FC2ブログ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪186(後編)~かつての自分から向けられる視線を彼女は今日も浴び続ける~

3月4日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」がブラウザ版で喪186(後編)に更新されました。

そう、今回は(後編)だったんですね。つまり、単行本の際には前回と合わせて一つの話になるんです。
いや、もちろんわかってはいたんですけど、なんかもっと単純に(前編)=予行演習、(後編)=プレゼン本番という図式を頭の中に浮かべていました。だから最初アプリで見た際にまず戸惑いが先に来たんですね。あれ?思ったのと違う…みたいな。

でも今回、ブラウザ版で改めて読んでみてわかりました。
この喪186というのは、最初から一つの話として読んでもらうことを想定して描かれたんだなということに。
だって、喪177(後編)以来の「見開き」からの始まりになっていたのですから。

いやあうっかりしてました。前回が(前編)にもかかわらず、「奇数ページ」(11P)で終わっていたことに気づいていませんでした。
ていうか、スマホのアプリで読む際にはどうしても単ページ毎に読むじゃないですか。奇数偶数の概念がないんですよね。つまり、見開きで右か左かどちらで終わるかということは意識しないで読むわけです。

でも単行本になる際には紙だろうが電子だろうが見開き状態で読みますからね。左ページから始まっていないとやっぱり違和感があるんです。
なので、今回が「右」から始まっていること自体、もう完全に(前編)からの“続き”なんですよ。
そりゃ「本番」からじゃなく、予行演習終了直後の下校シーンから始まるってなもんですw
喪177のときのように、前編から次のページをめくるような感覚で読むとすんなり入っていけましたね。

ただ、喪177の時は明らかに予定外の「ぶつ切り」だったのに対して、今回は始めからきちんと計算した上での前編後編という構成です。
その上で、あえてシームレスに後編へとつながるように前編を左ページで終わらせています。
それは単純に予行演習と本番という図式では表せないテーマがそこにあるからではないでしょうか。

というわけで、さっそく見ていきましょう!


mo186-kou_01.png 
喪147でも描かれているように、実はまこっちと小宮山さんって、同じ路線のバスなんですよね。
普段から一緒になる時もあるでしょうに、お互い話をしたりしないんでしょうか。

まあ小宮山さんも真子も意外とその辺あっさりしてますからね、所在ない感じとかあまり気にしないのかもしれません。つーか、こみさんはさっそくロッテ情報か?w
でも一応同じクラスメイトなんだし、何かしらの会話があってもいいですよね。この二人がどういう話をするのか一度見てみたいw

mo186-kou_02.png 
この伊藤さんの感じはすごくわかります。
全くの他人でもないだけに、よけいに居心地を悪さを感じてしまうんですよね。
すでにそれぞれが会話に夢中になり始めているだけになおさらです。
これが小宮山さんだったら全く意に介さないんでしょうけど…

自然に歩く順番が出来上がって、いつの間にか自分は最後尾というのもあるあるですね。
ていうか、先頭が加藤さんと岡田で、もこっちを中心にして左右がネモゆりという構図が今のグループを象徴している感じなんだよなあ。

それにしても、さきほどの真子への返事もそうですけど、もこっちはまだどこか実感が湧いてこないようですね。
この「あー…」には、どっちにせよそんなに変わらないんじゃない?というニュアンスが感じられます。

mo186-kou_03.png 
あ、そういえば、部外者が一人いたw

でもこのうっちーのさりげない声の掛け方にはなんだか胸がじんわり暖かくなりますね。
もちろん、うっちーに「将を射んと欲すれば」的な思惑があることは確かでしょうけど、それとは別に伊藤さんへの気遣いが感じられます。
おそらく、彼女の“もてあます”を察していたんでしょう。
これなら伊藤さんも変に緊張せず自然に会話に入っていけそうですよね。

mo186-kou_04.png 
そんな伊藤さんはうっちーの意図を計りかねるご様子w
まあそりゃそうですよね、これまでほとんど接点もありませんでしたし。
でも、この様子を窺う感じに彼女の性格がなんとなくにじみ出ているような気がします。

一方のうっちーの口w
さっぱりした顔なだけに目よりも口の形に感情が表れるのかもw

mo186-kou_05.png 
あ、こみさんのほうに興味があるのかと思ったのかw
まあまさか「黒木」が目的だとは思わないわなw
その本人は目の前にいるんだしw

それに対してうっちーのなんとも華麗なかわし方w
こういうところに彼女の優しさが出ますよね。

でもいざ聞くとなると、
mo145_19.png 
こういう羽目になることを、彼女はまだ知らない……

この後も「いと」というあだ名をつけたりと、単に策略目的だけではない感じが伺えるんですよね。
実際、伊藤さんにとって初めての「あだ名」は、むずかゆい感じにも似た嬉しさがあったんじゃないでしょうか。

mo186-kou_06.png 
WWWWW実質私も3-5www
いったいどういう理屈だwww
そんなんでよろしくされても返答に困るわw

さすがの伊藤さんもこれには戸惑いを隠せないようですw

mo186-kou_07.png 
WWWWW意外と変な人っていっぱいwww
なんか妙に視野が広がったぞwww
確かにどんな人でも何かしら変だったりするけど、さすがにサンプルが極端すぎるw
こみさんとうっちーってwww

というわけで、今回一番笑ったシーンはこの伊藤さんになります!

うっちー以上にこの伊藤さんのつぶやきには爆笑してしまいましたね。
意外と彼女はこういうツッコミとも違う“受け”的なポジションがはまるような気がします。
まあ元々は小宮山さんの相手役なわけですし、今後も「変な人」への“注視”に期待しましょうw

それはさておき、「実行委員」の話題が出てきましたね。
どうやら1年時には岡田とネモもやったようです。

そういえば、喪20「モテないし準備する」(コミックス3巻)でも衣装合わせの時にネモと岡田らしき子がいましたね。
ネモ的には自分の創作欲を発揮できる数少ない舞台だったんでしょう。
今回も案を出す側として「私とクロ」はほぼ決定事項のようです。

mo186-kou_08.png 
WWWナチュラルに失礼な奴www
そりゃ考えるくらいはするだろw 頭からっぽみたいな言い方すんなw

まあいつも通りに「やらないけど」みたいな答えを想定していたんでしょうねw
この驚きようは煽りなんかじゃなくマジっぽいしw

考えちゃダメなの?と聞くゆりちゃんがかわいいですねw
すねてるような、率直な疑問のような、なんとも絶妙な返しに悶絶してしまいますw

mo186-kou_09.png 
「クロ原案」とあるところを見ると、ネモが作成した企画案なんでしょうね。
もこっちの案を聞いたのは朝方?でしょうから、その日のうちにコピーで作ったんでしょうか。
ゲームをモチーフにしたところに、ネモが今回の企画をどう受け止めているのかが伺えて面白いですね。
ていうか、こんなのを作る余裕があるのなら、まず最初にこれをみんなに配ればよかったのにw

ただ、ネモがまとめたこの企画案を読み返すうちに、もこっちは段々不安を募らせているようです。
改めて他人の目でまとめられると、色んなアラが見えてきたんでしょうね。
自分の頭の中にある“アイデア”が形になることで、それが評価にさらされる恐怖を実感したのでしょう。

mo186-kou_10.png 
そんな折に、ゆりちゃんからLINEがきます。
それは「実行委員」をやるかどうかの確認だったわけですが、渡りに船とばかりに口元が少し緩んでいるところになんだかほっこりさせられますね。

一人でもやもやしてるよりは、友達に話を聞いてもらうほうが少しは気も晴れるってなもんです。

mo186-kou_11.png 
ゆりちゃん的にはまさか直接電話がくるとは思ってなかったでしょうね。
淡々としてはいますが、ん?といった感じに素の彼女が見えるような気がします。

それにしても参考書でおさらいをしていたのでしょうか、付箋がけっこうありますね。
机に向かうのではなく、飲み物を片手にソファでゆったりしながら勉強する姿がなんともオシャレw
スタンドとか観葉植物?とか、もこっちの部屋とは違うセンスの良さが目に付きます。

髪をアップにまとめてるところがいかにもプライベートという感じで、ちょっとドキっとしてしまいますね。

mo186-kou_12.png 
一年の文化祭では縁日をやっていたというゆりちゃんですが、そこにはなんと南さんとサチノリマキの姿が。
これまでもクリスマス特別編や夏合宿(喪172での温泉)で匂わせてきましたが、ここにきてのこの畳みかけは明らかに意図的なものを感じさせますね。
近いうちに何か大きなことが起こりそうな気配です。

南さんの無邪気な笑顔を見ているとなぜか胸が痛くなります。
サチとお揃いのはっぴで呼び込みをしてるということは、けっこう積極的にかかわってきたようですね。
もっと冷めてる感じがあっただけに少し意外ですが、ノリマキとの微妙なスタンスの違いがあるのでしょうか。

mo186-kou_13.png 
WWWWWゆりちゃんwww
てきやの兄ちゃんかw
うら若き乙女のする格好じゃないだろw
つーか、また上着(はっぴ)をずり落ろしたままだしw
なんかもう、サービス悪いとかそういう以前の問題ですよねw

でもこうしてみると、この頃はサチキバ真子ゆりで割と仲良くやっていたようにも見えます。
少なくともゆりちゃんはこういう催しにまったく無頓着のようなイメージがあったんで、少し意外でしたね。

mo186-kou_14.png 
WWWWW
すでにもこっちには何もかもお見通しというw
まああれはサービスというより態度の問題なので、水掛け論になりそうですけどw

mo186-kou_15.png 
実は、これがもこっちが聞きたかったこと。

無難にやり過ごすのか、それとも人の目を気にせずやりたいことをやるのか。
果たしてどちらが「楽しい」のか。他のみんなはどうなのか。

それが一番知りたかったんだと思います。

mo186-kou_16.png 
大丈夫だった、という微妙な言い回しに彼女の気持ちが詰まっているような気がします。

本当は「あれ…楽しい…文化祭で友達がいるだけでこんなに…」だったんですよね。
ゆりちゃんの手前、それを口にするのをためらう気持ちもあったんでしょうけど、それよりもあの時の思いは自分だけの中でしまっておきたいということの方が大きかったんだと思います。

それに彼女が聞きたかった「楽しい」は、それとはまた違う意味だったのではないでしょうか。

mo186-kou_17.png 
ゆりちゃんの思いがけない言葉に一瞬たじろぐもこっち。
まさか、彼女の口からそんな声が聞けるとは思っていなかったので驚いたんでしょうね。
そしてそれは、なんだか安心できるような優しい響きをしていたのでしょう。

…まあこの表情からはとてもそうとは思えませんけどw

でもきっと、もこっちがびっくりするような優しい声だったに違いありません。

mo186-kou_18.png 
WWW
この間のクリスマス編を知ってると、笑えると同時になんだか微笑ましくすら感じられますねw

それはそうと、考えてみればゆりちゃんと加藤さんは一年の時は別のクラスだったんですね。
だからこうしてその時の様子を聞いてるわけです。
もうすっかり仲良くなってる感じがありましたけど、意外なところでまだ知らない部分があったようですね。

mo186-kou_19.png 
これまた優雅なw
ゆりちゃんとは別次元でなんかオシャレなライフスタイルですよね。
なんか湯船にいろいろ美容系?なものを載せてるしw

お風呂で読書とか動画見るとかよく聞きますけど、よくのぼせないなと私なんかは思ってしまいますね。
若さゆえなのかなあ…年取ると風呂場で死ぬことも意識してしまうんで怖くてできませんw

mo186-kou_20.png 
おいw
なんつー目をしてるんだw某忍者みたいな面構えをしやがってw

まあこの状況で「ビデオ通話」に変えようとする側も側だと思いますけどw
加藤さんも頬を赤らめてるのはなんなんだろうw

mo186-kou_21.png 
角度じゃねーってのw なんだその眼はw 何を覗こうとしてるんだかw
ていうかこれ、加藤さんもわかってて言ってませんかね?w

角度の話に続いて「文化祭でちょっと」と言われてもなんか真剣味に欠けるわw

mo186-kou_22.png 
WWWWW
何やってんだこいつwww
今度は横から試そうというのかw
なんかコーナリングのポーズみたいw
まあお尻の残し方はおかしいけどw

ていうか、なんか普通に「明日香」になってますよねw
まさか、これが普通に呼べるようになったきっかけとか?w
もっと感動的なエピソードがあると思いきや、こんなんとかw
うーん、できれば知りたくなかったw

mo186-kou_23.png 
ここでの「!」はすごく印象に残りますね。
おそらく“楽しみかも”という言葉に何か感じたのでしょう。

照れ隠しか、はたまた自分に対する言い訳か、この後「また今回も多数決でタピオカとかになるかも」と冗談っぽく返していましたけど、本当は彼女の言葉が胸に響いたんでしょうね。
無難にとりあえずできそうなものに妥協するのか、それとも憧れた“青春”に怖くても挑んでいくのか、もこっちの気持ちは今大きく揺らいでいるのかもしれません。

…それにしても、その格好いい加減やめろw なんか感動が薄れるw

mo186-kou_24.png 
というわけで、本番当日。
まずは文化祭実行委員にネモが立候補します。

なんか張り切ってますねw
まあ彼女は1年の時もやっていたようですから慣れてはいるでしょう。
ただ、今回はクロと「映画」を作るという壮大な(笑)使命がありますから、思わず挙手する腕にも力が入るのかもしれません。

バックのキラキラ星がなんだか眩しいw

mo186-kou_25.png 
一方のもこっちは、いかにもおずおずといった感じですが、それでも荻野にとっては我が子のようにうれしい光景だったんでしょうね。「黒木!」という呼び方にその気持ちが込められているようです。

隣で手を上げてるのはゆりちゃんなんですね。
一瞬こみさんでは?と思ったのですが、考えてみれば左手を挙げているところからしてゆりちゃんに他ならないわけです。
こういうさりげない構図がうまいですよね。
(※3月10日追記。ここは、私のゆりちゃん=左利きという謎思い込みでした。実際は彼女は右利きで、左手に特に意味はないかと思われます。混乱するようなことを掻いてすみませんでした)

mo186-kou_26.png 
こいつも大概失礼なやつだなw いいだろ、「考える」って言ってたんだしw

まあ昨晩のあのLINEはある種の確認だったんでしょうね。
もこっちがやるのはほぼ確定だったと思うんですが、それでも本人から確信を得たかったのでしょう。

男子勢はこいつらしかいないんかというくらいのいつものメンバーですけど、鈴木の立ち位置はなんかわかりますね。清田がレッドならこいつはブルーみたいな感じかw(和田くんはグリーンかな?古い戦隊イメージですみませんw)

mo186-kou_27.png 
そうして選ばれた実行委員は計6人。
もう当たり前のように清田が委員長よろしく場を仕切ってますね。司会ぶりもなんだか板についています。

あーちゃんが副委員長で和田くんが書記という感じかな?
この立ち位置にもなんか思わず顔がほころんでしまいますw

しかし、この時点で少しあれ?と思わないネモはどうなんだという気がしなくもありません。
こうなる前に本人が司会をかってでるとか、清田和田にあらかじめ根回ししておくとか、何かやることがあったんじゃないのと思ってしまいますね。何にこやかにぼーっと立ってるんだw

mo186-kou_28.png 
WWWおうおう、うるさいから仕方なしにってかw
ていうか、あーちゃんを誘う清田もなかなかやりますねえw
お互い無自覚というか、あえてそこは気にしないようにしてる感じがよけいに微笑ましいw

それにしても、この段階になってもネモは危機感がまったくないんですよね。
どう見てもプレゼンとかそういう空気じゃないのはわかりそうなものなんですが……

岡田でさえ、「これ書いといて多数決?」と若干の不安を隠せないでいるのに、
ネモときたら「クロ今 発表じゃない」ですから。
さすがにちょっと周りが見えてないんじゃないかと言わざるを得ません。

mo186-kou_29.png 
うーん まぁ…
じゃねーよw
もこっちに言われて急に弱気になるとかw

でもホント、実際の「トラブル」なんて意外とこういうものだったりするんですよね。
なんとも地味で実体のつかみづらいものなんですよ。

巨大な陰謀とか圧倒的な悪と戦うようなことなんてそうそうなく、だいたいはその場の空気によってなんとなく抗えない雰囲気が形成されていく中で何も言えなくなってしまうんです。

スケールは違いますが、冒頭での伊藤さんも似たようなものだったんじゃないでしょうか。あの時、ネモたちはこの場における「その他大勢」だったんですよね。
状況が変われば、いつでも立場は入れ替わるものなんです。

そうそうこれは余談ですけど、ジェットコースターは昨年の渋谷学園幕張校槐(えんじゅ)祭で本当にやったそうです。
オンラインとはいえ、外部非公開でちゃんと作り上げたようですよ!
実際に大きな夢を成し遂げた人たちがいると思うと、なんだかすごく勇気づけられます。
ネタっぽく取り上げてはいますが、ここに谷川さんなりのメッセージが込められているのかもしれませんね。
(※なお、現在はオンライン公開を終了しています)

mo186-kou_30.png 
案だけはいっぱい出たなw
焼きそばとタコ焼きが入ってるのが個人的にツボw
焼きそばはまさか三家さんの案じゃなかろうなw(コミックス19巻;喪183「モテないし台風が来る」参照)

ちゃっかり「タピオカ」があるのも笑えますが、意外と飲食系以外もあがってるんですよね。
ミュージカルとか脱出ゲームとかはただ言ってみただけなんだろうか。それともそれなりに本気の案なのか少し気になりますね。

mo186-kou_31.png 
いや、ホントだよw
ていうか本来なら、こうならないようイニシアチブを握るための立候補じゃないの?何のために実行委員になったんだよw

そもそも最初に清田を仲間に引き入れておくべきだったんですよね。これは彼女の作戦ミスでしょう。
それこそあの企画案を見せればよかったんですよ。知らない仲でもないんですし。

思いもしないところで、早くも前回小宮山さんが指摘した問題が表面化してきたなという気がしました。
そう、「実際やるとグダグダ」「その場の空気によってはスベッてる内輪ネタ見せることに」というやつですね。

ちゃんとやるなら、やっぱり内輪だけで完結してはダメなんです。

mo186-kou_32.png 
WWWWW無能いうなw
なにどさくさにまぎれてむちゃくちゃディスってんだw

でもまあ、ぶつくさ言う気持ちもわかりますよ。
元々はネモにそそのかされてここまできたわけですからね。
必ずしもネモだけの責任ではないにしろ、少しは呪いの言葉も吐きたくはなります。

ただ、「日を改めて」はないだろw
何持ち帰り案件になってんだw

mo186-kou_33.png 
こういうところはネモの強さですね。
かつてもこっちが評した「パワーで押し通すフシがある」を思い出しますw

このやり取りを見てると、意外といいコンビだなという気がしますね。
お互いの欠けてるところをそれぞれうまくカバーできているのではないでしょうか。
うーん、やっぱりネモクロはいいw

mo186-kou_34.png 
こうして計らずも「プレゼン」の機会を与えられたもこっちですが、あまりに突然すぎて相当テンパってる感じですね。目が二重丸になってるとき、口が三角形になってるときはほぼほぼやばい時w

清田のまずはお手並み拝見みたいな顔も印象的ですが、ネモのチョークを握りしめながらの固唾をのむ感じもなんかおかしいw お前のほうが肩に力入っててどうするw

ゆりちゃんは無関心を装ってるように見えますが、片腕をぎゅっと握りしめているんですよね。
こういう時の心理って不安な気持ちを抱えてる時が多いらしいです。

mo186-kou_35.png 
やはり、予行演習と本番は違います。
大勢の視線を浴びる圧が違いますし、失敗が許されない緊張感も違います。

ましてや、これまでのゆるい雰囲気を遮って急にかしこまった場を任されたわけです。
いったい何が始まるんだ?みたいな怪訝な眼を向けてくる者もいるでしょう。
そんな中で自分の考えていることを伝えようとするのは、もこっちでなくてもかなり難しいことだと思います。

昨日は「大失敗するのも それも青春の一言で済むんじゃねーかな」と言ってましたが、実際その時になってみるとそんな簡単に達観できるものじゃありませんよね。

mo186-kou_36.png 
ここでさりげなく、新情報。
真子と吉田さんは2学期でもやっぱり隣同士になってたんですね。
そうなると南さんの処遇が気になりますが、それはここでは置いておきましょう。

ハラハラしながらもこっちを見守るまこっちは娘の授業参観を見に来た母親のよう(笑)ですが、一方の吉田さんは頬杖をつきながら話しに耳を傾けているようです。
まあ夏休みの間に「映画」の話は聞いてるはずですが、具体的に何をするのかは知らないはずですからね。初めて聞くことなのでしょう。ただここだけ見る限り、果たしてその“アイデア”についてどう思ってるのかは定かではありませんね。

予行演習にも姿がなかった吉田さんですが、意外とこの映画の行方のカギを握っているのは彼女なのかもしれません。

mo186-kou_37.png 
当たり前のことですが、もこっちの席には今誰も座っていません。
でもだからこそでしょうか、なんだか頼りない感じがありますね。
隣にいる小宮山さんの目線もよけいに彼女を急き立てるのかもしれません。

昨日はもう少しできたのに……

頼りになるはずの「自分」すら見失ってしまっているようです。

mo186-kou_38.png 
今回の個人的ベストシーン。

そんな彼女に誰よりも冷めた目を向ける相手は「昔の私」でした。
そう、もこっちは常に自分自身と向き合ってきていたんです。
“みんな”なんて言葉に何よりしらじらしさを感じるのが彼女だったはずです。

喪185で「この席からぼっちで後ろから見てみたい」と言っていたのはこういうことだったんですね。
でも今は、彼女に見られる立場に立っている。

彼女が自分の「アイデア」を物にするには、“彼女”と向き合うことが何より必要なんだと思います。

mo186-kou_39.png 
かなりの接戦を制しての一位ですが、まあ勝ちは勝ちですよね。
タピオカの2位はわかるとして、けっこう脱出ゲームも健闘したなw
つーか、けっきょく「タコ焼」は0だったんかw 声挙げた奴は一体なんだったんだw

9人という数字からすると、昨日の予行演習組(-うっちーw)+1人という図式かな?
伊藤さん小宮山さんも入れてくれたのがなんかうれしいですよね。

ただ、残り一人が誰なのかが気になります。
普通に考えれば吉田さんと二木さんのどちらかとなるわけですが、逆にどっちかが裏切った(?)という話にもなりそうでなんか少し不穏な気配もありますね。
もっとも予行演習組から誰か一人裏切者が出たという見方もできるわけで、いろいろ議論の余地がありそうです。

mo186-kou_40.png 
このネモの「仮だけど」という意味も気になるんですよね。
1位から3位までで決選投票でもするのか、それとも全体での実行委員会にて3つの案の「実現性」を協議するのか…
これに関してはいまだに答えが判明していないので、今後の展開が待たれます。

そんなネモの隣で何も言わずにただ見守ってる感じのゆりちゃんがなんかいいですね。
もっとも、当のもこっちは抜け殻のようになってますけどw

mo186-kou_41.png 
今回の個人的ベストもこっちw

組織票とか私の意図とか、けっこうストイックに考えているところが逆にもこっちらしいw
本当なら結果オーライでそれなりに良かったと肩をなで下ろす感じでもいいと思うんですけど、こういうところに彼女本来の生真面目さが出るんですよね。

頬杖ついた顔がひし形に歪んでるところがなんか可愛いなと思ってしまいますw

mo186-kou_42.png 
こうしてすぐに自分を省みれるところももこっちのいい所。まあ若干自虐過ぎるところはありますがw

そんなもこっちをただ見下ろす感じのゆりちゃんがなんだか印象的ですね。
彼女の胸中には今、果たしてどんな思いがよぎっているのでしょうか…

mo186-kou_43.png 
小宮山さんなりの励ましにネモの目線がw
そんな身も蓋もない言い方しなくても…という気持ちと、私ですらそんな風に言えないのにいとも簡単に言える仲がうらやましいという気持ちが半々でしょうかw
昨日のあの「ダメ出し」がまた頭に残ってるのかもしれませんね。

まあしかし、こういう時は何を言っても本人には届かないものでしょう。
こみさんくらいの物の言い方でいいんだと思いますよ。

実際、この経験が「映画」の企画に何かしらの影響を与えるような気がしますね。

mo186-kou_44.png 
WWWまあこのくらいの軽口が聞けるくらいなら大丈夫でしょうw
つーか、お前がタピオカに移ったらもうそれに決まりじゃねーかw

それにしてもこのラストはうまいとしか言いようがありません。
「CONTINUE?」▷YES
とさりげなく映ってるところがなんともニクイ!

そう、今回の話は続いていくんです。
というか、ここから彼女たちの「映画」は始まっていくんですね。



最初は予行演習意味なかったじゃんという気もしたんですが、前編から通して読むとなんだかすっとその意味が入ってきましたね。
「内輪」だけのノリでやることがどういうことなのか、それを外から見たらどう感じるのかがよくわかる構成になっていたと思います。

冒頭の伊藤さんの「もてあます」感じ。
前に出た実行委員だけでわちゃわちゃやってるわりにはいざという時にグダグダの白けた感じ。
これらは全部小宮山さんが指摘したこととほとんど変わらないでしょう。映画本番を待たずして、早くもその問題点が露呈したわけです。

最初からグダグダでスベってしまうところまでが、今回の「モテないしプレゼンする」だったんですね。
予行演習から本番という図式が重要なんじゃなく、失敗するまでの過程が重要だったんです。

そう考えると、逆にこの段階で失敗してよかったんじゃないかと思えてきました。
変に熱い議論を繰り広げてプレゼンを勝ち取るみたいな展開だと、かえってよけい浮ついた感じになって危うさが増す羽目になりかねませんでしたから。

何より、もこっちはずっとそういうノリを冷めた目で見ていたわけですよね。それこそ、2年の体育祭で「みんなでちゃんとやらないと…」みたいな薄ら寒い偽善ぶりを目の当たりにしてきたのですから。
今回のもこっちはまさにあの時の委員長になりかねないことをやろうとしていたわけです。

ただ、もこっちもなんとなくその嘘くささにどこか気づいていたんだと思います。
ネモがもこっちに渡したあの「企画案」。あれを見直した際に感じた「怖さ」は単にプレゼンへの不安だけではないような気がするんですよね。
だからこそ、ゆりちゃんや加藤さんに意見を求めたのではないでしょうか。
そう、文化祭が「楽しかった」かどうかを。

そもそも、もこっちの「アイデア」は、「映画やアニメで描かれる“青春”ってどこか嘘くさくてなんか違う」ということから始まっているはずです。
そうであるならば、かつての委員長が言っていたような薄っぺらなお題目をみんなの前で語ること自体が自己矛盾もいいところなんですよ。
本質的にその危うさに心のどこかで気付いていたからこそ、彼女はあの企画案に怖くなったんだと私には思えました。

結果的に今回は、もこっちが自分の「アイデア」の致命的な“穴”にぶつかる話になっていました。
ここからまた彼女は練り直しを迫られることになるのではないでしょうか。

本当の「楽しさ」とは一体何なのか。
かつての自分から向けられるあの「つまんなそう」な視線を容赦なく浴びながら、今日も彼女は頭を悩ますことでしょう。


…To Be Continued!


もこっちがなぜあんな「映画」をやろうと思ったのかも、通して読めばわかる19巻は絶賛発売中です!



なんで智ちゃん明日香になってるのかは18巻を読みましょう。



一年時の文化祭の様子は3巻にて!



伊藤さんの話や打ち上げでの会話など、意外と球技大会との接点もあったりします。



もこっちが何を手に入れて何を失ったのか、もう一度確認してみるのもいいかもしれません。
スポンサーサイト



tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

更新お疲れ様です。
個人的にはこういうのを待ってたんですよ。

伊藤さんもうっちーも準加入みたいになってさらに拡大を
続ける黒木組。

「嘘!?考えるの!?」なんてノリができるのはネモくらいな
もので、今の黒木組には必要不可欠な人員w

1年の時の店番ゆりちゃんの座り方の悪さは事実なのか
ただのもこっちのイメージなのかw

お風呂入ってるときに電話に出るって今の世の中普通なんですか?
正直違和感ありまくりなんですけどw
こんなんもこっちじゃなくても見たくなるし、逆に加藤さんは
見せたいと思ってるんだと勘繰りますよねw
イスから落ちそうなくらい必死に角度調整してるもこっちがそっちに
必死で普通に「明日香」って呼べてるのがいいですねえw

なんか最近やたらと「あーよし」推されてる気がする…。
私は「あーもこ」をあきらめないですよ!

私も発表でテンパる口なのでもこっちの気持ちがよくわかりますw
終わった後言いたいこと全然言えなくて後悔でへにょ顔になりますね~w
今は最大版図を誇る黒木組だったら多数決は余裕でしたが、
ちゃんと「意図全く伝わってなかった」「調子コいてた」とわかってる
ところはいいですね。ぐるぐる目へにょ顔も昔のワクド顔と比べると
遥かにかわいくなってますしw
そっとフォロー入れるこみさんの男前っぷりよ。
これは中学からのズッ友ですわ。ネモも嫉妬間違いなし!w

これまでうまく行き続けてたのでそろそろこういう話が欲しかったので
満足です。最終的には成功しそうですけど、今回1コマもいなかった
南さんの動向も気になりますし。まだまだ二転三転しそうで楽しみです。

No title

更新お疲れさまです。
このサブタイトルでこのサムネw
加藤さんえちえちw

>黒木さん明日頑張ってね
そういえばこの二人はバス通学で帰る方向同じでしたね。
千葉西志望のまこっちと合宿で国立コースだったこみさん、バスでの会話とか気になる。

>もう少し練習したかったね
>あー
>しまった 琴いないと持てあます……
あの後何回やったんだろうか…とにかく時間が足りてない。
積極的に会話するタイプじゃないからな伊藤さん。

>あのメガネと友達?
>黒木と仲いいの?
>中学から一緒だって聞いたけど
>ふーん…
うっちーがこみさんに興味が出たのか、友人である伊藤さんに探りを入れてきました。
二人並ぶとさらによく分かるうっちーのスタイルの良さ。伊藤さんの素朴な体つきも悪くないけどね。
横目でうっちーの真意を探るようにチラ見する伊藤さんいいw

>高校時代の琴なら色々知ってるけど
>誕生日とか趣味とか
>それはまぁ…そのうち聞こうかな
今の親友は私アピールな伊藤さん可愛いw
さすがにストレートに「そこまでの情報はいらない」というと角が立つので、このうっちーの婉曲的に断る感じがなかなかだと思った。

>あだ名ある?
>え?ない
>伊藤だったよね いとでいい?
>二年の時は黒木達と同じクラスだったから実質私も3‐5だからよろしく
こみさんからは「伊藤さん」としか呼ばれてないからなぁ。
うっちーの伊藤さんへの距離の縮め方。強引にも見えるけど、すごいナチュラルに相手のそばに。
さすが雌猫という一大派閥の(本来は)リーダーだなと感じさせてくれる。

>う…うん
>意外と変な人っていっぱいいるな…
確かに特Aクラスの変人とはいえ、こみさんくらいとしか深い付き合いしてなかったからなw
伊藤さんの「世界が広がっていく」という一連の流れがずっと続いてるんだなよく分かります。

わたモテ二次創作1
IT(いと)
https://twitter.com/ketumankonurunu/status/1356993192655167492

>文化祭の実行委員決めると思うけど誰がやるの?
>男女で6、7人
>私とクロはやるとしてあーちゃんと加藤さんは?
>あーどっちでもいいな
>そうだね 委員じゃなくても手伝えるし
もこっちの意志確認しないネモすきw
そりゃあ言いだしっぺだし、やるのが当たり前だろうけどさ。

>一応聞くけど田村さんは?
>考えとく
>嘘!?考えるの!?田村さんが考えるの?
>考えちゃダメなの?
ネモゆりの絡みもますます面白くなってきたなw
いつものパターンなら「やらない」で終わりだったからね、それを見越してのネモのイジりのはずだったw
しかしまぁネモのリアクションかなり失礼だよなぁw
ムッとするわけでもないゆりちゃんの返しが可愛くてすき。

わたモテ二次創作2
バレンタインゆりねも
https://twitter.com/ich__ba/status/1361038359804567553
ハッピーバレンタインhttps://twitter.com/hen_byou_si/status/1361320510823432196

>見直してきたら怖くなってきた…これでいいのか…?
>やっぱ無難なやつにしたほうが……
「ホントにこれ面白いんだろうか?」と不安になっていくもこっち。
でもさすがに今さら企画見送りは…「無難なやつにした方が」ってそういうことなんでしょ。
企画書の文字や装飾、ママスキングテープなのかネモの手書きなのか、どうでもいいことかもしれないがちょっと気になってしまった。

>文化祭の実行委員会やるの?
>やると思う
>わかった
ゆりちゃんからLI○Eが。
いいですねこのシンプルなやりとり。
ところでゆりちゃんのLI○Eアイコンって初出?
夜空っぽい?

>何?
>ゆりちゃんそういや聞いてなかったけど
ルイスポールセンのフロア照明…過去エピソードでもゆりちゃんのセンスのよさはうかがえましたけど、ゆりちゃんちはインテリアにこだわりあるご家庭なんでしょうか。
あと、私服ではパンツやロングスカートで見せてくれなかったゆりちゃんの生足!
ゆりちゃん真面目に勉強してるのに、えっちな目線で見て本当に申し訳ないw

>一年の文化祭って何やってた?
>縁日
>射的とか輪投げとかスーパーボールすくいとか
>ゆりちゃんは何してたの?
>一日目は自由行動で二日目はスーパーボールの店番
>サービス悪そう
>悪くないけど
>いや絶対良くはないだろ
サチキバとゆりまこできっちり分かれてますね…
南さんの楽しそうな笑顔がまぶしいぜ。
ゆりちゃんの法被の着方&座り方w
お行儀悪すぎw
千葉西見学回で「子供は苦手」と言ってたのが裏づけられたな。対照的にまこっちは子供好きそう。

>どうだった?楽しかった?
>あんまり覚えてないけど 普通
>智子はどうだったの?
>楽しくはなかったね ゆうちゃん来てたときは大丈夫だったけど
>成瀬さん来てたんだ
ゆりちゃん、元々学校行事にあまり思い入れしない子だけど、それでもたった二年前のことですからね。
普通とは言ってるけど、それほど楽しくなかったんじゃないかなと
楽しくなかったと言い切るもこっちがいい。
過去の苦い思い出を少しずつ今の友人達に話せるようになってきた。
それでもゆうちゃんが来てくれて、今江先輩もいた。良くも悪くも印象に残るものになってます。
今回の文化祭もゆうちゃん来るでしょうから、彼女の反応が楽しみですね。

>今回は楽しければいいね
>え!?あっうんそうだね
この流れを受けてのこのゆりちゃんの言葉ですが、表情も絶妙。
普段と変わらないポーカーフェイスに見えて、それでいて微妙に頬が緩み口元が綻んでいるようにも。
ゆりちゃんにとっても楽しいものになればいいと強く思いました。

わたモテ二次創作3
ゆりちゃんが髪を後ろでまとめてるの可愛すぎるhttps://twitter.com/husiminisi/status/1358359002183180289
縁日ゆりさんhttps://twitter.com/ketumankonurunu/status/1358514325623762944
縁日ゆりちゃん https://www.pixiv.net/artworks/87580705
表情筋マシマシのゆりちゃんです この笑顔は誰に向けられたものなんでしょうね~https://twitter.com/MOMA49664517/status/1360735996875137024
更新明日香!
ゆりちゃんにセクハラチャレンジする加藤さんhttps://twitter.com/osumoto1/status/1356966242968457218
加藤さんは大型犬 https://mobile.twitter.com/osumoto1/status/1362041449403932672
更新明日香! この後吉田さんのお題に付き合わされるもこっち https://mobile.twitter.com/osumoto1/status/1367101160272719872

>あ…あす…あすか?
>この呼び方慣れる時くんのか?
>い…今大丈夫?
カオナシもこっち再びw
大丈夫、 慣れるの確定してるからw
具体的な時期はね…クリスマスキャロルが流れる頃には。

>智ちゃんからかけてくるの珍しいね
>声がひびくけど もしかして…
>今 お風呂入ってて
>え!?あっじゃあ後でいいや!!
>いいよ 動画見てただけだから
そりゃもこっちも慌てるよなぁw
それにしても、アロマとか植物とか色々置いてあったり、動画観てたり、女子のお風呂事情が解らないので我が身としてはここはコメントするの難しいですね。

>ビデオ通話に変えていい?
>へ?
なぜわざわざビデオ通話にしたんですかね…智ちゃんになら見せていい、要するに見せたかった、としか思えないよ(私は冷静さを欠こうとしています)
でもスマホに映った加藤さんの表情、以前までとどこか違って、心を許した友達に対し安心したような。なんとなく幼くも見える。
ちょっとほっこりしたのに、それをなんて顔、というか目で見てるの智ちゃんったらw
とても同性を見るような目じゃねえw
と思ってたら、元ネタは某忍者漫画あののキャラだったというw
とんでもないタイミングでネタをぶっ込んでくるから油断ならんわw

わたモテ二次創作4
女が女に向ける顔じゃないhttps://twitter.com/Kotobuki0T/status/1357006978317385728
強く儚い者
https://twitter.com/gtN0usK6KaMvHxE/status/1358476150465462273

>ちょっと角度が…角度が上手くいかなくて…
いやいや、角度変えても加藤さんの入浴画面は変わったりしないぞw

>明日香が一年の時文化祭って何やってた?
>パンケーキやってたよ
>そういやあったかもしれない
>私達のクラスじゃないかも 流行ってたから3クラス以上やってたし

パンケーキブームのゆくえ | 第二次パンケーキブーム スフレ風 ふわふわ食感 | 日々飽食 - http://eityun.jugem.jp/?eid=2394#gsc.tab=0
ブームからはや10年 超有名パンケーキ店が「原宿限定メニュー」を全国販売することに決めた理由 | アーバン ライフ メトロ - URBAN LIFE METRO - ULM - https://urbanlife.tokyo/post/35140/

>一応映画の案もあったけど多数決でパンケーキになったんだ
>一年生だしとりあえずできそうなのやろうってなって
>だから智ちゃんが映画やるって言ったから楽しみかも
>ちょっと怖いけど
ここの加藤さん、もこっちをピンチアウトして拡大保存してるのかな?
それにしても、まんま今回の経緯と一緒じゃないですか。
映画楽しみにしてるとは言いつつ、どっちに転ぶかは分からないですからね、智ちゃんが嫌な思いをするのは見たくないんでしょう。

>今回も多数決で別の…タピオカとかになるかもしれないけど…
>あはは そうかもしれないね
ネモとかだったらポジティブ発言で弱気を打ち消そうとするかもしれませんね、ここは加藤さんならではという感じです。

わたモテ二次創作5
智ちゃんの視線
https://twitter.com/osumoto1/status/1357044645943906304
智子が明日香で興奮している時 明日香もまた智子で興奮しているのだhttps://twitter.com/ketumankonurunu/status/1357024737231179776
どうしても胸が見たいかともこビデオ通話https://twitter.com/Kotobuki0T/status/1357993086366801921

>文化祭実行委員を決めるから 男女6名くらいで立候補者はいる?
>根元ね
>黒木!
ほんの「!」一つだけど、ここにオギーの嬉しそうな内心が垣間見えたのよかった。

>それと田村ね
>え!?
>田村さんやるの!?
>やるけど
前半の考えとく→わかったの流れで予想してたけど、ゆりちゃんだってやるときはやるんです!
もこっちをそばでサポートしたいんだろうな。

>男子は誰かいない?
>やらね?
>俺はいいわ
>まぁいいけど
>清田と和田ね
清田くんと和田きゅんかぁ。
順当すぎるというか、鈴木くんがいまいち影が薄いのこういうとこだと思うw

>クラスの出し物決めるからやりたいことどんどん言ってくれー
>あーちゃん結局やってるじゃん
>男子誰もやらないから代理だよ よしがやろうってうるさいし…
やっぱ仕切るのは清田くんか。委員長だし当然か。あーちゃんとのフラグ(?)も立ってるし、
文化祭で何かアクション起こす伏線と受け取っちゃってもいいかな?いいよね?w

>メロンパン
>タコ焼き
>ジェットコースター
案がどんどん出てきます。
ジェットコースターと聞いて清田くんと全く同じリアクションをしてしまったw
まさか本当にあるとは…しかも原幕のモデル校とは…だからニコ先生も生徒に言わせたんだろうけど。

>クロ 今発表じゃない
>流れ的に今はちょっと…
>ほら今はみんなアイデア出してるし
タイミングを図っているというか、躊躇しているだけというか…

>クラス出し物
黒板にズラッと出された提案が書かれています。
キャラごとの筆跡の違いを見るの楽しい。
和田きゅんの字かわいすぎね?w
あーちゃんの達筆なこと。 

>じゃあここから多数決で決めるか
>ちょっちょっと待って!!
>クロほらもう言わないと決まるよ
現実世界でも場の流れを読もうとしすぎて発言するタイミングを見失うことはありますよね。
もうその話題が過ぎたころに後から慌てて単発で発言しても、時すでに遅しというやつ…

>いや思ってた流れと違うし もっと一人一人プレゼンの時間あると思ってたから
>後で日を改めて発表するという形で…つーかやれる流れを作れないネモが無能というか…
>私のせい!?
久しぶりのくずっちキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
無能呼ばわりは酷いけど、確かにネモが事前に言ってた感じと違うと思ったし、つうか出し物決めるときの流れなんて実際こんなもんでしょ。
私も過去の経験上、プレゼンなんてやってるの見たことなかったしさw

>ていうか決まったらもう無理だよ!今やらないと!!
>実行委員から一つ案があります!
>ちょっ!!?
もこっちが言う後日なんてないからw
業を煮やしたネモが実力行使w
ついにプレゼン本番の舞台に(強制的に)立つことになったもこっち!先延ばし先延ばしで却って注目を浴びるタイミングになってしまったw
冷や汗流しながらのネモと心配してるんだろうけど相変わらず表情には出ないゆりちゃん。
対照的でじわじわくるw

>いかん頭が白く…
>あれ?何言ってるか わからん…
>昨日はもう少しできたのに…
>というかなんでこんな所でみんなに向かって語ってるんだ?
>昔の私ならあそこでつまんなそうに見てるだけだったけど…
最初ここ読んだときは事前にいろいろ勝手に予想していたこともあり、ぶっちゃけ肩透かし感を強く感じました。
他の生徒の反応をほとんど見せなかったのも意図的なものなんでしょうね。前編不在の吉田さんは出たけど、二木さん登場しませんでした。
心配そうに見てたまこっちのいい子さがよく分かった、そしてしっかり吉田さんの隣をゲットしているところも含めてねw
まぁ、こういう予定と違って思ってた事全然言えなくて頭真っ白ってのがリアルだし、もっと事細かくまるまる描写されてたら緊張感と共感性羞恥で死んでいたかも知れないw
もこっちが昔の私なら~って思うあたり、そうとう本人にとっては無茶してるんだなとよく分かる。
何でぼんやり眺めていたこっち側にいるんだ?
そう自問自答してるとこも好き。

わたモテ二次創作6
悪い方に頑張ってしまったもこっちを描きました!!(>_<")プペッ!!
https://twitter.com/kohara11251125/status/1357269112221667330
プレゼンを終えて
https://www.pixiv.net/artworks/87601252
よしまこ百合漫画です!可愛いものが好きな吉田さん
https://twitter.com/itonof/status/1356463254109708289
終わりの鐘が鳴り響き私はただ忘れたふりをする https://www.pixiv.net/artworks/86416740
真子さん
https://www.pixiv.net/artworks/87954999

けっかはっぴょー(浜ちゃんっぽく)

>やったねクロの案通ったよまだ仮だけど
1位 映画    9票
2位 タピオカ屋 8票
3位 脱出ゲーム 7票
結果はこうなりました。「仮」というネモの言葉が気になりますが、ひとまずおめでとう。
でも本人は浮かないようす。

>いやバラけたおかげでほぼ組織票で決まった感じだし……
>私の意図全く伝わってなかったし…
プレゼンとしては練習の成果出なかったようだしはっきり言って失敗だったと言ってもいいでしょう。票固めという点ではあの練習にも意味はあったということかな。
私も映画案に入った投票の内訳を書いてみますが、ゼロ票があるから自分で出したアイデアには投票できないシステムと仮定すると、もこっち除いた9人の内訳は実行委員会の根元岡田田村、そして加藤田中小宮山伊藤、前編不在の吉田二木。
もこっち入れると最後の二人のいずれかは投票してないことになります。

>最近みんなといて調子コいてたけど私こんなもんだったわ…
もこっちを見下ろしているゆりちゃんの表情…果たして彼女はなにを感じているのでしょうか。

>失敗も青春なんだろ?気にすんなよ
>これからもっと失敗すっかもしれないし
前編に引き続きまたもやこみさんがおいしいところを持っていくw
もこっちに煽っぽく軽い感じで檄を飛ばしていましたが、こみさんなりにもこっちを気遣っているんだろうなって。
そんなこみさんの発言にもこっちは言い返さないしマジでへこんでるんだろう。
二人のやりとりを見ていたネモの表情がそしてまたいいんだ。
ネモがこみさんに対して引き顔してるのは、鬱モード気味のもこっちに敢えての追い打ちかける踏み込みの鋭さにか。それでいて嫌みがあまり感じられない。そんな悪友ムーブがこみさん独自の親しさの表れなのだと。
ああいうイジリでもなく、真面目過ぎるわけでもない、そんなバランス取れた塩梅の声の掛け方はネモが実はやりたいことでしょうから。

わたモテ二次創作7
喪186後編 映画脚本のお約束に「事前に説明された作戦はその通りにいかない」がある。たぶん撮影はもっと大変なことになる!https://twitter.com/nijitama_siyu2/status/1357155925270831108
【喪186後編バレ】未来予想図 https://www.pixiv.net/artworks/87827240

>い…今から タピオカ屋に変えられるかな…?
>それ私の前では言っていいけど この先みんなの前では言っちゃダメだからね
「仮」問題はあるけど、この二つのセリフを見るかぎりは映画案で決定のような気がしますね。
「仮」というのは案の内容の手直しのことを指しているのかも。
ネモのこのセリフは全体を見て気配りするバランサー的な気質と、もこっちを甘やかして独り占めしたい感情がきれいに調和してるのがニヤニヤポイントだと思います。
発案者がそんなありさまじゃ周囲の士気にかかわる!でも私の前でなら弱音吐いてもいいよってことでしょw
あと、ネモ作成のプレゼン資料のcontinueも最初の失敗から立ち直るのか?的な意味が込められているように感じられます。
それとも弱音を吐いたもこっちに企画を続行するかを問うダブルミーニングだったりして。

前編を読むと、プレゼン本番にもっと尺を取ってくるのかと思えたのでちょっと意表を突かれましたが、前編で練習とはいえ、プレゼン自体は見せちゃってますしね、本番での雰囲気や状況はもこっちのモノローグで察することができました。
聞いた側から反応があるということは興味を持たれたわけなので、黙って興味なさげに聞いていただけだったのかもしれませんね。
黒木一派しか票入れてない問題ありありなもこっち映画企画。
これは今後も一悶着あるだろうなという感じ。

わたモテ二次創作8
隣のクラスの成瀬さんにガチ恋するモブ男子になりたい人生だった…https://twitter.com/Kotobuki0T/status/1367083099520081921
「やっぱり、もこっちといると楽しいな」 友達と一緒にいて楽しそうな優ちゃんが可愛くって好きです、お誕生日おめでとうございます
https://twitter.com/Kaza05sute_1213/status/1366878482324668419
いつも皆を癒してくれるゆうちゃん、たまには思いっきり甘えて癒されて欲しい…!https://twitter.com/ydayopp/status/1366768446956916737
ゆうちゃんお誕生日おめでとう~
そして今日はネモの日だ~!
本編で絡むところ見たいです!!!
(「え?根元さん1巻から出てるのにまだ成瀬さんと会ってないの?私は会ったことあるけど。」という幻聴が聞こえました)
https://twitter.com/nmemoton/status/1366788767143448579
「笑美莉ちゃんと私」
「私とジェネリック私」https://twitter.com/708watamote/status/1366966940971851779

疑似的じゃない青春はどこにもあふれている

更新お疲れ様です。
今回思ったことはですね、うちいととネモゆり加藤さんの反応といい感じの失敗でしょうか


 まずうっちーの行動なのですが、将を射んとする者はまず馬を射よの策略目的なら、もっと早い段階で通学路が一緒のゆりちゃんと仲良くなったほうが早いような(というより色々根掘り葉掘り聞き出すとか)、と思いますので、7割くらいは手持ち無沙汰な人と仲良くなろうとしているのではと。ゆりちゃんともそんな感じで登校中しゃべっていたっぽいですし。こういうところは、2年の修学旅行時の厄介な奴らとは関わらないでおこうといううっちーとだいぶ違ったみたいな感じが。もこっちに蠱惑されるだけじゃなくて雌猫グループ以外でも交流を積極的にもとうと成長もしたんだなと。伊藤さんの変な人どうこうは、智貴から言わせれば君もですよとw

 ネモが帰り道の文化祭実行委員のことを言いだすのはどうも遅い感じがしますね、正直もこっちのプレゼンの練習どうこうより、LHRの前に委員選出のことを話題に出すなり候補決めておくなりしておくべきでした。それこそ参加してくれるだろう、清田や和田も頭下げるなりして巻き込むべきだったと思います。この二人も事前にもこっちの映画案を聞いていたら、採決の時の反応が違っていただろうし、プレゼンする時間も作る空気も作ってもらえたのかもしれませんし。
 
 ゆりちゃんの「今回は楽しければいいね」は本音では、もこっちがゆうちゃんと一緒の時が楽しかったように、ゆりちゃんもまこっちと一緒のときだけ楽しかったのでしょうか。加藤さんの怖い発言は、コミさんの「失敗すればあんたにヘイト向かうぞ」から来ているのと思えますし、もこっちも不安を抱いているだろうというのを予測してでしょうか。ゆり加藤さんと不安を掲げるなかネモだけが電話がないのも何か三者のなかで一人だけ浮ついているかのように思えます。それに彼女がゆりちゃんが実行委員になるのが意外という反応をし続けるのは、どうもゆりちゃんも智子が不安に感じているならせめて私もそばにいようという心遣いを感じていない、鈍くなっていると思いましたね。

 で実際のプレゼンなのですが、まこっちの反応見る限りじゃ見事に失敗したとしか言えないでしょう。なりそこないさんの言われるように、プレゼン段階での失敗自体が疑似的な青春じゃない現実の青春っぽく見えますし、コミさんの言うように「内輪だけでグダグダした空気を見せつけられた」感じが半端ないでしょう。今日書いたコメでも言及していましたけど、もこっちは去年の体育祭での委員長化しかけていましたね、仕切る能力がないのにみんながどうこうとかいううすら寒いお題目で引っ張ろうとしかけた。むしろネモが気を聞かせてプレゼンを成功するように導いていたら、もこっち派閥が3-5を仕切る青春自作自演劇とかいう、矛盾しまくった非常にうすら寒いものが上映されていたのやもしれません。喪186前編で怒っていた読者がネットとかで結構いたのですけど、さすもこ映画万歳みたいな展開予測が見えていたのかもしれませんね。まあ谷川先生は見事予測を粉砕してくれましたが。

 そして投票の結果を見る限りじゃ、プレゼン参加組のうちあと1票が吉田さんか二木さんかしか読者は予測できない感じになっております、私はどうも吉田さんが入れたのじゃないかと、修学旅行や体育祭見る限りじゃ彼女存外義理堅く動きますので。二木さんは存外やりたいことが他にあるようにも見えたりします、あくまでも私の予測ですが、仮についてはまたクラスで改めて決選投票とかいう空気じゃないですから、たぶん委員会に提出する3つの案なのでしょうね。まあともかく感じ入るクラスメイトはほぼおらずに、もこっちは本来の私はこの程度だったと反省しています。ネモの気休めやゆりの見下ろし(私は推測するに悪い予感が的中したって感じで困惑しているように見えます)よりコミさんの「これからもっと失敗するだろうし」のほうが暖かく感じました。タピオカどうこうはもこっちの軽口が復活したというところでしょう。

 今後の展開ですが、さすがにネモもこの事態には浮ついた気分は抑えられるでしょうし、もこっちは自信喪失状態ですけど、コミさんに言った「大失敗も青春の一言」でプレゼンのことを飲み込んで突き進むしかないでしょう。自分の失敗は自分で背負って、「みんな」とかあやふやなものに押し付けずにやり遂げてこそが疑似的じゃない青春になると思います。でも懸念自体はあります、仮に映画ができるとしても9票しかない映画案に反発するクラスメイトも多数出るだろうし、それをどうさばくのかも今後も注目ですね。次回も期待して待っています。

更新お疲れ様です

>おそらく、彼女の“もてあます”を察していたんでしょう。
遠足回の「いいの?」でも思いましたけど、この辺がうっちーのいい所ですよね。わたモテのキャラって基本的にいい子なんですよ。ただ、スイッチが入るとちょっとアレなだけでw

>確かにどんな人でも何かしら変だったりするけど、さすがにサンプルが極端すぎるw
このコマの中ですら、変じゃない奴が一人もいないですからねw
岡田ですら、智貴や今江さんのような常識人と比べたらちょっとアレですしw
というか、この漫画で変じゃない奴が圧倒的に少数派という。
風夏とか初対面ではまとも枠かと思ったら…w いやまあ、席についてしばらく経ってから名前を聞くちょっと変な子ではありましたけど。美保も同じですけどね。

>そんな折に、ゆりちゃんからLINEがきます。
ここって誤植とかではないんですかね。「ゆりちゃん」なんて呼ぶの初じゃないですか。
前に相談させて頂いた時に、「もこっちは女の子的なやりとりが苦手」という意見に非常に納得しましたので、引っかかりました。

>もこっちの部屋とは違うセンスの良さが目に付きます。
あ、ここ部屋なんですか。大きなソファがあって、観葉植物やスタンドまであるからリビングだと思いました。

>一年の文化祭では縁日をやっていた
縁日って聞いた時ちょっと期待しちゃいましたね。もこっちが吐いた、不味いたこ焼きを作ったのが南さんだったんじゃないかなとかw
結局あのたこ焼きはどこの誰が作ったんだろう。まさかの豚の餌さん説…はないか。彼女だったら口に入れた瞬間リバースでしょうしw

>角度じゃねーってのw なんだその眼はw 何を覗こうとしてるんだかw
ここのもこっち、3D映像で下からスカート覗き込む助平オヤジを思い出しますw 今はVRが主流ですけどw
本当に根っからのオヤジですねw

>考えてみれば左手を挙げているところからしてゆりちゃんに他ならないわけです。
えっと、すみません。どういう事でしょうか?位置的に隣に座っている小宮山さんではないって事ですかね。

>こいつも大概失礼なやつだなw
そうですか?私は、ゆりちゃんはこういうの絶対にやりたくなさそうという、彼女の性格をネモはよく分かっているなとちょっと嬉しかったのですが。
昨日聞いたのも、出来ればゆりちゃんと何かやりたくてダメ元で聞いてみたのかなと思いました。こんな何気ないシーンでも良さげな物を感じてしまいますね。
ちなみに私が「ゆりネモ」の順番に拘るのは、どう見てもネモの方がネコだよなってw もこっちは誰と組んでもネコでしょうがw (智貴を除く)
こういう言い方するとヤラしく聞こえますけどw

>ていうか、あーちゃんを誘う清田もなかなかやりますねえw
なりそこないさんが仰っていたのはここですか。確かにこの二人の距離感とか関係性はいいですね。
ただ、色恋って感じは全くないですがw

>もっとも予行演習組から誰か一人裏切者が出たという見方もできるわけで、いろいろ議論の余地がありそうです。
それって結局明らかになるのでしょうか。遠足回の最後の台詞みたいに、そういうのは読者の判断にお任せしますって感じになりそうな。

>つーか、お前がタピオカに移ったらもうそれに決まりじゃねーかw
漫画の流れ的に、もこっちの案が採用されるんでしょうけど、そうなったらもう逃げ道はないですからね。ただ思いついた事を口にしただけなんて言い訳は通用しません。もこっちは自分の発言に対して責任を取らなくてはなりませんが、その辺の覚悟は出来ているのかなぁ。
たかだか高校生に大袈裟ですが、ここらで男(女ですけど)を見せて欲しいものです。
というか、ここでタピオカになったりしたら、ゆりちゃん何の為に立候補したのかw

>「CONTINUE?」▷YES
とさりげなく映ってるところがなんともニクイ!
それ聞くと、いつだったかの留年したら強くてニューゲームを思い出したのですがw
でも留年と違って負けてはないわけですから、まだまだコンティニューはする必要ないでしょう。せいぜい延長戦ですよ。

今回一番笑えたのは、店番のゆりちゃんでした。全読者の中でも私だけだと思いますが、彼女のポーズで「イン○ン•オブ•ジョ○トイ」を思いだしてしまいましてw 覚えてらっしゃいます?

次回とその次がなんか凄まじい事になっているんですよね? なんでもトレンドに載るほどだったとか。いやあ、「みwなwぎwっwてwきwたwww」(古くてすみません)
というか、わたモテってトレンドに載るほどの知名度あったんですね(失礼) 私はそういう機能OFFにしているので知りませんでした。

コメント返信その1

みなさん、コメントどうもありがとうございます。まとめての返信にて失礼します。


>AEGさん

黒木組というと、なんかアレですけどw
ネモはムードメーカーという感じですね。ああいうタイプはけっこういるはずなんですけど、今のグループ内では確かに貴重な人材かも。

> ただのもこっちのイメージなのかw
その発想はなかった…
でもそうなると、直前のサチキバもどうなんだということになりますね。

> お風呂入ってるときに電話に出るって今の世の中普通なんですか?
いや、普通じゃないと思いますw
仮に掛かってきたとしても後でかけ直すとかするんじゃないかなあ。
そういうことも含めて加藤さんわざとか、と思ったんですけどねw
角度に夢中で「明日香」呼びが普通になるとは考えもしませんでしたw
でも変にドラマチックなきっかけを用意されるよりこのくらいの感じの方がいいのかも。

そういえば「あーもこ」はとんとご無沙汰ですねw
まあいっしょに実行委員になったことですし、機会はこれから増えそうなので期待できるんじゃないでしょうか。

大体の人は本番に弱いと思いますよ。たまに練習よりも本番で力を発揮するタイプもいますけど、そういう人は稀でしょう。頭が真っ白になって自分が何を言ってるかわからない感じとか、むちゃくちゃわかりみありますねw
> 今は最大版図を誇る黒木組だったら多数決は余裕でしたが、
いやそうでもなかったような。2位とは1票差ですからね。結構薄氷の上での勝利だったと思いますよ。
ぐるぐるへにょ顔はかわいかったですねw基本、両手で頬杖つく子はみんなかわいいw

> これまでうまく行き続けてたのでそろそろこういう話が欲しかったので満足です。
ああなるほど。こういうのを待ってたというのはそういうことですか。
まあこれからしばらくこういう心臓がきゅっとなるような展開が続きそうな気配がしますね。


>ひろさん
> このサブタイトルでこのサムネw
いやいや、タイトルとサムネは別に関係ないでしょw
変なイメージがついちゃうんでやめてくださいよw

> 千葉西志望のまこっちと合宿で国立コースだったこみさん
そういえば二人とも公立志望でしたね。真子は合宿に参加していなかったけど、受験勉強の方は順調に進んでるのかな…

> こみさんからは「伊藤さん」としか呼ばれてないからなぁ。
たぶん、人生初の「あだ名」だったんじゃないでしょうか。なんかいいですよね。
ていうか、うっちーは(本来)リーダーだったのかw

わたモテ二次創作1
> IT(いと)
一瞬、どういうことなのかわからなかった…
「IT」に掛けてるのねw

> もこっちの意志確認しないネモすきw
あまりに自然すぎて全然気にならなかった…いわれてみれば確かにそうですね。

> ネモゆりの絡みもますます面白くなってきたなw
なんだか定番になりそうな勢いですねw
どちらもボケもツッコミもできるのでパターンもいろいろありそうで楽しみです。

わたモテ二次創作2
> バレンタインゆりねも
おこがましいw好きw

> ハッピーバレンタイン
ベッタベタだなw あまり摂取すると悪酔しそうw

> 企画書の文字や装飾、ママスキングテープなのかネモの手書きなのか、どうでもいいことかもしれないがちょっと気になってしまった。
ああどうなんだろう。文字は手書きっぽい気がしますけど、飾りのマークなんかはテープかシールっぽいようにも思えますね。これを休み時間とかにしこしこ作っていたかと思うとちょっと可愛いw

> ところでゆりちゃんのLI○Eアイコンって初出?
いや、前もあったはずですよ。確かゆりちゃんが風邪を引いて真子ともこっちが仲良く?なる話でLINEのやりとりがあったはずです。あの時からずっと夜空?のアイコンですね。どういう意味なのかはよくわかりませんが…

> ルイスポールセンのフロア照明
あああれはそういうブランドのお高いやつなんですね。なんかオシャレだなとしか思いませんでしたw

> サチキバとゆりまこできっちり分かれてますね…
まあそれはさすがに当然だと思いますが、性格的にもサチキバは売り子よりも呼び込みだったんでしょうね。
> 千葉西見学回で「子供は苦手」と言ってたのが裏づけられたな。
そういえばそんな設定もありましたね。でもそれとあの格好とはまた別な気もしますがw

> 普通とは言ってるけど、それほど楽しくなかったんじゃないかなと
というか、楽しくないのが「普通」なんでしょうね。
人よりその辺の基準が少し違ってるように感じます。
今回の文化祭では「楽しかった」と素直にいえるようなものになってほしいものです。

> 普段と変わらないポーカーフェイスに見えて、それでいて微妙に頬が緩み口元が綻んでいるようにも。
ああよく見ると、そう見えなくもないかも…w
本当微妙なところなんで、拡大しないとよくわかりませんw(アプリじゃ到底無理だわこれw)

わたモテ二次創作3
> ゆりちゃんが髪を後ろでまとめてるの可愛すぎる
すごいわかる。
てか、胸でか!

> 縁日ゆりさん
お前そんなキャラちゃうやろw

> 縁日ゆりちゃん
なんかA●のパッケージでありそう…

> 表情筋マシマシのゆりちゃんです この笑顔は誰に向けられたものなんでしょうね~
うわあ。こちらはなんか癒されますね。えちなのが続いてたのでよけいに心が浄化されますw

> 更新明日香!
> ゆりちゃんにセクハラチャレンジする加藤さん
そもそも「友達からラ●ホの割引券もらったんだけど」からしておかしいw
つーか、これは加藤さんをデコイにして様子を見たんじゃ…

> 加藤さんは大型犬
大型犬ならばの可愛さってあるよね!

> 更新明日香! この後吉田さんのお題に付き合わされるもこっち
おお、このかとゆりはいいですね。なんかニヤニヤしてしまうw

> それにしても、アロマとか植物とか色々置いてあったり、動画観てたり、女子のお風呂事情が解らないので我が身としてはここはコメントするの難しいですね。
同意!変なところにツッコミを入れて後から赤っ恥をかくのも嫌ですしね。なんか無難なコメントしか書けません。

> なぜわざわざビデオ通話にしたんですかね…
入浴してる側が提案するというのがおかしいですよねw 逆ならばまだしも。(いや、それもおかしいか。てか、もっとおかしいかw)

> と思ってたら、元ネタは某忍者漫画あののキャラだったというw
本当よくわからないタイミングですよね。何かトレンドでもあがったのかと思いましたよ。こんなん、コメントで教えてもらわないと気付けません!

わたモテ二次創作4
> 女が女に向ける顔じゃない
ですよねー…
ていうかこの顔自体、男の顔をしてるw

> 強く儚い者
WWWWリアルだと本当にこういう顔なのかもしれないw

> パンケーキブームのゆくえ | 第二次パンケーキブーム スフレ風 ふわふわ食感 | 日々飽食
> ブームからはや10年 超有名パンケーキ店が「原宿限定メニュー」を全国販売することに決めた理由 | アーバン ライフ メトロ - URBAN LIFE METRO - ULM -
あんまりクリームがごてごて乗ってるのは苦手ですけど、ルミネ新宿店にあるようなシンプルなのはちょっと食べてみたいかも。ていうか、高いなあ…

> ここの加藤さん、もこっちをピンチアウトして拡大保存してるのかな?
本当だ。保存してるかどうかはともかく、もこっちの目線とか表情を確認しようとしてる感じですね。
最近の加藤さんはもこっちに何か提言するみたいなことが全然ないので、いまいち何を考えているか見えてこないところがあります。

わたモテ二次創作5
> 智ちゃんの視線
まあ普通なら気付いてるわな。

> 智子が明日香で興奮している時 明日香もまた智子で興奮しているの
出落ちじゃねーかw

> どうしても胸が見たいかともこビデオ通話
WWWこの解釈が一番説得力があるかもw

> ほんの「!」一つだけど、ここにオギーの嬉しそうな内心が垣間見えたのよかった。
いや、逆に一つだからいいんですよ。二つ三つ付いてたらなんか嘘くさく感じてしまいます。

> もこっちをそばでサポートしたいんだろうな。
具体的にどうするんでしょうね。なんか本人の気持ちとは裏腹に空回りしそうで一抹の不安が…

> やっぱ仕切るのは清田くんか。委員長だし当然か。
そういえば、彼はまだクラス委員長なんですかね?学期ごとに変わったりしないんだろうか。
あーちゃんを誘ったのはちょっと期待しちゃいますよね。卒業間近で告白を急ぐとかありがちですし。

> まさか本当にあるとは…しかも原幕のモデル校とは…だからニコ先生も生徒に言わせたんだろうけど。
本当びっくりですよね。谷川さんも少し心を動かされたのかもしれません。

> キャラごとの筆跡の違いを見るの楽しい。
あ、これは気づかなかった。タコ焼きまでが和田くんで、メロンパンから左があーちゃんなんですね。
なんか男女逆のような気もするwでも、わたモテのキャラって基本達筆ですよね。もこっちの字の綺麗さは目を見張るものがありますし。

> 現実世界でも場の流れを読もうとしすぎて発言するタイミングを見失うことはありますよね。
ありますあります。やはり「機を見るに敏」って大切なんだなあと日々思う毎日ですよ(何があったんだ俺…)

> 私も過去の経験上、プレゼンなんてやってるの見たことなかったしさw
まあなくはないですけど、校風というかクラスの雰囲気もありますよね。ていうか、ネモは1年の時に実行委員を経験してるんだからわかりそうなものなんだけどなあw

> 他の生徒の反応をほとんど見せなかったのも意図的なものなんでしょうね。
でしょうね。そこは別に重要ではありませんから。ポイントはあくまでもこっち自身ということなんだと思います。

わたモテ二次創作6
> 悪い方に頑張ってしまったもこっちを描きました!!(>_<")プペッ!!
WWW元ネタはなんか怖くて見れないのですが、それでもちょこちょこ断片的に入ってくるんですよねえ…

> プレゼンを終えて
荻野www

> よしまこ百合漫画です!可愛いものが好きな吉田さん
両方かわいいw

> 終わりの鐘が鳴り響き私はただ忘れたふりをする
ラフなタッチが世界観に奥行きを与えていますね。表紙とラストの対比が素晴らしい。
タイトルはBJCからかな?吉田さんって若い頃のベンジーにちょっと似てるかもしんない。

> 真子さん
うわあ…思わず見惚れてしまいますね。制服の質感とか色使いがすごくいい。

> 私も映画案に入った投票の内訳を書いてみますが、
そうか、自分の案に投票できないとなれば裏切り者は出ない計算になるんですね。うん、真偽はともかく、その説が一番平和かもw

> ネモがこみさんに対して引き顔してるのは、
これに関してはいろんな見方があるでしょうけど、どれか一つというより、いろんな感情が混じってる表情だと思いますね。引いてる気持ちもある一方、感心してる気持ちもあるんじゃないかと思います。

わたモテ二次創作7
> 喪186後編 映画脚本のお約束に「事前に説明された作戦はその通りにいかない」がある。たぶん撮影はもっと大変なことになる!
wwwいや、ここまでキラキラしてないだろw
でも「事前に説明された作戦はその通りにいかない」はその通りだと思いますね。もこっちはそれを「いい感じのトラブル」と称していましたが、果たしてわたモテの世界ではそれをどう描いていくのか。

> 【喪186後編バレ】未来予想図
よかった、最後夢落ちだったんだ……一瞬白い部屋エンドかと思って焦ったw
一発目が強烈だったんで、後のゆりちゃん加藤さんがなんか平和に思えてしまうw

> 「仮」というのは案の内容の手直しのことを指しているのかも。
それを条件に投票を受け付けたという意味なら十分にあり得そうですね。ただ、ネモだけが手直しが必要と考えてるだけなら「仮」という言い回しは少し違和感があります。それならもっと直接的に「少し手直しは必要だろうけど」と言うんじゃないでしょうか。

> それとも弱音を吐いたもこっちに企画を続行するかを問うダブルミーニングだったりして。
それはありそうですね。だとすると、まだまだ紆余曲折ありそう。

> 前編で練習とはいえ、プレゼン自体は見せちゃってますしね、本番での雰囲気や状況はもこっちのモノローグで察することができました。
考えてみればそうですよね。同じことを繰り返すわけもないんですから。いきなり新キャラを出して喧々諤々やるのもおかしいですし、実は真っ当な展開だったと言えそうです。

> 黒木一派しか票入れてない問題ありありなもこっち映画企画。
逆に言うと、これで「黒木グループ」みたいなものがクラス内で顕在化したとも考えられるわけで、その他大勢がどういう反応を示すのかということも問題になってきそうな感じですね。

わたモテ二次創作8
> 隣のクラスの成瀬さんにガチ恋するモブ男子になりたい人生だった…
よくわからないけど隣のモブでいいんだwそれもある種のM属性なんだろうか…

> 「やっぱり、もこっちといると楽しいな」 友達と一緒にいて楽しそうな優ちゃんが可愛くって好きです、お誕生日おめでとうございます
あそうか。先週はゆうちゃんのお誕生日だったんですね。むちゃくちゃ遅くなりましたが、ゆうちゃんお誕生日おめでとう!

> いつも皆を癒してくれるゆうちゃん、たまには思いっきり甘えて癒されて欲しい…!
ポップな感じで本当癒されますね。ラストの白の使い方がうまい!

> ゆうちゃんお誕生日おめでとう~
> そして今日はネモの日だ~!
> 本編で絡むところ見たいです!!!
> (「え?根元さん1巻から出てるのにまだ成瀬さんと会ってないの?私は会ったことあるけど。」という幻聴が聞こえました)
そういえばこの二人、意外と接点がないんですよね。本当相性はいいと思うので、文化祭では是非顔を合わせてほしい。

> 「笑美莉ちゃんと私」
> 「私とジェネリック私」
WWW実質私も誕生日だからとか言いそうw


>かわずやさん

> 7割くらいは手持ち無沙汰な人と仲良くなろうとしているのではと。
そうですね。私も策略的なのは2割3割程度かなという気がします。そうだとすると、あまりにまどろっこしいですしねw
ゆりちゃんとはもう普通に会えば話をする仲でしょうし、元々すごい気配りの人なんですよね。
雌猫たちにも人望があるのもわかります。
> 伊藤さんの変な人どうこうは、智貴から言わせれば君もですよとw
確かにw

> ネモが帰り道の文化祭実行委員のことを言いだすのはどうも遅い感じがしますね、
なんか順番が違いますよね。仲間内だけで予行演習やる前に他にあるだろうと。
ただまあ好意的にみれば、LHR前日に急に「アイデア」を聞かされて慌てていたのかもしれませんね。そこまで頭が回らなかったのかも。
まあ結果オーライでも通ったのですから、今からでも清田たちに協力をお願いしてもいいんじゃないでしょうか。

「今回は楽しければいいね」は特に深い意味はないように感じましたね。言葉通り、智子が楽しい文化祭を送ってほしいという素直な気持ちから出た言葉なんじゃないでしょうか。まあもこっちはまさかそんなことを言われるとは思ってなくって、少し戸惑いも見せていたようですがw

> 加藤さんの怖い発言は、コミさんの「失敗すればあんたにヘイト向かうぞ」から来ているのと思えますし、
ああもしそうならちょっとうれしいかも。加藤さんがあの小宮山さんが指摘した問題についてどう思ってるのかがイマイチ見えてこなかったんで少し気になっていたんですよね。

ネモに電話しなかったのは単純に1年の文化祭で同じクラスだったからじゃないでしょうか。
ゆりちゃんと加藤さんに電話したのは1年の時に何をやったのか楽しかったのかが知りたかったんだと思います。ネモ自身から電話するのも変ですしね。
ただ、ゆりちゃんがもこっちがやるなら自分もということに思いが寄らないのは確かに鈍いと言えるかも。

まあ結果的にプレゼンが失敗に終わってよかったですよ。変に賛同を得られるような流れだったらさすがに私も批判的な方向になっていたかもしれません。
思うに、前編後編というスタイルがそういうミスリードを誘うことになったんでしょうね。予行演習をあそこまでがっちり見せられてしかもこみさんの鋭い指摘まであっただけに、それらを踏まえて見事大成功、みたいなベタな展開を想像してしまった面は否めませんから。
これが、最初から「喪186」として読んでいたらそんな野暮なことは思わなかったでしょう。

残り1票が吉田さんか二木さんかは気になりますけど、それが読者にわかる時がくるかどうかは微妙かもしれませんね。あくまで想像に任せるみたいな形になってもおかしくないような気がします。
いずれにしても二木さんの動向が今のところ見えてこないので、その辺も含めてTo Be Continuedなんじゃないでしょうか。

> ネモの気休めやゆりの見下ろし(私は推測するに悪い予感が的中したって感じで困惑しているように見えます)よりコミさんの「これからもっと失敗するだろうし」のほうが暖かく感じました。
ネモは気休めですかw まあ確かにそうですけど、一応励ますつもりではあったと思いますよw
ゆりちゃんは困惑ですか。彼女が悪い予感を持っていたかどうかはともかく、確かにどういう言葉をかけてあげたらいいのかわからないみたいな感じは受けますね。
確かに小宮山さんは終始かっこよかった!なんかそういう好感度向上キャンペーンなのかと思ってしまうほどw
セリフもさることながら、表情がまたイケメンなんですよね。


今後の展開は本当にわかりません。まあネモは多少正気(笑)に戻るでしょうけど、だからといって決して状況がよくなったわけでもないですからね。
けっきょくはもこっち自身がどう覚悟を決めるかに掛かってるかとは思います。
> 仮に映画ができるとしても9票しかない映画案に反発するクラスメイトも多数出るだろうし、
でもまあそれはどの案も同じですからね。相当票がバラけましたから。
仮に反発する人間が出てきたとしても、連合でも組まないと大きな勢力にはならないんじゃないでしょうか。
ただクラスのムードとして黒木グループが悪目立ちしだすと軋轢が生まれるかもしれません。その時誰がどう動くのかが注目ポイントになってきそうです。


>ふちささん

たまに見せる、うっちーのちょっといい所は本当に心が和みますね。
願わくば、もうちょっと頻度を上げてほしいところかもw

> このコマの中ですら、変じゃない奴が一人もいないですからねw
確かにw
まあこの漫画の性として、レギュラー入りすればそうなる運命なのかもw
でも美保はまだ比較的まともな方だと思いますよ。あと夏帆とか。
少なくともうっちーの変さとはレベルが違うw

> ここって誤植とかではないんですかね。「ゆりちゃん」なんて呼ぶの初じゃないですか。
ああどうなんでしょう。確かに青学見学の時は「ゆり」でしたね。あまり気に留めていませんでしたけど、そう言われると確かに気になります。

> あ、ここ部屋なんですか。大きなソファがあって、観葉植物やスタンドまであるからリビングだと思いました。
いやそうかも。前にオンライン勉強会をやった時の感じと違いますもんね。
でもなんでリビングなんでしょう。親はもうお休み中なのかな?
ゆりちゃんの家庭事情もなんだか謎ですよね。

> 縁日って聞いた時ちょっと期待しちゃいましたね。もこっちが吐いた、不味いたこ焼きを作ったのが南さんだったんじゃないかなとかw
その発想はなかったw まあ見たところ、飲食系は無い感じですね。
でもあのタコ焼きを押し付けた男子生徒は「2-4」という宣伝を付けてましたから、あの当時上級生だったと思いますよ。

> ここのもこっち、3D映像で下からスカート覗き込む助平オヤジを思い出しますw
まあ実際同じようなものですからねw
そもそも物理的に見えるわけがないのですがw

> えっと、すみません。どういう事でしょうか?位置的に隣に座っている小宮山さんではないって事ですかね。
あいや、単純にゆりちゃんが左利きだったからです。もし小宮山さんだったらあの構図からは挙げてる手が見えるはずがないんです。

> そうですか?私は、ゆりちゃんはこういうの絶対にやりたくなさそうという、彼女の性格をネモはよく分かっているなとちょっと嬉しかったのですが。
いやあだったら少し詰めが甘いかなとw もこっちの動向まで頭に入っていないところがまだまだという気がしますw
まあ下校時に聞いたのは確かにダメ元という面はあるとは思いますけどね。ここはほのかな「ゆりネモ」感を感じさせますw
> どう見てもネモの方がネコだよなってw
なるほど。さすがのこだわりですねw

> なりそこないさんが仰っていたのはここですか。
ですw
個人的にはこのくらいの匂わせ方が好みですね。色恋とまではいかないまでも、単なるクラスメイトよりはもうちょっと詰めた感じがもしかしたらという気持ちにさせてくれますw

> それって結局明らかになるのでしょうか。
いやならない可能性の方が高いでしょうね。よほどの大きなネタを用意していない限り、あまり面白い展開にはなりそうもありませんし。そこまで数字に意味があるかどうかは疑問です。
ただまあ余技として考察するのもまた楽しみ方のひとつなんじゃないでしょうか。

> もこっちは自分の発言に対して責任を取らなくてはなりませんが、その辺の覚悟は出来ているのかなぁ。
まああれは軽く口にしただけでしょう。ネモ相手だから少し弱音を吐きたくなっただけだと思いますよ。決して本気で言ってるわけではないと思います。

> それ聞くと、いつだったかの留年したら強くてニューゲームを思い出したのですがw
懐かしいですねw
まあ実際は「延長戦」に近いんでしょうけど、そこはほら、その方がなんか盛り上がるじゃないですかw
ちょっとした演出ですよ、演出!

> 今回一番笑えたのは、店番のゆりちゃんでした。
ふちささんは言葉系よりもビジュアル系のほうがツボにはまりやすいんでしょうかw何となく傾向が見えてきたようなw
「イン○ン•オブ•ジョ○トイ」はもちろん覚えていますよ!でもあのゆりちゃんからそれを連想するとはさすがですね。
私なんかは言われるまですっかり忘れてましたw

> 次回とその次がなんか凄まじい事になっているんですよね?
なってますねえ。特に今の喪188は一気に盛り上がった感じになっています。トレンドにももちろんあがりましたし、アプリの応援コメントの数もむちゃくちゃ増えましたし、流れてくるTLの量もハンパないです。
知名度にかかわらず、その界隈で集中的に増えればタイミングによってはトレンド入りすることはあるようですよ。
まあもちろん、ある程度の数は必要なのは言うまでもありませんが。

No title

更新お疲れ様です!
ちょっと今回は前回で書ききれなかった分も合わせてコメントさせていただきます。

内容は小宮山さんについて。
練習では『内輪』の外にいた彼女ですが、読んでいくとどうも外野以外の役割があったように思えてなりませんでした。(だいぶ私見、というか妄想を含みますが…)

プレゼン練習の中で「アニメとかラノベの文化祭って…」という例えが出ましたが
要はもこっちのやりたいことって、『オタクが憧れていた青春』を『そんなこと起きない現実』に合わせて妥協させた結果なんですよね。
そういう意味では、あの場でもこっちの言いたいことを一番理解しているのは同じレベルのオタクである小宮山さんだと思います。

ではなぜ水を差すようなことばかり言うのでしょうか?
ロッテと智貴一筋のこみさんは、もこっちのようにアニメやラノベに憧れたりしなかったのでしょうか?


憧れないわけ無いんですよね。オタクが青春に。


でも現実は、アニメやラノベじゃなかった。


思うに、描写されていないだけで小宮山さんも、もこっちのように『青春』に憧れそして挫折した経験があったのではないでしょうか。
まあさすがにもこっちぐらい盛大に失敗したことはないでしょうがw
それでも、つまらない日常の中で少しだけ何かを期待し、空振りに終わって失望し、理想は理想でしかないことを知り、段々と現実に矯正されていく…
この辛さは、もこっち含めオタクである以上誰しも大なり小なり味わったことがあるはずですし(力説)
ロッテ狂智貴狂にしか見えない小宮山さんも、同じくどこかで味わったことがあるのでは。
そしてその経験があったからこそ、小宮山さんはもこっちの提案した「『青春』の疑似体験」に否定気味だった(尻込みした)のでは、と考えずにはいられませんでした。

しかしもこっちは、小宮山さんに問題点を指摘されても「それも青春の一言で済むんじゃねーかなって…」と返しています。
これは実際そうなんでしょう。仮に失敗しても、もこっちにとってはきっと笑い話で済むはずです。
単にもこっちがタフになったからだけでなく、今の彼女には失敗も成功も分かち合える仲間がいるからです。
勉強で忙しいながらも放課後残ってくれる友人が。免許を取った次の日にドライブに誘ってくれる悪友が。

しかし小宮山さんはどうでしょう。
プレゼン練習では、隣の無表情な親友以外に、彼女の周りに誰もいませんでした。
もし小宮山さんが壇上に立っていたら、もこっちのように「割り切れる」でしょうか。
もしもこっちが今の小宮山さんと同じ立場なら、「それも青春の一言」で済ませられるんでしょうか。

小宮山さんの評価のなかに『もこっちのifの姿の一つ』というものがありますが、今回の小宮山さんはまさに「あり得たかもしれないifもこっち」の体現だったように映りました。
あくまで好意的に捉える加藤さんに「いや心配というか…」と返したように、もこっちを気遣って指摘したわけでは無いんですよね。
他人事とは思えないんですよ。見ているこっちがいたたまれなくなるのではないかと考えちゃうんです。このマンガの読者にとってはよくある共感性羞恥と似たようなものですw
実際、小宮山さんの視点は一番読者に近く感じました。まさか作中トップの狂人が一番冷静な視点に立つことになるとはw


…ここまでが前話の私の感想だったのですが、今回を見るとまあ、ちょっとは当たってたかなw
正直色々飛躍している感想だとは思いますが、でも最初読んだとき、テンプレギャグキャラとしか扱われてなかった小宮山さんにも、こういう経験があったのかなと考える余地が見えただけで本当に感動したんですよ。(ホテルwithネモ回でもコメントしましたが、キャラの人生が垣間見える描写って大好きなんですw)
さらに言うと、主要メンバー以外にももしかしたらクラスにまだ見ぬ隠れオタクがいたりして…それが小宮山さんのように「『青春』の疑似体験」に否定的だったら…とまで考えてしまいました。
もちろん今からメインキャラ増えるなんてことはないでしょうがwクラス全体を巻き込むとなると一人一人の胸中に思いを馳せてしまいますね。

でもこれぐらいの反感が出そうなぐらい、もこっちのやろうとしてることって挑戦的な試みだと思うんですよ。
既にかなりやらかしてますしねw
次の難関は「もう1回分かりやすくクラス全員に説明する」じゃない?w多分票入れてない人は内容伝わってないでしょコレw

まだまだハードルはたくさんありますが、小宮山さんやいつかのもこっちといった外野がすぐそばにいてくれることで、今のもこっちも冷静になれるところがあると思います。どうやって収まりをつけられるのか期待して注視してます。

思ってた流れ

前編のおさらい。
https://twitter.com/noircamelli7/status/1352794873699520513
どんな声が出たんですかねぇ…

>髪をアップにまとめてるところがいかにもプライベートという感じで、ちょっとドキっとしてしまいますね。
>うら若き乙女のする格好じゃないだろw
ゆりは一年の時には既に危険な遊戯に耽っていた可能性。
https://seiga.nicovideo.jp/watch/mg517905
cf.原作よりも早く
https://twitter.com/tukemonoaaa/status/1353364847195426816
かつてはモブ顔だったことで知られるゆり。この遊戯がバレて女子グループに居られなくなったとかだと胸が熱くなるな。
考えてみれば、南がゆりの悪口をさほど言わないのは謎だ。グループを抜けた奴なんて全力で叩かれるのが世の常なのに。ここから、ゆりはガチでヤバいので触れないようにしよう、という暗黙の了解ができている事が伺えるね。
そもそも、ただのネクラむっつりならスカートを短くしたがらないよね。
https://seiga.nicovideo.jp/watch/mg401907

>あの時からずっと夜空?のアイコンですね。どういう意味なのかはよくわかりませんが…
喪151での考察を再掲。
https://togetter.com/li/1597580

返信失礼します。

>確かに青学見学の時は「ゆり」でしたね。
他にも、合宿とか喪151のあとがきでもですね。基本は呼び捨てで、ちゃん付けは今回が初めての筈です。
ゆうちゃんも一度何故か呼び捨てにした事がありますし、大した意味はないのかもしれませんが。

>でもなんでリビングなんでしょう。親はもうお休み中なのかな?
テレビを見たかったとかじゃないですかね。目の前にありますし。あとは、何か飲みながらやりたかったとか。親はキッチンか、自室じゃないですか。
何より、ここがリビングだとするとあのレールのお洒落具合とかも、親譲りのセンスなのかもとか想像が膨らみます。

>でもあのタコ焼きを押し付けた男子生徒は「2-4」という宣伝を付けてましたから、
まあ、そうなんですよね。食べ物関係はゆうちゃんともこっちが一通り買ってきているので、今の3年生がやっていれば、実はここで出会っていた!みたいな事も出来るかと思ったのですが、残念。

文化祭で前からもう一つ気になっている事があるのですが、ゆうちゃんの「もこっちのメイド服見たかったな」のコマで見切れてるのが、ネモなのかどうかなんですよね。それでネモはゆうちゃんの事を既に知っているなんて展開もあるかなぁとか。まあ、どうせただのモブなのでしょうが、ちょっと期待してしまいます。

>単純にゆりちゃんが左利きだったからです。もし小宮山さんだったらあの構図からは挙げてる手が見えるはずがないんです。
何度もすみません。後半の見えるはずがないは分かるのですが、左利きとはどういう意味でしょうか?
この場合、利き腕が何か関係がありますかね?そもそもゆりちゃんは右利きだと思うのですが…。

>色恋とまではいかないまでも〜
まあ男女って時点でちょっとそういうものは見え隠れしますよね。私も男女の友情は否定派ですし。脳科学的にもあり得ないとかなんとか。前にネモが言ったように男の方は普通に意識するでしょうし。
余程好みから外れてるか、そっち系の人同士ならともかく。

>ふちささんは言葉系よりもビジュアル系のほうがツボにはまりやすいんでしょうかw
あー、そうかもしれないです。私のお気に入りのプリクラ回でもラストの方は台詞が一切ないのに滅茶苦茶面白いですし。いや、むしろないからこそですねアレはw
おそらく、ビジュアル系が好きなのは、昔のもこっちは話す相手がいなく、尚且つアグレッシブだったので必然的に行動で笑いを取っていたからではないかなと。
今のもこっちは大人しいですし、周りも彼女ほどバカな事はしないので、言葉で笑いを取る傾向になってしまっている気がするんですよね。うっちーや小宮山さんですら、昔のもこっちと比べたら常人ですし。
ゆりちゃんとネモはもこっちをバカバカ言いますが、二人の知ってるもこっちでバカなら、かつてのもこっちは奇人の域ですよw どこぞの男子校のように狂人には程遠いですがw

でも、言葉系も好きですよ。「それは麦茶でしょ?違う?」とかw
あとは、願書出し忘れ回の「何もなければ!」のコマで、もこっちが顔芸してるじゃないですか。その下に何故か丁寧なプロフィールが書かれているのがツボに入ったりしますw 何にもおかしな事は書いてないのにそれがまた面白くてw 顔芸のみだったら多分そんなにウケなかったと思いますね。
※追記 見返して気づきましたが、このシーンの背景が「なんでいるの?」って言われた時の南さんのものと同じですね。
そうすると、途端にあのシーンがギャグに見えてくるw

>私なんかは言われるまですっかり忘れてましたw
いえ、思いつかない方が正常ですからねw
数多いる読者の中でも、こんな事を考えたのは私の他に誰もいないんじゃないかってくらい下らないと感じてますw 下らないといったら、本人に失礼ですがw
こんな考えが浮かんだのも、ゆりちゃんの生足を見せつけられて頭がピンクになっていたからに違いな…いやまあ、私は四六時中こんな感じですがw
でも、本当にくどいと言っていい頻度で脚をアピールしてきますね。いいぞもっとやれ。

でも、わたモテってキャラのバランスが良くて結構惹かれるものがあるんですよね。
一概には言えないという事を断っておきますが、男性は胸を、女性は手を大きく描きがちなんですよ。わたモテはそういう偏りがないというか、安心出来る部類なんですよね。だから、つい見入ってしまうというか。なんか言い訳くさいですけどw

コメント返信その2

遅くなってすみません、再びまとめての返信にて失礼いたします。


>カフカフさん

小宮山さんについての考察、大変興味深く読ませていただきました。

確かにもこっちのやりたいことをちゃんと理解してるからこそ、あの問題点を指摘できるんですよね。
加藤さんや岡田には気付けなくてむしろ当然なのかもしれません。

そう考えると、ネモが気付けなかったのも納得ですね。
ネモはずっと「アニメみたいな生活」に憧れていて、それは今も変わらないわけですから。

「憧れの青春」を「起きない現実」に合わせて妥協した結果があのアイデアというのもなかなか言い得て妙だなと思いました。
本来ならネモも高校デビューの際にその「妥協」を経験したはずなんですよね。ただ、彼女はもこっちに出会ってしまった。ある意味、もこっちこそが彼女にとっての「憧れの青春」だったわけで、夢がかなったみたいな状況なのでしょう今は。
だから小宮山さんが指摘したような問題がピンときていないのかもしれませんね。

小宮山さんを「もこっちのif」という見方があるのは知りませんでした。でも確かにアニメやラノベなんかの好みも同じだったりするんですよね。根底的に似たもの同士という土台があるんだと思います。
小宮山さんがもこっちに反発しながらも嫌いきれないのは、もこっちのやらかしがまるで自分のように思えていたたまれないという面もあるのかもしれません。
小宮山さん=読者という視点は面白いですね。少なくとも、あのダメ出しは読者が感じたことの代弁になっていましたからけっこう的を射ているなと思います。

隠れオタクは他にもいるでしょうけど、彼らならむしろもこっちの言いたいことはなんとなく理解できると思うんですよね。逆にそれ以外の人たちにそれを伝えるほうが難しいような気がします。「アニメで描かれるような青春を真似てもそれはちょっと違う」という感覚は憧れた人じゃないとなかなかピンとこないんじゃないでしょうか。
なので、かえって隠れオタクがいっぱいいた方がもこっち的には有利かなと思ったりw

まあはっきり言って、「もう1回分かりやすくクラス全員に説明する」 のは無理だと思います。こればっかりは理屈というよりも肌で感じられるかどうかが重要なので。
となると、普通の一般人にも受け入れられるような案に変更するか、もしくは発想の転換でまったく別方向のアイデアにシフトしていくかの二択になるんじゃないかと私は予想するのですが果たして。
いずれにしても、今の原案のまま突っ走ることはないでしょうね。

小宮山さんもそうですが、やはりここは「昔の私」が鍵を握ってくると思います。またそうであってほしいですね。
もこっちの決断に期待しましょう!


>さすがコ図さん

> 前編のおさらい。
どさくさ過ぎるwていうか、そっちの声

> ゆりは一年の時には既に危険な遊戯に耽っていた可能性。
オチが予想外で吹いたw
ていうか、タイトルですでにネタバレしてたのね…気づかんかった

> cf.原作よりも早く
むしろこれを見て描いた可能性がw

> 南がゆりの悪口をさほど言わないのは謎だ。
まあ確かに。ただ、喪163のサチの回想ではイヤホンゆりちゃんを前に言ってましたから触れないようにしてるわけでもないのでは。要は本人の耳には入らないようにしてるのかも。

> そもそも、ただのネクラむっつりならスカートを短くしたがらないよね。
タイトルで落とすパターンが最近は流行ってるのか?w
でもまあ、少しだけ気持ちはわかる。性癖にやばいというより逆張り意識なだけなのでは。まあ普通は思うだけで実際はやらないけどねw

> 喪151での考察を再掲。
あそうか。喪151でも出てきてましたね。忘れてたw
でもなんかこれはちょっとグロいな…


>ふちささん

> ゆうちゃんも一度何故か呼び捨てにした事がありますし、大した意味はないのかもしれませんが。
というか、普段口に出すときは「ちゃん」付けなんで、脳内セリフもだんだんそれに釣られてきてるのかもw

> テレビを見たかったとかじゃないですかね。目の前にありますし。あとは、何か飲みながらやりたかったとか。
テレビ見ながらだと勉強があまり身に入らないと思うので、飲み物に1票ですかね。
親って普通リビングにいるイメージがあるのでなんか違和感があります。まあ私のイメージが変なだけかもしれませんがw

> ゆうちゃんの「もこっちのメイド服見たかったな」のコマで見切れてるのが、ネモなのかどうかなんですよね。
ゆうちゃんは必ず文化祭には遊びにくるでしょうから、その時に答えがわかるかもしれませんね。
ただ実は知ってたとなると、よけいにネモの心証が悪くなるような…w

> この場合、利き腕が何か関係がありますかね?そもそもゆりちゃんは右利きだと思うのですが…。
……え?そ、そんな、、えーっと、ちょっと待ってください。
うわ、本当だ。あれ何勘違いしてたんだろ、なんか背筋が寒くなってきた…

ごめんなさい!なんかとんでもない思い違いをしていたようです。
要するに、ゆりちゃんは左利きで、当然手を挙げる際には左手であの構図そのものがゆりちゃんの立候補を示唆してると言いたかったのですが、まったく見当違いな話でした。そうか、あの左手には別に意味はなかったのか…

それにしてもおっかしいなあ、どうしてそう思い込んでいたんだろ。なんか違う世界線に迷い込んだような気分ですよw
でも、ゆりちゃんじゃなくても左利きという描写があったキャラっていませんでした?どこかでそんな話題があったような気がするんですけど。
……
…………
ざっと確認したところ、ゆうちゃんがおそらく左利きですね。合宿では左手でペンを取ってますし。
でもそれがなぜゆりちゃん=左利きという認識になったのかは我ながらまったく謎です。
なんか疲れてるのかな…

> 前にネモが言ったように男の方は普通に意識するでしょうし。
そのはずなんですけど、当の清田がほとんどその気を見せないので少しじれったいんですよね。
だから今回は男からの動きということで、よけいにテンションがあがりましたw

> ビジュアル系が好きなのは、昔のもこっちは話す相手がいなく、尚且つアグレッシブだったので必然的に行動で笑いを取っていたからではないかなと。
なるほど。
自分は基本松本人志信者&高橋留美子主義者なので、どうしてもセンスのある物言いみたいなものへの評価が高くなる傾向がありますね。あとドラえもんの影響も大きいかも。F先生のワードセンスにはもう40年くらい心酔しています。
初期のわたモテだと、「こりゃホンマ勃起もんやで…」とか「こんなの熊以外飲めないよ…」などが特に好きかなwもちろん「麦茶」も最高ですけどw
願書回のプロフィールのおかしさはむちゃくちゃわかります!あれはある意味、ビジュアル+ワードのハイブリットギャグですよね。すごいハイレベルなネタですよ。
> このシーンの背景が「なんでいるの?」って言われた時の南さんのものと同じですね。
ああ、あのデロデロしたやつwまあ笑いというのはタイミングですからね。一度何かにハマるともうそうとしか見えないとうのはけっこうよくあることだと思います。

> 一概には言えないという事を断っておきますが、男性は胸を、女性は手を大きく描きがちなんですよ。わたモテはそういう偏りがないというか、安心出来る部類なんですよね。
へえ、そういう傾向があるのは知りませんでした。男の胸というのはまだわかりますけど、女性は手なんですね。
わたモテはむしろ脚の描写が印象に残ることが多いような気がします。
まあとにかく、脚の件に関しては私も同感です。いいぞもっとやれw

智子、花ひらくとき

私は一心不乱にプレゼンを続けた。
言葉が途切れれば、私の○内でローターがうなりをあげている事がクラスのみんなにバレてしまう。
プレゼン練習での惨状を見かねた明日香の提案を断れなかったのだ。
さすがにこんな約束は反故にしてもいい、とも思ったが、
HR直前に「私もローター入れてきたから。智ちゃんだけが頼りよ」
と言われれば、やるしかなかった。
恥ずかしくて頭がどうにかなりそうだった。

Re: 智子、花ひらくとき

>さすがコ図さん
前編のおさらいの続きですかw
コメント欄を利用して官能小説載せられても困るんですけどw
でもなかなか読ませる文章ですね。
ラストの一行に余韻が残ります。

『プレゼンに死す』

 やはり根はヘタレなモコッチ。気持ちは判ります。

まあ今更挫折ぐらい確かに青春にはよくあることは確かに。

超えられない腐れ縁の壁。ネモの何とも言えない表情が。

意外なカップリングの予感? 内×伊藤。広がる人間関係。考証班によればユリちゃんちのスタンドかなり高級品? 置いてある小物のセンスの良さといい彼女の実家も少し小金持ち?
ユリちゃん過去の学際の態度! まあ設定の変わったキャラで過去編やるとよく起こる矛盾という奴。相変わらずのモコッチ親父モード。

 がいざプレゼンとなる自らのプロットのまだまだ未煮詰まりぶりにプレゼンのグダグダと組織票での上位を自覚してなんか無気力になるのが変な所で冷静なんだよなこの人。

恐らく寺山修司作品的なメタっぽい話をやりたいのだろうが自分でもやりたい事と実際にどう構成及び演出すればいいのかまだ理解していなくてネモに即されていざやってみたらプロットの脆弱さに気づいて途方にくれているといった所か。
 でメタ的にかっての自分がそれを冷ややかに見ている。
 後の話にある人物がかってのモコッチのメタファーとなっていたという
映画の内容と現実の人間関係が似た展開になっているというかなり凝った構成。
はたしてうまく着地するんだろうか。

Re: 『プレゼンに死す』

>フラユシュさん

まあこのくらいのヘタは青春につきものですよね。
ネモの表情にはやはり少し嫉妬めいたものもあったように見えました。

あのスタンドはやっぱりかなりの高級品なんですか。まあ見るからにそんな感じがありますね。
確かにあのゆりちゃんは2年のころの彼女からは想像できないかも。こういうのはわたモテに限らず長期連載ものにはつきものですよね。

確かに複雑なメタ構造になっていたと思います。
メタってそもそも下手にやるとすごく陳腐なものになりやすいんですよね。より構成をしっかり考えないと。
もこっちもそれがわかってるんでしょうけど、なかなかそれをどう具現化していいのかまだ見えていない感じがします。
喪187以降から始まる南さんの話とリンクすることで、焦点が合ってくるんじゃないかと予想してるのですが果たしてどうなるでしょうか。
line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line