さな細かい所に気付くなんて。まさかしょーかKさんに教えてもらうとはw(いや、別に他意はないんですけど。なんか意外だなとw)

井口さんがもっとぐいぐいくるタイプだったら、まあ付き合ってもいいかなくらいになりそうですが、そういう感じじゃないですもんね。そういった意味でも、サチの今回の行動はかなり大きな波紋を呼んだと思うのです。
次回、中編の攻防も注目ですよ!…あ、でも作画さんがヘルニアということで、ウェブ更新も遅れそうですけどね。今のところ3月30日あたりの更新になりそうです。

ベッド事件は確かにどう説明していいか悩みますよねw
ていうか、説明したとして信じてもらえそうもないしw
そこまでするのも面倒くさいというのもあるしw
あれはそもそも姉の提案自体が狂ってるんだよなあ…
コミさんはあの頃はまだまともな面がありましたね。天使とは言わないまでも、人並みの羞恥心がありましたよw
携帯にしても、それで相手の弱みを握るという発想がないところが人としてちゃんとしてるわけで。

> 追記。ハロウィン→あいまいさ回避のところでお願いします。
了解です。ていうか、わかりましたよ。こういう一般名とかぶるバンド名ではよくあることですw
アメリカのハロウィンはびっくりしましたね。こちらはまんまHalloweenのようですが。
ガンダムZは最後主人公が精神崩壊するというのだけは散々聞かされた覚えがありますw
なんかガンダムをやたら熱くかたるやつが昔いたんですよね。何かと言うと、 ZはすごいZすごいというやつでした。
なんで主人公が最後気が触れたらすごいのかがよくわかりませんでしたがw
たぶん、そこに行きつくまでのドラマを見て、初めてすごいとわかることなんでしょうね。

それではまた!
line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line