fc2ブログ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪207~外はサクサク、中はねっとり。それはまるでカヌレのような味わいで~

9月22日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」がブラウザ版で喪207に更新されました。

前回は「ネモ回」であると書きました。
しかし一方では、3-5の出し物における現状報告といった性格もあったように思います。
そう、もこっちの「映画」ばかりがクローズアップされるためにしばしば忘れがちになりますが、あくまでクラス全体として文化祭に出展するんですよね。そのための「映画作り」なわけです。

思えばネモが「みんな巻きこんじゃおうよ」ともこっちを誘ってからはや2年。
具体的に「映画」と決まってから数えても1年8か月近く経っています。(もちろん、作中時間としてはわずか2カ月ちょっとなわけですがw)
その間、ほとんどもこっちたちの動向ばかりが取りざたされたせいか、全然進捗していないようなイメージもありましたが、実はクラスとしては割と滞りなく進んでいることを示してもいた回だったんですね。

試写会で岡田が言っていたことに嘘がなければ、あとは「最後のやつ」を撮るだけで早ければ「今週中」には終わる予定です。
心配されていたもこっち班の「映画」も前回を見る限り撮影はそれなりに進んでいるようですし、一応シナリオは完成されているのですから、このまま行けば文化祭までにはなんとか間に合いそうな雰囲気ですよね。
つまり、話数的には2年以上も費やしてしまいましたが(笑)、作中内としては大きなトラブルもなく無事に上映まで行けそうだということを暗に読者に伝える意味もあったわけです。

ただそれは、物語の定石としてほとんどのケースは「フリ」でしょう。もこっちがかつて言っていた「いい感じのトラブル」も、だいたい平穏な雰囲気から突如訪れるものですから。「俺この戦争が終わったら結婚するんだ…」みたいなやつですよw いわゆる“フラグ”ってやつですね。

はたして「トラブル」はやってきました。それも思ってもいなかった形で。
いったい誰がこんな展開を予想できたでしょう。まさか、あれが再び戻ってくるとは……

というわけで、さっそく見てまいりましょう!



mo207_01.png 
文化祭まで09日
時が経つのは早いもので、本番当日まですでに二ケタを切りました。

以前カウントダウンが出てきた時は「27日」でしたから、あれから18日経ったということになります。
こうなるともうあっという間ですよね。文化祭が土日の二日間やるとして、すでに土日挟んで実質あと7日といったところでしょうか。まあ土日もつぶしてやるというなら話は別ですが…

学校全体通してもいよいよ追い込みムード、急ピッチで準備が進んでいるようです。
校庭ではなにやら大掛かりなものが組まれているようですね。動画を撮影している子もいるようですが、メイキング映像でも残すつもりなのかな?それとも単に個人的な思い出として記録してるのでしょうか。
いずれにせよ、いよいよ本番間近ということでどこか浮かれてるというか、お祭り前夜といった感じがします。

というわけで、今回は「モテないし一年ぶりの餌」

いったい何が一年ぶりなのかと言いたくなるようなタイトルですが、それはまあサムネを見てしまえば一目瞭然でしたねw
今回のブラウザ版では、まるであの子がこのタイトルを言ってるような配置になっていてちょっと笑ってしまいました。自分で“餌”って言うんだwみたいなw

mo207_02.png 
清田が仕切ってるんですね。ちょっと意外。喪197「モテないし少し進行する」(コミックス21巻)ではどちらと言うと岡田が中心になっている風に見えましたが。
もしかすると、どちらがどうというのではなく共同で監督ぽいことを買って出てるのかもしれませんね。まあ何はともあれ仲のよろしいことでw

岡田と二木さんが2人で撮影してるのはどういうことなんでしょうね?別角度から撮ってあとで編集するつもりなのか、それともどちらかいい方を採用しようということなのか…
まあそれはともかく、二木さんのポーズが妙に決まってるのがなんかおかしいw
ていうか、これをずっと保つのってしんどくないかw絶対足がつると思うんだがw(普段からストレッチをしてるから大丈夫なのかな?)

mo207_03.png 
どうやら和田君は記録係(進行管理?)的な役目を仰せつかっているようです。そういえば、彼も実行委員でしたね。
しかし、“テイク86”って……
最後のやつだけ難易度が高い」と岡田も前回言っていましたが、思った以上に大変そうです。見てる分には他のミッションに比べても別段難しいようにも思えないのですが、やはり部外者には分からない苦労があるんでしょうね。

まあしかし、ネモも前回のことをそれほど引きずっていないようでよかったですよ。少なくとも表向きは和田君とも普通に会話できるようですしw

さて、もはやネモのつきあいといった感じのもこっちとゆりちゃんですが、何度もリテイクをしている彼らを見ていてふと「映画だとこういうの楽だ」という感想を持ちます。

mo207_04.png 
なるほどw 確かにカット割りが使えればいくらでも「偽の映像」を撮れるってわけだw
この辺はもこっちの考える“疑似的青春”と少しオーバーラップする感じがありますね。

それにしてもゆりちゃん、はなから入れるつもりないだろ……ただ力任せにぶつけてるだけじゃねーかw
ていうか、よく見ると左手で投げてるしw そりゃ外れるわw

…まあ利き腕じゃないほうで全力投球してもスコーンと的に入るという演出がやりたいんでしょうけどね。

しかし、「いつもの力」ってw
これ、絶対卓球の練習しに行った時のイメージのまんまだろw
こんなの↓
mo151_22.png 
この時も投擲(とうてき)なんて言葉を使ってるし、きっとそうだw

mo207_05.png 
ふうかがゆりちゃんのスタントかwww
(ふうか、ってひらがななのがなんかいいw)

背丈が大分違うようですけど、大丈夫なんでしょうか…
まあスタントって普通、遠目から派手なアクションを撮るものですし、体型とか髪型とかがだいたい合ってれば格好つくのかもしれませんね。

…もっとも、そんな大掛かりな撮影が必要な映画なのかは甚だ疑問ですけどw

mo207_06.png 
ゆりちゃんのポーズwwwww
これじゃ、新体操だろw
ていうか制服のままバク転すんなw ふうかさんのそれはむしろなんで見えないんだw

でも、このスタントを使うという発想自体は面白いですね。
“嘘”もスクリーンを通してみればその中においては“本物”になるという、ある意味フィクションの必然的な欺瞞性について問題提起をしているかのようでもあります。

岡田たちが撮ろうとしている「動画」とは明確に違うことをもこっちが自覚しているとするなら、なかなか興味深いなと感じます。

mo207_07.png 
WWWこれはさすがに色々盛り過ぎwww
かろうじて合ってるのはせいぜい“美少女”くらいなものだぞw
(それすら、わたモテ世界でどの程度なのかは議論の余地があるほどだしw)

でもまあそういう「役」を演じてると考えれば、成立してしまうのがまた「映画」だったりするんですよね。
見てる側もそれを“お約束”として暗黙の了解的に受け入れることで、物語の世界に入っていくわけです。

今回もこっちの映画でそれぞれの役柄を少しずらしていたのも、こういった見方が根底にあるのかもしれません。
ひょっとすると、そんな自分なりの映画論的なことをゆりちゃんに語りたかったりして。

もっとも、当のゆりちゃんにとっては「なんの話?」ってなもんですがw
そりゃ自分をディスってきてるとしか思えないよなあ…

mo207_08.png 
相変わらず、仲の良い2人w
なんか長年連れ添った熟年夫婦みたいw もはやときめきはないけど安心感はある、みたいなw

一方のもこゆりw
何、無言で牽制し合ってるんだw

mo207_09.png 
この二人ももうすっかり気の置けない関係になっていますね。

岡田は二木さんのポテンシャルの高さに当初から一目置いていたのでしょう。
どこかのタイミングで演者の話を投げかけるつもりだったのかもしれませんね。
はたして二木さんはこの提案にどう答えるのかも気になるところですが……

そんな空気を切り裂くかのように、あの“最終兵器彼女”がついに姿を現すのです!

mo207_10.png 
いやあ、ここで三家さんが登場してくるとは思ってもいませんでしたね。
そもそもここ最近は南さんとの絡みくらいしか出番がなかったですし。
ていうか彼女の料理を口にしたのって、3年生に上がってからは南さんとかっくん(三家さんの彼氏)しかいないんですよね。
今は、元委員長ことつぐちゃんの親友というイメージの方がどちらかというと強かったんです。

なので、彼女が恐ろしい毒物を生成するマッドサイエンティストだということを忘れていました。
…いや、忘れていたというより、あまり意識してなかったというのほうが正確かな。
メシマズネタもそれなりにやりつくしたし、今後はかっくんとのバカップルぶりと、つぐちゃん再登場におけるキーパーソンになるんじゃないかという思いの方が強かったですね。

それがまさか、こんな形で彼らの「映画」の前に立ちふさがる壁になるとは……

いつもような“お弁当”じゃないのが悪質ですよね。
皆に行きわたる“お菓子”となると、まさに大量虐殺になりかねませんよw

mo207_11.png 
差死入れwwwww
これほど的確に彼女の料理を表現した言葉があるだろうかw
まさに“死”を差し入れるようなものですからねw

それにしても、何も知らずに無邪気に喜んでいる彼らを見てると心が痛む……
ちょっと停滞してた撮影班の雰囲気を鼓舞する意味もあるのか、清田のテンションの上げ方が逆に痛々しくも思えてしまいます。

本当、クラスのみんなは三家さんの真の姿を知らないんですよね。
もこっちと南さん、そしてかっくんしか今まで彼女の料理を口にした人はいないんです。
それだけに、よけいにこれから起こる惨劇を想像すると……

ていうか、三家さんはなんで映画に参加してなかったんだw
隣のつぐちゃんも手伝ってくれた」もなんだか意味深ですよね。
わざわざそんなことを付け加える必要があるか?単に仲のいいアピールとしてはなんか不自然な気がしないでもないw

mo207_12.png 
永眠www
確かにその危険性も否定できないw

まあしかし、かっくんも止めようと思ってもうまい言い訳が思いつかなかったんでしょうね。
本当は体を張ってでも止めるべきなのかもしれませんが、そんな自己犠牲を求められてもねー。
そこまでクラスに忠誠を尽くす筋合いもないしw

mo207_13.png 
糸目の男キャラは絶対裏切るwww
ていうか、「裏切る」ってなんだよw 今まで一度たりとも仲間だったことがあるのかw

でも、かっくんが実は映画をぶち壊そうと画策してると思うと、むちゃくちゃ面白いですねw
一体彼の何がそこまで思いつめたのかw

というわけで、今回一番笑ったシーンはここになります!

実は彼こそがラスボスだったみたいな超展開を想像すればするほど、変な笑いがこみ上げてきますねw

mo207_14.png 
ここはある意味、今回の話をもっとも象徴してるシーンと言えるかもしれません。
「うまっ」の後に「…っ!?」と来るのがミソですよねw

心なしか、岡田の表情が硬直してるかのように見えるのがなんとも怖いw

mo207_15.png 
WWWWW
こいつ、いちいち例えがうまいなw
確かに死ぬか生きるかという瀬戸際だったら食うかもしれないw
どうせ死ぬならイチかバチか、ってなんかロシアンルーレットみたいだけどw(ただし当りはない)

まあしかし、もこっちがひょっとして料理の腕があれから上がったのか?と思っても無理はないですよね。
あの「豚の餌事変(にくじゃがじへん)」からすでに1年半ほど経ってるのですから。
その間、もこっちも成長しました。まさか2年に上がったばかりの彼女がその1年半後にクラスの先頭を立ってみんなで映画を作っているとは誰が想像できたでしょう。

人は変われます。
そのことを誰よりも知っている彼女がもしかしたらと一抹の期待を抱いてしまっても、私には到底責めることはできません。

mo207_16.png 
なんていうか、人はこうして同じ過ちを繰り返してしまうんですね…
なんで口にした誰もが「うまっ…」のあと何も言わないのか(言えないのか)、この時のもこっちは知る由もなかったのです。

ちゃっかり、ゆりちゃんもご相伴にあずかってるのが笑えますねw
彼女も三家さんとはまったく接点がなかったからなあw

mo207_17.png 
ウンコなのかよwww
豚の餌よりもパワーアップしてるぞw

ちなみに三家さんが作っていたお菓子は「カヌレ」というらしいですね。
なんでも外側は焼き色が付いていて硬くて香ばしくて、内側がしっとりとして柔らかいのが特徴だそうです。
まさに「ぱく」「さく」「もちゃもちゃ」ですねw(久々のもちゃもちゃも聞けましたし、今回の個人的ベストもこっちはここで!)

mo207_18.png 
WWWWW
一瞬、間が空くのがよけいに怖いですよねw
その分よけいに咀嚼してしまってるのですからw

てか、ウンコを甘く揚げたってw
何その最近流行りの商品名みたいなのw
「ウンコをサクッと甘く揚げてみました。」とかw

もこっちの口内がほぼ限界まで膨れ上がってるのもヤバいですが、
あのゆりちゃんでさえ眼の色変えてフリーズしてるの、本当ヤバいw

今回の個人的ベストシーンはここにしましょう。
もこっちの顔面が崩壊寸前な影で、ゆりちゃんが人知れず目を回してる構図がツボですw

mo207_19.png 
まさにw
この一年半の間に毒薬としての威力を進化させていたとはw
ある意味「トロイの木馬」ですよねw

ていうか、外側と内側は硬いか柔らかいかの違いで、材料自体は同じもののはずなんだが…
ひょっとすると、「手伝ってくれた」つぐちゃんが外側だけでもおいしくなるように手を加えたとか?
でもそうなると、逆説的につぐちゃんは三家さんの“毒”に気付いてるということになるわけで…
うーん、ますます謎は混迷を深めるばかりですw

mo207_20.png 
WWWWW
食べる前に気付けばよかったのにねw
やはり人間、警戒心は怠っちゃいけませんw

岡田が今にも吐き出しそうなままで止まってるの、本当面白いw
はなから吐き出せるわけもないですけど、やっぱり清田が隣にいるせいでよけいにブレーキがかかってるのかな?
そう思うと、なんだかかわいくも見えますね。

mo207_21.png 
ストレス感じた猫www
本当、今回のもこっちは例えがうますぎるわw
ていうか、二木さんってストレス溜めるとネコみたいな目と口になるのねw なんだかかわいいw

でもあの悠然とした二木さんですら、尋常じゃなくなるってよっぽどですよね。
私は彼女こそわたモテ最強キャラなんじゃないかと思っていましたが、実は三家さんこそその名にふさわしいのかもしれません。

mo207_22.png 
改めて見るとすげえなw
誰一人頭を挙げられないって、本当にお通夜みたいじゃねーかw
ていうか、見ようによっては悪魔の召喚儀式のようにも見えるw
さしずめ、三家さんとかっくんは悪魔の使いかw

しかし、もこっちの例えがますます冴えまくりますねw
魔法使い(黒)とか、闇の料理人とかw

mo207_23.png 
かっくん、やっぱり裏切ってなかったw
ていうか、身を挺してみんなを守ろうとしたのか…なんていいやつw

しかし、あんまり無理はしないでほしいですね。
なんか痙攣起こしてるし、さすがの彼もちょっとヤバいんじゃw

三家さんが持っていたお盆を見る限り全部で22個あったと思うんですけど、この場にいる人間が一人一個ずつ食べたとして、14個はみんなのお腹の中に入ったということですよね。
となると、残り8個を彼が全部処理したということに……

もこっちは喪42「モテないし何気ない日常を送る(2年生)」(コミックス5巻所収)以来彼のタフさを見ていないので、単に毒耐性があるで済ましていますが、これはかつて南も疑っていたように、実はもう人間辞めている可能性も微レ存?w

mo207_24.png 
一部ではエロいと評判になったあーちゃんのごっくんw
でも、いつまでも口の中に残しておくのもかえって危険ですし、対処としてはこれが一番正しいような気がしますけどねw

ていうか、他のみんなは吐き出すことも飲み込むこともできずにただ口の中で持て余してるのかw
絶対それが一番ヤバいってw
もこっちの目なんか、見たこともない感じになってるぞw
ネモもそれこそ能面のような顔ってか、なんだその口w

mo207_25.png 
あーちゃん、少し涙目www
でもそうか、ここは現場責任者としてみんなに指示を出すために、死ぬ思いでなんとか飲み込んだんですね…
そう思うと、少し感動的な場面でもあるかもw

でも、彼女はまだ知りませんでした。いつもと同じ「明日」がやってくるとは限らないということに…

mo207_26.png 
ゆりちゃんwwwぎゅぎゅwww
相変わらず、食べ物に関しての倫理観が薄いw
もっとも今回のは「食べ物」とも言えない気がするのでセーフな気もしますがw

それにしても、吐き出したところを誰も気づかないのはすごいですね。
普通は嗚咽くらいはこぼれるものだと思うのですが。ある意味神業w

ともあれ、今回の惨事で結果的にノーダメージだったのは彼女一人だったという事実は重いです。
やっぱり人間、無理しちゃいけませんねw

というわけで、「明日」を迎えたわけですが……

mo207_27.png 
デスゲームかよwwwww
なんだ「生存者」ってw最終的に何人生き残るんだw

でも、レギュラー陣はほぼみんな生き残ってますね。さすがは“TOGH”w(アプリ時で散々ツッコまれた綴りミスですがいまだ修正されてないということは、もこっちの認識がこうという理解でいいのかな?w)
岡さんだけは残念でしたが、まあ彼女は至って普通の子ですから仕方ないかw

ていうか、次の日まで回復しないって本気で毒物さながらだろ…マジで後遺症が心配になってくるレベル。

まあしかし、加藤さんとか他の子たちはあの場にいなくてよかったですね。
南さんだけは仮に居たとしてもなんだかんだ口実つけて逃げられそうな気もしますけど、後のメンツは三家さんの料理のことを誰も知らないわけですから。本当命拾いしましたよw

まあ、もし吉田さんがいたら、「人の食いもんにクソつっこんだの誰だー!!」とか言いそうですけどw

mo207_28.png 
落ち込む岡田と対照的にやたら能天気なネモw
彼女としてはあーちゃんを元気づけるつもりだったんでしょうけど、「クロの映画なんて」はちょっとよけいでしたね。

本当は彼女も不安ではあるんですよ。果たして本当に間に合うんだろうかと。
これまで何度ももこっちをけしかけてきたくらいですから、ここまで切羽づまった状況で楽観的になれるはずもないのです。
でも、それをあえて抑え込んでもなんとか勇気づけようとしているんですよね。
そう考えるとなんだか切なくもなる場面ですが、つい調子に乗って言わないでもいいことを口にしてしまうのがネモらしいw

ていうか、岡田もちょっと深刻になり過ぎな気がしないでもない…
さすがに次の日にはみんな出てくるでしょw 仮に6人とも一週間出てこれなかったら、撮影云々以前の問題ですよ。完全に事件ですw
それこそ文化祭自体存続が危ぶまれるw

mo207_29.png 
思わず本音が出てしまった感じですね。
ネモの努めて出していたたいしたことないよという空気が、逆に彼女のこれまで溜めこんでいた思いを一気に吐き出すことになってしまったのかもしれません。

まあ前回あれを見ればねえ…ふざけてんのかと思われてもいかしかたないw

mo207_30.png 
うーん、気まずいw
どちらも悪くないだけに、見ていて居たたまれない感じがありますね。

ていうか、もこっちはなんで他人事みたいな感じなんだw
元はと言えば、お前の「映画」のせいなんだぞw 何、お菓子一つだけの問題に矮小化しようとしているんだw

不協和音自体は結構前からくすぶっていて、お菓子はあくまでそれを表面化させたひとつのきっかけに過ぎないんですよね。そこを棚に上げて、自分は傍観者みたいな立ち位置にいるのはよくないと思うなあw



当初は割とギャグ回というか気楽に笑える話だと思っていたんですけど、改めてブラウザ版で再読してみたら意外と難しい回だなという印象を持ちました。なんていうか、うまく言葉にならないドグマみたいなものが奥底にあるような気がしましたね。
そういった意味では、「カヌレ」みたいな回だったとも言えるかもw 一口目(初読)は甘くてサクサクしていてイケる感じなんですけど、よくよく咀嚼してみると奥からねっとりとしたカオスが出てくるというw

考えてみれば、最後に顔をのぞかせた「不協和音」も同じようなものじゃないですか。何も今回の話でいきなり噴き出た話でもなく、これまでの過程のなかで知らず知らずのうちに熟成されてきたどろっとした感情なんですよね。

岡田は元々もこっちが当初考えていた「映画」案にかなり興味を示していました。
プレゼンの予行演習で、「結構凄くない?」と感嘆の声を挙げていたのは他ならぬ彼女でしたし、紆余曲折あって「ショートフィルム集」も上映することになっても、最後まで「最初の案」のことを気にかけていたのも彼女でしたよね。

そんな彼女ですから、なんとかゴールが見えてきた今でも、もこっち班に対しては色々忸怩たる思いもあるのでしょう。
それはたぶん、岡田自身でもうまく消化しきれないなんともドロドロした感情に違いありません。
だからこそ、ネモの何気ない言葉に思わず爆発してしまったのではないでしょうか。

そう考えると、三家さんの差し入れた「カヌレ」はある種の暗喩だったのかなという気もしたんですよ。岡田の感情だけではなく、もっとこれまでのぐちゃぐちゃした感じを含めて。

ていうか、三家さんという存在そのものもなんだか「カヌレ」っぽいなという感じもしたんですよね。見た目はかわいいし性格も天真爛漫で邪気がないように思えるけど、料理に関してはとたんに無頓着になるというw
今回だって、6人も欠席してることに対して自分のせいだとはたぶん夢にも思っていないはずなんですよ。それってかなりやばくないですか?
地獄への道は善意で舗装されていると言いますけど、まさに彼女のためにある言葉なのではないかとw

もっというなら、ここ最近のわたモテ自体が「カヌレ」だったんじゃないかという風にさえ思えてきたんです。
表向きは大きなトラブルもなく、それなりに順調に進んでるように見えて、実は水面下では何かが少しずつ大きくなってきているんじゃないかと。それがいよいよ顔をのぞかせてきたのが今回の話なんじゃないかと。
とまあ、そんな風にもちょっと感じたんですよね。

もちろん、そんなシリアスな方向になっていくとは思っていません。文化祭自体も滞りなく無事に終わることでしょう。
ただなんでしょう、改めてわたモテの構造に思いを馳せたというか、ドロドロした得体のしれないものを笑いで包んで見せたものがわたモテという作品だったんじゃないかと、しみじみ考えてしまったんです。

ここしばらく、わたモテ界隈では評価が割れる回が続いているようです。
それはもしかしたら、外はサクサク中はねっとりというわたモテならばクセのある味が、ここにきて読者にはっきり伝わるようになってきた反動、なのかもしれません。


文化祭まであと27日の頃はまだのんびりしてるなあと思ってしまう、今日この頃……



喪42「モテないし何気ない日常を送る(2年生)」を読み返すと、この時点では三家さんはまだ自分の料理に懐疑的なんですよね。それをとんでもない最終兵器に変えたのは他ならぬもこっちだったという……w



一口目でその危険性を察せたこの頃に比べても、彼女の殺傷力はより強度を増してきているようですねw



考えてみれば南さんもかっくんほどじゃないけど、割とTOGH(タフ)な方なんじゃなかろうかw



もこっちの妄想とはいえ、三家さんの焼く焼きそばはマジで怖すぎるwww


関連記事
スポンサーサイト



tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

更新お疲れさまです。
サブタイトルでまず吹いたけど、それ以上にサムネで嫌な予感マシマシすぎる…

>タイミング早い ワンテンポ遅らせてー
>OK OKー 次いこうかー!!
>次で何回目?
>前日からでテイク86だね
>今日のシーン撮れたら 最後だって聞いたから 見に来たけど 大変そうだね
>ものによっては一回で成功したのもあるんだけどね あっまた失敗した
岡田班のチャレンジ動画撮影もクランクアップ寸前まで来ているようですが、編集がきかないのでここに来てかなり苦戦中なよう。
演者のひとりが岡さんじゃないですか、この子可愛いから地味に好きなんだよな。

>映画ってこういうの楽だよね
>え?
>ゆりちゃんがいつもの力で投擲してもさ
>カット割りで成功に変えられるし
>ゆりちゃんのスタントをたてれば
>無理なアクションも可能だし
>むっつり根暗暴力女のゆりちゃんでも
>田村ゆり 才色兼備 品行方正 学校一の美少女
>…的なモノローグ入れれば一気にそういうキャラにできるし
>何の話?
一瞬「ゆりちゃんのスタンド」に見えたw
スタント役の風夏さんスタイルいいわぁ、 こちらも黙ってれば学校一の美少女なんだよなw
それにしても、隙あらばゆりちゃんイジりするよねもこっち。ナレーションに説得力持たせるのは現実的にルックスがよくないといけないし、内心ゆりちゃんのことそう思ってんだろ、どんだけゆりちゃん好きなんだよw

>ちょっと集中切れてきたし 一回休憩とるかー
>そうだね
>休憩終わったら二木演者やってみる?二木なら成功率だいぶ上がるでしょ
いいよねあー清。これでまだ付き合ってないとかウソだろ?みたいなレベル。
この二人の仕切りの手際よさなら、撮影が順調に進んできたのもうなずけますね。

>みんなおつかれさまー
>さっき調理室で作ってきたんだけど みんなで食べてー
三家さんやっぱり来ちゃったよおい!w
普通なら心温まるというか、羨ましいシーンなのに、これから始まる惨劇へのプロローグにしか思えないw

>おー三家さんの手作りー!!!さしいれだー
>私映画の手伝いあまりできなかったから隣のつぐちゃんも手伝ってくれたんだよ
>差死入れ!!
過去の数々のバイオテロを知らない清田くんたちクラスメートは大盛り上がり。彼氏だけではなく、つぐちゃんこと元委員長も加わってることで「あれ、ひょっとして料理上達したのか?」と思ってしまう。
しかし事情を知ってるもこっちは…「差死入れ」とか上手いこと言いすぎやw

>かっくんと相談して せめて差し入れだけでもって
>ね!
>彼氏何してくれてんだよ止めろや!! 下手したら休憩どころか永眠すんぞ!!
>それとも映画ぶち壊そうとしてんのか!!糸目の男キャラは絶対裏切るし!!
「休憩どころか永眠」
「糸目の男キャラは絶対に裏切る」
彼氏への罵倒がいちいちおもろいw
でも、想像だけど、「何かみんなに差し入れしよう(買う方向性で)」ってやろうとしたけど、手作りになってしまった可能性もあるわねw

>もらう?
>いやーお腹いっぱいだしいいわ……
まぁ確かに自分がこのもこっちみたいなシチュエーションに出くわしたとして、「不味いから食うの止めた方がいいよ」などとは言えないよなぁ…さっきも書いたけど、もしかしたら上達して上手くなってるかもしれないんだから。

>うまっ……!?
>本当だおいしっ………つ!?
>うま……つ!?
絶妙なリアクションの表現ですよねw
上手くて絶句
不味くて絶句
どちらか分からないw

>嘘だろ!?あれがうまい
>飢饉の時に出されても食うか迷うレベルの代物だろ!!
食わずに死ぬか
究極の選択だなw

>思えばあの肉豚の餌(にくじゃが)事変から一年以上…
>あっ かっくん みんなの分食べちゃダメだよ!
>一年前ぼっちだった私がみんなと映画作ってるんだし
>料理の腕くらい成長してもおかしくないか
>わ 私も食べていい?
>あっ黒木さん 食べて食べてー
「飢饉」やら「豚の餌事変」とかいちいち言い回しが大袈裟すぎてw
普通の漫画なら主人公の成長に絡めたいいシーンなんですが、これはわたモテですよ、大丈夫?w
黙って食うゆりちゃんがらしくてたまらんw

>つーか知らない食いもんだけどなんだこれ? なんか甘くてサクサクしてて…
>中身はなんかねっとりしててなんだこれ
>ウンコか!?
>ヴォエッ!!?吐く吐く吐く!!
>何これ!?ウンコを甘く揚げたの!?
>騙された!!一咀嚼目だけイケててだますとか…!?
>料理じゃなく毒薬として進化してんじゃねーか!!
やっぱり三家さんは三家さんだった…それでも一口だけは美味いのは上達したと言ってもいいのかな?ただまぁ、それは料理ではなく生物兵器として、だけどw
いつも思うけど、三家さんは味見とかしないの?それとも彼女も味覚が壊れてるからなのか?w

>よく見たら二三口目辺りで全員動きが止まってる
>絵文字MK‐2ですらストレス感じた猫みたいな表情になってる
>つーか全員全く動かないけど時を止めたのか!?
>明るい空気を一瞬でお通夜状態に変えたし もう魔法使い(黒)か闇の料理人レベルだろ!!
俯瞰で描かれた「時が止まった3の5」の絵面w
あー清はもとより、二木さんまでストレス貯めた猫みたいな顔にさせるとは…でも猫目二木さん可愛いw
うっちーもそうだけど、絵文字族は表情変わると全員猫目になる仕様なんですか?w

>え!?かっくん全部食べちゃったの!?もーみんなの分残しておいてよ
>ごめんごめん
>クソメシ彼女の彼氏としての自己犠牲精神か……彼氏だけあって毒耐性持ちか……
「メシマズ」どころか「クソメシ」呼ばわりw
かっくんみんなのために残りすべて食べてくれて偉いけど、自己犠牲するならそもそも止めてくれって話ですよねw今回はつぐちゃんも共犯だけどw
手作りへ向けた動きを止められず、捨てることも叶わない状況下、被害を最小限に抑えるべく動いたのかと思えば、涙を禁じえない。
三家さんの持ってきたお菓子の数を数えたら全部で22個。 現場にいたキャラの人数を数えたらだいたい25人ほどいた感じだから、何人かはかっくんの自己犠牲により難を逃れたっぽい。

>飲んだ!!?
>きょ 今日はこれ以上やっても難しそうだし 明日で決めようか
>そうだな……
作中誰も三家さんにたいしてまずいと言わないし、三家さん、料理が致命的なこと以外は本当にいい子なんだと思う。
あーちゃんは吉田さんやキバ子にも正直に言うキャラ。そのあーちゃんがそこまで気を遣うんだから。
まずいと正直に言えるキャラ、わたモテ内では意外といないのかね。
人に合わせない二木さんでも無理だとすると、あとは吉田グループ?
もしくは風夏さんならまずいものはまずいとストレートに言い放つかもしれん。

>じゃあ帰ろうか
>こいつどさくさにまぎれて地べたに吐き出したな!!全員がやりたくてもやらないことを躊躇なく
人前でしかも本人がいる中でなかなか出来ることではないw
さすがはゆりちゃん、もこっちでなければ見逃しちゃうほどの超スピードとモラルの無さw
そこにシビれる憧れるw

>おはよ
>今日休みの人多くない?
>一部のTogh(正しくはTough)な奴以外耐えられなかったか……
生存者リストのところ (岡)・岡田・黒木・(島) 田村・根本・二木・(松田) で名前の順になるから 名前不明クラスメートの顔と名前がこれで一致。
いつのまにわたモテでデスゲーム始まってたw
岡さんと黒髪前髪ぱっつんちゃんが犠牲になってる…岡さん、うっちーやこみさんにも動じないキャラだったのになぁ、さすがに毒には勝てんか。

>やばい 今日で撮影終わる予定だったのに…
>大丈夫だって まだ一週間以上あるじゃん
>クロの映画なんて撮り終わるの下手したら文化祭前日だよ
>こっちは陽菜たちと違って真面目にやってるんだよ!!
えっ!!?
>あっごめん……なんか八つ当たりしちゃって…
>あっ うん…
>お菓子一つでクラス内に不協和音を生じさせた……
もこっちのセリフ、今回のあまりにも異様な出来事の全てを言い表しているよね。
こんな土壇場で爆弾落とすのが三家さんなんて想像できた人なんていないでしょう。
あーちゃんのは八つ当たりで言ったのが、余計に本音っぽく感じられる。
前回の試写映像の内容からもそう思われたのかもしれないし、励ますつまりとはいえ、ネモのあの言い方では「一緒にするな」と苛つかれても仕方ないのでは。

メシマズカップル久々の登場で心身ともに深いダメージを負ったもこっちたち。
特にネモは今回も親友のあーちゃんにキレられ、あーちゃんも自己嫌悪に陥りそうで。
あくまでもギャグ的な物として描いているんでしょうから、さすがに三家さんのせいで映画が台無しになるとかは無いとは思いますが、ジワジワとボディブローのようにそれぞれの関係には影響を及ばずかもしれないですね。
今回のトラブルで、文化祭に関わってないあのキャラやあのグループが欠員を埋める形で撮影に加わる展開とかはあるのでしょうか。

わたモテ二次創作
ネモゆり
入れ替わる映画
https://twitter.com/kuroyukixy/status/1563825941322682369

三家さんとかっくん
みんなの分食べたのはかっくんの贖罪かもしれない笑
https://twitter.com/himawari2430/status/1562652542152359937
~3−5皆可愛いね~ https://twitter.com/jiyuunisanpo_/status/1562465325962055684
喪207 今後カヌレを食べられなくなりそうなのであれはフジツボだと思うことにします
https://twitter.com/misaki_nu07/status/1562644737181433866
毒がふたりを分かつまでhttps://twitter.com/Jinou_rakugaki/status/1571508566217084930

ふたキバ
極度のストレスで精神まで猫化した二木さんhttps://twitter.com/Kotobuki0T/status/1562484828896837632

ゆりちゃん他
ひええん
https://twitter.com/hen_byou_si/status/1562496407461801985
お下品です
https://twitter.com/Mog_ikg/status/1562561351452889091
『カヌレは二度死ぬ』 喪207の。甘く揚げたアレ。
https://twitter.com/honznas/status/1563108556550729728

更新お疲れ様です
いや、タイトルw やっぱり豚の餌さんで合ってるんじゃねーかw 今からでも三家なんて名前は取り消して本名を「豚野 エサ」にするべきではw
とりあえず私は今後彼女を"エサさん"と呼ぶ事をここに宣言します。

>よく見ると左手で投げてるしw
お。よく覚えてましたね。その通り。ゆりちゃんは右利きです。(古傷を抉っていくスタイル)

>わざわざそんなことを付け加える必要があるか?
アレと仲の良いアピールをされてもなんだかなという感じはしますけどねw アイツのお陰で外側だけはマシになったのだと仮定すると、余計な事をしてくれたものだと思いますよw

>これほど的確に彼女の料理を表現した言葉があるだろうかw
本当に上手いこと言いますよねw
じゃあ私も対抗して…ま、今回は後日お伝えしましょうw 予想はつくと思いますがw
 
>ていうか、「裏切る」ってなんだよw
一時期、その糸目キャラに憧れてたのはどこの誰だw 第一エサさんがここまで図に乗ってるのはお前が褒めちぎったせいだろうがw 智貴の受難もラストの不穏もそうですが、大体の元凶はもこっちなんですよw

>カヌレ
なりそこないさんのタイトルにもツッコミたいですよw そんな事教えてくれなくて結構ですw 見た目も丁度アレの色にそっくりとか更に食べる気なくしますよw

>もっとも今回のは「食べ物」とも言えない気がするのでセーフな気もしますがw
いやいや、ゆりちゃんの判断は正しいですよw ラーメンすら吐いた彼女が飲み込んでたら間違いなく即リバースか次の日ノックダウンでしょうw 他の奴らもティッシュに包むとかやりようはあるでしょうに。

>加藤さんとか他の子たちはあの場にいなくてよかったですね。
ゲロインの加藤さんがいれば面白かったのになぁ。仮にアレがエサさんのなら、あのネタが披露出来たのですがw
というか、小宮山さんとかまこちゃんとかうっちーとかも都合よくいなくて危機を回避しましたね。うっちー辺りは実行委員でなくてもいそうな感じなのに。個人的には表情に乏しい伊藤さんの顔が歪むところを見たかったw

>思わず本音が出てしまった感じですね
この発言も今回がギャグ一色だったから良かったものの、割とシャレにならない発言ですよね。八つ当たりの方がマシというw あの内容ではふざけてるとしか思われなくとも無理はないですがw
というか、前日になって完成は遅すぎるでしょう。その時になってNG食らったら修正なんか無理でしょうに。流石に学校側がチェックくらいはしますよね。

今回は涙目になってるネモが一番可愛かったかなぁw
もうちょっと追い詰めたい気持ちもあるし、ペッしなさいってティッシュを差し出したいようなw

でも前回がギャグ少なめだったらか、一辺倒にしたのは良かったですね。一年前に戻った気がしました。
そういえば、あの後でトイレは大渋滞だったんだろうか。やっぱり汚ねぇ学校だぜ。

もこっちと三家さん、カヌレのように包まれた無神経さ

更新お疲れ様です、以前の簡易感想じゃ延期しなくて驚いていましたが、今回は見事に延期しましたね、というかツイで谷川先生が謝っているのは何気に珍しいような。いつもなら単行本作業休みで1回休むはずですから、8月に3週間空けて9月に3週間空けることは、帳尻合わせのように思います。


ただ更新二日前くらいに(火曜日の午後でした)延期のアナウンスはどうかと、前もって休んでくださいよと。なんかスクエニ編集部がなるべく休むなとか圧でもかけているのかな?そもそも更新延期しましたって、先生がツイで謝罪して編集部がアナウンスだけっていうのがよくわかりません。


そういや先生は、今日開かれたわたモテ同人誌即売会にお疲れ様とツイしていましたね。写真貼っていたので行かれたみたいですけど、二次創作をちょくちょくチェックされているのでしょうか?しかし11回目とは歴史がある即売会になってきましたね。地方のモテ巡も来年4回目やるみたいですし。



さて本編の内容なのですが、ただのメシマズ惨事回だと思いきや結構ギスギス回なのですね。なりそこないさんの指摘みたいに、まさにカヌレみたいな構造というのは納得です。ギャグ回に見せて、実はドロドロが進行していると。



本来なら実行委員あー・清田・和田が受け持つショートフィルムは、もこっちの映画の時間合わせのために作られた代物なのですが、陽キャたちの熱意やら二木さんの編集能力のおかげで力作になりつつあるのです、というかもこっちの映画のメインを食っているような感じがします。


バカっこいい動画自体は無論内輪のノリはあるでしょうけど、内輪でおもしろ動画を撮ろうという内容ですから、十数分のミュージカルや学食の孤独のグルメよりかははるかに面白いでしょう。対してもこっちの映画は、もこっちグループだけのガチ内輪にしか通じない代物ですし。


で熱心に撮影しているところ、三家さんからの差死入れwwwしかも一口目が食えると見せかけての揚げたクソみたいな代物、みんなが黙ってしまうのに、全くその異変を理解しない三家さんはまあとびぬけて無神経なのでしょう。



味覚障害か食わずに作るのか分かりませんが、豚の餌事件から1年ちょっとすぎて彼女が得たものは、自分の料理の腕に対する根拠のない自信と、ギャラリーの反応を全く感じない鈍感さというひどいものでした。増長させた原因は相手次第で正義感ぶるつぐちゃや、真実を告げる勇気のないかっくんたちの対応も一因でしょうけど、本人が一番悪いのです。


彼女は外見だけはいいですからね、川本さんあたりだと全否定されているのではと思います。サチで言うところの付き合うならランクがそこそこなのでしょう。特装版でもぐちゃん・三家さん・サチと付き合っていましたし。でも三家さんはもこっちやキバ子相手でも差別したりはしていないし、表裏がないのがより気持ちが悪いです。


よく言えば純粋無垢、悪く言えば鈍感無神経、とそれが三家さんなのでしょう。彼女の問題はたぶん紗弥加と同様解決されないのじゃないかなと。吉田さんが食っても暴言吐いても彼女は脳内変換しそうだなーまあただ吉田さんってああいう場に顔を出さないし、食べもしないと思いますね。荻野くらいでしょうかね、真実を言うのを期待できるのはw



で長々語っていましたけど、この三家さん自身とカヌレになんか似ているなと思ったのが、我らの主人公もこっちです。彼女は成長しているところもありますが、相変わらずの無神経っぷりがあります。まずショートフィルムの作業の大変さを見てもさほど感化されなかったり、あーちゃんがネモに言ったことに対して、あーネモの問題だと思っているところでしょうかね。


あーちゃんの「こっちは陽菜達と違ってちゃんと真面目にやっているんだよ!!」って、達にはもこっちも入っているのですけど、そういうのには通じないと。本人は脚本の出来を雫みたいな全肯定される相手じゃないと傷つく癖に。そもそも前回の映画試写のときはネモの下ネタ部分はドン引きされていたのに、そういうのも反応なしと。


喪200のときの「私のセクハラはあったかいから」って発言がありましたけど、これって存外三家さんの作る料理やお菓子と一緒で、もこっちの下ネタコミュは、一見フレンドリーな態度に見せかけて中身がクソなことの暗喩かもしれません。文化祭でゆうちゃんに抱き着いたときなんか、ドン引き案件でしたし。


三家さんももこっちもいずれは「てめえいい加減にしろ」と言われなきゃいかんのでしょうけど(そういや吉田さんやゆりはもこっちのセクハラに容赦なく鉄拳制裁するw)ぶっちゃけ映画に関してネモへの下ネタは滑り要因でしょうし、改めなきゃいけないでしょうけど(ゆりの求める本気の演技はほかでもできる)、もこっちは全然理解できていない無神経ですし、そろそろ次回(喪209?)あたりで爆発するのかもしれません。


しかしWEBの次回更新が10/13って、単行本22巻発売していますね。特典の発表はいつくらいなのでしょうか?表紙はもこっちがスマホ掲げて、髪型変えたコミ・加藤さん・ゆりとネモですかね。まあ楽しみに待っています、ではまた。

No title

お疲れ様です。今回はまさに大量虐殺の実況中継のごとき回だったわけで ただ一人もこっちだけが(彼氏をのぞいて)危機を予想しながらも何もできなかった ヘボ探偵のごとしでしたが 探偵といえば風夏 彼女がいたらどうなってたでしょうか。なにをどうしたら こんな味になるのか 詳しく解析してくれたでしょうか。野生の勘でこれは 危険だ と感知して口にしなかっただろうか とか 色々妄想がわいてきます。
 まずはこれまで 失礼いたします。


コメント返信その1

みなさん、コメントどうもありがとうございます。まとめての返信にて失礼します。


>ひろさん

ある意味サムネでネタバレでしたけど、タイトルと合わさることでより強烈になっていましたよねw

> 演者のひとりが岡さん
今気づいた…やはり画面映えする子を選んでるんでしょうかね?

> 「ゆりちゃんのスタンド」
wwwそれは怖いw やはり精度の低いパワー型なんだろうかw
ゆりちゃんいじりももう、毎日のルーティーンになってるんでしょうね。隙あれば話のタネにふっていくのが癖になっているんでしょうw

> この二人の仕切りの手際よさなら、
ひょっとしたら途中から共同監督みたいな感じにシフトしたのかもしれませんね。今回のを見ていてもあうんの呼吸ですし、この体制になってからよりスムーズに進んでいったのかもしれません。

> 普通なら心温まるというか、
いやいや、そんな段階は二年の春の時点でとっくに終わってますよw いまやわたモテ史上最凶キャラといっても過言ではないですからw 本当恐ろしいw

> つぐちゃんこと元委員長も加わってることで
これがねー。どうしても裏があるんじゃないかと勘繰ってしまうわけでw
もちろんつぐちゃんに悪意があったとは思いませんけど、今回の件であらぬ噂が流れる可能性もなきにしもあらずかなという気もします。

> 「何かみんなに差し入れしよう(買う方向性で)」ってやろうとしたけど、手作りになってしまった可能性
なるほど!そうかもしれませんね。ていうか、そうであってほしいw
かっくんは本当にいい人なんでぎりぎりまでなんとかしようと頑張っていたと思うw

「不味いから食うの止めた方がいいよ」などとは言えないよなぁ…
ああ、そういうものかもしれませんね…それと彼女の料理を褒めてしまった過去があるだけに、どこか後ろめたい気持ちもあったのかもしれません。

> 絶妙なリアクションの表現ですよねw
ていうか、?がつく時点で怪しいと思うべきなんですけど、セリフの文字が見えないもこっちには無理というものかw

> 食わずに死ぬか
> 究極の選択だなw
確かに難しいですよね。他を探せば違う食べ物が見つかるかもという可能性にかけるか、餓死する前に一か八かで毒に耐えられることを祈って口にするかw

> 「飢饉」やら「豚の餌事変」
いやあ決して大袈裟でもないと思いますよ。実際6名も犠牲者が出たんですしw

> いつも思うけど、三家さんは味見とかしないの?
これは本当に謎というか、意見の分かれるところですよね。個人的にはさすがにまったく味見をしないというのは人間として欠落してると思うので、味覚が麻痺してるほうにかけたい気持ちがあります。それならまだ許せるというかw

> 絵文字族は表情変わると全員猫目になる仕様
まあ身も蓋もないことをいえば、点や丸を「目」として認識させるためにはそれが1番視覚的にもわかりやすいということなんでしょうw

> 現場にいたキャラの人数を数えたらだいたい25人ほどいた感じだから、
あれ、そうですか?お通夜状態のコマでは三家さんとかっくんを除いて14人ですけど、三家さんが来る前に11人ほど先に帰ったんでしょうか。

> まずいと正直に言えるキャラ
あの南さんも言えないんですよねえ…
吉田さんは間違いなくストレートに言えると思うんですけど、風夏はどうでしょう。微妙なところかな。彼女の空気の読めなさ加減は方向性が他とは別ベクトルなんですよねw

> もこっちでなければ見逃しちゃうほどの超スピードとモラルの無さw
まあでも、誰もその瞬間を見ていないというのはすごいですよ。もしかしたら彼女なりの気配りだったのかもしれませんよw

> 生存者リストのところ (岡)・岡田・黒木・(島) 田村・根本・二木・(松田) で名前の順になるから 名前不明クラスメートの顔と名前がこれで一致。
そういう並びだったんですか!今気づきましたよw そうか、サチみたいな子が「島」さんで、目鼻が描かれてる子が「松田」さんなんですね。
レギュラー陣では岡さんが唯一犠牲者になりましたね…まあ彼女はいたって普通の子ですししかたないですよ。
ていうか、なんで清田や鈴木、和田くんは生還できたんだw やはり彼らは普通じゃないのかw

あーちゃんのあれは本音も本音だと思いますよ。思わず爆発してしまったという感じですね。
彼女はもこっちのあのアイデアに期待していたところがありましたし、よけいにもやもやしたものを抱えてきたのでしょう。

私もこれで文化祭が台無しになるとかそういう展開はまずないと思っていますが、それでもなんらかの影響はあるかと思います。それがどういう形になるかはわかりませんけどね。動画班にヘルプする形でもこっちたちが関わることになるのか、それともまさかのキバ子が鍵を握ってくるのか…ますます目が離せませんね。

> わたモテ二次創作
> ネモゆり
> 入れ替わる映画
これは面白そうですね。本編でもやってほしいかもw
なお、私もまず思い浮かぶのは荻野のほうですw

> 三家さんとかっくん
> みんなの分食べたのはかっくんの贖罪かもしれない笑
こいつの仕業かー!
ていうか、元々はかっくんが手作りを食べてみたいと料理をしたことのない三家さんにお願いしたところから始まってるんだよな…

> ~3-5皆可愛いね~
彼らは「可愛い」の犠牲になったのだ…

> 喪207 今後カヌレを食べられなくなりそうなのであれはフジツボだと思うことにします
フジツボw あれは外側は食べられないと思うがw

> 毒がふたりを分かつまで
元ネタ以上に元ネタっぽいw 最後のかっくんの表情なんて天才的ですね。

> ふたキバ
> 極度のストレスで精神まで猫化した二木さん
猫というか、犬にも見えますけどw まあどっちだろうが可愛いからヨシ!

> ゆりちゃん他
> ひええん
あの口はこういうことだったのかw 何にせよ無茶はいけません!

> お下品です
私も食べたことはないですけど、ドリアン食べた時はなぜかうんこだと思いましよ。

> 『カヌレは二度死ぬ』 喪207の。甘く揚げたアレ。
ていうか、これだけ言ってもわからない三家さんが1番怖い…


>不知沙さん

> 「豚野 エサ」
ひどいw さすがにそれはひどいですよ。
あれ、でもそういえば三家さんって、下の名前がまだ不明ですよね。ひょっとすると「三家 エサ」だったりしてw

> お。よく覚えてましたね。
いじってくると思ったw …実はいうと、喪151をチェックしてる時にあれ?となって気づいたんですよね。
ていうか、この場面だけ左投げなのはちょっと怪しい気もしますよ。ひょっとすると谷川先生も左利きと勘違いしてるのではw

> 余計な事をしてくれたものだと思いますよw
悪意はないのは確かでしょうけど、結果的に殺傷能力が上がってますからねw
一口目からすぐにわかるようになっていたら、あそこまで被害は広がらなかったんじゃないかとどうしても考えてしまいますよね。

> じゃあ私も対抗して…
この条件でもこっちに対抗心を燃やすなんて不知沙さんくらいなものですよw
いったいどんなネタを用意されているんでしょうか。

> 一時期、その糸目キャラに憧れてたのは
まあそうなんですけどねw ただ、目は口程に物を言うと言いますし、やっぱり目がはっきりしないというのは何を考えているかわからないという印象になるんだと思います。ほら、鶴瓶とかも人が良さそうな顔して一物持ってそうな感じじゃないですかw だからこそ悪役がはまるんですよね。

> なりそこないさんのタイトルにもツッコミたい
え?私は単に「カヌレ」の特徴を並べただけですけど?いったい何にそっくりとおっしゃってるんでしょうかw
…でも画像検索してみたら、確かに実にいい色をしてますねw

> ゆりちゃんの判断は正しい
今回に限っては私も同意せざるを得ませんね。食べられないようなものを無理に食べる必要はないです。世の中にはアレルギー体質の人もいて下手すると命に関わる場合もあるのですから、こればっかりは道徳的な話で済ませるようなことじゃありません。
ティッシュでなくてもそっと手のひらに出しておいてあとで始末するとか、何かしらやり方はありますよね。

> ゲロインの加藤さんがいれば
彼女だったらどう処理していたでしょうね。ゲロとは気付かれないままに綺麗に吐き出していたかもw
他のキャラの反応も見てみたかった気もしますけど、そうなると各キャラの苦悶する表情を見て楽しむという実に悪趣味な回になりかねないのでこのくらいでたぶんいいんだと思いますよw

> 前日になって完成は遅すぎる
常識的にはそうなんですけど、この後におよんでもチェック体制が働いてる描写は皆無ですからねえ…
本番当日に形だけ教師が見回るだけなのかもしれませんw

> 今回は涙目になってるネモが一番可愛かったかなぁw
まあねw おそらく多くの人が軽い嗜虐欲を刺激されたことでしょうw
ていうか、そのティッシュをどうするつもりなんですかw

> でも前回がギャグ少なめだったらか、一辺倒にしたのは良かったですね。
その辺はやはりバランスの谷川さんですね。でも私にとっては、逆説的に今回の方がいろいろ考えさせられた回でもありましたよ。その辺がやっぱりわたモテらしいというか、一筋縄ではいかないなと思います。


>かわずやさん

そういえば、ちょうど喪207の簡易感想の時でしたね。延期しないのが普通なんですから驚かないでくださいとかコメントしたらこれですよw ていうか、かわずやさんも今回は全然驚いていませんねw

> 更新二日前くらいに(火曜日の午後でした)
あ、やっぱりギリギリでの告知だったんですね。21日付で谷川先生が謝罪のツイートをしていたのであれっとは思ったのですが。ていうか、谷川さんが謝って編集部が告知だけってどう考えてもおかしいですよね。普通逆だろうと。
昨日(25日)はわたモテの同人誌即売会があったんですね。ビックサイトでとはすごい。
なんでも谷川さんはだいたいお忍びで行くそうですよ。チェックはされているかと思いますが、あまり騒がれたくないのかもしれませんね。

今回改めて咀嚼(再読)したらドロドロしたものが流れ込んできましたねw 一口目(初読)はサクッと笑える回だと思ってたのにw

確かに今や岡田・清田班のショートフィルムがメインになっている感がありますね。当日もバカッコイイを前面に押し出すかもしれませんw
当初は二木さんの教えを乞うとか言っていたはずですが、今はもう動画の方に二木さんもつきっきりですからねえ。
彼女のあの編集技術があれば、かなり見られるものになるかと思いますよ。

三家さんはねー。ギャグとしてはオーソドックスというか普通に受け入れられますが、等身大の高校生としてどうみるかとなると、なかなか難しいキャラではありますね。
確かに方向性は違いますが、紗弥加と本質的には同じなのかもしれません。自分を省みれないというか、周りを見ようともしない鈍感さですね。

そういった意味でも彼女もまた「カヌレ」だなと思ったんですよ。外見だけはいいというのもそれでしょうw
吉田さんは確かに食べないかも。「私はいいや」とか言いそう。でも一方では甘いものは好きそうなイメージもあるんですけどね。
荻野ですか。彼女も最近はそれなりに気を配る姿勢が見えてますからね。美味しいと嘘は言わないでしょうけど、意外とオブラートに包んだ言いかたをするかもしれませんよ。もしくは自分の目の前でもう一度作ってみなさいとか言うかな。いったいあなたがどこで何をやったのかをこの目で確かめたいとかw

もこっちも「カヌレ」説w
うーん、でも彼女は外から内も見えるからなあw 少なくともある程度本性はすでにみんなに知られている分、危険度は低いでしょう。
まあオチを見る限り、鈍感なのは否定しませんがw
でもあれは三家さんとは根本的に違うような気がしますね。本気でわかってないというより、とぼけてる印象です。
「セクハラはあったかい」もそうですが、自分でもツッコミどころがわかっていての言い訳なんですよ。ある意味ボケだと思ってるわけです。
彼女の場合、ボケモードとシリアスモードがあるので、その辺の見極めはけっこうポイントかなという気がしますね。
まあいずれにせよ、あと8日まで期限が迫ってきましたし、何かしら動きがあるかと思います。

> WEBの次回更新が10/13
ああそういえば、22巻の宣伝せずに発売日を迎えちゃうじゃないですか!まったく何をやってるんでしょうね。
特典はけっこうギリギリなタイミングだったりするので、どうなんでしょう。1週間前だったりしませんでしたっけ。
更新日以外でもチェックが必要かもしれませんね。あとは各ショップでの発表を待つか。
表紙ですか。メインになる回が多いので難しいですね。田中ゆりとか加藤智子とかになるのかなw


>しんやさん

危機を予想しながらもただ見てるだけって、某金田一先生みたいですねw 結局みんな殺されてから犯人を言い当てるというw
風夏は今回、ゆりちゃんのスタント役でしか出番がありませんでしたが、もし彼女がいたらどうなっていたんでしょうね。彼女は某ラーメン野郎のニンニクヤサイマシをなんなく完食していましたし、胃袋は丈夫そうです。
彼女には是非外側と内側で何が違っていたのかを得意の推理で解明してほしいものですw

返信です

ちょっと気になったところがありましたのでコメさせていただきます


>>かわずやさんも今回は全然驚いていませんねw


いや延期があるかもなーと思っていたのでさほど驚いてはいないですけど、がっかりはしていますので、本当にアナウンス延期はやめてほしいですね。匿名掲示板じゃもう慣れっこだったのかさほど荒れていなかったですね。でも慣れちゃいかんだろと思わんでもないです。


>>吉田さんは確かに食べないかも。「私はいいや」とか言いそう。でも一方では甘いも>>のは好きそうなイメージもあるんですけどね。


私の中の吉田さんのイメージって、身内以外の和気あいあいからはそっと離れそうなイメージがあるのですよね。例えばまこっちがお菓子を作ってくれてみんなに配るのなら、普通に寄ってきて食べるでしょうけど、三家さんみたいなただのクラスメイトなら離れてしまうみたいな感じで。喪201であったように自分はハジだとわきまえている印象があります。


荻野に関してはですねー、ちょっとまずい程度なら空気読む可能性はあるでしょうけど、なんせクソを甘い皮で包んだ代物ですから、彼女の担任としての責任感から「みんな吐き出して、腐っている!」とか大声で言いかねませんし、そこから三家さんが調理した過程か教室の検分もどきみたいなことをおそらくするでしょう。メシマズ案件じゃなくて食中毒事件案件として。


そんなことを三家さんにされたらレイプ目になるし、クラスの空気はもっと死んだものになりかねませんが。でも彼女が自分をメシマズだと気が付くにはそれくらいの荒療治が必要なのかも。まあそれを漫画にしたら地獄絵図もいいところですが。



>>もこっちも「カヌレ」説w でもあれは三家さんとは根本的に違うような気がしますね。本気でわかってないというより、とぼけてる印象です


ちょっと言い方がまずかったみたいです、確かに三家さんほどもこっちは深刻じゃないのでしょうけど、なんというか正直もこっち自身に監督としての采配や実行委員としての器量はないのですね、でもネモはクロならできるみたいな発破かけ続けてここまできたわけで、ただそれがそろそろ破綻に向かっている感じがするのですね。


これは次回というか喪209の予想なのですが、映画の撮影で吉田さんの出演が決まっているのですけど、おそらくもこっちは吉田さんをラッキースケベをされる方面でいじるのじゃないかなと思うのですよ、なんせ回りから凌辱されている設定とかバカなこと考えていますし、内輪ネタで言っても吉田さんをもこっちがそういう風に見ているでしょうし。


でもたぶんネモの隠語云々と違って、吉田さんはすごい拒否するでしょうし、そうなるともこっちはいよいよ煮詰まる予感がするのですね。まあそういう予想とは全然違っていても、野球シーンの撮影で何かしらのトラブルが起きると期待はしています。


もこっちも風夏相手にネモが本気怒りしたときにフォローする程度の、シリアスさはあるのですけど、それをどう収めるのかが注目ですね。


乱文失礼いたしました。

追記

>>そこから三家さんが調理した過程か教室の検分もどきみたいなことをおそらくするでしょう。

過程か教室じゃなくて家庭科教室です、変な誤変換よく起こします。失礼いたしました。


あと吉田さんが撮影に参加するって何かしらの契機になりそうなんですよね、もしかしたら、「生徒会長来るかもしれねえな」って吉田さんが言ってしまったりとか。(何気に今江先輩とつながりがもこっちの友でいるのは、吉田さんとヤンキーたちしかいない)


あとあーちゃんの発言見る限りじゃ、もこっちの映画班に対して多少の反感は出ていると思います、キバ子みたいな外野はさておき、バカっこいい動画班からすれば、例の試写会に関しては、ネモの隠語にドン引きしていましたし、もこっちとその友で文字通り遊んでいるだけにしかみえないです。


もこっちの映画は編集次第で楽だな発言とか、自身の仕事なんか楽だよみたいで、そういう舐めた部分は後々災いになりそう。



ただ文化祭前じゃなくて案外後に起こるかもしれませんので、私の憶測は当たらないでしょう。でも吉田さんの出る回って結構転機になると思うのですよ

乱文重ねて失礼しました。

Re: 返信です

>かわずやさん

> がっかりはしていますので、
そりゃまあそうですよね。しかも毎度のことながらぎりぎりでの延期ですからテンションもだだずべりです。
荒れてなかったんですかw 確かにそれはそれで問題な気もするw

> 私の中の吉田さんのイメージって、
ああなるほど。彼女こそ「内輪」にこだわるタイプなのかもしれませんね。ヤンキーですしw(ヤンキーは「うちら」言いがち説)
まあどっちにせよ、ああいう場の空気は苦手そうです。

> 担任としての責任感
それはありそうですね。三家さん個人の問題というより、クラス全体の問題として大ごとにしそうw
まあそれはそれでいい教師と言えるかもしれませんw
実際、欠席者が出ている事実はかなり重いですよね。確かに単なるメシマズで済ましていい問題じゃないかも。

> 確かに三家さんほどもこっちは深刻じゃないのでしょうけど、
なるほど、もこっちの内面というより、周りとの齟齬がそろそろ破綻に向かっているのではということですか。
まあそれに関してはここしばらく、それとなく仄めかされていましたからね。決定的な破滅がくるとは思いませんが、本番前に本気のぶつかり合いはありそうな気がします。

喪209はどうでしょうね。そのまま吉田さん編に向かうかどうかはちょっとわかりません。うっちーの参入が決まってもその後たいした展開もないですしね。
そろそろ南さんの話もやりそうですし、智貴関係のほうも気になります。個人的には、どうしてもつぐちゃんの登場を願っているのですがw
もしもこっちの「映画」の話を続けるなら、彼女の台本の仕掛けというか、結末がどうなっているのかを知りたいですね。単に部活対生徒会みたいな話だけで終わるとは思えないので、彼女の本当の企みを早く知りたいなと思います。まあそうは言っても、おそらく本番まで明かさない可能性が大でしょうけどね。

追記

> 過程か教室じゃなくて家庭科教室です、
ああなるほど、そうでしたか。いやなんか、「調理した過程か教室の検分」でも普通に違和感なく読んでしまったのでw
調理した過程が問題なのか、それとも教室自体に何か問題があったのかを検分するみたいな感じで受け取ってましたよ。

吉田さんはもこっちが台本を書く上でも大きな役目を果たしていましたからね。彼女が大きく前に出る場合は確かに何か大きなことが起こりそうな予感がします。

もこっちの映画班とあーちゃんたちの動画班の対立構造は、けっきょくあの後本当に「最後の動画」は撮れないのかがポイントになってくるかと。
普通に考えたらさすがに次の日は6人とも出てくると思うんですよw もしこのまま欠席者が続くとなると動画撮影どころじゃなくなるような気がするんですけど。
なんであーちゃんがあそこまで思い詰めてるのがが今ひとつピンとこないので、それ次第かなと思います。

> もしかしたら、「生徒会長来るかもしれねえな」って吉田さんが言ってしまったりとか。
ただ、今江さんはおそらく本番当日にしか現れないと思うので、どこまで話にリンクしてくるかは微妙な気がしますね。彼女は完成された作品を見るだけなわけですし、いい思い出になったみたいな、そんなふわっとした感じになるような気がします。
そう考えると、仮に吉田さんが今江さんの名前を出すならやっぱり完成前に何かしら着地点があるのではないかと思いますね。

いずれにしても、文化祭本番はもう目の前です。いい意味で予想を裏切る展開を期待したいですね。

No title

りせ「へー、ネモトさんってプロのAV女優目指してるんだー」
もこっち「いや、そうじゃなくて目指してるのはプロのエロゲー声優なんだけど」
りせ「何それー。エロゲーに声優なんているの?サザエさんとか吹き替えの仕事じゃないのー?」
もこっち「いや、それがいるんだよ。ていうか、多くの声優もエロゲーでHなシーンを演じているんだよ。
ク0ヨンし0ちゃんとか一家全員でやってるよ。
なんか単行本では国民的アニメの人とかやってるよ、てなぜか修正されたけど。
それだとサ0エ0んかド0え0んかポ0モ0か妖0ウォ0チかわからなくなるし、そこの人たちもやってるかのように思われてしまうけど。
まあやってると思うけど」
りせ「えー、ほんとにー?」
もこっち「こういう・・・・」
音声「あーあーん、もうだめー、お尻の穴からおてぃんぽみるくでちゃうー!」
ゴーー
岡田「ひなー!!」
ネモ「(え、なんでここで)あーちゃん?!」

というわけでどうもです。
前回の話はどうももやっとしてしまったせいか、自分の中でなかなか消化しきれなかった話になってしまったっぽいです。
だからこそよけいにいろいろと書き連ねてしまった感じです。
ネモが完全にプロのAV女優目指してる、とりせさんに誤解されてるっぽいんで、そういう話が校内に広まって、ネモがAV女優目指してる女子高生と校内で認識されてしまったら、えらいことだな、とか思ってしまったのですが。
前回の話が炎上したのもそこに一因あるんじゃないか、とも思いましたが、なりそこないさんは杞憂だとおっしゃってましたね。
谷川先生はその辺は大して何もかんがえてないんじゃないかとw
まあそれならそれでいい、てかむしろそうであってほしいですね。じゃないとえらいことに(苦笑

前回の書き込みは自分でもちょっと疲れたというw
カーカスネタ書くだけで予想外に長くなって自分でびびりました。
メガデスのメンバーネタは後回しにするとして、音楽ネタ以外にもちょこまかとあったんですが、それはまた書く機会があればということで、今回の話、と。
前回はもやっとして消化しきれない感じの話でしたが、今回はそういうことなくシンプルな気も。
最終兵器彼女を通り越した殺戮兵器彼女が恐ろしい虐殺兵器で3-5の人々を次々惨殺していくという話なんで。
見た目は食べ物の地雷なんで、食べても消化できない代物ですが、話は消化できました、たぶん。

えーと、テーマいくかー。
最初に浮かんだのは別のものなんですが、まずは1番かっこいい曲を紹介しときますね。

https://www.youtube.com/watch?v=MAabzMP5WSg
Impellitteri - Venom

個人的には今回みたいな話より、もうちょいいい話の時にこれ貼りたかったよ・・・(暴言
また別の機会に貼るかもw
毒といえばポイズンだけでなくヴェノムもあります、てことで。
どっちもバンドが存在しますが、それはまた後回しということで。
まずは曲名ヴェノムで。ポイズンは純粋な毒ですが、ヴェノムは毒蛇の毒、ということみたいです。

インテリペリかインペリテリか迷ってしまう名前ですが、インペリテリです。
ギタリストの苗字です。リフの時点でギターのテクがやばい。
ボーカルもドラムのエネルギッシュ、リフですらやばいギターはソロになると・・・しかも曲は3分で短くシンプルに終わりますが、充実度はありますねー。

一応ウィキ貼りましょう。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%AA

イングウェイとはだいぶタイプ違うと思いますけど。もちろん性格もw
この曲入ってるアルバムのアートワーク手がけた人は日本のV系バンド(かなりメタル寄り)
ジュピターは、以前はVersailles(ヴェルサイユ)というV系バンドでしたが、ボーカルと楽器隊が決裂、楽器隊が新しいボーカルを加えて結成したバンドです。

毒ということでこの曲もだいぶ後に思いついたのですが、今回のテーマとしてはかっこよすぎますw
真っ先に浮かんだのはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=r74HD0lLtJo
Taste the Poison - Napalm Death

ナパームデスのこちらの曲で。演奏時間2分切って1分台。
これのビデオクリップもあったような気するけど、公式からみるとこれしかないっぽい。まあ音だけで問題なし。
以前サチネタで紹介したというwナパームデスです。

一応ウィキ貼ります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B9

あとユーチューブページも一応貼ります。
先頭のユーチューブはあの1秒の曲、ユーサファー!
ユーチューブは3秒だけど。
ユーサファー、ホワイ、て歌詞のはずなんだが、そう聞こえないぞ。
あと、いかつい葉加瀬太郎ぽかったシェーンエンバリー、老けたなあ・・・
https://www.youtube.com/channel/UCrgjtdl0Bnp-0CenQHqLadw

今回の話で最初に浮かんだのがこの曲。テーマはこれやなw
ベースとドラムのサイドプロジェクトはヴェノモスコンセプト。ヴェノム由来だ!
親日家だし日本にもいろいろゆかりある彼等ですが、検索すると、トリビアだけじゃなくユーは何しに日本へ、にも!

https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=%E3%83%8A%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%87%E3%82%B9+you+%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%97%E3%81%AB%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%B8&sa=X&ved=2ahUKEwil26q68rX6AhWEBogKHRjkBdMQ1QJ6BAguEAE&biw=1366&bih=597&dpr=1

いかん、長くなる・・・・続きあるんですが、ちょこっと本編触れますね。
バカッコイい動画、テイク86とかすごいし大変だなあ・・・
なんかバラエティで成功するまで帰れませんてかずっと何時間もやり続けさせる企画とかちょくちょくあるけど、そこまではいかなくとも、それに近い大変さを感じてしまう・・・
二木さんは相撲のそんきょなみに体幹や下半身がしっかりしていますね。
体育会系の部活もやってないのにすごいな。
そういやカーリング、あの投げる姿勢ですけど、けっこうきつくて下半身や体幹がしっかりしてないと、あの体勢を維持して投げるのは難しいそうですよ、下は氷ですべるし。

例によっていったん分けます。

No title

続きです。いつも脳内ではここまで長くなると思わないのですが、実際に書いてみるとやっぱりどうしても長くなってしまいます・・・

ウィキにもありますが、ナパームデスの最初に出た日本盤ですが、3枚のアルバムやミニアルバムを合体させてリリースされました、当時。
でも短い曲が多いので、55曲でもCD1枚に収まりました。
次のアルバムがハーモニーコラプション。
これをその頃、試したくてツタヤでレンタルしたことありまして。
日本盤はそのハーモニーのやつと、8曲のボーナストラック入り!(別のミニアルバムとかだったのか?)
もちろん1枚のCD。

ハーモニーの方はデスメタル黎明期らしい、録音状態の悪いこもった音のデスメタルでして。
これがボーナストラックになると、音質が向上!したのですが、デスボイスがよりえげつないことになってるというか。
クリプトプシーのロードワーム、あるいはパソロジーでも紹介したぐっぽぐっぽボイス!

彼等が最初なのかはわかりませんが、そういうものの始祖の一つではあるでしょう。
ブラストビートの始祖でもありますし。
デスメタルやグラインドコアの始祖的バンドだけに、クリプトプシーやパソロジーも影響受けたっぽい。
でもぐっぽぐぽボイスなんで、岡田から「こっちはそっちと違ってマジメにやってるんだよ!」てキレられそう・・・・

ちなみに当時のトイズファクトリーから出てて。
当時のトイズファクトリーは洋楽はこういうデスメタルが主でした。カーカスとか。
アーチエネミーやインフレイムスもそう。
クリプトプシーが入ってた(他にはインフレイムスやダークトランキュリティやカーディナルシンやナグルファー)コンピもそう。
でもクリプトプシーが後に初めて日本盤出したのはビクター。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC

その洋楽部門は独立。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

主宰の宮本さんは、そのキャラの強さでもメタル界では知られた人でもありますw

えーと、もうちょいいろいろ書こうとたくらんでいたのですが、予想外に長かったりしていろいろと・・・
本編先に触れますね。
えーと、個人的にう0こネタって好きじゃないんですよ・・・・
だから今回はきつかったかもwいや普通に笑えましたけどね。
バイオテロ食らった3-5にはシャレになってないけど。
豚の餌事変と書いてにくじゃがじへん!なんとなく東京事変より椎名林檎っぽいぞ。
激辛のやつって、最初は大して辛さを感じないのに、後から辛さが強烈に来る、て言いますね。
今回もまさにそれ。まずさがあとからくる。
それも生命に危険が及ぶレベルの。

ゆりちゃんって卓球とか下手ですが、パワーは強い・・・でいいんですよね。
パワーありすぎて卓球のはコントロールきかないんでしょうかね。
破壊しそうだったダーツでもスカートきわどかったけど、スタントの時のも・・・
でもみえないのです。そもそもクリスマス以外は生じゃないのであしからず。

糸目キャラは絶対裏切るとかいう風評被害w
そもそもはじめから味方じゃない、てなりそこないさんのつっこみにも笑いました。
でも少しでも犠牲を減らそうと、汚物カヌレを数個消費する彼氏。
なんだ、彼はまがうことなき味方じゃないか!
でも数個程度では被害をすべて防ぐには遠く、多くの犠牲者が。
しかし彼氏の調教済みっぷりもすごいですね。
加藤さんがゆうちゃんにしたそれよりもはるかにハードだったろうに。

三家さんは間違いなく味覚が常人とは違うのでしょう。
てか家族すらそうという疑いが。
ラノベやマンガにありがちな一人暮らしの高校生じゃないでしょうから、料理作ってたら親とかがアドバイスしに来たりちょっと試食したりすると思うんですよ。
ここまでやばいやつだったら、家族は全力で止めるはずです、普通はね。
この毒でもう家族全員死んでるなら別ですが。
そう考えると家族そろってやばいかも。

まあそういう家族・一族もいるものです。恐ろしや。
でも激辛好きとかこういう感じかもです。
こういうゲテモノ、ゆりちゃんの対応が正解です。
まあティッシュとかに出してあとでゴミ箱へ、が1番正しいですが。
地球が汚染されるし。
てか「自分には口に合わない」とか「味見した?」とかいう人いてもいいのですが。

まあ味見した?は言っても無駄っぽいですが。たぶんそれが平気な味覚だろうし。
でもそれすら言わせない・・・なんという恐ろしい兵器なのでしょう。
一部でエロいと言われた岡田さんのごっくん?
ごっくんもフ0ラも好きじゃないんですが。
てかあのえげつない代物をよく呑み込んだなあ、とその意気に驚いたし、同情したし、飲み込んでないこっちまで気分悪くなりそうでした。
きつい、これはきつい。そりゃ最後きれるわ、て関係ないけど。

最後はちょっとギスりましたけど、あのドン引きの様子みたら、そうなることも不思議ではないです。
まあそれ以前に豚の餌、を通り越して殺戮兵器彼女、と化した三家さんの虐殺兵器がすさまじすぎて、なんか全部持って行った感じでして。
生存者のリスト・・・バトルロワイヤル思い出したなあ。あの悪趣味といっていいあの映画のやつ。

前回よりは書くこと少なくなりそう、とか思ってたのに、思ったより多かった。
そして収まりきらない。
本編に関しては思ったより書けましたが、それ含めまだありますが。
それはまた次回に。書ければの話ですが。
今回はいったんここまで。ではまた。

ちょっとだけおまけの追記。
前回ジューダスプリーストのアルバム、ペインキラーのウィキ貼りましたが。
直リンクとはならず、同じ名前のがいくつか。(こういうことけっこうありますね)
その中に、カーカスがらみで書いたジョンゾーンのバンドもあった!
そしてそのドラマーがナパームデスのメンバー。こっちは今回のテーマ。
ナパームデスの曲は前回のコメ書く前から決めていたので・・・なんという偶然!

コメント返信その2(しょーかKさんへ)

>しょーかKさん
いきなり、変なコントで始まったw
ていうか、りせさんがあーちゃんになってるw あの子もエロゲー知ってるのかなあ。

> ネモがAV女優目指してる女子高生と
それはさすがにないと思いますよ。少なくとも莉瀬さんはそういったことを言いふらすような子じゃないでしょう。
いつだったか、風夏にビッチと言いふらしてくれと言われた時もきっぱり断ってましたし。
ていうか、風夏自身電車の中で2回目から気持ちよかったとかべらべらしゃべっていたのに、いまだに学校内で噂が広まってないんですよw 普通に考えたら、ネモよりまず先に風夏でしょうw
まあ一部でヤ●マンだなんだと噂されてましたけど、それすら広まずにいつの間にか立ち消えになりましたし、谷川さん的にはあくまでその回限りのネタとしてでしか認識がないんだと思います。

今回は消化できましたか。むしろ私は今回のほうがなんだかもやっとしたものがあったんですけどw
三家さんのこともなんだかよくわからなくなってきましたし、オチのすっきりしないしで、読めば読むほど考え込んでしまう感じでしたね。

> Impellitteri - Venom
しょっぱなから凄いギターリフが流れてきますねw
一方のボーカルも通る声でなかなかパワフル。見た目はなんか町工場のおっさんぽいですけどw
ドラムも負けじとずっと叩きまくってるし、みんななんか過剰ですね。ちょっとは落ち着けよと言いたくなりますw
これは3分くらいがちょうどいいですよ。これ以上続けられると疲れてしまうw

インペリテリと読むんですね。どちらかというと、インテリペリのほうが言いやすいかな。インテリと結び付けてしまうのかも。でもまあ人の名前なんだから間違えちゃいけませんね。

> 一応ウィキ貼りましょう。
その名の通り、ギターの人が中心なんですね。元レインボーのグラハムボネットがいたこともあるとは。ヴェノムは割と最近の曲なんですね。今のボーカルロブロックは抜けたりまた入ったりを繰り返していたようですが、けっきょく、元の鞘に収まったという感じなのかな。

まあしかし、今回のテーマとしては確かに高尚すぎるかもw 毒蛇なんてものじゃないでしょあれはw

> Taste the Poison - Napalm Death
これまた凄いジャケットだな…ナパームデスはトリビアで1秒の曲で有名になったバンドですよねw
あれに比べれば、1分49秒はむしろ大作と言っていいのではw
終わり方がかっこいいですね。テレビがぷつっと切れる瞬間みたいで。

> 一応ウィキ貼ります。
ああそうか、グラインドコアというジャンルの始祖的な存在なんでしたね。彼らからカーカスも生まれたわけだ。
オリジナルメンバーはもう誰もいないんですね。そうでなくても歴史の長いバンドですから、当初とはかなり音楽的にも変わってきてるのかもしれません。

> 先頭のユーチューブはあの1秒の曲、ユーサファー!
ゆーわー、としか聞こえんw ホワイなんて絶対言ってませんよw

> ベースとドラムのサイドプロジェクトはヴェノモスコンセプト。ヴェノム由来だ!
バンドのほうのヴェノムですよね?ナパームデスとほぼ同時期に結成されていますし、何か通じるものがあるのでしょうか。

> トリビアだけじゃなくユーは何しに日本へ、にも!
へー!これは知らなかった。で、やっぱりギネスに載ったあの曲をやったわけかw

> ちょこっと本編触れますね。
本編はちょこっとかいw
帰れません的な企画はけっこうありますよね。水ダウでもよく見ますし。あれは本当にガチなんですかね?予定をオーバーしたりしたら、次のスケジュールとかにも影響するだろうにと思ってしまうのですが。
二木さんは昼休みには体育館でストレッチやバーベル上げてたりしてますし、下手な体育会系よりも体力ありそう。それもすべてゲームのためというのも徹底してますがw
カーリングは確かにきつそうですね。腰を痛めそうな気がしますw
すべらないようにしっかりバランスを保つ必要もありますし、足腰がかなり鍛えられそうです。私も一応、毎日の通勤電車で吊革につかまらずに立ち続けることを実践していますが、そんな比じゃないんだろうなあw

> 55曲でもCD1枚
すげえw 1曲2分だとしても110分でオーバーですよw ほぼ1分台か1分未満の曲ばかりなんでしょうね。

ツタヤで試したんですかw さすがにいきなり買うのは怖かったとか?
そのボーナストラックはその3枚目よりも後の録音なんでしょうか。それなりにいいスタジオでレコーディングできるよううになったとか。でも音質が向上した結果よけいにデスボイスがえげつなくなるというのは、いいんだか悪いんだかw
でもそれが後のクリプトプシーやパソロジーにつながったのですから、やはり大きな意味があったんでしょうね。

たしかにあのぐっぽぐっぽは岡田ならふざけてる!と思われそうw 本気でそういうキワモノを極めるという姿勢もあるということを彼女はなかなか理解できないでしょうねえ…

トイズファクトリーといえば筋少とミスチルというイメージだったのですが、洋楽部門なんてあったんですね。知りませんでした。

> その洋楽部門は独立。
割と最近なんですね。2009年ですか。
カーカス、アーチエネミー、インフレイムス…なるほど。

う0こネタは苦手ですか。わたしもリアルな感じのは嫌ですけど、今回のはマジもんのう0こでもないですし、全然大丈夫でしたけど。小学生がうんこ、ちんこ、まんこと言うような感じですよw かわいいもんじゃないですかw

確かににくじゃが事変ってゴロもいいですし、椎名林檎が名乗ってもおかしくないですよねw(そうか?)

> 激辛のやつって、最初は大して辛さを感じないのに、後から辛さが強烈に来る、て言いますね。
ああそうですね。私も某中本を食した時に最初はあれ意外といける?となりましたから。後から死ぬかと思うようなレベルが襲ってきましたけどw

ゆりちゃんは近距離パワー型ということですから、打撃系が得意なのかもしれませんね。球技のようなコントロールが必要となるものは苦手なのかも。

糸目キャラは裏切りませんでしたよね。身を挺してみんなを守ろうとしたんですから立派なものです。できればみんなが口にする前になんとかしてほしかったところでしたがw
あれは調教なんですかね?毒が体内に回り過ぎて耐性というか、彼自身が毒と化したんじゃないかという気もするんですけどw

三家さんはこうなってくると本当謎めいてきてますね。確かに家族とかどうしているんだろうと思いますよ。彼氏に毎日お弁当を作ってるとなれば、母親とかに相談なり試食してもらうなりするのが普通ですからね。
まさか、彼女が一家惨殺してるとはさすがに思いたくないのでwもしかしたら、家族全員味覚が狂ってるのかもしれません。まだそのほうが可能性としてはあるか。

> 「自分には口に合わない」
そうですよね!別にまずいとはっきり言わなくても、甘いものは苦手だからとか言いようもあるでしょう。いったい何がみんなの口をふさいでいるのか本当に謎ですw

> ごっくんもフ0ラも好きじゃないんですが。
ありゃそうですか。私はフ0ラ大好物ですよ。むしろ交尾はなくてもいいからそっちだけお願いしたいくらいw

> 生存者のリスト
あれの元ネタはバトルロワイヤルでしょうかね?他でもよく見るパターンなので、どれが最初に始めたのかよくわかりませんけど。いわゆるデスゲームももはや一つのジャンルとして定着した感がありますよね。

> 前回よりは書くこと少なくなりそう、とか思ってたのに、思ったより多かった。
書く前はそう思っていても、いざ書いてみるとあれもこれもとなるものなんですよw 私も何度も経験しています。
別に急ぎませんので、書きたくなったときにまたお願いします。

> ペインキラーのウィキ
鎮痛剤がまず出ますねw

あとそうか、ジョン・ゾーンのバンドにもペインキラーってあるんですね。元ナパームデスのミックハリスが参加していたとか。面白いめぐりあわせですね。なんだか導かれているような気もしますw(偶然過ぎてちょっと怖い)

わたモテ=カヌレ説は言い得て妙ですね

たまたまこのような記事を見つけましたが、三家さんはいずれにも当たらないですね、むしろ見た目が普通なのがたち悪い。キバ子が食べさせられたときは臭いで分かったみたいですが…

https://omocoro.jp/kiji/170486/

糸目裏切るネタは、たまたま「トマトイプーのリコピン」というギャグマンガの最新話でもネタにされてて驚きました。

デスゲーム風(というか金田一少年の事件簿?)の出席簿笑いました。あの並びから名前を推測された※欄には脱帽です。しかし作者がそこまでちゃんと考えてるかという懸念はあります(笑)修学旅行の行きのの新幹線や卒業式の席順が夏帆の名字と矛盾するとか、ネモの同級生の名字忘れるとかの前科ありますし。

ちなみに前回※欄にご紹介いただいたおねショタデスゲーム作品は、当然私も知ってました(笑)あれいいですよね。ただし私の作品はガチ心理戦です(笑)


つか2年打ち上げのときに危機回避能力Aとか言ってたのに全然じゃん、もこっち~。

No title

インペリテリ、ついインテリペリと間違えがちですよねw
エベレストもエレベストとか間違ってしまう。エバーの最上級エスト、て覚えられるように。
ベネルクス(ベルギー、オランダ=ネザーランド、ルクセンブルグ)もベルクネスなのかベクネルスなのか、ごっちゃになる時期ありましたw

というわけで、どうもです。
そういや風夏、自分のことビッチとか、変なこと吹聴しまくってましたねw
まああれはみんな本当に真に受けなかったんだなあ。
てかほんまバカだなあ、てみんな思ったんだろうなあ・・・ほんで処女膜から声出てる、とか思われてたかもw
シュっとしたいでたちのクール美女、て感じで登場しだしたはずなのに、どんどん残念な人にw
まあ風夏がその扱いだから、ネモも大丈夫ですな、うん。

えーと、もうちょい書くことを、と思って再来訪でありまして。
何書こうか、いけるとこまで。
自分的には前回もデスメタル(メガデスもあったけど)、今回もデスメタル。
2回連続テーマにデスメタルがふさわしい、とか思ったのはたぶん初めてです。

ということで、前回貼り損ねた、テイストザポイズンに次ぐ?テーマっぽい音楽でも貼ります。
今回はあのスイーツの見た目をした虐殺兵器、という話なのでw関連として?デスメタル系がいろいろ思いついた次第w

ということで虐殺兵器をみんなにプレゼント、その報いは。
https://www.youtube.com/watch?v=QVJxCLcU6Wc
DYING FETUS - "Homicidal Retribution"

虐殺を英語で、となるとジェノサイドもありますし、以前バンドで紹介したディーサイドも虐殺という意味、そしてホミサイドというのも虐殺なのであります。
ヒューマンをサイド。あとホミサイドというリングネームのプロレスラーもいました。ほぼ名前しか知らないけど。
一人だとスーサイド・・・
バンドは思いっきりデスメタルです、はい。ツインボーカルでデスボイスによるハーモニー?も聞けたり。
随所で高速オブリガードを繰り出すというブルータルデスメタルなんですが、それなのに曲はどこかキャッチーな感じもあるという異色のバンド。
スキンヘッドの人がバンドの創設者、そのボーカルスタイルはラップを参考にしたりしてるとか。

この時は4人でしたが、片方のギターが脱退、トリオ編成になりました。
イケメンながら手数足数も多いドラミングをするドラム、フロント二人は見た目もいかついという。
バックがイケメン、フロントがいかつい。
デスメタルとして世界中をツアーする生活をしてるようなバンドでして、日本にも来日してライブもあったんですが、世界中回りまくってその辺のチェックでトラブルがありがちなせいなのか、ビザの不具合で入国できなかった時があって。

単独ライブではなかったのでライブ中止とはなりませんでしたが、そういうトラブルが。
これを次の来日の時もやらかしてしまい(この時も日本バンドの前座に加え、3つくらいのバンドとのカップリング日本ツアーだった)、そこらへんの評判がよろしくなくなってしまったというか。ダイイングフィータスの日本ライブのみ2回連続中止。
日本レーベルとの契約はなくなりませんでしたが。
2回のやらかしのお詫びか、その直後に日本のみのスペシャルCDをリリースしました。

一応トリオになった時のも貼っておきましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=i8Jjy3Zy7kk
DYING FETUS - "Your Treachery Will Die With You"

直訳すると「おまえの裏切りはおまえと一緒に死ぬ」おまえの裏切りはおまえもろともを死なせることになる、てなことですかね。
ここでも高速オブリガードに高速演奏テクが随所にさく裂。

一応ウィキ貼っておこう。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9

ということでデスメタルがインスパイアされたというか浮かんだこの回w続けても。

https://www.youtube.com/watch?v=-FxWw8pTAIc
DECADENCE ー Silent Weapon (For A Quiet War)

こちらは女性ボーカル。アーチエネミーの成功で、女性のデスボイスvocalをフィーチャーしたバンドもけっこう出てきました。
いやそれ以前にもそれなりいたんですけどね。
日本でもデスメタル、というよりはハードコアパンクにあたる感じなんですが、イエローマシンガンというバンドがインディーズにいました。
そっちは一応後回しにして、こちらのデカダンスから説明を、と。

メタリックキティというステージネームの女性をフロントウーマンに据えたメロディックデスメタル。スウェーデンのバンドです。
ユーチューブも彼女の名前で登録されてますね。
最終兵器彼女というか殺戮兵器だの虐殺兵器だのと私が勝手に命名しましたが、静かな兵器ということで、あのお菓子の顔を被った悪魔のような兵器。
二木さんも猫目になってしまったので、キティということで。
女性ボーカルになったアーチエネミーからの影響もあるかな。

ウィキ貼ります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9

デカダンスとは退廃的なこと、と。バンドのウィキはあいまいさ回避でお願いしますw
言葉で検索すると、アニメが出てきます。このアニメ、追えなかったんだよなあ。
バンドはメンバーとうまいこといかず、メンバーチェンジも多く、一時期は解散状態だったんですね。
メタリックキティで検索してもキティちゃんしか出てこない、てかメタリックな素材のキティちゃんとか出てくるw

というところで、実はテイストザポイズン浮かんで、さらに関連でダイイングフィータスのホミサイダルレトリビューション(虐殺だけに)、猫目でメタリックキティで兵器でもあるからサイレントウェポン、とデスメタル連発で浮かんだのですがw、これを全部併記するまで手が回らず、ナパームデスだけなんとか、という感じになりました。
というわけで今回紹介してみましたが、書いてみると思ったよりかかるものだ。そりゃあそこで書ききれないわけだ。

そして・・・うーむ、やっぱ長くなる・・・w
音楽以外の追加ネタやら返信の返信やらをちょいとやりますね。
順番とかはランダムてかバラバラになるっぽいですが。

>>まあそれはともかく、二木さんのポーズが妙に決まってるのがなんかおかしいw
>>ていうか、これをずっと保つのってしんどくないかw絶対足がつると思うんだがw(普段からストレッチをしてるから大丈夫なのかな?)

これぞまさにカーリングでストーン投げる時の姿勢ですよね。
なんかの番組でスピードスケートの清水宏保とか、他のアスリートとかでしたっけ、カーリングを試しにやってみたのですが、この体制を保ったままストーンを投げるの結構大変だ、て言ってました。
他のスポーツなみの筋力とかとびぬけたアスリートそしての身体能力とか、そういうのは必要ないとは思われるカーリングですが、長丁場なんで体力はいるでしょうし、体幹とかバランス感覚は必要、て感じですね。

> ベースとドラムのサイドプロジェクトはヴェノモスコンセプト。ヴェノム由来だ!
>>バンドのほうのヴェノムですよね?ナパームデスとほぼ同時期に結成されていますし、何か通じるものがあるのでしょうか。

バンドのヴェノムからの影響もあるかもですが、ヴェノムって言葉の形容詞からの言葉でバンド名が作られてるかと。
なんせ動物というか爬虫類・蛇の毒ということのようですし、ヴェノム。
ヴェノムはナパームデスより古いように思いますが・・・80年代キワモノというかスラッシュメタルの一派的な存在としてアンダーグラウンドで大きな存在となり、来日も果たしてますね。
まあポイズンだけじゃなくヴェノムも、と三家さんの料理はえげつない毒を網羅してるのです!
いつも通り長くなってしまいました。いったん分けてみます。

No title

えーと、何から書こうか迷っておりますがw、でデスメタルネタ連発で、しかも三家さんゆかり(と勝手に認定)のものをあげましたが、一応もう一つあげておこう。
三家さんのスイーツの顔したやばいもので、3-5で多くの犠牲者発生。

https://www.youtube.com/watch?v=aHdMFZqaXEI
Furbowl - Dead and Gone

アーチエネミーの初代vocalが組んでたバンドの曲。
以前このバンド、ファーボウルのオフィシャルユーチューブ貼りましたが。
あそこの曲は1stだった模様。
この曲は2枚目のアルバム、オータムイヤーズに入ってたもの。
これが私が以前聞いた、アモルフィスを知ったオムニバス(こちらはビクターより)に入ってた曲です。

オフィシャルかそうでないのか、ファーボウル公認なのかそうでないのかもよくわからいのですが、一応貼っておきます。
曲はかっこいい。
リフやギターとか、チェロのソロを導入してるとことか、その後の展開とか。
そして今回の話にもマッチします。三家さんのお菓子を食べた3-5はみなデッドアンドゴーン・・・・

というわけでここまでで第一弾、とか思ってたのですが、ここまでですでに長すぎましたね。
最初の構想は、ここまで書くだけで精一杯だろうな、インペリテリと、あとヴェノムとポイズンは後回しで、て思ってましたが、そこまですら遠かった。
ヴェノムとポイズンはまたの機会にします・・・

先にイエローマシンガン紹介しとこう。
当時だとなんかイエローモンキーとセックスマシンガンズを合わせたような名前だな、とか思われそうな気もw
そういやソシャゲでヘブンバーンズレッドってあってCMも打ってますが、ヘブンシャルバーンっていうドイツのメタルコアというかデスメタルの要素あるバンドと、オーガストバーンズレッドというアメリカにクリスチャンデスメタルバンド(メンバーはクリスチャン、音楽はデスメタル)というのがいて、なんかその二つ合体したような名前やな、て思ってしまうのです。

しばらく活動休止していて、だいぶ前メンバーのブログをちょいと見たら、3人のうち二人結婚していて、片方は子供もできて・・・みたいなこと書いてあって、しばらくバンドはできそうもない、みたいなこと書いてたんで。
そこから自分もいろいろあったのでwチェックはしてなかったのですが、割と最近復活したみたい。
公式ページがありました。

http://yellowmgun.com/

ユーチューブのオフィシャルはないみたい。
上記のページにあった(イエローマシンガンの動画を検索していきついた、公式からどうやって行ったらいいのかはわからないw)動画があったので、貼っておきましょう。

http://yellowmgun.com/tag/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%B3/

あとは返信の返信をちょこまかと。

> 55曲でもCD1枚
>>すげえw 1曲2分だとしても110分でオーバーですよw ほぼ1分台か1分未満の曲ばかりなんでしょうね。

>>ツタヤで試したんですかw さすがにいきなり買うのは怖かったとか?

2分以上の曲もたぶんけっこうあった・・・かもですが、1分ない曲もけっこうあった・・・んでしょうねw
その55曲入りはツタヤにはなかったのですが、ハーモニー~はあって。
まあ当時は学生で、大学生になる前じゃなかったっけ。
バイトしてないのもあるし、おこずかいは限られるわけで、買えるCDなんてすごい限られるわけですよ。
だからツタヤにけっこうお世話になり、カセットに録るわけです。

そんなんだから、聞いたこともない、キワモノと評判のやつをいきなり買うなんてこともなくw(すげー安かったら別ですが)
でも興味はある。キワモノとして、当時話題にはなりつつあったデスメタルだし。正当に評価されてたのではなく、ゲテモノとしてですが。
だからレンタルなのです、1枚300円とかだっけ、レンタル料。
今みたくネットもないから、店頭の試聴コーナーにでもなければ聞く手段すらないわけですし、さすがに聞かずに買うなんて、特に大人とは経済事情の違う学生にはハードルが高すぎるのです。

>>トイズファクトリーといえば筋少とミスチルというイメージだったのですが、洋楽部門なんてあったんですね。知りませんでした。

むしろ洋楽の方が古いかもです。
筋肉少女帯はメルダックとかじゃなかったでしたっけ?メジャー初期とか。違ったっけ。
ミスチルも90年代にどんどん売れっ子になり、レコ大もとりましたし。
でもメタラーにとってはトイズファクトリーといえばデスメタルのレーベル。
バーンに「こないだレコ大をとったミスチルって、トイズファクトリー所属なんで、ずっとデスメタルだと思ってました」という投稿がされたことがありましたw(もちろんジョークですw

>>カーカス、アーチエネミー、インフレイムス…なるほど。

でもカンニバルコープスは日本盤出だしたころはビクター(どうでもいいけど

>>別にまずいとはっきり言わなくても、甘いものは苦手だからとか言いようもあるでしょう。いったい何がみんなの口をふさいでいるのか本当に謎ですw

それが三家さんの秘められた、恐るべき力なのかもしれないw
そういや彼氏は人間やめている、みたいな言われ方してますがw、実は三家さんは初めから人間じゃないのかもしれないw
以前紹介した未確認で進行形、あれの幼女っぽいキャラとその兄(メカクレ)、あれ実は人間ではない別のものでして。
人間ではない、人外でして。てか人外という言葉を初めて知ったのはかの作品w
三家さんも、もしかして人外・・・

>>私はフ0ラ大好物ですよ。むしろ交尾はなくてもいいからそっちだけお願いしたいくらいw

ありゃそうですか。うーむ、それは、風俗嬢からするとむしろ楽なのかもしれない。寝ててもらって、手を出したり変に本番迫ろうともせず、ただ寝てもらって無抵抗、されるがまま。良客なのかもw

> 生存者のリスト

金田一があったか・・・

あと、簡易感想でコメ欄でしたっけ、うる星やつらのラムちゃんが、地球人には合わない?まずい?料理作ってあたるに食わせて、食べられないといわれると電撃、とかみて。
鬼みたいなコやな、て思ったけど、そもそも鬼やった。
てか激辛が彼女のとこのスタンダードなんですね。
某中本は大好物なんでしょう。自分は激辛はそこまで得意じゃないです。カレーも甘口から中辛なんで。

今回ラストは・・・ローソンのCMを先日目にしまして。
カヌレ押しでした。
今回の話思い出すではないか!
まあでも食べる機会あれば気にせず食べることでしょう、たぶん。
今回はここまでで。ではまた。

コメント返信その3

コメントありがとうございます。ふたたびまとめての返信にて失礼いたします。

>マコスキーさん

> このような記事
これは見ためで最初に回避可能ですから、まだ良心的ですねw
三家さんのはステルスだからタチが悪い。ていうか、今までのマンガでのメシマズ表現ってこういうのでしたよね。黒焦げとか何か沸いてるとか食材が見た目でわかるとか。
ある意味禁じ手を解禁してしまったやばさを感じますw

> 糸目裏切るネタは、
へえ、面白い偶然ですね。さすがにそれはどちらかがパクったということもないでしょうしw
まあそれだけ共通認識としてわかりやすいネタなのかもしれませんね。

> しかし作者がそこまでちゃんと考えてるかという懸念はあります(笑)
ああw
でも、岡さんから始まり和田君で終わるところからすると、正確かどうかはともかく(笑)、一応出席番号順のつもりではあるとは思いますよ。

> おねショタデスゲーム作品
あれは面白かったですね。いわゆるギャップコメディみたいな感じで楽しめました。
でもそうか、マコスキーさんのはあんなぬるい世界じゃなくてガチなんですねw

> 危機回避能力A
もうすっかりEかとw


>しょーかKさん

> エベレストもエレベストとか
いや、それはないなw たぶん「ベスト」にひっぱられるんでしょうけど、エレベストのほうが語呂的に言いずらいですよw
ベネルクスとベルクネスはわかります!…ベクネルスはわからないけどw

> ほんで処女膜から声出てる、とか思われてたかもw
ああ、もこっちもこいつは処女だ!と根拠なく確信してましたしねw 彼女には何かそう思わせる何かがあるのかもしれません。

確かに連続デスメタルは初めてかも。それだけ殺伐としてきているということかw

> DYING FETUS - "Homicidal Retribution"
全く知らないバンドの全く知らない曲でした。
同じデスボイスでもタイプが違うんですね。長髪の人は割とノーマル(?)なデスで、スキンの人はもっと籠った感じで地獄から響くような感じ。なかなか面白いスタイルで飽きさせませんね。確かにキャッチーというか、クリーンで歌っても成立しそうな気がします。
禿の人は演技も様になってますねw 内容はよくわかりませんが、密告されて処刑されるのかな。

なるほど、ラップですか。そういわれるとなんとなく韻を踏んでるような…(いい加減だなおいw)
ドラムもこれまた言われてみると確かにイケメン。まあ言われるまで気づきませんでしたがw
ライブでトラブルってビザ関係ですか。興業側としては危なくて使えないという感じなのかな。

> DYING FETUS - "Your Treachery Will Die With You"
やっぱりデス同士の掛け合いがこのバンドの魅力ですね。スキンの人のあとに長髪の人のデスを聴くとなんか普通の声かと思ってしまうw
途中のギターソロ(速弾き?)が印象的。デスのおどろおどろしさと、ある意味対極な感じがありますね。

> 一応ウィキ貼っておこう。
これまた、歴史のあるバンドなんですね。オリジナルメンバーはもはやスキンの人だけか。
ふむふむ、トリオになってからの方がむしろ知名度が高まっていると。逆に3人になって結束が強まったのかもしれませんね。

> DECADENCE ー Silent Weapon (For A Quiet War)
静かなる兵器(静かなる戦争)ですか。まさに今回にピッタリのタイトル!
しかしボーカルの人は綺麗だなあ…これでなんとも汚いデスで叫ばれるとなんかゾクゾクするw
ああでもこれは確かにメロディックデスですね。自分がイメージするメロデスそのまんまという感じです。

> ウィキ貼ります。
普通に検索すると、こっちですよねw デカダン派という言葉は日本でも一時期聞いた様な。
アニメのデカダンスは割と最近だったんですね。2年前ですか。ストーリーもなかなかヘビーというか、デスメタルぽい印象がありますがw
それはさておき、バンドのほうのデカダンスは自らメロディックスラッシュメタルと名乗っているんですね。あんなデスボーカルなのにスラッシュのつもりなのか…
今は二人だけのユニットみたいな感じなんですね。メンバーチェンジが激しいならいっそのこと、二人だけ固定してあとは随時、みたいなことで落ち着いたのでしょうかw

いろいろ紹介していただいた中では最後のSilent Weapon (For A Quiet War)が一番しっくりきましたね。見た目美しい女性が恐ろしい武器を持っているという点でも今回に通じるものがw

> なんかの番組でスピードスケートの清水宏保とか、
へえ、一流のアスリートたちでもきついんですね。やっぱり使う筋肉とかバランスとかがまた別なんでしょうね。

> ヴェノムはナパームデスより古いように思いますが・・・
あ、そうなんですか。名前となにやら古いバンドらしいということだけは知ってたんで、つい知ったかぶりをしたくなってしまいましたw 本当は何も知りませんw
ポイズンのほうは一応知ってるんですけどね。あっちはヘアーメタルの軟派なバンドでしたがw

> Furbowl - Dead and Gone
おお、イントロがむちゃくちゃキャッチーというか思わず口ずさんでしまう親しみさがありますね。ボーカルが入った途端距離が空きますがw デスボイス以外はむしろごく一般的なハードロックという感じを受けます。チェロが入ってるのが隠し味として利いているし、構成としても面白い曲ですよね。逆にオフボーカルバージョンが聞きたくなるかも。

> イエローマシンガン
確かに一瞬セックスマシンガンズのことかと思ったw セックスマシンガンズはバンド名とは裏腹にパンクというよりメタル路線でしたから、方向性的には全然違うのかな。

> 公式ページ
女性三人組のバンドなんですね。一人はアラレちゃんかと思ったw
ていうか、来年結成30年じゃないですか。むちゃくちゃ歴史のあるバンドなんですね。確かに時代的にはイエローモンキーとセックスマシンガンズのちょいあとですから、二つを掛けあわせたのかと思われても仕方ないかもw
バイオグラフィティを見ると、筋少のマタンゴもカヴァーしてるようで。確かに初期の筋少はパンクだったからなあ。

> 動画
女性3人のバンドとはとても思えないパワフルなライブにおののきましたw
見た目は普通のお姉さんぽいので、よけいにインパクトがありますね。

> だからツタヤにけっこうお世話になり、カセットに録るわけです。
ああ私も大学時代はやったなあ。確かに当時は視聴コーナーとかもなかったので、ある意味ギャンブルでしたよね。

> 筋肉少女帯はメルダックとかじゃなかったでしたっけ?
いや、デビューはトイズファクトリーですよ。まあ後期にはビクターとかに移りましたけど。ていうか、メルダックはブルーハーツですw 
もとはケラが主宰していたナゴムレコード(たまなどもいた)の出身で、メジャーデビューの際にトイズファクトリーに移っています。その頃はデビュー前のミスチルとも対バンしたらしいですよ。桜井はほぼ初ステージだったらしく、むちゃくちゃ緊張していたとか。オーケンに「大槻さん、僕たぶん、こんな人の前で歌うの、これが最初で最後ですよ」と不安げに語りかけてきたと後に暴露してましたw 今思うとその時が今までで一番少ない人の前だろwとツッコんでいましたがw

> 実は三家さんは初めから人間じゃないのかもしれないw
それは斬新な説ですねw でもその方が説明はつくかも。
私の場合、人外と言う言葉は戦前の小説「人外魔境」で知ったかな。読んだことはないんですけど、とにかくタイトルのインパクトがすごくて心に残っています。すごいですよね。人外の魔境ですよ?字面からしてもうすでに怖いw

> 良客なのかもw
すみませんw こう見えてもソフトMなのでw 攻めるよりも攻められるほうが興奮しますね。

> 金田一があったか・・・
ああ、金田一少年のほうですね。マコスキーさんが言ってた。確かにその辺かも。
まあ一人また一人と殺されていくというのは、クリスティの「そして誰もいなくなった」が大元かなと思いますけど。

> うる星やつらのラムちゃん
ああ、かわずやさんとの論争(?)を読まれましたかw
まあ鬼族というくらいですから、やはり鬼のような激辛料理が地元料理として有名なんでしょうw
ラムがラーメン屋に行く話があるのですが、そこでも「味がないっちゃ」とか言ってましたねw でもたぶん中本の北極ラーメンなら美味しいと感じるかも?
私はまあまあ辛いのはイケる方だったんですよ。ココイチだったら3辛とか4辛くらいな普通に食べてましたからね。でも年を取るにつれあまり食べられなくなりました。今では松屋のカレーがちょうどいいですw(松屋のカレーて普通のカレーチェーンよりも辛いんですよね)

> ローソンのCM
なんとも絶妙なタイミングじゃないですかw 私も機会があれば食してみようかなと思います。機械があれば、ですがw

というわけで、返信ありがとうございました!またどうぞ!

中島「磯野、野球しようぜー」

三家「糞の補給しようねー」

食べなきゃ大きくなれないよ
https://maidonanews.jp/article/12620576
食べなきゃ賢くなれないよ
http://yukkuri-futaba.sakura.ne.jp/kariloader/ssanko.html?c=read&n=10853
cf.
http://yukkuri-futaba.sakura.ne.jp/kariloader/ssanko.html?c=read&n=12385

> 谷間ってそっちか…一瞬スカートまくれて別の谷間が丸見えなのかと思ったw
> 正面からだけじゃなく、左横からのショットがあるのがなかなかマニアックでいいw
> あれいいですよね。ただし私の作品はガチ心理戦です(笑)
https://seiga.nicovideo.jp/watch/mg517905
> こんなピンク色のキョンシー見たことないわw
オイラはピンク色だよ!
https://dic.pixiv.net/a/pussy

Re: 中島「磯野、野球しようぜー」

>SUMMER SAILさん
> 食べなきゃ大きくなれないよ
コアラの話は聞いたことがあります。それ以外にも面白そうな話が満載のようで、ちょっと面白そうな本ですね。ゴーヤはツンデレとかw

> 食べなきゃ賢くなれないよ
うわ、久々に帰ってきたか…
申し訳ないですけど、最後まで読み通すことはできませんでした。(女性が席を立つ辺りまでですね)

> cf.
こっちは一応最後まで読めましたけど…まあやっぱり気持ちのいいものじゃありませんでした。申し訳ないですけど。
基本的にスカトロ系は苦手なんだなと再認識はできました。

> > 谷間ってそっちか…一瞬スカートまくれて別の谷間が丸見えなのかと思ったw
> > 正面からだけじゃなく、左横からのショットがあるのがなかなかマニアックでいいw
> > あれいいですよね。ただし私の作品はガチ心理戦です(笑)
なんか一部私以外のコメントがあるようですがw
それはさておき、本当にこの引用通りの作品ですね!さすがです。
あちこちにちらばったコメントからどうやって見つけてくるのでしょう。それとも紹介したい作品がまずあって、それに合うコメントを探してくる感じなのかな。本当不思議です。

> オイラはピンク色だよ!
ああ、こっちはたまに見ることはありますね。本当にたまにですけどw

吉田さん以外は凌辱しても良いよ

>> 食べなきゃ賢くなれないよ
> うわ、久々に帰ってきたか…
そりゃあ、今回の話にどんぴしゃだからねぇ。
> 申し訳ないですけど、最後まで読み通すことはできませんでした。(女性が席を立つ辺りまでですね)
コアラの例を前置してなお駄目なの?
わたモテとコアラが良くて何故ゆっくりは駄目なのか、考えていけば人類が次のステージへ進む為のヒントが見つかるかも知れないね。

>> cf.
> こっちは一応最後まで読めましたけど…まあやっぱり気持ちのいいものじゃありませんでした。申し訳ないですけど。
> 基本的にスカトロ系は苦手なんだなと再認識はできました。
トピマス殿の中ではこれはスカトロ扱いなの?喪61はスカトロ回なの?喪199(中編)はスカトロマニアをカミングアウトしてるの?クラスに漏らした子がいたら「スカトロ」ってあだ名つけていじめるの?

Re: 吉田さん以外は凌辱しても良いよ

>SUMMER SAILさん
> コアラの例を前置してなお駄目なの?
コアラはそういう生態ですからね。苦手とか好きとかじゃなくて、ああそういう生き物もいるのかで処理できる感じでしょうか。わたモテの下ネタは単純に笑えるんですよね。ゆっくりもネタとして笑えればいいんですけど、それができないので嫌悪感だけが残ってしまうのかも。笑えない下ネタがダメなのかな。
ただ、これではまだうまく説明できている感じがしないので、もうちょっと考えてみますよ。人類が関係するとは思いませんけどw

> トピマス殿の中ではこれはスカトロ扱いなの?
確かに言われてみれば、これは「スカトロ」とは違いますね。すみません言葉を間違えました。
喪61も喪199(中編)も漏らしたという話なだけでスカトロ趣味とは全然異なりますね。おっしゃる通りです。
訂正してお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

> 「スカトロ」ってあだ名つけていじめるの?
それを言い出したら、苦手だと言ってる人間に無理やり読ませようとする方がよっぽどいじめてるように見えますけど…

さぁ~みんなで考えよ~う!

> それを言い出したら、苦手だと言ってる人間に無理やり読ませようとする方がよっぽどいじめてるように見えますけど…
苦手と言ってる対象が何なのか、コレガワカラナイ。トピマス殿は寄生獣とか好きだった筈だし。ゆっくり特有の設定はあるけれども、人間のメタファーとして動かせるように人間の愚かさや脆さを強調したものだし。SSの作者はそれぞれ違うから、作風が苦手って事も無い筈で、ある作品は合わなくても別の作品なら合う可能性はあると思うんだよね。或いはゆっくりSS書くような人間は総じて苦手って可能性もあるのかな。
以前にもこんな話したかな。

Re: さぁ~みんなで考えよ~う!

>SUMMER SAILさん
ゆっくりと寄生獣が結びつくとは思いませんでした。まあ確かに寄生獣のSSがあるとして、その大半が受け付けないとしてもそのジャンル自体がダメということにはなりませんよね。
SSそのものが苦手というのはないと思うので、もしかしたら今後気持ちが合う作品に出会える可能性もゼロではないかと思います。

ヘンゼルはグレている

> 申し訳ないですけど、最後まで読み通すことはできませんでした。
https://togetter.com/li/1956325

> ある作品は合わなくても別の作品なら合う可能性はあると思うんだよね。
うる星やつら然り、作品毎の違いを楽しむのが乙ですぞ。

https://togetter.com/li/1952418

https://togetter.com/li/1955931

https://togetter.com/li/1956085

https://togetter.com/li/1950196

https://togetter.com/li/1955491

https://www.nicovideo.jp/watch/so41168517

> ゆっくりと寄生獣が結びつくとは思いませんでした。
もっとゆっくりに近いのにしようか。
https://www.nicovideo.jp/watch/so41177092
https://togetter.com/li/1652028

Re: ヘンゼルはグレている

>SUMMER SAILさん

> > 申し訳ないですけど、最後まで読み通すことはできませんでした。
つかみは確かに大切ですけど、進むにつれ尻つぼみな感じだとより印象が悪くなるケースもあるような気がしますけどね。むしろスロースターターで尻上がりに盛り上がる方がのめり込みやすいような。今はファストムービーとかも流行ってるしあまりそういうところは気にならないのかな。

> > ある作品は合わなくても別の作品なら合う可能性はあると思うんだよね。
> うる星やつら然り、作品毎の違いを楽しむのが乙ですぞ。
ご進言ありがとうございます。まあ何が自分にフィットするかって自分でもよくわからないところがあるので、なかなか難しいですね。

> 守
なんだこれw 予想の斜め下過ぎたw 俺より面白くするなってことかよw
でもこの原作者さんは幸せなんじゃないでしょうかねえ…

> 破
逆に原作がどんなのか見たくなりますね…(そういうマーケティングなのかもしれませんが)
むしろ原作者の太っ腹ぶりがこわいw

> 離
私は無事に録画できてました!てか、延長はまだわかりますけど、前倒しは想定外過ぎるw

> 序
リアルタイム感想をつぶやいているのか…臨場感があるけど、ネタバレは喰らいたくないようなでも今後見るかどうかもわからないので最後まで読んでもいいかと悩みつつどうでもよくなりましたw

> 破
嘘は言ってないという言葉ほど怖いものはない…

> 急
テンポがいいですね。まさか1話で結婚するとはw でも設定的に鬱な展開が約束されてそう…

> > ゆっくりと寄生獣が結びつくとは思いませんでした。
> もっとゆっくりに近いのにしようか。
思ってたのと全然違ってたw
ちょっと懐かしい感じもありますね。なるほどこれならなんとかいけそうな気がします。
line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line