今週はるーみっく週間でした

140712-1.png

今週購入したもの。

私、“なりそこない”はその名前の由来通り高橋留美子原理主義者なので、「高橋留美子」という名前を見るだけでどうしても心が騒いでしまいます。

今週は特にざわめいてしまうものばかりでした。

まずはこれ。
140712-2.png

ビッグコミックオリジナル増刊の「ゴジラ増刊号」です。
個人的にゴジラについてはそれほど思い入れがあるほうではないのですが、
たとえ2ページでも作品が載っているとなれば、購入せざるをえません。

「いつかやられる」という高橋さんの子供時代の思い出を描いたものですが、
留美子作品には欠かせない味わい深いモブシーンなども円谷作品の影響から来ていることなど、なかなか興味深く読みました。
高橋さんは「けもこびるの日記」などエッセイものも面白いと思うので、そのうちエッセイ漫画を連載してくれないかなとひそかに願っていたりもします。サイバラに負けるな!

他の漫画家さんのゴジラ漫画の中では花輪和一氏の「ゴジラの国」もよかったですね。
この増刊号はもう一つの「戦後日本史」という見方もできて、興味深い企画だったと思います。

次はこれ。
140712-3.png

意外ですが、作家生活36年目にしてスペリオール初登場だそうです。


表紙で“ホラー?サスペンス?ミステリー?”とありますが、まあなんとも形容しがたい感じの作品でしたね。一応、社会派的なテーマなんでしょうが、ちょっと高橋さんには合わない気がします。この人、本当に「悪人」が描けないんですよね。(これは本人も言っていることですが)まあそこがるーみっくわーるどの魅力でもあるとは思いますが。
“超ナカジマ”はちょっとびっくりしました。こんなギャグ?を描くんだ留美子が、とちょっと思ってしまいました(笑)
いろいろ試したいのかなーとも感じましたね。

140712-4.png
アオイホノオ」は80年代のオタク青春ものというちょっと変わった作品。
なぜこれがるーみっくなのかというと……
140712-5.png
裏表紙、

140712-6.png

そして表紙見返しを見ていただければおわかりでしょうか、
この作品には作者、島本和彦氏の高橋留美子への“愛”が詰まっているからなのです。

実際問題、この作中における高橋留美子への評価はファンとしてもうなずける部分も多く、
今の高橋留美子しか知らない人にとっても、当時の高橋留美子がいかに衝撃的だったのかよくわかる作品となっています。

他にも若いころの庵野秀明や岡田斗司夫がいたガイナックスやあだち充などが実名で登場したりして、80年代当時のオタクカルチャーの空気がよくわかるものになっていますね。
表紙を見ての通り、来週からドラマ化されるそうですが、どんなものになるんでしょうか……。

140712-7.png 

140712-8.png 
最後は6巻が出てた時にもちらっと書いた「実は私は」。

どうしてこれがるーみっくなのかって?
そりゃ、なんたって“平成のうる星やつら”なのですから、当然ではありませんか。

チャンピオン誌の最新話では何やら終了間近か?ぐらいの勢いで盛り上がってますが、
雑誌上のキャラクター人気投票は「第1回」と銘打っていますし、まだまだこれからでしょう!
ちなみに筆者の好きなキャラベスト3は
1.茜
2.渚
3.葉子

です!

何を隠そう、実はこれが今回、一番「るーみっくわーるど」的だった作品のような気がしていますが、まあ気のせいとしておきましょう……。
スポンサーサイト

tag : 高橋留美子

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line