fc2ブログ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪177(後編)簡易感想~基本ネタバレなし~

※これは正規の感想記事ではありません。あくまで“仮の”感想になります。基本ネタバレなしですが、内容についてのおおよその印象を語りますので気になる方はご注意ください。

6月25日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」がアプリ版で喪177(後編)に更新されました。
今回は喪177(後編)についての「ネタバレなし」感想になります。お間違いなく。

うーんまいったな、前置きで語ることがないw
(前編)のことに触れようにも、ブラウザ版ではまだ喪176までしか公開されていませんからね。
ここは苦し紛れに次の更新の整理でもしておきますか。

えー、次回アプリ更新は7月9日になっていました。で、ブラウザ版も次の更新が7月9日でしたね。
やっぱり、ここ最近のアプリとブラウザの互い違い更新はあくまでイレギュラーなものだったようです。ということで、私の願いは脆くも崩れ落ちましたw
しかも7月10日にはコミックス18巻も発売されるんですよねえ…なんだこの過密スケジュールは!殺す気かw

しかも、ブラウザ版ではおそらく7月16日も更新されそうなんですよね。(喪176の掲載期間が7/15までになっていることからの推測)
もしかして、アプリも同時更新となるのでしょうか。それともさすがに一週置いて7/23かな?
ていうかもはや、当初の「第1、第3木曜日更新」なんてどこか行っちゃってますね。
これからはそういう縛りに囚われることなく、2~3週間おきに更新という形になっていくのかもしれません。

というわけで、以下より喪177(後編)のネタバレなし感想を綴っていきますが、いつものようにある程度はどんな内容なのか推測できそうな部分もありますので、一切の予備知識がないまま楽しみたい方は、正規の感想までまでお待ちください。

なおTwitterでは大雑把な「ネタバレ感想」をつぶやいていたりします↓
https://twitter.com/horobijiji/status/1275999717759922178
https://twitter.com/horobijiji/status/1275999798894587904

その他、記事の更新予定やブログで書くまでもない戯言をたまにつぶやいていたりしますので、よかったらフォローのほうよろしくお願いします。

それでは、さっそくいってみましょう!


Twitterでは若干ネガティブなことも書きましたが、改めて読むと中々味わい深いというかいろんな見方ができそうですね。まあ本番は次の喪178だと思うんで、ある意味そこへの橋渡し回という感じなのかも。
ただ、これもちょこっと呟きましたけど、特に(後編)であった必然性はなかったような気がします。前回ぶつ切りだったわりには、それぞれ独立した話のような感じがするのはどうなんだろう…

まあ単行本で前編と合わせて一つにまとまるとまた印象も変わると思うんで、できればそれまで評価は保留にしておきたいのが本音ですw

結局のところ、もっと前回の続きを見たかったんですよね。これだとあの「ぶつ切り感」は解消されずにモヤモヤが残ったまんまですし。せっかくの「お祭り」だったわけですから、もっといろんな所を描いて欲しかったですね。それこそ、他にも参加しているキャラがいても良かったような気もします。

…いや、やっぱりそれだと焦点がブレるかな。今回実はすごくシリアスなテーマだったとも思うので、あえて「お祭り」感を引きずらないようにしたのかもしれませんね。

そう、エロネタがいろいろ強烈だったせいで意外とその辺が目立たないんですけど、今回すごく重い内容だったと思うんですよ。正規感想では一つ一つのセリフを深く掘り下げる必要性があるくらいなんです。
でもだからこそ、笑いの方ももうちょっと頑張って欲しかったかなあ…正直声に出して笑ったのは、今回1箇所のみでしたからね。
夏合宿が終わってから少しギャグが大人しめな印象があるんで、そろそろそっち方面でも弾けて欲しいところです。

今回のこれは読んでおくといいかも過去回は、
喪131「モテないし帰るまでが遠足」(コミックス13巻所収)

ですね。前編でも挙げましたけど、今回はもっと直接的に繋がってきています。
(あと、もちろん喪9「モテないし似顔絵を描く」(コミックス1巻所収)も)

それと、
喪73「モテないし整えない」(コミックス8巻所収)

かな。
そうなると、必然的に
「特別編8」(コミックス15巻所収)

も加わりますw

イメソンは
Action Sweet
 
ですね。世間的にはあまりパッとしないというか、ぶっちゃけB級バンド扱いですけど、すごく好きなバンドです。
これはぜひ歌詞を見て欲しいんですけど、特にサビの

Everybody wants a piece of the action
(みんな少しでもアクションを起こそうとしてるんだぜ)

というフレーズは今回の話にぴったりだと思いますよ。

これは余談ですけど、個人的には洋楽こそ歌詞に注目したいんですよね。パッと聞きでは意味が入ってこないからこそ、頭の中で自由に何を歌っているのか想像できる面白さがあると思うんです。
この曲も、本当はもっと違うニュアンスがあるのかもしれませんけど、聴く際には勝手に自分を奮い立たせる意味で盛り上がってしまいますね。
ちなみにこの曲は、あのDef Leppardもカバーしていますけど、私は圧倒的にオリジナルの方が好きです。何ていうか、彼ら独特の“色気”があるんですよね。

今回良かったのは、前回の引きである「彼が渡してきたアレ」ですね。
正直、私はほとんど見当がつかなかったんですけど、これにはなるほどなあと感心してしまいました。
ていうか、あの短い間に渡すんだからそりゃそうだよなw そういった意味でも感心しきりでしたw

あとはやっぱりラストのセリフですね。相当深いというか、これまたいろんな解釈ができそうです。
喪159「モテないしまだ謹慎中」(コミックス16巻所収)のとあるシーンもちょっと思い出したりしてw
まあいずれにせよ、次の喪178が重要ですね。

というわけで、今回はこの辺で。
正式な感想はブラウザ版更新後の週末になります。(今のところ、7月19日(日)の予定…かな?)


※コメントはご自由に書いていただいて大丈夫です。ただ一応、ネタバレを嫌う方への配慮として最初に【ネタバレあり】と表記していただけると幸いです。(強制ではありません)


18巻は特装版も発売!谷川ニコさんによると、単行本作業も終わったようです。あとは待つだけ!



彼の「アレ」は是非とも見比べたいものですね。



当然、こっちとも比べておきたいところ。



修学旅行あたりを再読すると、また違った感慨が湧いてきますね。
関連記事
スポンサーサイト



tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

【ネタバレあり】(多分)

触角が取れてさっぱりするんだね。
https://twitter.com/decopitalking/status/1275823269946355723
もう18歳だし、落ち着いた髪型で良いかな。
cf.1
https://www.sky-s.net/sky-blog/archives/2012/10/16-014659.php
cf.2
https://twitter.com/B_106840923/status/1256318171629277184
cf.3
https://twitter.com/watamotenoika/status/1274630591049199617
髪をほどいたテーマソング
https://www.nicovideo.jp/watch/nm14606552
二人は幸せなキスをして終了
https://twitter.com/DDT000125/status/1275910179930832897

>(中々本気にされませんが本当に百合厨ではないんで)
うんうん、私はちゃんと理解ってるよ。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm22327972
cf.
https://www.nicovideo.jp/watch/sm5758
cf. の cf.
https://twitter.com/0yen_dama/status/1276674480115290113
cf. の cf. への cf.
https://twitter.com/akiran_tenko/status/1275404028889853953

>これはぜひ歌詞を見て欲しいんですけど、
>お前の知的欲望を満たすのに 俺の体の一部が欲しいって言うのかい?
https://twitter.com/tukemonoaaa/status/1238711506193113088

No title

更新お疲れさまです。
冒頭で早々に終わってしまって、ある意味タイトル詐欺かもしれませんねw
単行本作業の関係でやむなく分割したんじゃないかと思ってるので、単行本化の際にはひとつに統合すればいいのではないかと。
こういうテーマが成り立つのはこの組み合わせならではですね。大切な友人のためなら、苦手なこともやれちゃう。ほんと尊い。

わたモテイメソンです。
「サヨナラバス」ゆず
http://j-lyric.net/artist/a000614/l00069f.html
https://youtu.be/ysTCwKc_JAo
吉まこ。5枚目のシングル。
PVには東海バスのK-CJM500が使用されている。CDジャケットは江ノ電バス藤沢営業所(鵠沼車庫、現在は湘南営業所に移転)敷地内で撮影され、発売前後には車体広告でもPRされていた。
おまけ
"【デレステMV】サヨナラバス(GAME ver.) [橘ありす、速水奏2D]ゆずカバー曲"
https://youtu.be/9IyW9yWEyUs
"【デレステMV】虹(GAME ver.) [神谷奈緒・北条加蓮2D]ゆずカバー曲"
https://youtu.be/RGpPFBCrEC0
18年9月、スマートフォン向けゲームアプリケーション「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(以下デレステ)TVCMキャラクターに就任。デレステはSMAPの中居正広や山下真司など、人選に定評があることで知られ、二人も最初は自分たちの起用に戸惑ったそうだが、デレステのLIVE楽曲に採用された往年の名曲『夏色』を楽しそうにプレイする姿がCMとしてオンエアされた。
「マイ フレンド」ZARD
http://j-lyric.net/artist/a0009c5/l006fac.html
https://youtu.be/_A2th9RSL4U
いとこみ。17作目のシングル。
テレビ朝日系テレビアニメ『SLAM DUNK』ED。
シングル作品で最高の初動枚数と初登場1位を記録し、チャートイン最終週の21週目にミリオンセラーを記録(オリコン調べ)。最大のロングセラーとなったと共に、最後のミリオン・シングルとなった。
「TAO」Do As Infinity
http://j-lyric.net/artist/a0007b6/l0047c2.html
https://youtu.be/v_OoJ8uI0LU
ネモクロ。20枚目のシングル。
PlayStation 2用ソフト『テイルズ オブ レジェンディア』オープニングテーマ。
「TAO」とは中国語で「道」という意味がある。
このシングル発売から2ヵ月後の05年9月13日に解散を発表し、デビューから丁度6年目となった9月29日に解散。
ラスト・ライブの実施は当初考えられておらず、Do As Infinityとしてのパフォーマンスは同年8月28日に行われたa-nation'05神戸公演で最後とするつもりであった。しかしその後、「ラスト・ライブは日本武道館で行いたい。」とメンバーが希望。急遽日本武道館でのラストライブを実施することを決定したが、解散日となる9月29日までの日本武道館の使用可能日程は限られていたため、解散後となる11月25日に一夜限りの復活という形でけじめをつけた。
07年のクリスマスイヴに、友人と食事をしていた伴が大渡に電話をかけ、大渡が食事の席に合流する形で久しぶりの再会を果たす。それがきっかけとなり、翌08年初夏ぐらいから再結成へ向けての話し合いが何度となく行われ、7月にメンバーとスタッフが最終的に合意し、a-nationへのサプライズ出演という形で復活を遂げた。昨年には13thアルバムが発売されるなど順調に活動を続けている。この08年からの再結成には残りのオリジナルメンバーの長尾は参加しておらず、メンバーとしては伴・大渡のみが表記されている。なお、不仲説については長尾は否定している。
おまけ
「タダイマ」Do As Infinity
http://j-lyric.net/artist/a0007b6/l00137d.html
アコースティックなライブver. - ニコニコ動画 -
https://www.nicovideo.jp/watch/sm4479239
3rdアルバム「DEEP FOREST」収録曲。

No title

「Lemon」米津玄師
http://j-lyric.net/artist/a0579b7/l044ef6.html
https://youtu.be/SX_ViT4Ra7k
しずもこ。メジャー通算8枚目のシングル。
TBSテレビ系金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌。
「私とワルツを」鬼束ちひろ
http://j-lyric.net/artist/a000679/l002272.html
https://youtu.be/LXft3v_cKHk
ゆりもこ。10枚目のシングル。
テレビ朝日系木曜ドラマ『トリック3』主題歌。
声帯結節により休養中の最中にリリースされた。ドラマオンエアバージョンのレコーディングはその声帯結節の手術前に、シングル収録バージョンのレコーディングは手術後に行われているため、歌い方が違う。また、編曲もシングル収録バージョンとは異なっている。プロモーションビデオは廃校になった学校の屋上で深夜に撮影された。
おまけ
「月光」鬼束ちひろ
http://j-lyric.net/artist/a000679/l000ab2.html
https://youtu.be/iyw6-KVmgow
2枚目のシングル。
テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『トリック』主題歌
全国東宝系公開映画『トリック-劇場版-』『トリック-劇場版-ラストステージ』主題歌
FOXチャンネル『ジャーニーマン 時空を越えた赤い糸』日本語版イメージソング
朝日放送『ミナミ極楽堂』・『百万馬力』・「おもしろレンタルビデオ スピルバーガー」エンディングテーマ
もともとこの作品は2枚目のシングルとしてリリースする予定はなかったが、ドラマ「トリック」のヒットにより急遽シングル化されることとなった。10か月近くもオリコンチャート内にランクインするロングヒットを記録。累計売上は50万枚以上を、出荷枚数にして60万枚以上を記録している。これはシングル作品としては自己最高である。
それによって鬼束ちひろ=月光とのイメージが付いてしまったため、一時期はこの曲について複雑な思いを抱いていたこともあったが、2020年2月のNHKの音楽番組「SONGS」において、「私の名を知らせてくれたすごい曲。子どもだと思ってるんですよ、曲を。いっぱい出来た成人した子どもの1人」と愛着を語った。

No title

更新お疲れさまです。ネタバレありコメントです。

今回は将来に向けてのターニングポイントというか、親睦会的な要素の強かった合宿回と違ってもこっちの内面的にはかなり大きなイベントだったと思います。
谷川先生がわざわざ初芝を3年生で同じクラスの配置したのは、今回のあの絵を渡すためですからね。色々な意味で重要な回になりそうかなと。

あとやっぱり、最近何かにつけて諦観気味というか妙に物分りがいい感じになっていたもこっちに対して、ネモが活を入れてくれたのが嬉しいです。
若い頃の向こう見ずな勢いがなくなって物事をちょっと引いて見れるようになるのは成長の段階ではあるんですが、何かをやる前から諦めることとは違いますからね。
1年の頃から色々もがき続けてきたもこっちを知っているネモにしか出来ないアドバイスだったなと。もこっちが「ネモの理想」を実現したことをリスペクトしているのも伝わりました。

もう一つ気になるのは、もこっちが本格的に創作方面に足を踏み入れていく物語が今後描かれるのかどうかです。これまでのように学校のイベントや受験勉強に友人との交友関係を絡めて描くだけではなく、もしかしたらその中に「誰かと何かを創る」ようなエピソードが入ってくる可能性があるのかなと。
個人的にはぜひ読みたいんですよね、なんせ谷川先生自身の経験による引き出しがかなりあるはずですから。同人誌を100部刷って2冊しか売れずケンカになった話とか(笑)。

最後に余談ですがあのホテル、完全にラブホじゃねーかと思いましたが秋葉原に実際にある大手グループの普通のホテルなんですな。ホテルの公式サイトで部屋の写真を見たら、スケスケのシャワールームとか葉っぱの壁掛けとか漫画そのまんまでした。新たな聖地巡礼先になるんでしょうか(笑)。

No title

更新お疲れ様です

今回は前回がぶつ切りで終わったの続きを描いてみたけど、本来描くべきページ数(たぶん3か4Pくらい)だったのを、9Pまで膨らませてしまった印象を感じました、三週後にたった4Pじゃちょっと辛いのもありますし
内容自体は大変よかったですし、もこっちのキャラがまた変わるかもという感じはします、ツイッターのほうで言われていたことは、さほど感じませんでした、スキンシップでさほど行き過ぎていない範疇かなと
あと前回から続いた彼がくれたものも、大変感慨深かったです

更新に関してなんですが、7月は木曜が5回ありますので、7月は第二・第四木曜と更新で、第五木曜を挟んで、まだ8月から第1・3更新になるんじゃないかなと勝手に思っています。しかし今回の単行本作業は喪177前編後編合わせて18Pという連載一回分くらいですから、作業のために2回休載したようなもんんですので、特装版への期待のハードルが上がりすぎて困ってしまいますな

なりそこないさんもご多忙でしょうけど、次回の感想楽しみにお待ちしてます

No title

更新お疲れ様です。

やっぱり前回今回は無理に切り分けた感じですね。
くっつけたら普通に1話になって、別の話に感じることもなくなるのではないでしょうか。
本来は「コミケ編」「お泊り編」「声優イベント?編」の3話だったのかなあと。
コミケ編も「まずは」なんですよね。ここにがっつり時間をかけるつもりはないぞ
って空気を感じてました。

私としては十分満足でした。この二人が仲良くしてるのを見るのがうれしいのでw
普通のホテルでスケスケってあるんですかww
さすが秋葉原?

コメント返信その1

みなさん、コメントありがとうございます。
まとめての返信にて失礼いたします。
(ネタバレへの返信もありますのでご注意ください)


>SUMMER SAILさん

> 触角が取れてさっぱりするんだね。
これまた、ずいぶんさっぱりしたようでwww
まあしかし可愛いけど怖いわwww

> cf.1
へえ話には聞いてましたけど、面白そうですね。
今の状況が落ち着いたらそのうち見に行きたいなあ。

> cf.2
WWWWWこれはもう出家するしかないw

> cf.3
こっちは純粋に可愛いやw

> 髪をほどいたテーマソング
これはまさにSweetなウィスパー!

> 二人は幸せなキスをして終了
これはある意味ネタバレw

> うんうん、私はちゃんと理解ってるよ。
だから、わかってねーじゃねーか!

> cf.
すごいクオリティ。ていうか、ドキンの存在感www

> cf. の cf.
これはしかたないw ていうか、初対面でこのお願いはやばいだろ…

> cf. の cf. への cf.
ん?おかしいな、続きが見当たらないんだが…

> >お前の知的欲望を満たすのに 俺の体の一部が欲しいって言うのかい?
え、こういう意味だったの…?
でもいいんだ、僕にとっては純粋にやる気を起こさせてくれる曲なんだ!それが洋楽のいいところだもん!(何故か幼児退行しています)


>ひろさん

もしかしたら、冒頭の2Pは前回のオチ的なところで使うつもりだったのかもしれませんね。
単行本進行に追われてそこまで描き終えられずに仕方なくこういう形になったのかも。
たぶん、単行本で通して読めばまた印象が変わってくるのでしょう。

イメソン、いつもありがとうございます。

> 「サヨナラバス」ゆず
青春ソングの王道中の王道ですね。一番ゆずらしさが出ている曲だと思います。
ていうか、MVの彼らがすっごく若いw

> "【デレステMV】サヨナラバス(GAME ver.) [橘ありす、速水奏2D]ゆずカバー曲"
なにこれかわいい。デレステのことはまったく知りませんでしたが、楽しそうですね。

> "【デレステMV】虹(GAME ver.) [神谷奈緒・北条加蓮2D]ゆずカバー曲"
あ、これはゆずよりいいかも。(ていうか、ゆずが歌うああいう鼓舞するようなタイプの曲はちょっと苦手なんですよね…)

> 「マイ フレンド」ZARD
追悼ライブはこういう感じで演奏されたんですね。
このMVはすごく印象に残っています。泉水さんが後ろを振り返るシーンがなんか胸にくるんですよね。

> 「TAO」Do As Infinity
知らない曲ですが、ボーカルの声がいいですね。こういう少し低めの女性のボーカルって好きなんです。今のネモクロのテーマソングに合っているかも。

> 「タダイマ」Do As Infinity
> アコースティックなライブver. - ニコニコ動画 -
通常バージョンを知らないのでなんとも言えないところがありますけど、なんとなくこのアコギバージョンの方がいいような気がする。改めて声の良さが耳に残りますね。
…しかし画質悪いなw

> 「Lemon」米津玄師
今でもあの一昨年の紅白のあの熱唱を思い出します。あれは本当に圧倒されました。MVだと英訳の字幕が出るんですね。
ていうか、あと少しで6億回突破しそうな勢い!!!

> 「私とワルツを」鬼束ちひろ
彼女の中で一番好きな曲です。
歌詞もメロディも歌もこれ以上ないというほど至上の作品ですね。
最後の「どうか私とワルツを」でいつもどうしても目頭が熱くなってしまいます。
スマホとかで外で聴けない曲のひとつですね。絶対に冷静でいられなくなりますから。
シングル版とドラマ版とでバージョンが違うのは知りませんでした…

> 「月光」鬼束ちひろ
私もこの曲で彼女を知りましたからね。やっぱり鬼束ちひろといったらこれ、というイメージが世間的にも強いでしょう。
そのいつまでもつきまとうイメージに複雑な思いを抱くのは売れたアーティストなら誰でもぶつかる問題ですよね。
…もしかしたら、谷川さんも「わたモテ」に同じような思いを抱いていたりしてw


ここでいったん区切りますね。

コメント返信その2

まとめての返信、2回目です。


>いつも名無しさん

もこっちの本音にフォーカスするためには、ある程度キャラを絞る必要性がありますからね。合宿編はある意味群像劇というか、複合的なテーマを同時進行していた面もありましたから。
初芝の役目は絵を渡すだけじゃないでしょうw そのためだけにクラスを決められたとうのも悲し過ぎます。この後も彼の活躍(?)を期待したいですね。

確かにここ最近のもこっちはどこか冷めている感がありますね。もともと斜に構えるところがありましたが、そういういわゆる中二病とはまた違った冷め方のように思えます。
思えば大学見学あたりからその傾向があったのかも。それが顕在化してきたのが例の「喪147」だったのかもしれません。

ネモはそういうもこっちの変化になんとなく気づいているのかもしれませんね。
もしかすると、そんなもこっちの心に火を着けたい意味もあって、今回のお誘いになったのかも。

> もこっちが本格的に創作方面に足を踏み入れていく物語
これはどうなんでしょうね。もしそっちに本格的に舵を切ることになったら、進学問題にも影響してくると思うんで、個人的にはちょっと微妙かなという感じがあります。
高校時代の思い出として、文化祭で何かを発表するというのなら十分にありそうですけどね。
いずれにしても今後は受験だけではなく、ますます「将来どうするか」という問題に対峙していかざるを得ないでしょう。

ホテルですが、私も最初はラブホかなと思ってましたw
ただ名前で検索してみたらすぐに見つかりましたよ。基本わたモテって、単純なもじり方しかしないんですよねw
あそこは近くのブックオフにたまに寄ったりするのですが、あんなホテルがあるとはまったく知りませんでした…また値段もけっこうするんですよね。ネモの家も随分裕福なんだなあ。


>かわずやさん

> 本来描くべきページ数(たぶん3か4Pくらい)だったのを、9Pまで膨らませてしまった印象
確かにそんな感じはしますね。本当は前後編で分けずに、前回でひとつの話にしたかったのかもしれません。

まあ「スキンシップ」については、個人差があるんでしょうね。要は好みの問題ですw
今回のハイライトのひとつは彼のくれたものですよね。あの絵に込められた思い、彼がどういう思いを込めて渡してきたのかなどは色んな意見があるでしょうけど、今後の話に大きな意味を持ってくることはまず間違いないでしょう。

ああそうか、そういえば7月は週が多いんでしたっけね。すっかり忘れてましたwたぶんそうなんでしょうね。
ただ、今はアプリとブラウザで更新が異なることが多いんで、よけいに混乱してしまうんですよね。ブラウザ版はたぶん第二・第三の連続更新になりそうな感じですし。

> なりそこないさんもご多忙でしょうけど、次回の感想楽しみにお待ちしてます
ありがとうございます!とはいえ、7月の第二週が今から怖いですw(たぶん18巻の感想は後回しになると思いますが)


>AEGさん

元々はホテルに行く手前までで1話のつもりだったのかもしれませんね。それがああいう形で終わってしまったので急遽前編後編にしたのかも。
「まずは」というところに、ここが本番じゃないぞという気概を感じますからね。
やっぱり、メインディッシュは次回なんじゃないかなあ。

> 普通のホテルでスケスケってあるんですかww
あるんだな、これがw
ロゴもほぼあのまんまでアキバにあるようですから、機会があったら覗いてみたらいかがでしょうかw
line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line