fc2ブログ

【なりそこないの四方山うる星ばなし06】10くらいからわかるうる星講座その4・まずは初期から読んでみよう!単発掲載期編

※【なりそこないの四方山うる星ばなし】とは……
令和の時代に新しくTVアニメ化された「うる星やつら」。自他共に認める高橋留美子主義者である私なりそこないが、2024年から始まる第2期までの間、「うる星やつら」についてざっくばらんに語っていく企画です。
(私の新アニメ「うる星やつら」への思いはこちらこちらで。)

この時期の特徴としては、「連載ではない」というのがまず挙げられます。それはいわば「読み切り」と呼ぶべき性格のものでした。
もっとも不安定だった時期ともいえますね。

高橋先生が読者の反響を知るのは「5週連続連載」が終わった後です。そこで先生は、どうやら「ただのドタバタSF」よりも読者の興味は「あたる、しのぶ、ラムの三角関係」にあるらしいということを知ります。

「大反響だったと知ったのは、連載が終わってから。」(好書好日 人気漫画家インタビュー「 祝「うる星やつら」アニメ化、高橋留美子さんインタビュー! SF、ギャグ、学園もの…なんでもありの世界だっちゃ」 2022年4月22日より)

「幸い1話を発表してすぐに、読者からたくさんのお手紙をいただきまして。」(漫画家本Vol.14「高橋留美子本」P37より)

ただ、現役大学生だった高橋留美子にとって、まとまった時間がとれるのは夏休みだったり冬休み春休みくらいしかなかったのでしょう。1978年9月末に最初の連載が終わった後、次の長期休みまで時間が空くわけです。
その間、だいたい月1くらいのペースで「読み切り」を、という話になったのは容易に想像できます。

最初の「読み切り」は10月下旬発売の「少年サンデー1978年11月25日増刊号」です。9月頃に読者の要望を知ったとしても、それをじっくり反映させるまでの時間はあまりなかったんじゃないかと思われますね。
次の「読み切り」が11月22日発売の「週刊少年サンデー1978年51号」、さらに続けて11月下旬の「少年サンデー1978年12月20日増刊号」となれば、作画に追われる一方だったんじゃないでしょうか。当時はもちろんアシスタントを雇うわけにもいきませんでしたからね。(劇画村塾時代や大学の友人に手伝ってもらったらしいですが)
方向性をはっきり定めるほどには、まだそれほど余裕がなかった頃だったわけです。

というわけで、これからその微妙な時期の作品たちを見ていきます。各話ごとに注目ポイントなどを箇条書きしていますので、読む際の参考にしてみてください。

※各話の収録データはオリジナルコミックス(新装版および電子書籍版)に基づいています。
※重要度は4段階評価で、S=★★★★ A=★★★ B=★★ C=★。Sは絶対に外せない最重要エピソードになります。いずれも私見に寄るものですので、あくまで参考程度に考えてください。(なお、これは話の傑作度ではありません。あくまでうる星の歴史を顧みた場合の重要性を評価したものです)
※記事内の引用画像は当ブログにて考察研究のために「うる星やつら(新装版)1巻~34巻」より引用しています。

more...

スポンサーサイト



tag : うる星やつら高橋留美子

line

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪216(前編)簡易感想~基本ネタバレなし~

※これは正規の感想記事ではありません。あくまで“仮の”感想になります。基本ネタバレなしですが、内容についてのおおよその印象を語りますので気になる方はご注意ください。

7月27日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」がアプリ版で喪216(前編)に更新されました。
今回は喪216(前編)についての「ネタバレなし」感想になります。お間違いなく。

今回はすごい問題作だぞ!…とけっこう気を張りながら他の感想などを見て回ったんですけど、意外と好評だったようですね。もっと賛否両論になるかと思っていたので、少し拍子抜けしてしまいました。
「俺は好きだけど、これは好き嫌いが分かれるやつだな〜」なんてしたり顔してた自分が恥ずかしいw

でも、かなり攻めた内容だったのは間違いないと思いますよ。こういう話がすんなり受け入れられるのは、それだけわたモテファンの感度が高いからでしょう。まあそれだけ鍛えられてきたとも言えるかもしれませんがw

あそうそう、前回で谷川先生の「ページ数の関係で更新期間が空きます」という呟きを引用して、次は前編後編と分けずに一気に読ませてくるんじゃないかと書きましたが、結局のところ(前編)となっていました。
でも、決して途中で力尽きて中途半端な終わり方になってるわけじゃないんですよ。
何しろトータル22ページですからね。本来なら前編となるようなページ数じゃないだろうというw

実はこれには仕掛けがあるんです。ページ構成自体がネタになっているというか、一見するとわからないような形でかなり凝った作りになっているんですね。個人的にはかなり面白いなと感じましたよ。


というわけで、以下より喪216(前編)のネタバレなし感想を綴っていきますが、ある程度は内容が推測できそうな部分もあるかと思いますので、一切の予備知識がないまま楽しみたい方は正規の感想までまでお待ちください。

なお元Twitter(現Xだそうなw)では簡単な「ネタバレ感想」をつぶやいていたりします↓
https://twitter.com/horobijiji/status/1684410416431255552
https://twitter.com/horobijiji/status/1684410451864752129

その他、記事の更新予定やブログで書くまでもない戯言をつぶやいていたりしますので、よかったらフォローのほうをよろしくお願いします。

それでは、さっそくいってみましょう!

more...

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line

【なりそこないの四方山うる星ばなし05】10くらいからわかるうる星講座その3・まずは初期から読んでみよう!5週連続連載期編

※【なりそこないの四方山うる星ばなし】とは……
令和の時代に新しくTVアニメ化された「うる星やつら」。自他共に認める高橋留美子主義者である私なりそこないが、2024年から始まる第2期までの間、「うる星やつら」についてざっくばらんに語っていく企画です。
(私の新アニメ「うる星やつら」への思いはこちらこちらで。)

前回で「うる星やつら」をその時代ごとに区分化したので、今回からいよいよ具体的について見ていこうと思います。
特に「初期」に関しては、令和版アニメではほとんど取り上げられませんでしたからね。新アニメからうる星に興味を持たれた方たちに、まずはこの時代ならではの面白さや空気感を知ってもらいたいなと考えました。

進め方としてはコミックス収録順ではなく、雑誌初出の順番で見ていきます。
そうすることで、本来のうる星が歩んできた道筋が見えてくると思うんですよね。そこからさらに、うる星の世界が少しずつ変わっていく兆しみたいなものを感じ取っていただけたらうれしいです。

というわけでこれから一つ一つ見ていくわけですが、今回はスタイルを少し変えています。
各話ごとに注目ポイントなどを箇条書きしていますので、読む際の参考にしてみてください。

※各話の収録データはオリジナルコミックス(新装版および電子書籍版)に基づいています。
※重要度は4段階評価で、S=★★★★ A=★★★ B=★★ C=★。Sは絶対に外せない最重要エピソードになります。いずれも私見に寄るものですので、あくまで参考程度に考えてください。(なお、これは話の傑作度ではありません。あくまでうる星の歴史を顧みた場合の重要性を評価したものです)
※記事内の引用画像は当ブログにて考察研究のために「うる星やつら(新装版)1巻〜34巻」より引用しています。

more...

tag : うる星やつら高橋留美子

line

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!特別編~雨の日の雰囲気をノイズがかき消してしまうもったいなさ~

7月13日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」がブラウザ版で特別編に更新されました。

さて、どうしましょうか…
今回のようなパターンは逆に感想が難しいですね。前回のようなボリュームたっぷり中身も濃厚のほうが、よっぽどやりやすいなと感じます。

ページ数の問題でもないんです。むしろショート回のほうが奥深かったりするのがわたモテだったりしますからね。古くは喪107「モテないし気にかけられている」(コミックス11巻)がその代表例として挙げられますし、最近でも特別編13(コミックス22巻)なんかは、3ページというその短さからは考えられないくらいに語りたいことが多かった回でした。

ただ、今回のはちょっと状況が特殊なんですよ。
まず、「実質延期」だったという点ですね。(谷川先生のTwitterより)
この“実質”という言い回しがくせ者なんですw
特別編13の時は最初から「お蔵出し」とアナウンスがありましたし、その上で「1コマだけ描き直した」という情報も発信していただいたおかげで、その背景を慮る余地がありましたから。
今回はその“実質”の意味がどうも計りかねるんですよね。

そしてここしばらく直前での延期が続いていたために、かえってアプリ更新時に悪い印象を与えてしまいました。延期のお詫びとしてのおまけ2Pなら最初からそう言ってもらいたかったですし、変に読者を翻弄するみたいな感じになってしまったのは得策ではなかったと思います。
何より、文化祭がいよいよ始まるといったタイミングでのこのすかし方は良くなかったですね。

いずれにしても内容とは関係ないところで、色々マイナスのイメージがついてしまったのは本当に残念です。

また、その内容自体もはっきり言うと微妙なんですよね。どうしてもよけいなファクターを通してでしか作品を読めなくなってしまっているんです。
要するに、延期ならばなんでそう言わないのか、そもそもこれはいつ頃に描かれたものなのか、文化祭直前で挟むその意図は?…といったノイズが邪魔してくるんですよ。そのせいで逆に“わたモテ”を堪能できなくなってしまっている。

というわけで、今回はいつものような感想記事にはならないかもしれません。
それも覚悟しつつ、なるべく普段通りに見ていくことを心がけようと思います。
それでは行ってみましょう!


more...

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪214(後編)~まるで夢のようだった「前夜祭」(本当に夢だったりして)~

7月6日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」がブラウザ版で喪214(後編)に更新されました。

いやあ楽しい「前夜祭」でした。
まるで彼女たちと一緒に、この文化祭直前の夜を祝しているような気分にさせられましたよ。
まあ、まだ「映画」も完成していない中、前のめり的に騒いじゃっていいのかという気もしないでもないですがw

それにしても、こんなに長い夜になるとは思いもしませんでした。
前編+中編+後編のトータルで36ページにもなりますからね。通常の3倍くらいのボリュームですよ。
オムニバスでもない話でこれだけ充実した内容になるとは、いったい誰が想像できたでしょう。
単行本で一気に読むのが今から楽しみです。

今回は後編というより、「前夜祭」の本番さながらといった感じでしたね。
前編と中編で見せた二つの流れがここで合流するわけです。
喪213(後編)の時に「次のカオス」と言いましたが、割とスムーズにまとまった印象を受けました。

過去最長のボリュームになりましたし、中身も相当濃かったにもかかわらず、まったくダレる感じにならなかったのはその流れの気持ちよさもあったのかもしれません。
ちょうどよい具合のカオスというのでしょうか。身をゆだねていると、心地よくトリップ感を堪能できましたw

というわけで、さっそく見てまいりましょう!

more...

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line

【なりそこないの四方山うる星ばなし04】10くらいからわかるうる星講座その2・うる星の歴史を区分化しよう!

※【なりそこないの四方山うる星ばなし】とは……
令和の時代に新しくTVアニメ化された「うる星やつら」。自他共に認める高橋留美子主義者である私なりそこないが、2024年から始まる第2期までの間、「うる星やつら」についてざっくばらんに語っていく企画です。
(私の新アニメ「うる星やつら」への思いはこちらこちらで。)

うる星について書かれた記事を読んでいると、時々「初期」とか「後期」といった言葉にぶつかります。
当ブログでも「初期うる星」とか「中期の~」という言い回しが、特に前置きもなく出てきますよね。
原作は単行本にして全34巻、連載期間は8年半におよぶ歴史のある作品ですから、どうしてもその時期によって作風が異なってきます。それを語る上で便宜上そういった言葉で区分化しているわけです。

ただ、この区分は特にファンの共通した認識の下で決められたものではありません。ストーリーマンガとは違い、〇〇編とか明確な区切りがあるわけじゃないですからね。
それぞれが自分の分類に基づいて「初期」だ「後期」だと言っているに過ぎないんです。

それ自体は別にいいんですけど、これから「10くらいからわかるうる星講座」をやっていく上で、その辺の認識があいまいだと何かと不都合かなと感じたんですよね。講座というからには、いい加減な定義のまま語っていくわけにはいきませんから。
せめて当ブログ内では、一度しっかり定めておく必要があるのではないかと考えたわけです。

というわけで、今回は「うる星の歴史を区分化しよう!」と題して、原作を大きく4つの時期に分けて見ていきます。
すなわち「初期」「前期」「中期」「後期」といった具合ですね。

ただし、ここではあくまでざっくりと流れを踏まえるだけです。
そうすることで、「うる星やつら」を“線”として理解できると思うんですよね。俯瞰的な視点で見ることで全体の流れを把握するだけではなく、それぞれの時代の特色や変遷も見えてくるんじゃないかと。
うる星やつらを知る上での大まかなガイドラインになれば幸いです。

ひとつおことわりしておきますが、今回提示する区分はあくまで私独自の基準になります。必ずしも普遍的な指針にはならないということはあらかじめご理解ください。
「歴史」の解釈は人それぞれ、今回の記事を見たら、今度は自分だけの「区分」を作ってみるのも面白いのではないでしょうか。

それでは見てまいりましょう!
(なお、各区分で挙げた「代表的エピソード」は私の独断によるものです。異論は認めますw)

more...

tag : うる星やつら高橋留美子

line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
06 | 2023/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line