fc2ブログ

実はどちらもなんだか変!新TVアニメ「うる星やつら」第29話のざっくり/こだわり感想

※このたび36年ぶりに新しくTVアニメ化された「うる星やつら」。その第2期が2024年1月からついに始まりました。ここでは自他共に認める高橋留美子主義者である私なりそこないが、毎週視聴した感想を語っていきます。基本原作ガチ勢なのでアニメの感想には慣れていませんが、どうぞよろしく!
(私の新アニメ「うる星やつら」への思いはこちらこちらで。)

まあ端的に言って、変な話でしたねw
そこは前回
> 実はどちらも非常に“変”な話
と述べた通りでしたよ。おそらく多くの人が同じ感想を持ったのではないでしょうか。

元々どちらも、いわゆる「うる星」の王道とは少し外れた印象のある話でした。
「コタツにかけた愛」に関しては、原作ファンの間でもあまり名前があがることもない地味な話ですしね。典型的なドタバタでもなければちょっといい話系でもない、なんとも言い難い奇妙な味のするエピソードですから。

一方、「ラムちゃん、ウシになる」は原作ファンの中でも名高いラブコメ名作ではありますが、どちらかというとラブ回の中でもかなり異色作なんですよね。まあ確かに感動的ではあるのですが、それと同時になんかおかしいぞという空気が漂っている一編なんです。実は感動を装ったギャグなんじゃないかというw
いわゆる「シリアスギャグ」というやつですね。そういった意味では、うる星の中でもけっこう珍しい回なんじゃないかという感想を個人的には持っています。

この場合の“変”さというのは、一見するとわかりづらいところがポイントです。
例えば、前回の飛鳥の話のような“変”さはわかりやすいじゃないですか。
ていうか、普段のドタバタ劇はああいうわかりやすい笑いなんですよね、うる星は。
1期13話「買い食い大戦争」とか、18話「き・え・な・いルージュマジック!!」みたいなものが「うる星」の王道なんです。
そしてラブコメの王道なら、10話「君去りし後」とか24話「愛は国境を越えて」ということになるでしょう。
でも今回の「ラムちゃん、ウシになる」はいい話ではあるものの、同時になんとも言えないおかしみも感じさせてくれるわけです。そこがなんだか「わかりづらい」ところでもあるんですよ。

まあとにかく、今回はどちらもその“変”な部分が重要だったわけですが、しっかりそれに応えてくれたと思います。
特に「コタツにかけた愛」は見事としか言いようがありませんでしたね。正直、原作はそんなに取り立てて面白いというほどでもないというのが個人的な評価だったのですが、今回のアニメで再評価したくなったほどでした。

点数としては、
Aパート 「コタツにかけた愛」 9.9点
Bパート 「ラムちゃん、ウシになる」 9.6点

といった感じですね。
トータル的にも今までで一番良かったんじゃないかという気がしていますよ。
あ、Cパートは例のごとく評価保留でお願いしますw

それでは、まずはざっくり感想からいきましょう!

more...

スポンサーサイト



tag : うる星やつら高橋留美子

line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line