fc2ブログ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。9

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。9 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。9 (ガガガ文庫)
(2014/04/18)
渡 航

商品詳細を見る


読了後、まず最初に感じたことは
この作品をリアルタイムで読める、今の十代が心底うらやましい。でした。

いつだったか大槻ケンヂが、「寺山修司に十代で出会うかどうかで人生は大きく変わる」というような趣旨のことを言っていましたが、「俺ガイル」はまさに、私が十代の頃に出会っていたらきっと今とは違う人生を歩んでいた、と思わせる作品です。

書きたいことはいくらでも湧いてはきますが、うまく言語化ができる自信がありません……

「今しかできないこと、ここにしかないものもある。今だよ、比企谷。……今なんだ」
平塚先生のこのセリフには正直、泣きそうになりました。(アラフォーのじじいが情けないと思うでしょうが、若いころは涙なんか出ません。むしろ年を取るにつれ、涙もろくなるもんです)

平塚先生のこの言葉を16、17で読める今の高校生はホント、なんて幸せなんだろうとつくづく思います。
たぶん、今はその幸せを実感できないでしょうけど。まあそのうち気づきますよ。40ぐらいになってからね。
そして、もう二度とあんな甘酸っぱい気持ちを味わえないことに絶望するんです。ええ。

「俺ガイル」についてはそのうち、じっくり書きたいとは思っていますが、読むたびに心がぐちゃぐちゃにされるのでなかなか難しいです。
関連記事
スポンサーサイト



tag : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line