FC2ブログ

「向こう側の遊園」感想~星々の審判~

向こう側の遊園 (講談社文庫)向こう側の遊園 (講談社文庫)
(2014/06/13)
初野 晴

商品詳細を見る


以前、『高校生探偵」物をいくつか挙げてみる』でも取り上げた「ハルチカ」シリーズが有名な初野晴(はつのせい)氏の文庫における最新作。
元は2012年に講談社から刊行された「カマラとアマラの丘」を、文庫化に際し改題したものになります。

まあ、一言でいうと、「ハルチカ」シリーズからコメディ色を取り払って、核にある社会派的なシリアス面のみを抽出したような作品です。
もっとも、そもそもデビュー作の「水の時計」からして脳死問題がテーマになっていたり、本来、初野さんは“社会派”の作風なんですね。「ハルチカ」シリーズのまぶしいくらいの青春コメディがむしろ異色で、元々はこういった作風なんだと思います。
つまりは、「人間の悪意」といったものをとことんあぶり出すタイプの作品。それでいて、“バッドテイスト”にはならずに、なぜか読後感がいいことも特色ですね。

概要としては、
廃園になった遊園地にはある噂があった。そこには1年中さまざまな花が咲き乱れる秘密の動物霊園があって、墓守である謎めいた青年と交渉すれば、いわくつきのペットの魂を救ってくれるという……。
まあ、こんな感じでしょうか。

これだけ聞くと、いかにも人と動物をつなぐ「ハートウォーミング」ファンタジーのようですが、読み始めてみれば、それは大きな勘違いだとすぐに気づくはずです。

ここで語られる人と動物の物語は五つ。
一つ目は入院患者のパートナーだったゴールデンレトリバーの話。
二つ目は「ビッグフット」を埋葬しようとする夫婦の話。
三つ目は脳性マヒの少年と知性を持った天才インコとの“絆”の話。
四つ目はハールメンの笛吹きごとくネズミを操れる老人と、土地売買に関わる陰謀の話。
そして、最後は保健所で処分されそうなラブラドールを助けようとする少年の話。

どれをとっても“心温まる”ような話などひとつもありません。
人間の理屈に弄ばれる動物の叫びが聞こえてくるようなヒリヒリした感触を残す作品になっています。

more...

スポンサーサイト



tag : 初野晴

line
line

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
Twitterフォロー
line
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line