fc2ブログ

「野崎まど」アニメ化計画は失敗に終わったのか~アニメ「正解するカド」最終話までを見て~

※若干のネタバレがあります。ご了承ください

 

以前、ちょろっと紹介したアニメ「正解するカド」。
まだ5話目を視聴した時点での記事でしたが、すでに「野崎まど」臭がプンプンし始めていたので、
ある意味、「警告」のつもりで書いた面もありました。

つまり、これは普通のSFアニメとして鑑賞しないほうがいいよと言いたかったのですね。
野崎まどという作家が「アニメ」というフィールドに寄せるつもりが全くなくって、
良くも悪くも「野崎まど」全開で行く気満々であることが5話の段階でわかってしまったので、
ファンとしても予防線を張っておきたかったんです。
案の上、9話ラストでやらかしましたしね(笑)。

で、先日、ついに最終回が放映されました。


……

…えー、なんといっていいか。

まあ正直、どう捉えていいかわからず、しばし呆然としてしまいましたね。
「ちゃぶ台返し」がくるのはわかってはいたのですが、さすがにあの結末は予想できませんでした。

まがりなりにも野崎まどファンと自称している私でもそうだったのですから、
予備知識もなく毎週アニメを楽しみにしていた人にとっては、よほどのことだったろうとお察しします。



言いたいことはいろいろあるのですが、端的に言えば、

野崎まど劇場」のネタをそのままアニメに落とし込むなよ!

ですかね。

まあね。やりたかったことはなんとなくわかるんですよ。
要は「3次元」のほうが「37次元」より上でしたw的なオチで意表を突きたかったのかなと。
いわゆる人間賛歌とかそういうのでもないと思いますよ。
ただただ、「野崎まど」印のびっくり箱として純粋に驚かせたかっただけでしょう。

高次元存在の情報網羅よりも「人間の不思議な力」が勝るという発想はある種ベタでもありますが、
それでもなお、未だに有効かつ魅力的な“正解”ではあると思います。
それはわかるんです。まあこの話に限って言えば、説得力はまったくありませんでしたけど。

そもそも、異方存在と人間の子がなんでさらなる高次元な存在になるのかまったくわかりませんw
まあ、ドラゴンボールのサイヤ人みたいなものと割り切ればいいのかもしれませんが。

それはさておき、あの「サプライズ」にはもう突っ込みどころが多すぎて、いちいち言及するのもバカバカしいですね。
倫理観がどうとかそういう感想も目にしましたが、もはやそんなレベルで文句をいってもしょうがないでしょう。いわゆる(笑えるかどうかは別として)ブラックジョークというやつですよ。
まあ一言だけいうなら、花森があまりに不憫すぎるということでしょうか。それだけですね。
あとはもはやどうでもいいです。

だた一応、ファンとしていっておきますが、野崎まど作品は別に倫理観が欠落しているわけではありませんよ。「何かのご縁」シリーズのようなハートウォーミング?な話もありますし。彼自身の倫理観と「正解するカド」のそれとは必ずしも一致しないことはここではっきりさせておきたいと思います。彼はただ思いついたネタに忠実なだけなんです。

まあとにかく、恐れていたことが現実になったなというのがイチファンとしての感想ですね。

>どこまで「野崎まど」ワールドにするつもりなんだろうか…と、よくわからない方向で心配にもなってきた
>物語の根底をくつがえすようなとんでもない仕掛けで、見ている人を衝撃と混乱の坩堝に陥れることになると思います

5話までの感想時にこんなことを書きましたが、まさかこんな形で不安が的中するとは……
ファンからみれば最後まで「野崎まど」そのものな世界だったわけですが、それゆえに失敗したなというか。

これは、アニメ「サクラダリセット」を見ていても常々感じたことなのですが、
要するに「面白さ」をそのまま「アニメ」というフォーマットに落とし込もうとしてもダメなんですね。

「37次元」よりも実は「3次元」のほうが高次元なのかもよ?という展開は
「野崎まど劇場」内の一つのネタとしてなら、面白いんです。
文章として、一発ネタとして読んだのなら、私も大笑いしながらさすがまど!と絶賛(?)したかもしれません。

ただ、連続TVアニメとしてそれを見せていくなら、このやり方はダメです。
こんなの一部の「まどジャンキー」しか喜びませんよ。
ちゃんとエンターテインメントとしてそれなりに納得できる仕掛けを用意しておかないと多くの視聴者は置いてけぼりをくらうだけです。

たとえ同じオチに持ってくるにせよ、12話構成の映像作品にはそれなりのプロットが必要なんですよ。
例えば9話ラストの「爆弾」。あれじゃある意味「あるあるネタ」みたいな展開じゃないですか。要するにあの時点で「冗談」になってしまっているんです。

野崎まどとしての小説ならあれでもいいのですが、「TVアニメ」としてならダメでしょう。
ほとんどの人は「脚本・野崎まど」なんてことは気にもとめずに、ただ「正解するカド」というアニメを見ているわけですから。まどテイストをきちんとアニメ視聴者に味わせるためにも、唐突感だけで驚かせるやり方はしてほしくなかったですね。

でもまああのくらいはまだ許容範囲でしょうか。
ある意味わかりやすい「爆弾」ではあったので、野崎まどをアニメにするという点ではあれもアリなのかもしれません。
それより、個人的にどうしても気になっているのが7話での真道の思わせぶりなセリフですね。

夏祭りの場で夏目らと“サンサ”が人の幸福につながっていくのかを話し合っていたときに彼が口にした「あ、いや俺は…」。
あれはけっきょくなんだったんでしょう?
真道がいう「幸福」とは何を指すのか、まったくなんのことだかわからず仕舞いですよ。
いかにも伏線ぽい描写を出して、それには実は何も意味はありませんでした、的な逃げはやってほしくはなかったですね。

ていうか、今回の大オチから考えてもあの「伏線」は重要な部分なはずなんですよ。
彼の交渉術、そして娘が言っていた「途中」というフレーズ。
そこから考えてもあのセリフはうやむやにしていいはずがありません。
37次元の「到達」(と思い込んでる)よりも、この3次元での「途中」こそが“正解”なのだというテーマはなかなか深いものがあっただけに、
そこに説得力を与えることができなかったのは返す返すも残念としか言いようがありません。
個人的にも7~8話の流れは好きだっただけに、どうしてもそこだけは気になりましたね。

ていうか、ああいう方向の結末自体は悪くはないんです。
むしろ「幼年期の終わり」や「2001年宇宙の旅」のような“進化”エンドより個人的にはよっぽど好みではあるんですよ。
でも、あのラストなら沙羅花が異方存在だったという「爆弾」はいらなかったような気がします。

そもそも沙羅花がまったく異方存在ぽくないんですよ。そこがまず嘘くさいんです。
それこそ魔法少女のパロディにしか見えないので、今さら異方と人間の間に生まれた存在云々と言われてもそこに説得力を感じないんですね。
ヤハクィザシュニナと真道の間の子供ならまだわかるんですけどね(笑)。

3次元である人間が37次元の異方に勝つ、というオチを生かすなら、
いっそのこと、沙羅花はやっぱり人間でした~wというのはどうだったんでしょうね?
そこまで振り切るなら逆に面白かったような気もします。
で、実は異方存在よりもさらに高次元な存在が3次元の人間である!みたいな「人間賛歌」を最終的なメッセージにするとか。

異方な沙羅花よりも人間である品輪博士のほうが異方っぽいというねじれた構図は確かにおもしろかったのですが、
最終的に沙羅花というヒロインが何をどうしたかったのかがよくわからないので、どうにも中途半端な印象になってしまうんです。ヒロインぽくないというか……
(個人的に夏目さんがお気に入りだったからよけいにそう感じるのかも)

てか、沙羅花の笑顔になんとなくごまかされていますけど、あれハッピーエンドじゃないですよね?
けっきょく誰も幸せになってないような気がして、どうにも締まりが悪いなという印象だけが残りました。


ところで、今回いくつか感想を見て回った中でこんな意見を目にしました。
いわく、「“ちゃぶ台返し”が作風とかそんなん知ったことかよ。それよりなんでこんな作家を採用したんだ?SF作家ならほかにもいるだろ。もっとまともなホンを書ける人間を採用しろよ」。

なるほど、確かにアニメのホンになぜこんな特殊な作風の人をというのも、こうして最終話を見終わってみればわからなくもありません。
ただね。どうやらもともと話が逆のようなんですよ。

実は放映する前に、SFマガジン2017年4月号にて「正解するカド」小特集が組まれているのですが、そこでプロデューサーの野口光一氏のインタビューが掲載されているんです。

で、それによると、始めにSFアニメの企画があっての脚本家選びじゃないんですよ。
もともとプロデューサーが野崎まどの作品に興味を持って、この人に劇場アニメのシナリオをお願いできないかと思い立って早川書房に取り次いでもらったところから話が動いているんです。

特に『know』の電脳戦に惹かれるものがあって、野崎さんに劇場アニメのシナリオをお願いしたいと思い、早川書房さんに取り次ぎをお願いしたんです。
(SFマガジン20174月号『正解するカドプロデューサー野口光一インタビュウ』128ページより引用)

つまり、始めに「野崎まど」ありきの企画なんですよ。
で、途中から野崎氏が「実はテレビがやりたいんです」と言いだして、そこからテレビの企画に移行したということなんですね。
もともと野口氏は東映アニメーションの映画部で、基本的に映画ばかりをつくっていたので最初はテレビの感覚がわからなかったともおっしゃっています。

そういったことを踏まえると、ハードなSFをテレビアニメでやりたかったというよりも、
「野崎まど」という面白い素材をどう生かすかという中で最終的に「テレビアニメシリーズ」という枠に収まった、と考えたほうがよさそうです。
結果として「野崎まど」アニメ化計画は成功したとは言いがたいですけどね。
(それにしても、なぜ野崎まどは「テレビがやりたい」なんて言ったのかなあ…)

そういえば、今回改めて小特集を読み直して思い出したのですが、実はこの号には野崎まどのショートショート(掌編)が掲載されているんです。

タイトルは「精神構造相関性物理剛性」。

これだけ見ると、なんだかすごそうな感じがしますよね。
で、なんでも「野崎氏のなかにある『正解するカド』像に忠実に書かれたという本作」というのですから、
読む方としてもちょっと身構えてしまうかもしれません。

でも、読めばわかりますが、これがとんでもないシロモノなんですよ。
とても「SFマガジン」に載っているとは思えないような作品なんです。

ざっくりとあらすじを紹介しますと、こんな感じです。
「三十年、省庁内の蕎麦屋で蕎麦を打ってきた男。もっと若向けの店を入れたいということで彼が出向していた店が閉店することに。なんとなく自分の実直な人生そのものが否定されたようなわだかまりを抱いたまま、早めに家に帰ってみると、そこには妻の不貞を疑ってしまうような光景が……」

どうですか、これ。
文藝春秋とかじゃないですよwあくまでSFマガジンに載っているショートショートですw
「どうせ、ラストにとんでもない“ちゃぶ台返し”があるんだろ」とお思いの方もいるでしょうが、
これに関していえば、最後まで昭和テイストな人情話のままなんです。
ラスト一文を読み終えた後、ちょっと心が暖かくなるようなそんな感じなんですよ、まじで。

いったいなぜ、こんな話が「正解するカド」像そのものなのか。

ちょっとネタバレになってしまうのですが、
「折り紙」がキーアイテムになっているんです。
三十年間、丁寧に仕事をしてきた人間にも及びもつかないような本物の“丁寧”で折られた「折り紙」。
そんな「折り紙」がちょっとした奇跡を起こすといった話なんです。(といってもSF的な展開は一切ありませんw)

この話から想像するに、はじめは「折り紙」から発想したネタだったのではないでしょうか。
ワムなんて、まさにその象徴的なアイテムだったわけですし、カドもひょっとすると、「折り紙」みたいな構造なのかもしれません。
そう考えると、ラストシーンにおけるあの意味深な鶴の折り紙もなんとなく腑に落ちます。(異方とこの宇宙をつなぐもの?)

「折り紙」が無限の可能性を持っている、という発想自体はSFマインド溢れる面白いアイデアだったと思います。

ただ、それ以上の発展性がなかったんですよね。
真道は折り紙が趣味というか得意だったようですが、その設定もほとんど生かされていないじゃないですか。
それこそ、交渉の際に「折り紙」で対抗するとか、そういう方向での「サプライズ」も有りえたはずなんですよ。

こういう掌編を読んだあと、改めて「正解するカド」をみると、すごくもどかしさを感じますね。
この方向で良かったのに!というw

まずはこういう市井の人たちのドラマに焦点を当てて、小さな話を少しずつ紡いでいくうちに、いつの間にか壮大なSFドラマになっていた……みたいなほうがよっぽど「意表を突いた」作品になったんじゃないでしょうか。
(そういった意味では公式スピンオフ漫画「青い春とレールガン」はなかなかいい線いっている気がします)
「シン・ゴジラ」ばりのリアルな交渉劇なんてハッタリをかますよりは、よっぽど面白いものになった気がするんですけどねえ。

まあ、野口プロデューサーによれば、『know』みたいなものを欲しかったようですから、いかにもSF!といった雰囲気は必須だったんでしょうけど。

いずれにせよ、はじめにテレビアニメで本格的なSFものが見れるぞ、と期待させてしまったことが失敗の元だったと思いますね。
むしろ逆に、あの「野崎まど」をアニメ化!という触れ込みでアピールしておけばこんなことにならなかったのかもしれません。

今後「野崎まどアニメ化計画」第2弾があるかどうかはわかりませんけど、もしあるなら、次は野崎氏自身に脚本を書かせないほうがいいと思いますよ。
いくらテレビをやりたいといっても、なんとかなだめてつつ、
その間に、ちゃんとアニメのフォーマットに「野崎まど」を落とし込める有能な構成作家を見つけられるかどうか。

「野崎まどアニメ化計画」が成功するカギはきっとそこにあるでしょう。


アンソロジーやノベライズが早川文庫から出ているようです。(早川書房も制作委員会に一枚噛んでいるのかな?)
 
関連記事
スポンサーサイト



tag : 野崎まど

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

いまさら12.5話といわれても

「折り紙」が無限の可能性を持っている・・・これだな!(該当箇所までが長い・・・)
http://www.style.fm/as/13_special/mini_070130a.shtml

個人的には、ザシュニナはなんとか手を引いてくれたけど人々は異方に触れちゃったしこれから世界が大変だな・・・、みたいなオチが良かったかな。さらにその数年後、人類は想像以上に順応早いなー、みたいなオチでも良いし、サンサを見た人の多くがこれを逆利用して永遠の眠りを選んで人類激減、みたいなエンジェル・ハイロゥオチでも良い。

Re: いまさら12.5話といわれても

>氷河期鳥さん、コメントありがとうございます

最初、どこに「折り紙」の話が出てくるのかと思いながら読み進めましたが、なるほど、これが元ネタなのかもしれませんね。野崎まどはアニメにも詳しそうですし。

いやあ、その中のどのオチでもよかったと思いますよ。あれだけ大風呂敷を広げた話なら、もうどんな結末でもアリでしょう。ただ、そこまでの道筋だけはちゃんとしてくれというだけの話だったんだと思います。

それはそうと、なんでも「野崎まどアニメ化計画」第2弾がついに発動するとか…
https://babylon-anime.com

「バビロン」シリーズをアニメ化なんて不安しかない……w

そうだ 布教、しよう。

いつの間にか壮大なSFドラマになっていた・・・これですぜ。
https://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=4939
試し読みで最後まで読めるのだ。
個人的には5巻の1話と7巻の1話もおすすめだなー(チラッチラッ

って、SFマガジン買うような人なら既に全巻そろえてるかな。

Re: そうだ 布教、しよう。

>氷河期鳥さん、布教(?)ありがとうございます!

いや、実はそれほどSFファンというわけではないんです。SFマガジンも定期購読しているわけではありませんし。
岡崎二郎も名前は知っていましたが、ほとんど読んだことはありませんでした。

でも、ご紹介していただいた「アフター0」は何度か読んだ記憶があったんですよ。

どこでかなあと思いきや、これ、ビッグコミックオリジナルで連載していたんですね。オリジナルは「高橋留美子劇場」が掲載される号は買っていたので、たぶんそこで読んだんだと思います。もう20年くらい前のことですので、おぼろげな記憶ですが……

いくつか試し読みも読みましたが、なんだか懐かしくなるような面白さがありますね。アマゾンのレビューには藤子F不二雄短編や星新一などといった名前もあがっていましたが、それともまた違った不思議な味わいがありますよ。

これを機会に揃えてみようと思います。いいものを教えていただき、どうもありがとうございました!

月刊少女野崎くん100話達成&10巻発売

というわけで今回は「野崎まどアニメ化計画」第2弾の前に、「正解するカド」のモヤモヤした点をスッキリ解消することで、野崎氏の名誉の回復を図りたい(私の名誉には傷がつくかもしれないが・・・)。

※完全なネタバレの為、伏せ字を用います。ご了承ください。

まず、何が「正解」だったのか改めて確認しておこう。
Q:世界を守るため、真道はどのような「交渉」を行うべきか
A:「○交渉」
この「正解」の提示が唐突であったというのが今作への一般的な感想だろう。だがちょっと待って欲しい。「性快」に至る為のヒントは今作のどこかに描かれていたのではないだろうか。
作品全体と異なる雰囲気を放っていたシーン、私服の沙羅花こそがそのヒントである。その酷いセンスの私服は「私をイジれ」「私にツッコめ」と言わんばかりである。しかし、ここに服の柄「○り」を加えることでその意味は一変する。「私の○リをいじれ」「私に突っ込め」と、自分との○交渉をごくストレートに指示しているのである。これがヒントであると判れば、あとは素直に射○です。はい、スッキリしましたね。

覗き窓を覗く時、野崎まどもまたこちらを覗いているのだ―――

こんな風に考察をする時は“期鳥”

Re: 月刊少女野崎くん100話達成&10巻発売

>氷河期鳥さん

やばい、爆笑していましましたw
「私に突っ込め」ってwww

なるほど、そういうことだったんですね、納得しましたw(したのかよ)

少し「野崎まど劇場」を思い出しましたよ。
その考察を踏まえて改めて見直すと、また違った印象になるのかもしれませんね。
アニメの楽しみ方をひとつ学んだような気がします。

Shitai ga Futatsu

>とても「SFマガジン」に載っているとは思えないような作品なんです。
https://www.hayakawabooks.com/n/n92ff741b5e97

>やばい、爆笑して今しましたw
やらしいねー やらしくてなにか出ちゃうよ

Shinnen Futsukame

>いつもコメントしずらいものばかり、ありがとうございますw(特に動画関連)
あらま、珠玉の名曲とツッコみやすい曲を8:2の配分で投入してるつもりなんだけどな。

>でも「穴がきれいだね」はないわあ…
その主張は果たして正しいであろうか。
https://ddnavi.com/news/198589/a/
http://www.afpbb.com/articles/-/3103277
http://act-ele.c.ooco.jp/blogroot/igarage/article/2952.html

Re: Shinnen Futsukame

>氷河期鳥さん
いつも鋭いツッコミと知的好奇心を刺激する情報をありがとうございます。
今年も(できればお手柔らかに)よろしくお願いします。

>やばい、爆笑して今しましたw
一瞬、何のことかと思いきや……
相変わらずこういうミスがひどいですねえ。これはツッコまれてもしかたない。まさに「私をイジれ」「私にツッコめ」と言わんばかりw
見て見ぬふりをせずにちゃんとツッコんでくれるあなたは優しい人ですね。

SFマガジンの最新号はすごいですね。なかなか刺激的な特集だ…
私個人としては別段好きなジャンルではないのですが、宮澤伊織と森田季節はけっこう好きなので読んでみようと思います。

珠玉の名曲8にツッコミ待ち2ですか…
ごめんなさい、たぶん私の理解が追いついていないだけなのでしょう。

> その主張は果たして正しいであろうか。
なるほど、一言で「穴」といっても奥深いものなんですね(穴だけに)

Sazae-san by FujiTV

>私個人としては別段好きなジャンルではないのですが、
>でもこれはけっこう生々しいですね。マ●コ先生
デラックスかな?
https://tr.twipple.jp/p/ea/54e273.html
https://twitter.com/kousei_hj/status/1087662258371477505
14巻と併せてお買い求めください。

極めて♡●んぽ主義
https://this.kiji.is/460981910285599841

Re: Sazae-san by FujiTV

>通過気取りさん

デラックスってなんですかw
ま、私もあまりふかく考えずにコメントしてるので、その辺を変に引用されるとあまり強く言えないのが苦しいところですけど…w

それにしても、表紙だけでもクオリティの高さが伺えますね。ここまでやって大丈夫なのかという一抹の不安はありますがw
でも、こういう遊ぶ時は全力で遊ぶという姿勢は実に素晴らしいと思います。
14巻は既に購入済なので、これだけ買いに出かけるのもなあw

> 極めて♡●んぽ主義
情報提供ありがとうございます。すでに24日には各方面で報道されていましたね。
一応、高橋留美子主義者を名乗っている身としては、これは取り上げないわけにはいかないということでただいま記事をどう書こうか構想中です。わたモテ14巻とどっちを先にするかなあ。

それにしても“極めて♡●んぽ主義”とはなんじゃらほいという感が否めませんw
まあ、フランスらしいなとも思いますけど。

Re: Re: Shinnen Futsukame

>SFマガジンの最新号はすごいですね。なかなか刺激的な特集だ…
あげいん!
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2012/16/news143.html
テーマに沿った短編
https://seiga.nicovideo.jp/watch/mg530299
テーマに沿った喪183(前編)
https://seiga.nicovideo.jp/watch/mg527336

>>通過気取りさん
https://www.nicovideo.jp/watch/sm20183335

Re: Re: Re: Shinnen Futsukame

>氷河期鳥さん
2年前も新年二日目にコメントをいただいていたんですね。ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いしますね。

> あげいん!
おおまさに2年ぶりの復活だ!
これは是非とも手に入れないと。そういえば「裏世界ピクニック」のアニメも今日(1/4)からだっけ…

> テーマに沿った短編
うんうん、こういうのでいいんだよw

> テーマに沿った喪183(前編)
おお、本当にテーマに沿ってるじゃないですか。続きものかと思ったら短編集なんですね。でもすごく余韻が残るというか、一本の映画を観たような気分になりました。

> >>通過気取りさん
あれ、なんでこう返したんだろ…
お名前を間違えるとか、大変失礼いたしました。
でも2年前のことを今さらほじくり返されても…w

【ネタバレあり】

>> あげいん!
> おおまさに2年ぶりの復活だ!
これは是非とも手に入れないと。そういえば「裏世界ピクニック」のアニメも今日(1/4)からだっけ…
https://togetter.com/li/1953403
> 10月はアニメ多すぎてついていけません。私はスパイファミリーとうる星やつらだけにします。
今回のガンダムは見てみても良いと思うの。
https://togetter.com/li/1952931
cf.
https://www.nicovideo.jp/watch/sm18503453

Re: 【ネタバレあり】

> 氷河期鳥さん

> >> あげいん!
> > おおまさに2年ぶりの復活だ!
> これは是非とも手に入れないと。そういえば「裏世界ピクニック」のアニメも今日(1/4)からだっけ…
何のことかと思いきや、ガンダムの新作ですか。
でもこれはけっこう難しい問題ですね。フリのようにも思える書き方ですけど、たぶん素直な心情なんだろうと思う。

> > 10月はアニメ多すぎてついていけません。私はスパイファミリーとうる星やつらだけにします。
> 今回のガンダムは見てみても良いと思うの。
ご推薦ありがとうございます!
へえ、今度のガンダムってこんな感じなんだ。ガンダム知らなくても入っていけるのかな?
ただ別に百合SFが大好物というわけでもないんですけどね。

> cf.
タイトルからして嫌な予感がしたが……なんで百合の話題のあとにこれを見せられなきゃならないんだw

アニメコメも増えてきたところで

> それにしても“極めて♡●んぽ主義”とはなんじゃらほいという感が否めませんw
やっぱり大艦巨砲主義ですよね!
https://www.b-ch.com/titles/5151/001

Re: アニメコメも増えてきたところで

>氷河期鳥さん

知らないアニメだ…
一応オリジナルものになるのかな?調べてみたら2016年4月に放映された作品なんですね。
とりあえず1話だけ見てみました。面白い設定ですね。ウィキを見る限りifものでもあるのかな?
学園ものとしての一面もありそうで、舞台設定を理解したら楽しめそうな気がします。
ただキャラが多くて今ひとつ区別がつかないw 2話以降継続するかは検討中。

アニメトピも増えてきたところで

https://togetter.com/li/1959225

> へえ、今度のガンダムってこんな感じなんだ。ガンダム知らなくても入っていけるのかな?
ゆっくりしていってね!
https://togetter.com/li/1958863
cf.
https://twitter.com/Jinou_rakugaki/status/1580139600907227138

> いかにも伏線ぽい描写を出して、それには実は何も意味はありませんでした、的な逃げはやってほしくはなかったですね。
第0話と第0.5話と第1話の間で叙述トリックが使われているかもしれないし、使われていないかもしれない。
https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC#h2-5
cf.
http://gundam-futab.info/archives/35926

> タイトルからして嫌な予感がしたが……なんで百合の話題のあとにこれを見せられなきゃならないんだw
https://togetter.com/li/1959360

> あの意味深な鶴の折り紙もなんとなく腑に落ちます。
> 学園ものとしての一面もありそうで、舞台設定を理解したら楽しめそうな気がします。
> 2話以降継続するか
https://www.nicovideo.jp/watch/sm14001648

> むしろ「幼年期の終わり」や「2001年宇宙の旅」のような“進化”エンドより個人的にはよっぽど好みではあるんですよ。
https://togetter.com/li/1959431
コメ欄では不評かな。

Re: アニメトピも増えてきたところで

>氷河期鳥さん
> アニメトピも増えてきたところで
なるほど、言われてみれば確かにそうだ。(まあさすがに戦場に行ったかたは当時でも60くらいだったと思うが)
今の若い子から見れば、私は戦争体験者みたいなものかw
でも私が中学生くらいの時に旧うる星を見ていた時は40、50くらいの同志は見かけませんでしたよ。隠れていたのかもしれませんけど。あの時代にもしSNSとかあったらいろんな意味で地獄を見たかもw

> > へえ、今度のガンダムってこんな感じなんだ。ガンダム知らなくても入っていけるのかな?
> ゆっくりしていってね!
ネタじゃなくてマジもんのコラボなのかw
ひょっとしてファン層も重なるのかな?

> cf.
何このクオリティw 最高過ぎるじゃないかw 特にトマトを食べてうまっ!?となってるのが好きw

> > いかにも伏線ぽい描写を出して、それには実は何も意味はありませんでした、的な逃げはやってほしくはなかったですね。
> 第0話と第0.5話と第1話の間で叙述トリックが使われているかもしれないし、使われていないかもしれない。
なるほど、こんな考察があったんですね。ていうか、全然舞台背景を理解してなかったw
ああいう設定ありきの話って、一度見ただけじゃわからないんですよね。アニメとか映画とかわりと苦手なのはそういうところも多々あります。小説やマンガや簡単に何度も読み返せますが、動画は繰り返し見るのも簡単ではありませんし、何より疲れますからね…

> cf.
こういうところにすぐに気づいてツッコミを入れられるって本当に凄いと思う。
私なんかは途中で面倒くさくなってどうでもいいやとなってしまいますから。

> > タイトルからして嫌な予感がしたが……なんで百合の話題のあとにこれを見せられなきゃならないんだw
なるほど裏では繋がってるというパターンか…ある意味これもBLと言えるのかも。ちょっと萌えたw

> > あの意味深な鶴の折り紙もなんとなく腑に落ちます。
> > 学園ものとしての一面もありそうで、舞台設定を理解したら楽しめそうな気がします。
> > 2話以降継続するか
ちらっと鶴の折り紙が出てましたね。宇宙と折り鶴というのはわりとポピュラーな発想なのかな。
OPソングもいい感じ。スペーシーな感じとエキゾチックな感じが同居しているような不思議なサウンドですね。

> > むしろ「幼年期の終わり」や「2001年宇宙の旅」のような“進化”エンドより個人的にはよっぽど好みではあるんですよ。
> コメ欄では不評かな。
発想は面白いし、ストーリー的にもよくできてると思いますが、どういう理屈で上にいけたり下に行ったりするのがよくわかりませんでした。信仰心という言葉の定義がわかりづらいのかな。
え、でも作者18歳なのか!すごい才能ですね。現金なものですが、それを知った後で読むとすげえと思ってしまうw

異方へ行こう

> 今の若い子から見れば、私は戦争体験者みたいなものかw
食料不足どころか塩不足の描写まであるのが地味にポイント高い(小町感)
http://www.magazine9.jp/gundam/091028/
cf.
https://togetter.com/li/1954401
> 何このクオリティw 最高過ぎるじゃないかw 特にトマトを食べてうまっ!?となってるのが好きw
オイラは「エアリアル 会話しよう」からのこの流れが好き。
https://twitter.com/Jinou_rakugaki/status/1580159561696448518
名前ネタ1
https://twitter.com/Jinou_rakugaki/status/1581653074728263680
名前ネタ2
https://twitter.com/itashanXD/status/1581319734640812032

> でも私が中学生くらいの時に旧うる星を見ていた時は40、50くらいの同志は見かけませんでしたよ。隠れていたのかもしれませんけど。あの時代にもしSNSとかあったらいろんな意味で地獄を見たかもw
https://togetter.com/li/1960296

>> ゆっくりしていってね!
https://togetter.com/li/1960362
>> それにしても“極めて♡●んぽ主義”とはなんじゃらほいという感が否めませんw
やっぱりシュールレアリスムですよね!
https://togetter.com/li/1959957
> 動画は繰り返し見るのも簡単ではありませんし、何より疲れますからね…
https://togetter.com/li/1949933
cf.
https://togetter.com/li/1824909

> ちらっと鶴の折り紙が出てましたね。宇宙と折り鶴というのはわりとポピュラーな発想なのかな。
https://dic.pixiv.net/a/%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%AD

Re: 異方へ行こう

>氷河期鳥さん

> > 今の若い子から見れば、私は戦争体験者みたいなものかw
> 食料不足どころか塩不足の描写まであるのが地味にポイント高い(小町感)
なかなかの長文ですけど、実に興味深く読みました。まさに戦争を本当の意味で知っている方達が作っていたんですね。単に武器を持って戦うだけが戦争じゃないんだということを改めて思い知らされます。

> cf.
正直私も困窮してる人向けというイメージがありました。いろいろ考えさせられますね。

> > 何このクオリティw 最高過ぎるじゃないかw 特にトマトを食べてうまっ!?となってるのが好きw
> オイラは「エアリアル 会話しよう」からのこの流れが好き。
確かにそれもいいですねw 申請書出し忘れは本当にひどい回に違いないw

> 名前ネタ1
スレッタをスベッタというのは、それこそ氷河期鳥さんが使いそうなネタw

> 名前ネタ2
クオリティ高いなw ポーズのつけ方一つ一つにこだわりを感じる。角度とか。

> > でも私が中学生くらいの時に旧うる星を見ていた時は40、50くらいの同志は見かけませんでしたよ。隠れていたのかもしれませんけど。あの時代にもしSNSとかあったらいろんな意味で地獄を見たかもw
いろんな意味ですごいメンツだ…うっかりしてると気持ちを持ってかれそうなので、あとでゆっくり冒頭30分は見させてもらいますね。

> >> ゆっくりしていってね!
ああ、たしかにゆっくりみを感じる…AIがこれを創造したかと思うと、なんだかディストピアっぽい気もしますね。

> やっぱりシュールレアリスムですよね!
マジで間違えて行く人いそう…青梅と青海みたいにw

> > 動画は繰り返し見るのも簡単ではありませんし、何より疲れますからね…
これはマジでやってたのか…ある意味アニメが荒らしみたいなものなのにw

> cf.
えーそうかなあ?
これを本気にして新作うる星を見て違うじゃないか!と言われても困るw
かといって旧作を見せてもたぶんやっぱり違うと言われそうな気がするしw

> > ちらっと鶴の折り紙が出てましたね。宇宙と折り鶴というのはわりとポピュラーな発想なのかな。
折り紙って奥が深いんですね。やはりそこには万物の理論を司るすべてが詰まっているのかもしれない…

とりあえずここで。

> 動画は繰り返し見るのも簡単ではありませんし、何より疲れますからね…
うる星に関してのトピマス殿とフレンズの温度差は、ゆっくりに関してのフレンズとトピマス殿の温度差と相似なのかな。
https://togetter.com/li/1962256
> 産むんじゃなかった、がすごかったですね。
> あれはなかなか、今のコンプラ的にはかなりやばいセリフでしたがw〉
オイラもほぼ同じコメしようと思ったね。
https://togetter.com/li/1949906
でも考えてみればコンプラ云々より、何も考えずに見てて引っ掛かりがあったんだよね。あたるがハート砲撃ちまくってトラブル起こしてばかりいる奴ならそれくらい言われても引っ掛からないけど、今のところそんな感じでは無いし。
あとはトピマス殿の言ってた通り、面白いかどうかだよね。わたモテでも「食べる時見るものじゃないから」は笑えなかったけど「こみなんの脳ついでに破壊できるし」はウケたし。
> 昔よく言われた「あんたは橋の下で拾ってきたんだよ!」ようなものと認識してますね。まあだからこそ、昭和ならばなのかもしれませんがw
何でそんなこと言うのん?
https://togetter.com/li/1952372
> ていうか、倫理から外れてるからこそ「ギャグ」になるわけで、そこの前提をおかしくすると何も成立しなくなってしまいますよ。笑いというのは常識とのズレから生まれる者ですからね。
それがわかってるならゆっくり作品とは相性が良い筈なんだけどなあ。
> あれは初期のうる星を象徴してる言葉でもあったんで、ちゃんとやってくれて本当に良かったと思います。
頻発されるようなら視聴リタイアするかも。今回みたいに「あんなこと言って悪かった、頼むから帰って来てくれ」とのセットならまだ良いけど。

> AIがこれを創造したかと思うと、
愛がこれを創造した
https://twitter.com/user_if_ex/status/1583057044546150400
歌を添えると更にエモいですね!
> なかなかの長文ですけど、実に興味深く読みました。まさに戦争を本当の意味で知っている方達が作っていたんですね。単に武器を持って戦うだけが戦争じゃないんだということを改めて思い知らされます。
https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%9D%E3%81%8F%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8C%E3%81%84%E3%81%A0%E3%81%AD

時代はわたモテ(喪184)に追い付かないでください(懇願)
https://togetter.com/li/1963139#h21_0

> どういう理屈で上にいけたり下に行ったりするのがよくわかりませんでした。
https://togetter.com/li/1962148
cf.
https://seiga.nicovideo.jp/watch/mg644007

Re: とりあえずここで。

>氷河期鳥さん

> とりあえずここで。
どういうことかと思ったら、コメのほとんどがうる星についてじゃないですか。それだったら、向こうでコメントしてくださいよw 話の流れがそのほうがわかりやすいでしょ。私もコメしやすいですし。

> うる星に関してのトピマス殿とフレンズの温度差は、ゆっくりに関してのフレンズとトピマス殿の温度差と相似なのかな。
ああなるほど…それを引き合いに出されるとちょっと弱いなw
こればかりは感覚の違いもありますから難しいですね。

リンク先の件ですけど、まあ言わんとしてることはわかります。ていうか1話2話くらいだとドタバタに終始してるだけですしw
ただ「内面」がないとは私は思いませんね。見えないようにしてるというのが正しいかと。
うる星はギャグなので、内面描写よりもキャラの行動が大事なんです。微妙な内面は行動から察するという意味で、「ハードボイルド」な作品でもあると思っています。

> > 産むんじゃなかった、がすごかったですね。
> > あれはなかなか、今のコンプラ的にはかなりやばいセリフでしたがw〉
> オイラもほぼ同じコメしようと思ったね。
だから向こうでコメントしてくださいってw 大歓迎しますよ。
本当にうる星の記事だととたんに反応がなくなるんでどうしたもんかと思ってるんですから。

リンク先の記事ですけど、虐待とはまったく違いますよ。
むしろあたるの境遇はあまり非現実的すぎて読者の感情が入り込む隙もないんじゃないかと思うんですけど。こんな不幸なやついるわけないだろと笑う作品ですよ。少なくとも初期はね。

> 今のところそんな感じでは無いし。
初期というか、面堂が現れる前の「70年代うる星」はその後の「80年代うる星」とはまったく別の作品と考えた方がいいと思います。まあアニメがその辺をどうするかはわかりませんけど。少なくとも1話と2話は「70年代」のうる星なのでああいうギャグになります。
あの頃は「浮気者」よりも「稀に見る凶運の持ち主」という特性のほうが大きく出ていましたし、だからこそ理不尽なことが次から次へと襲いかかってくるという流れになっているんです。親の態度もその一環ですね。実はそれほど本気で言ってるわけでもなく、家から追い出すとか虐待めいたことがあるわけでもないので、私は当時から普通にギャグとして受け止めていました。

> トラブル起こしてばかりいる奴なら
因果応報的なニュアンスのことを言ってるのだと思いますが、それがないから理不尽であって、それ自体を笑う構造になっているんですね。まあそれを受け付けないという人がいるのもわかりますが。
ただ、あたるがハート砲を撃ちまくる80年代になってからはそういった発言もなくなっていきますよ。
あのセリフ自体、本当に初期も初期に二、三度出てくるだけですし、そんなに神経質になることはないかと。

> 「食べる時見るものじゃないから」は笑えなかったけど「こみなんの脳ついでに破壊できるし」はウケたし。
へえ!その違いはなんなんでしょうね。普通に考えたら「脳を破壊できる」のほうがより過激でしょうにw
私はどちらも笑えましたが、倫理的にやばいと思うのはやっぱり後者だと思うので、その差というのはどこから来るのか気になりますね。単純に「面白さ」だけではないような…

> > 昔よく言われた「あんたは橋の下で拾ってきたんだよ!」ようなものと認識してますね。まあだからこそ、昭和ならばなのかもしれませんがw
> 何でそんなこと言うのん?
私は実際に幼い頃何度も言われたことがありますよ。やっぱり叱られる時に出てくるんですけど、当時は言ってる意味がよくわからなかったですね。衝撃とか怖いとかじゃなくて、単純に不思議でした。なんで怒ってる時にそれをいうんだろみたいな。
まあいずれにしても、私はそれを最初から本気にしてませんでしたからね。ギャグとまでは言いませんけど、軽口の一種なんだろうと思っていましたよ。そういうケースは珍しいのかもしれませんが。
親がどういう気持ちで言っていたのかはわかりませんが、あの世代ではたぶん普通のことだったんでしょうね。

> それがわかってるならゆっくり作品とは相性が良い筈なんだけどなあ。
だって、あれは笑えないじゃないですか。少なくともコメディとかギャグとは受け止められませんでしたよ。虐待の描写がリアルなのがダメなのかもしれません。痛みを感じてしまうところがあるんですよね。ゆっくりの叫び声とかも苦手。それこそ、「内面」を感じさせない工夫が必要かのかも。

> 頻発されるようなら視聴リタイアするかも。
頻発はしませんね。ていうか、3話で面堂を出すということはあの世界はもう二度と描かれませんよ。逆に言えばそうでなければ私もついていけなくなるかも。
とにかく面堂というキャラが出てからはそれまでの世界観が一変するはずなので、そこが気になるなら大丈夫なはずです。(よほどシリーズ構成でやらかさない限り)

> 愛がこれを創造した
今流行りのやつですねw 歌が入るとエモいというか、えぐいw

> なかなかの長文ですけど、実に興味深く読みました。まさに戦争を本当の意味で知っている方達が作っていたんですね。単に武器を持って戦うだけが戦争じゃないんだということを改めて思い知らされます。
こ、これは…えぐいという言葉なんかで済ませてはいけませんね。そうか、1話を見た限りでは全然わかりませんでしたが、その子があの子になるわけですか…

> 時代はわたモテ(喪184)に追い付かないでください(懇願)
今はこんなことになっているのか…たぶん風夏たちのあれとは関係ないと思いますけどw

> > どういう理屈で上にいけたり下に行ったりするのがよくわかりませんでした。
カースト系の変種ですね。感触としてはそんなにシリアスにならずに軽く読める感じになりそう。
まだ始まったばかりなので今後に期待。

> cf.
こっちは割とベタな感じかな。昔だったら少女漫画カテゴリーに入りそう。

No title

> 本当にうる星の記事だととたんに反応がなくなるんでどうしたもんかと思ってるんですから。
ん?わたモテもうる星も大体2コメづつで同数だけど、どういう事だろう?コメントの長さは重要ではないってトピマス殿はいつも言ってた筈だし。

>> 「食べる時見るものじゃないから」は笑えなかったけど「こみなんの脳ついでに破壊できるし」はウケたし。
> へえ!その違いはなんなんでしょうね。普通に考えたら「脳を破壊できる」のほうがより過激でしょうにw
> 私はどちらも笑えましたが、倫理的にやばいと思うのはやっぱり後者だと思うので、その差というのはどこから来るのか気になりますね。単純に「面白さ」だけではないような…
過激でないとギャグにならないかな。嫌いな女の靴に画鋲1個入れてもギャグにならないけど靴の中にぎっしり画鋲が入ってたらギャグになるし、嫌いな上司の湯呑みに雑巾の絞り汁1滴入れてもギャグにならないけどたっぷり水を含ませた雑巾の絞り汁を滝のように入れてたらギャグになるし。どっちもスクールランブルだったかな。

> 因果応報的なニュアンスのことを言ってるのだと思いますが、それがないから理不尽であって、それ自体を笑う構造になっているんですね。まあそれを受け付けないという人がいるのもわかりますが。
受け付けないというか、ブラック企業に使い潰されてトラックに轢かれて異世界転生するような作品が溢れてる昨今ではそもそもあたるは大して理不尽に見えないのかな。現実も辛いよね。昔の作品は死に物狂いで努力して特別な存在になろうとする姿が共感を呼んだけど、鬼滅の刃は死に物狂いで努力して普通の幸せを手に入れようとする姿が共感を呼んでるって評してた人もいたし。「産むんじゃなかった」って言われても「産まないでほしかった」って返すだけだよね。
https://togetter.com/li/816703

>> > こいつだったら、多少いじめてもいいかもしれないw
> ただ、これはいわゆる暴力系ヒロインとはちょっと毛色が違うような…
今回は19:50辺りから主人公の可愛さが爆発します!
https://www.nicovideo.jp/watch/so41275287

> すみませんが、アニメは2本が限界です。今シーズンはスパイファミリーとうる星やつらで手一杯ですね。
ガンダムは義務教育なので必ず履修してください。
https://togetter.com/li/1964605
劇場版なら10時間で済むよ。
https://togetter.com/li/1956980
ラムが1話で嫁入り決めてるのも今期のガンダムのパクりだよね?
https://togetter.com/li/1964997

>> 女の子が駆逐艦に乗るアニメとか、
>> 女の子が観測船に乗るアニメとか、
>> 女の子が作業ポッドに乗るアニメとか、
>> 女の子がロボットに乗るアニメとかの感想でも良いよ。
ヒロインが第1話で父親のわからない子を出産する(しかもそれが物語のメインテーマではない)アニメもあるよ!
http://www.style.fm/as/02_topics/top_050706.shtml
父親がいったい誰なのか、とか書いてあるけど明らかになることはないよ!

> こっちは割とベタな感じかな。昔だったら少女漫画カテゴリーに入りそう。
https://togetter.com/li/1964073

Re: No title

>氷河期鳥さん

> ん?わたモテもうる星も大体2コメづつで同数だけど、
長さとか数とかじゃなくて、なんていうか熱量ですよ。なんかわたモテと比べて反応が薄い気がするってことです。まあそれは仕方ないとは思いますけどね。単なる愚痴です、グチ!

> 過激でないとギャグにならないかな。
ああ笑いにするなら振り切ってないと、ということですか。うーんわかるような気はしますけど、その基準も人に寄る感じがありますね。
生むんじゃなかったは、当時としてはけっこう振り切ったフレーズだったんだと思います。ある意味キャッチーですしね。
まあ時代とともにそれも錆びついてしまったと言われれば確かにそうかもしれません。
いずれにしても、そんな深く考えるようなものとは思いませんけどね。要は笑いのツボが合うか合わないかの違いでしょう。正直マンガのギャグって、どのキャラがやるかによっても変わりますからね。たとえば画鋲のギャグをわたモテでやられたら私はたぶん笑えないでしょう。
生むんじゃなかったも、あの時代のあの母親のキャラだから成立できたのかもしれませんね。私自身どこか懐かしい笑いとして認識していたところがあった気がします。

> 「産まないでほしかった」って返すだけだよね。
なにこれ、切ない。てか、これ7年前なのか…

> 今回は19:50辺りから主人公の可愛さが爆発します!
そうですか、それは楽しみです。(その前に2話3話を見ないと…)

> ガンダムは義務教育なので必ず履修してください。
わかりにくいけど、面白いからOKw

> 劇場版なら10時間で済むよ。
いやそれは無理w
でもこの図はわかりやすいですね。宇宙世紀とアナザーとで二つに分かれていることすら知りませんでした。そうか、水星の魔女は他のガンダムとはまったく世界観が違うんですね。
これによると、自分的にはアナザーのどれか1つをまず履修するのがいいかなあ。

> ラムが1話で嫁入り決めてるのも今期のガンダムのパクりだよね?
さすがにこれは特殊な例では…ていうか、現物のモーリスルブランものをどれか一つでも読ませればいいんじゃなかろうか。
この手の話って時々出ますけど、どの作品がいつごろに書かれたのかとか気にしないんだろうか。

> ヒロインが第1話で父親のわからない子を出産する(しかもそれが物語のメインテーマではない)アニメもあるよ
はへえ、けっきょく分からず仕舞いで話は終わってしまうんですか。つまり相手が誰と言うのは大した問題ではなかったと?

> > こっちは割とベタな感じかな。昔だったら少女漫画カテゴリーに入りそう。
なんだろう、2000年前とあまり変わっていないということに希望と絶望が同時に感じられるんだが。

No title

> Q:世界を守るため、真道はどのような「交渉」を行うべきか
> A:「○交渉」

https://twitter.com/tsurunobi/status/1594675597825146881

https://twitter.com/100YENmiso_soup/status/1594548589157838852

https://twitter.com/gundamfutab/status/1594858795091759104

https://twitter.com/Yozakura170/status/1594642835911114754

https://twitter.com/Yozakura170/status/1594708058206527488

https://twitter.com/H_syo/status/1594257293176340481

https://twitter.com/Yasu_56go/status/1594251331610767361

https://twitter.com/swordmountain03/status/1594248675466760192

https://twitter.com/debumoyashi_uma/status/1594922137613045760

https://twitter.com/naharyou/status/1594694584327868418

https://twitter.com/Hikari_Andoh/status/1594248513080430592

https://twitter.com/EwoGANBARIMAN/status/1594500250202673154

https://twitter.com/Mr_Void/status/1594324773567614976

https://twitter.com/matsumatsu_2/status/1594273876913328129

https://twitter.com/kuromizutama/status/1594359871142768640

https://twitter.com/RIMdayon/status/1594242477514686464

https://twitter.com/kamui_Arisawa/status/1595209633517699072
cf.
https://togetter.com/li/1976448

> さすがにこれは特殊な例では…ていうか、現物のモーリスルブランものをどれか一つでも読ませればいいんじゃなかろうか。
ルパンが元手下同士で結婚した夫婦に助けを求めに行くんだけど、自分達は足を洗ったからルパンを助けることはできないって断られて、ルパンが妻の方と2人で話がしたいって別室に行って、しばらくして別室から出てきた妻がルパンに協力しますって顔を赤くしながら言い出すシーンはドキドキしたよね。

Re: No title

> 氷河期鳥さん

> > Q:世界を守るため、真道はどのような「交渉」を行うべきか
> > A:「○交渉」
> ガ
スレッタさん、意外と胸があったりするんだ

> ン
寝取り描写もあるんですね。それも交渉のひとつなのかな。

> ダ
大変なお仕事を…

> ム
救いになるんだ。やっぱり見ていないとどういうことかピンとこないな…

> シ
なるほど、でもその可能性は十分にあるわけですね。そして見てる側も無意識にそれを受け入れる準備があるように見えます。

> リ
うーん、なんだか色々歪んでいるなあwまあそれも含めて正しい楽しみ方なんでしょうけど。

> ー
画像自体に匂わせがあるような…

> ズ
すでに前例があるんですね。名前でもうわかっちゃうんだ。

> で
いったいこの大河内という人は過去に何をやらかしたんだw

> は
みなさん戦々恐々ですねw ていうか、同じパターンを繰り返すような作風の人なのかな。

> お
ウテナ33話で通じるって凄いですね。

> な
なるほど、すでにいくつもヒントを見せているんですね。それならまあ確定なのかなあ。

> じ
アスパラ枠っていうんだ。検索してもアスパラの栽培ばかり出てきたけどw

> み
ええ、それはちょっとエグイなあ…

> の
うーん、どうしましょうかねえ。

> 展
これもガンダムではおなじみの展開なのか…

> 開
想像しただけでお尻がムズムズするw

> cf.
これはまあそういう解釈もできるという話ですよね。童話系はだいたい性のメタファーですべて説明できる面がありますしw

> ルパンが元手下同士で結婚した夫婦に助けを求めに行くんだけど、自分達は足を洗ったからルパンを助けることはできないって断られて、ルパンが妻の方と2人で話がしたいって別室に行って、しばらくして別室から出てきた妻がルパンに協力しますって顔を赤くしながら言い出すシーンはドキドキしたよね。
そんな寝取られならぬ、寝取り描写があったとは…まあルパンっていっても怪盗だからなあ…目的の為なら多少の汚れ仕事もありかw
でも確か原作ではルパンってクラリスと結婚するんですよね。

No title

「オタクに優しいギャル」と「地味子を喰っちゃうチャラ男」って性別入れ替えただけなのに大分印象変わるよね。
https://twitter.com/winter_raccoon1/status/1594315482961956868
委員長が休み時間毎に不良の求めに応じて和姦されてるのが他の生徒に普通にバレてて陰でリボルバー委員長って呼ばれてる作品とかあったね。
https://books.google.co.jp/books/about/%E5%AD%A6%E3%82%89%E3%81%B6.html?id=ik1pQgAACAAJ

> うーん、なんだか色々歪んでいるなあwまあそれも含めて正しい楽しみ方なんでしょうけど。
https://twitter.com/arb_66k/status/1594485960799944704

> ウテナ33話で通じるって凄いですね。
ですよねー。
https://twitter.com/search?q=%E3%82%A6%E3%83%86%E3%83%8A33%E8%A9%B1&src=typed_query
> アスパラ枠っていうんだ。検索してもアスパラの栽培ばかり出てきたけどw
ウェブ検索したって事?
https://togetter.com/li/1977794

最初からウテナって言われてたね。
https://togetter.com/li/1956288
ウテナって百合ものだと思ってたよ。
https://twitter.com/anthy_utena/status/1593964714740002817
天井のしみを数える代わりに明日の弁当を考えるんだね。
https://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/animeshi/2695
盛り上がった理由の一つはこれかな。
https://blog.nicovideo.jp/niconews/180880.html

> いったいこの大河内という人は過去に何をやらかしたんだw
https://twitter.com/bigjun417/status/1596418892968382466

> これもガンダムではおなじみの展開なのか…
無いとは言えないのが恐ろしいところ。
http://lapl.blog25.fc2.com/blog-entry-90.html
まあ現実はもっと恐ろしいかもしれないけれども。
https://twitter.com/nbF2fC7PX1l1HVr/status/1596069317116035073
cf.
https://togetter.com/li/1977808

> 救いになるんだ。やっぱり見ていないとどういうことかピンとこないな…
大人達が若い世代に未来を託す物語だよ。
https://animanch.com/archives/20819291.html

> でも確か原作ではルパンってクラリスと結婚するんですよね。
三世の方かな?オイラのは怪盗の方だよ。

Re: No title

> 氷河期鳥さん

> 「オタクに優しいギャル」と「真面目女子を喰っちゃうチャラ男」って性別入れ替えただけなのに大分印象変わるよね。
確かに。でも、「真面目女子を喰っちゃうチャラ男」は昔からありましたよね。「オタクに優しいギャル」の方は最近出てきた印象です。

> 委員長が休み時間毎に不良の求めに応じて和姦されてるのが他の生徒に普通にバレてて陰でリボルバー委員長って呼ばれてる作品とかあったね。
いやすみません、知りませんでしたw
みさくらなんこつって聞いたことあるぞ…たしかふたなりの大家とかじゃなかったっけ?(違ってたらごめん)

> > うーん、なんだか色々歪んでいるなあwまあそれも含めて正しい楽しみ方なんでしょうけど。
すべての性癖を殺したい人なのか…なんかいろいろすげえ。

> > ウテナ33話で通じるって凄いですね。
> ですよねー。
よほど強烈というか、トラウマだったのかな。確かにSNSで傷を分かち合えないと辛そうではある

> > アスパラ枠っていうんだ。検索してもアスパラの栽培ばかり出てきたけどw
> ウェブ検索したって事?
はい、私は検索音痴ですから。そのまま「アスパラ枠」とだけで検索しましたw
「アスパラ ウテナ」だと、なんか色々出てくるようですね。

> 最初からウテナって言われてたね。
ああそうなんだ。じゃあ初めからヒントはあったんですね。ていうか、同じ人が関わってるならもう間違いないのでは。

> ウテナって百合ものだと思ってたよ。
へえ、今ではもう放映できないのかな。これはモロにそういう描写だったんでしょうか。

> 天井のしみを数える代わりに明日の弁当を考えるんだね。
ああ、そういうことなのか…写真を見て察しましたw

> 盛り上がった理由の一つはこれかな。
うわ、これは頭がおかしくなりそうだな…一挙放送とかよくみんな見れるなと思いますよ。
私なんか3時間以上見ていたら頭が痛くなってきますからね。シンエヴァもけっこうきつかった…

> > いったいこの大河内という人は過去に何をやらかしたんだw
もはやサイコパスじゃん…

> > これもガンダムではおなじみの展開なのか…
> 無いとは言えないのが恐ろしいところ。
伏字を読んで戦慄したんですけど、そうかこれは小説なんですね。さすがにアニメではやらないか。しかしそういうベースが当たり前のようにあるのがガンダムだと。

> まあ現実はもっと恐ろしいかもしれないけれども。
現実こわい。本当にこわい。

> cf.
逆に言えば、乗り物だと思えば普通のことなのかもしれない…

> > 救いになるんだ。やっぱり見ていないとどういうことかピンとこないな…
> 大人達が若い世代に未来を託す物語だよ。
これが、そうなんですか…

> > でも確か原作ではルパンってクラリスと結婚するんですよね。
> 三世の方かな?オイラのは怪盗の方だよ。
あれ?モーリスの方でルパンが結婚する話があると聞いたことがあったんですけどガセだったかな。ていうか、三世はクラリスとは一緒にならないでしょ。

Re: Re: Re: Re: Shinnen Futsukame

明けましてンモー。
https://www.shochiku-tokyu.co.jp/kariagekun/
お年玉。
https://twitter.com/kerry_king_cute/status/1609788168500576256

2022最初の記事も最後の記事もうる星だったね。
「ダーリン」は滅びぬ!何度でも甦るさ!
https://twitter.com/takabard_taka/status/1609710466196189186
トピマス殿はこれでケモナーになったのかな?
https://togetter.com/li/2031578
>> うる星の影響下にあるコメディっぽいですね。
エヴァの影響下にあるコメディもあるよ。
https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E8%89%A6%E3%83%8A%E3%83%87%E3%82%B7%E3%82%B3/6385afb4-a21d-404c-bccd-e99a0ef468ea
> 私なんか3時間以上見ていたら頭が痛くなってきますからね。シンエヴァもけっこうきつかった…
こっちのエヴァは短くしてくれたよ。
https://togetter.com/li/1978221

> 「ああ・・・私達いてもいなくても良かったんだ」という感覚がその後の人生に影を落とすところまで描いてくれたらそれはもう名作だよね。
> しかし、なんか修羅場が展開されてますねw こういう展開は大好物ですがw
12:10~
https://www.nicovideo.jp/watch/so41559028
>> > これもガンダムではおなじみの展開なのか…
https://twitter.com/search?q=%E4%BC%81%E6%A5%AD%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%20until%3A2022-11-29&f=live
現在のガンダム。
https://twitter.com/kagetsuki1988/status/1596805147489099776
現在のヒロイン。
https://togetter.com/li/1982347
http://gundamlog.com/archives/57150327.html
>> ム
> 救いになるんだ。やっぱり見ていないとどういうことかピンとこないな…
そのままなんだけどね。
https://animanch.com/archives/20826503.html

> これによると、自分的にはアナザーのどれか1つをまず履修するのがいいかなあ。
サンダーボルトなら宇宙世紀だけど続きものじゃないからすぐ見終わるよ。
https://www.mbs.jp/gundam-hour/

>> > いったいこの大河内という人は過去に何をやらかしたんだw
> もはやサイコパスじゃん…
子供
https://twitter.com/isotakeru/status/1609631387262541825
向け
https://twitter.com/Cyobinosuke/status/1609672612418039814
とは(閲覧注意)
https://twitter.com/GTT214/status/1609764961315868672

Re: Re: Re: Re: Re: Shinnen Futsukame

> 氷河期鳥さん

> 明けましてンモー。
かりあげ君、イケメンすぎんだろ…
植田まさしさんはずっと体調不良のようで、ちょっと心配です。
まあそれはさておき、明けましてニャロー。

> 2022最初の記事も最後の記事もうる星だったね。
そういえばそうですね…特に意識はしていませんでしたが、結果的に2022年を象徴していたのかも。

> トピマス殿はこれでケモナーになったのかな?
うわあ!むちゃくちゃお宝じゃないですか!
サンデーグラフィックに一度再録されたような気もしますが、どうだったかなあ…けもこびるの日記もいつの日か単行本になることをずっと夢見ているのですが。
ああでもそうか。高橋留美子ファンは自動的にケモナーでもあるんですねw

> >> うる星の影響下にあるコメディっぽいですね。
> エヴァの影響下にあるコメディもあるよ。
ああこれってそうなんですか。確かに綾波みたいな感情のない女の子がいたなあ。

> > 私なんか3時間以上見ていたら頭が痛くなってきますからね。シンエヴァもけっこうきつかった…
> こっちのエヴァは短くしてくれたよ。
こういうのはファンとしては受け入れがたいものがありますけど、テレビ放映はあらかじめカットされることを甘受するしかないですね。

> > 「ああ・・・私達いてもいなくても良かったんだ」という感覚がその後の人生に影を落とすところまで描いてくれたらそれはもう名作だよね。
> > しかし、なんか修羅場が展開されてますねw こういう展開は大好物ですがw
> 12:10~
全然話は理解できないけど、スレッタとミオリネのやり取りは面白いw こういう二人はいいなあ。

> >> > これもガンダムではおなじみの展開なのか…
ダジャレなのか…

> 現在のガンダム。
うーん、これも今の時代に合わせたということなんでしょうか。
まあしかし、定款は大事です!

> 現在のヒロイン。
ポリコレだという批判の意味はよくわからんな。そういう勘ぐりの方が面倒くさい。
ていうか、普通にモテるような設定じゃん。

> >> ム
> > 救いになるんだ。やっぱり見ていないとどういうことかピンとこないな…
> そのままなんだけどね。
なんかあんまりいい展開が予想できない気がするんだが。

> > これによると、自分的にはアナザーのどれか1つをまず履修するのがいいかなあ。
> サンダーボルトなら宇宙世紀だけど続きものじゃないからすぐ見終わるよ。
ありがとうございます。一応録画してみますね。

> 子供
桜多さん、亡くなっていたんですね…師匠の永井豪先生よりも先にとは。ご冥福をお祈りします。

> 向け
新型コロナなんだよなあ…高千穂先生もどうか元気でいて欲しいものです。

> とは(閲覧注意)
師匠も容赦ない作風でしたが、この方も子ども向けとか関係なかったんですね。

猿の手

>> ん?わたモテもうる星も大体2コメづつで同数だけど、
> 長さとか数とかじゃなくて、なんていうか熱量ですよ。なんかわたモテと比べて反応が薄い気がするってことです。まあそれは仕方ないとは思いますけどね。単なる愚痴です、グチ!
お望み通り、わたモテよりうる星の方が熱量が大きくなったね。あらためて振り返ると去年のわたモテは酷いな~。20ヶ月以上もこんなグダグダに付き合わされたら、長期ファンの集うここでもそりゃ否定的なコメント出るよね、って感想。そういえばフレンズがテーマソングを選ばないことも増えたね。

Re: 猿の手

> 氷河期鳥さん

望んではいないんですけどね。どちらも盛り上がってくれるのが一番なんですけど、うまいようにはいかないものです。
まあ一喜一憂せずに、その時やりたいことをやっていくだけですね。
line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line