私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪127~あるいはこれも“特別編”~

12月28日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」が喪127に更新されました。
そう、「喪127」。
この時期恒例の「特別編」でなく、やはり「本編」を進めてきました。

まあ考えてみれば当然とも言えます。
ここで「クリスマス」編をやるなら、わざわざ3週空けた意味がわかりませんからね。
普通に21日にやればよかったはずです。
かといって、まさか「大晦日特別編」だの「お正月特別編」だのをやられてもねえw

第3木曜日の21日更新でなかったのは、単純に「クリスマス」編だと思われることを避けたかったのでしょう。
3年生編にもはや「特別編」はいらないのです。
なぜなら、もうすでに「本編」が“特別”なものになっているから。
1年の頃には確かに必要だったあのスペシャルな世界は、今のわたモテにはもう当たり前のものなのです。
そもそも、「ネズミーランド」編自体に“特別編”のような雰囲気がありますからね。

さて、「本編」となると、前回あのゆりちゃんからの続きになるわけです。
最終的な結末は年をまたぎそうですけど、あれからどう話は転がっていくのか、気になりますよね?

というわけで、今年最後のわたモテ、さっそく見てまいりましょう!

more...

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line

2017年を適当に振り返る~ラノベ・ライト文芸を中心とした個人的回顧録~

いつの間にやら2017年ももう終わりですが、
今年は昨年以上に後悔ばかりが募るというか、何もできなかった年だったなあという気がしています。
けっきょく、昨年暮れにあれこれ述べたこともほとんど書けず仕舞いでしたし、かろうじて『いまさら翼といわれても』の感想を形にしたくらいだけだったのがなんともはがゆいですね。

というわけで今回は、ライトノベルやライト文芸を中心にしたエンタメ界を個人的な思いとともに振り返っていきます。
要するに去年もやったような簡易感想集……いや、あれよりももっと個人的な感じかな?
まあ言ってみれば、本来の意味での「Web-log」(ウェブログ)でしょうか。まさにWeb日記ですね。
自分への戒めも込めた備忘録という形で、思うがままに進めていこうかと思います。

そんなチラシの裏的なものをネット上に挙げるとか、我ながらどうなのかという気もしないでもないのですが、「公共」の場にさらけ出した「個」の思いというのは、また違ったものになるはずだと思うんですね。
ネット上に乗せた段階でそれは自分ではない、また別の何かなんです。

それに、自分の恥ずかしい部分を世間に晒すことである種のセラピー(?)にもなるはずなので、どうか笑ってご容赦ください。

さて、今年をざっと振り返るとまず思うのが、シリーズものばかり追いかけていたなあということです。
特に心に残るのは、「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズですね。

more...

tag : ビブリア古書堂の事件手帖 ハルチカシリーズ 河野裕 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 北村薫 竹宮ゆゆこ

line

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪126~コースターのような「驚き」と楽しい「怖さ」~

12月7日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」が喪126に更新されました。

今回は「ネズミーランド遠足編」第2回。
いわゆる“続きもの”になるわけですが、もはや驚きもしなくなりましたね。もう当たり前のように受け入れている自分がいます。

ここ最近、わたモテというマンガに地殻変動が起きていることは、多くのファンの共通認識かと思いますが、個人的な印象としては、どうも卒業式を終えたあたりが大きな変換点かなという気がしますね。

今回はページ数も12と、けっこうなボリュームなわけですが、それも喪117「モテないし2年生の終わり」あたりからの傾向だと思うんですよ。
ほら、バレンタインから卒業式くらいの時は毎回ページ数が少なかったじゃないですか。喪111から116まで7回続けて1桁ページでしたからね。(喪115は前編後編喪116なんか最短記録(?)の4ページでしたし。
あの時は、連載が3つになったことによって、これからはこういったショートスタイルで行くのかなと感じていたくらいでしたからね。

ところが、喪117「モテないし2年生の終わり」で久々の表紙付きで10ページを飾ったかと思いきや、喪120で12ページ、喪122で14ページ(表紙付き)、喪124で10ページ、そして今回の喪126で12ページと、一回置きに2桁ページをキープしてきているわけですよ。
しかも、内容もそれまでの“肩すかし”路線を覆すかのように、ネモや南さんの話を直球的に持ってきたり、ゆりちゃんの内面性をクローズアップしてきたり、いわゆる「物語」してきています。

2年生と3年生の違いが、ここにきてよりはっきりしてきたことが読み取れますよね。

そして、今回の「モテないしあだ名で呼ばれる」 。
もうタイトルからして、ああそっちもちゃんと進めていくのね、といった感じじゃないですか。
ネズミー回でオールスターお祭りムードを盛り上げつつ、「友達の関係」方面もしっかり期待に応えていくとか、どんだけ力入っているんだよと半ばあきれてしまうくらいですw

ところが、そこはやっぱりわたモテ。意外なフェイントを用意していたのでした。

というわけで、さっそく見てまいりましょうか!

more...

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪125~そして、危ういパーティが始まる~

11月23日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」が喪125に更新されました。

どうも祝日に更新というのは、調子が狂いますね。(23日は勤労感謝の日でした)
なんでも休みの日は日付が変わる午前0時頃には更新するらしいのですが、夜中に読んだりしたらもうそのまま眠れなくなるのはわかっていたので、朝起きたらチェックしようと決めていたんですよ。
ところが、朝目覚めたときにはもうすっかり、頭から抜け落ちていましたw
(去年も喪106が文化の日の更新で思いっきり忘れていたなあ…)

で、お昼に食べている時にふと思い出したんです。あ、今日更新日だ、と。

なんかもう、職場で昼休みにチェックという習慣が体に染みついているんですね。頭じゃなく、体の方が覚えているんです。ちょっと我ながら怖くなりましたよ。


というわけで、その場で慌ててブックマークを開いて、まず目に入ってきたサムネがこれ。
mo125_samune.png 

……少し前だったら、逆に予想外だったと思います。「肩すかし」をしない「肩すかし」かよ!みたいな。
でももう、なんだか普通に「ああ、なるほど、こっちか」と受け入れている自分がいましたね。


more...

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line

実写映画「氷菓」を見て〜折木奉太郎は関谷純にはならない〜

※原作および映画のネタバレがあります。

実写映画「氷菓」を見に行きました。
jissha_hyouka_pamph.jpg


10月半ば、米澤穂信関連の記事を書いた時はまだ見るかどうか悩んでいたのですが、結局は足を運ぶことになりましたね。

まあ好きな作品が実写化して本当の意味で成功した例はほとんどありませんし、けっこうギリギリまで見なくてもいいかなとは思っていたんですよ。テレビドラマ版「ビブリア古書店の事件手帖」や実写映画「ハルチカ」なんかは結局見ませんでしたし。
ただ、後からやっぱり見たくなっても、いきなり上映期間が短縮されていて見れないとなったら後悔しそうだなと思ったんですね。実際、映画「サクラダリセット」は「後編」をみるのにけっこう苦労しましたから。(「サクラダリセット」は「後編」でかなりがっかりしたものの、全体的には見てよかった作品だったと思っています)

で、少なくとも「ハルチカ」のような、世界観そのものの改変はないように思えたんです、今回の実写化は。ならば、映画のスタッフはこの「氷菓」という作品をどうとらえたのかという点において、原作ファンとして見るのもアリかなと。
そんな感じで、それほど期待せずに軽い気持ちで見に行ったわけなんですね。

で、どうだったかと言うと……
mo70_katakata.png 
一言でいうと、こんな感じでしょうかw

more...

tag : 米澤穂信

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line