fc2ブログ

「未来」はひとつ?新TVアニメ「うる星やつら」第30話のざっくり/こだわり感想

※このたび36年ぶりに新しくTVアニメ化された「うる星やつら」。その第2期が2024年1月からついに始まりました。ここでは自他共に認める高橋留美子主義者である私なりそこないが、毎週視聴した感想を語っていきます。基本原作ガチ勢なのでアニメの感想には慣れていませんが、どうぞよろしく!
(私の新アニメ「うる星やつら」への思いはこちらこちらで。)

とにかく見る前は怖かったですね。自分でも何を怖がっているのかよくわからないまま、恐る恐る見始めました。
結果はもちろん取り越し苦労だったわけですが、それでも何かが心の奥底に沈殿している感覚があります。
それは別に不快なものでもないんですよね。かといって心地いいものかと言われたらそうでもないんですけどw(どないやねん)

まあとにかく、久しぶりにモヤモヤするものを抱えた回になりました。
2期に入ってから安定した内容が続いていただけに、こうした見終わった後にも何かが残る感じはある意味、新鮮だったかもしれません。

私が何を怖がっていたか。
その99%は「系図」にあります。「イヤーマッフルの怪」はコンプラ的に大丈夫か?くらいのものですしw
前回でも少し話しましたが、初期というかいわば「プレうる星」とでもいうべき頃の話なので、今の流れの中でどんな風に見えるのかそれがすごく心配でした。

1期9話の時にもその危惧が当たってしまったことがありましたからね。それでもあの時は最初の段階というか「君去りし後」を経ていませんでしたから傷も浅くて済みましたが、今回はもう30話目です。
「愛は国境を越えて」「電飾の魔境」も、そして「ラムちゃん、ウシになる」も通ってきた今、いまさら先祖返りのようなことになったらこれまで積み上げてきたものがすべて台無しになりかねません。
そうなるのがたまらなく怖かったんです。

見ればわかりますが、そんなことはありませんでした。
ここのスタッフは当然その辺のことは百も承知で、ていねいに作っています。

ただねー。
内容とは別に、一方では何とも言い難い思いがわだかまっているわけですよ。
今は、その処理をどうしたものかと持て余しているような状態ですね。

点数はどうしようかな…
とりあえず、Aパート「イヤーマッフルの怪」9点としておきましょうか。
Bパート「系図」は点数をつけないでおきます。
これに関しては単独で評価するよりも次回の「扉シリーズ」と合わせて判断した方がいいでしょうから。
内容自体もそういう風に作られていましたからね。

では、まずはざっくり感想からいきましょう!

more...

スポンサーサイト



tag : うる星やつら高橋留美子

line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line