私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪111~自分の痛さを冗談にできる“強さ”~

3月2日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」が喪111に更新されました。

いやあ、3月ですね。
まだまだ肌寒い日は続きますけど、それでも少しずつ春の息吹を感じるようになってきたかなと思います。
春といえば、別れと出会いの季節。
学生さんには卒業、入学、そして進級が待っています。
そして、前回が入試の話だったように、わたモテの世界にも少しずつ春が近づいてきているようです。

まあ、9月更新時には正月の話だったわけですし、
特に現実の時間と作中時間がリンクしているわけではないんですけど、それでもやっぱり色々考えてしまいますよね。
3学期に話が移ってからしんみり系が目立ちますし、
この春最大のイベントである3年進級をどう描いていくのか、気にするなという方が無理な注文というものです。

さすがにいきなり卒業式ということはないでしょうが、
そろそろ新たなステージへのプレリュードが始まってもおかしくはないでしょう。

というわけで、さっそく見てまいりましょう!


mo111-01.png 
正直、ああ今回ゲームネタかあ…と思ってしまいました。

いや、ゲームには本当に疎いんですよ。
まあ、じゃあ他のジャンルは詳しいのかと言われればそうでもないんですけどw
特にゲーム系は一般常識的なこともわからないこともしばしばなんです。
ただでさえオタ系ネット系のパロが多いマンガにおいて、元ネタがわからないのってはやっぱりきついですよ。


で、今回のタイトルが「モテないし周回プレーをする」

“周回プレー”って、もう完全にゲーム用語じゃないですか。
果たして、自分に今回の話が楽しめるだろうかとちょっと不安に感じたことは否めませんね。

でもまあ考えてみれば、プロ野球ネタ(特にロッテネタとかw)もわかりませんし、アニメもそれほど知らない方ですが、それでも毎回わたモテを楽しめているわけで、そんなに気にすることもないのかもしれません。

さて、そんな私とは違い、ゲーマーなもこっちはゲームをしていてなにか思いついたようで、さっそく弟の部屋を訪ねます。

mo111-02.png 
訪ねるやいなや、胡座をかくもこっちw
居座るつもり満々ですねw
かわいいというか、こうしてみるとなんだか姉というより妹みたいです。

どうやら、「強くてニューゲーム」を現実でできる方法を語りにきたようなのですが……

mo111-03.png 
はあ?
ちょっと何言ってるかよくわかりませんねw
一瞬、「サザエさん時空」的なメタネタなのかと思ってしまいましたよw

てか、「留年」って「強くてニューゲーム」なのか?
弱かったからダブっていると思うんだがw

でもなるほど、今回はこういう話なのですね。
もこっちの想像斜め上のどこかずれた発想で笑わせるというパターンで、
ある意味、初期のわたモテ的というか、
たとえば、喪67「モテないし姫になる」みたいな感じなのかなとこの時点では思っていました。(同じゲームネタですしね)

mo111-04.png 
WWWWWいやいや、絶対にバレるに決まっているだろw
どこの誰がダブりとか、そういう情報はすぐに拡散するぞw

1年生をニューゲームならまだわかるんですよ。
入学したての彼らなら、まだ学校内の事情にも疎いでしょうし、顔もみんな知らないわけですから。

2年ともなればそうはいきませんよ。
「また同じクラスだねー」というセリフどおり、すでに顔見知りがいるわけです。
そんな中、まったく見たことがない人がいたら、逆に「あれ誰?」と注目を浴びるに決まっているじゃないですかw
今は少子化でクラスの数も少ないでしょうし、去年まではいなかったことくらいすぐばれます。

てか、そもそも井口さんとか紗弥加もいるだろうがw
1年前ならともかく、今や下の学年にも知り合いがいる状況で「私を知っている奴はほとんどいない」というのには無理がありますよw
そういえば、体育祭の騎馬戦で組んだ地味な3人組もいましたよねwけっこう1年の間でも知られているぞw
イケメン先輩とゴールしたり、なにげにもこっちって、学校内でもけっこう有名な方なんじゃないの?

mo111-05.png 
WWWWW
前回の記憶を引きついでって、すでに3回目じゃねーかw
2回も失敗しているくせになに言ってんだよw
2度あることは3度あるって知らないのか?(まさか3度目の正直でもあるまいにw)

というかこれ、1回目2回目を知っているだけに、逆に笑えますよw
「…」の部分とか「趣味は読書」とかw

mo111-06.png 
いやいや、学力を引きつげなかったからこそ「留年」なんだろうがw
しかも妄想のくせに満点じゃなく「98点」とかちょっとリアル感だそうとしてんじゃねーw

それにしてもこのもこっち、変に艶ぽいというか、むしろちょっと気持ち悪いw

mo111-07.png 
また「うぇーい」かよw

もこっちのこの“仲良し”イメージは一体なんなんでしょうね。
絶対変な偏った情報に毒されていると思うんだがw

そもそも「精神的に優位に立てる」ことが仲良くなれる条件という考えが、あまりにも歪んでいますよ。
そういうのって、絶対相手に見透かされるはずなんですけどね。

しかし妄想とはいえ、なんともひどいシミュレーションです。
そもそも3学期のこの時期になって、急に留年が決まるはずもないですし、
あまりに不毛な思いつきとしか言いようがありません。

これではさすがに発展性がないというか、一発ネタの域を出ないわけですが、
どうやらもこっちの妄想には続きがあるようです。

「せっかくの強くてニューゲームなんだし、もっと主人公っぽいふるまいをしたほうがいいか」

うん?主人公っぽいふるまいとは一体なんでしょう。
(てか、すでに“主人公”なんですけどねw)

mo111-08.png 
なるほどwwwwこれは確かに“主人公”だわwww

というか、完全に発想が「中二」というかなんというか……
学食のとき「黒の淑女」といい、こういうタイプに憧れがあるんでしょうね。
つまりは今の自分のままで実はすごいとみんなに認められたいんでしょう。

mo111-09.png 
で、こういうパターンですかw
ラノベやマンガでよくありますよね。
こういう「成績上位者ランキング」を廊下とかに貼り出すイベント。

こういうシーンを見るたびに思うんですが、
実際にこういうのって現実でもやっているでしょうかね?
もちろん、私が高校生のときも成績上位者って名前は出ていたはずなんですけど、
いちいち、貼り出すっていうのはなかったような気がするんですよね。
まあ、地域というか学校の方針にも寄るんでしょうか。

絵にもなりますし、使い勝手もいい構図なのでよく使われるのはわかるんですが、
なんていうか、ちょっと「テンプレ」感は否めませんよねw
シリアスな場面では使いづらいというか、
もはや、こういうあるあるネタの餌食になるしかないような気がします。

mo111-10.png 
なんだこいつw
なんとなく元ネタがありそうなキャラではありますけど、逆にそれがかえって、いそうでいないような気もw
てか、ハートの耳飾り?がすっげえださいw

あと、こういうキャラって、必ずこうやって人を指差しますよね。(エヴァのアスカあたりがルーツでしょうか)
むやみに人を指で指してはいけないって躾けられなかったのか?と咎めたくなるくらい失礼な行為だと思うんですが。
てか、現実では面と向かって指さすなんてまずありえませんw

学年一位云々といってるところからして、
この子が2位の「酒居真希」なんでしょう。(いかにもな名前w)

mo111-11.png 
WWWWW
「やれやれ系主人公」って、こういうことじゃないと思うんだがwww
これじゃあ、喧嘩売ってるとしか思えんwww

そもそも、「やれやれ」って、モノローグとかでいうから様になるんであって、
目の前にいる人間に使うようなセリフじゃねーだろw

mo111-12.png 
学年三位wwwああ、やっぱり元ネタがありそうな気がするw
「黒木にからむんじゃない」というセリフもなんだかそれっぽいしw
やっぱり、あいつが絡むといつもろくなことにならないんだ……的なやつでしょうかw
そう考えると、この学年三位くんのほうこそ「やれやれ系」ぽいなw

それにしてもこのもこっちの表情、すげえむかつくw

mo111-13.png 
何者もくそもあるかw
実は単なるダブりでした…って、そんなオチ仮にラノベでやったら、大炎上間違いなしですねw

もこっちの「やれやれ主人公」ぶりがすっげえおかしいw
見れば見るほど、じわじわきますよw

というか、これ、単にこういう口癖なのか?

mo111-14.png 
主人公っぽいふるまいw要するに「黒の淑女」的なラノベ主人公ということですね。
でもまあ、こうしているぶんにはちょっとミステリアスというか、
何やら事情がありそうなヒロインに見えなくもないかも?

周りのクラスメイトもなにやらヒソヒソ噂をしているようですが……

mo111-15.png 
だから、何者もくそもあるかってのwww
単に留年しているだけだってwww
たかだか1年ダブっただけで「大人っぽい視点」ってwww

まあ、これは要するにもこっちの頭の中での絵空事なわけですけど、
それにしても設定がガバガバというか、けっきょくなんの中身もない話ばかりで、ちょっと切なくなってきてしまいますよw
なんだよ「為になるアドバイス」ってw抽象的すぎるわw

ていうか、そもそも本人に聞こえるように噂してんなよw本人からけっこう距離あるのに気づかれてるしw

mo111-16.png 
WWW
最初は単に「強くてニューゲーム」のシミュレーションを妄想するだけだったはずなんですが、
だんだんストーリーが進んできているというか、ラノベのプロット的な感じになってきたなw
実力を隠しきれない主人公ですかw もこっちって「やれやれ系」に憧れている面があるんでしょうかね。

mo111-17.png 
WWWWW私の正体(留年)wwww
なんかいろいろとおかしすぎるwww

もう、どこからどう突っ込んでいいやら、もはやわからなくなってしまいますよねw
留年生が「劣等生を演じないと……!!」ってwww

そもそも、留年とばれたくないからみんなと仲良くできないって、それいろんな意味で終わってるだろw

モノローグと凛々しいもこっちとの落差もいい味だしていますし、
やっぱりここが個人的今回一番笑ったシーンになりますかね。

mo111-13.png 
この「やれやれ」も捨て難いですがw


mo111-18.png 
そういえば「文化祭と体育祭は毎年交互に行う」なんて話もありましたから、新2年生は初めての文化祭になるんですね。

別に保健所云々なんて、やったことなくってもわかりそうなものですけどねw
先輩経由でも聞けるでしょうし、そもそも、最初に学校側からそういう注意事項もあるでしょう。

しかしこれ、もこっちはどういう立場なんだ?

mo111-19.png 
www言葉の使い方がおかしいwwwうっかりってwww
というより、全部暗記できるようならそもそも留年しないだろwたははじゃねーよw

mo111-20.png 
さらっと、ふざけたことをwww
「精神年齢」なんて自分に使うような言葉じゃねーだろw

それにしてもこの三連発、
なんだかわたモテコミックス裏表紙の「理想」パートのように見えてきますね。

mo111-21.png 
WWW
で、これが「現実」パートという感じかなw

なんかこの3人がこんな感じでつるんでいるという図式も面白いですね。
真子と吉田さんの組み合わせなんてかなり新鮮です。
吉田さん、真子の後ろをついていく感じなんだw

というか、そもそもこの世界にもゆりちゃんたちはいるんですねw
あまりに都合のいい妄想だったんで、現実とはまったく違う時空設定なのかと思っていましたよw
こんな感じで、かつてのクラスメイトをずっと避けていくって、かなりの難ゲーだろw
どこが「強くてニューゲーム」なんでしょうかw

mo111-22.png 
よくあるラノベならここは屋上とかなんでしょうけど、わたモテだとここになるんですね。
喪45「モテないし暇潰し」(コミックス5巻参照)を思い出しました。

あの時も弟の部屋にちょっかい出しに行って、「南校舎と北校舎の間に目立たないけど通り道があって……」なんて語っていたんですよね。
現実でも、もこっちにとって本当に落ち着ける場所はここなのかも。

mo111-23.png 
なんか「地獄のミサワ」みたいなキャラになってきたw

mo111-24.png 
しつけーなwわかったってのw
いつまでやれやれやってるつもりだよw

というか、「実力者」じゃなくって「留年者」だろうがw

mo111-25.png 
うぜえwww
やれやれやれやれってうるせーってのw

まるで読者に同意を求めるかのような目線がムカつきますが、
その分、いつもよりも美少女成分マシマシになっているところがまた逆に笑えますw

mo111-26.png 
ここまで延々、こんな与太話を聞かされていたのか、智貴はw
辛抱強いというか、姉バカというか……w
途中、一切のツッコミもありませんでしたからね。
やはり、姉耐性が以前にもましてついているような気がしますw

つーかこれ、TUEE系っていうのだろうか?

mo111-27.png 
ん?どういうこと?
ゲームに疎いのでイマイチぴんとこないんですが、隠れ設定解禁みたいなものなんでしょうか。

それにしても「絶対仲間にならないような奴」とは……

mo111-28.png 
WWWWW
そういうことかよw
けっきょく、姉弟いちゃいちゃのノロケ回じゃねーかwww

右の智貴が妙にかっこいいというか、普通にもこっちを受け入れている感がまた腹立つw

でも修学旅行では別に仲間にはなっていないようですけどねw
てか、隣に誰もいないしこれハブられているんじゃないの?
見ようによっては弟のストーカーなんだがw

mo111-29.png 
WWWWW最後のオチまでなんかノロケっぽいwww
本気でビビッているもこっちがなんともかわいいですね。(個人的今回のベストもこっち
けっきょく、弟にかまってほしかっただけというw

冒頭の「んだよ?」以外、一切無言だったの智くんがいい味だしていますw



えー、確かに新たな季節へのプレリュードにはなっていましたけど、まさかの「留年」ネタw
前回の「入試」といい、こういう根幹は保ったまま少しひねくれたずらし方をしてくるのは、まさにわたモテの真骨頂ですね。
新たな展開を匂わせつつも、あえて初期のテイストぽい感じを持ってくるのがまたニクイ!

でも、一見すると、初期のわたモテぽいというか、都合のいい妄想を延々エスカレートさせただけの回のように見えますが、それでもやっぱり、かつてのパターンとはどこか違っていたように思えます。

昔だったら思いついた段階で、まずは自分一人でいろいろやってみたと思うんですね。
無口キャラとか食いしん坊キャラとかキャバ嬢とか、まさか本気で考えているとは思えないような発想でも、いったんは実行してみて痛い目にあうのが初期のパターンだったわけですよ。

それが今回は、単に弟に自分の妄想を語っているだけですからね。
思考回路自体は変わっていなくっても、自分の中だけで完結するんじゃなくって、まずはそれを他人に話すという点で以前のもこっちとは違うような気がするんです。

で、ラスト。

『え…? 冗談なのに』

そう、もこっちにとって、これは弟と親睦(?)を図るための単なる“ネタ”に過ぎなかったんですよ。
本気じゃなかったんです。
だからこそ、以前のように実際にはやってみなかったのではないでしょうか。(まあ、実行と言ってもネタが「留年」ですし今更やりようがないわけですがw)

きっともこっちにとって、この1年は自分でも「強くなった」と感じることができた一年だったんですよ。
だからこそ、「強くてニューゲーム」なんです。
ちゃんと自分自身の成長を認識しているからこその今回の“妄想”なんですね。
それは高校入学の時の「女子高生になったらモテる」となんの根拠もなく信じていたころとは違うものなんです。

もちろん、「仲間」が増えて1年前よりはぼっちじゃなくなったという周りの変化もあるでしょうが、
私にはそれ以上にもこっちの内面のほうが大きいような気がします。

最後に自分の妄想を「冗談」と言った彼女。
自分の“痛さ”を弟とのコミュニケーションにも使えるようになったわけです。
これこそが、この一年でもこっちが“強く”なった何よりの証ではないでしょうか。



ところで、ついに11巻の表紙が公開になりましたね。

watamote_11kan_sample.png 
10巻同様、今回も「キャラの関係性」をフィーチャーする構図になっていて、中々興味深いです。

それにしてもこうしてみると、10巻のときの特典ペーパー、
watamote10tokuten_tora.jpg 
これの別バージョンのようにも見えます。

私は前回コメント欄で、この特典イラストを「10巻の表紙にしてもいいくらいの印象的なショット」と書いたばかりだったので、ちょっと驚きましたw

でもこの時は、どちらもまだ様子見というか、お互いの出方をうかがっている状態のように思えましたが、
今回のネモはなにか含みを持たせた笑みを浮かべながら、岡田の元へ向かっていますし、もこっちはそれに背を向けながらの“グルグル目”と、かなり印象が変わっています。
岡田と清田の誌面に対してのそのあまりの扱いの小ささ(笑)もなんだか意味深ではありますね。
10巻の表紙以上に関係性に「奥行き」が出てきたということなのかな?

正直、この表紙の意味するところはまだよくわかりません。
まさか、二人の決別を表しているわけではないとは思いますが……

ていうか、これ、むしろ10巻の表紙にふさわしいんじゃないでしょうかね?
喪97「モテないし学食で食べる」 を象徴している構図でしょ、どう見ても。

11巻であえて当てはまる話といえば、喪107「モテないし気にかけられている」 ということになるんでしょうけど、清田は関係ないしなあ。

うーん、ひょっとすると10巻のときの没パターンを引っ張ってきたとかw
10巻は「変態シスターズ」以外にも、今江さんの話とか、他にも表紙候補になりそうなエピソードが満載でしたからね。ネモバージョンもすで候補としてあったしても不思議ではないような気がします。

キャッチコピーからはやっぱり3学期以降の展開がポイントのようですが、
正直、今はまだその変化の「予兆」を描いているだけで、別段取り立てるような話でもないように思えます。

クラスメイトが「イジってきた」っていうのも、むしろ12巻以降の内容にも感じますね。
これから、加藤さんや南さん、委員長なんかが、さらに話に深く関わってくるはずなんですから。

…あれ?そう考えると、まだまだ今のクラスでやることがいっぱい残っているし、
ひょっとすると、3年生編はもうちょっと先のような気もしてきましたね…

前回の「入試」、そして今回の「留年」は、その辺りを示唆したものなのかもしれません。


コミックス11巻は3月22日に発売です!
スポンサーサイト

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

更新お疲れ様です
初期の頃にはじめた弟との「わたしと会話して」をまだやってるのかと思いました。
智貴くんももう「いいから出てけ」とかではなくツンデレ的な「んだよ?」なのが2人の仲の修復度?を微妙に感じますし、こんなわけわからない話を1話分聞くようになったんだなあ・・・と。
自己紹介部分、その条件なら3年に進学しても慣れてる?のは同じはずなので実際どうなるか今から楽しみですね。と言っても3学期もじっくり見たいのでまだまだ先の話であって欲しいですが。
大人っぽい話で為になるアドバイスとか、そんなん出来たらきーちゃんはああはなりませんよね。
しかし、妄想の中なのに都合のいいことだけじゃなくバレない様に気を使ったり知り合いから逃げたりw普通に進級した方が友達いっぱいいていいじゃねえかwwと
まあ、もこっちの中では友達が増えていってるというのを自己評価は出来てるのかと言う問題もありますが。
しかし・・・実際にこんなこと(無理矢理)可能であっても、デリカシー0に会ったら大声で何か言われて終わりなんだろうなぁ。

No title

更新お疲れ様です
今回は最初から最後まで苦笑いが収まらない回でしたね
冗談とは言えもこっちの痛すぎる話を聞かされる智貴がどんな表情をしてたのかが非常に気になります
実際にそうなったら一番恥ずかしいのは智貴ですしね
留年と言えば個人的にはもこっちよりも吉田さんの方が心配なんですよね。
色々とズレた部分がありますし
あと学校は別だけどゆうちゃんも不安です

初めて書き込みします
前回入試話の1ページ目に前期選抜入試と書いてあったので後期選抜(おそらく描写しない)があると仮定すると今回は2月後半から3月上旬の話 次あたりで委員長の卒業式の話がきてもおかしくありませんね

更新お疲れ様です。
久々にもこっちと智貴の二人だけでしたね。少し懐かしい気持ちになりました。
仰る通り留年しているわけですから「強くて」がそもそも成り立たないんですよね。
この場合はニューゲームというよりコンティニューの方が近いんじゃないかと思います。みんなが進級というボスを倒している中、もこっちは負けてもう一度挑戦し直している感じではないでしょうか。
11巻発売日が近づいて来ましたね。楽しみです。ちょっと気になったのですがネモの髪の色凄いですね。わたモテは割と現実でも居そうな髪のキャラばかりなのに対してかなり異彩を放っていますよね。
吉田さんよりよっぽど派手ではないでしょうか。岡田のヤシの木?頭も見たことないですが。

No title

みなさん、コメントどうもありがとうございます。
まとめての返信にて失礼いたします。


>こうさん

>初期の頃にはじめた弟との「わたしと会話して」をまだやってる
ああ、なるほど、すごく腑に落ちました。きっと会話のネタはなんでもいいんですよね。
もこっち同様、智貴も成長しているんですよね。姉の痛さをそんなもんだと達観できるようになったんだと思います。

進級しても自己紹介はありますから、それも楽しみですね。新しいクラスがどういうメンツになるかはまだわかりませんが、
少なくともネモ以外にも知っている顔が多くいることでしょうから、今までとはまた違ったプレッシャーみたいなものがあったりするかも。

妄想の中でも都合のいいことばかりではないのは、やっぱり「冗談」だからなんでしょうね。
あくまで思考実験として弟に一緒に盛り上がりたかったのでしょう。


>んじゃさん

苦笑いw確かに爆笑というより、そんな感じの回だったかもしれません。

確かに本当に留年したら智貴はたまったもんじゃないですよねw
ただでさえ姉が一緒の学校にいるのを苦々しく思っていたのに、ましてや同級生ですからねw
吉田さんはアホでも勉強はある程度こなせるタイプな可能性はありますけど、
ゆうちゃんは確かにやばいですね…
でも2年生にはなれたんですから(ですよね?)、なんとかなるんじゃないでしょうか。


>ジャスさん
うーん、もう少し、3学期のクラスの話を読みたいんですが、確かに時系列的にはそろそろあってもおかしくなさそうですね…
冬休みを飛ばして正月に時計を進めたりもしましたし、本当にわたモテってこちらの裏の裏をかいてくるんで、どうなるか予想がつきませんw


>ふちささん

妄想内ではたくさんのキャラが出てきましたけど、現実には姉弟オンリーですものねw
ある意味、喪94「モテないし弟はサッカーやってる」 の逆バージョンといってもいいかもしれません。

ああ、そうだ、「コンティニュー」に近いんだ。わかりやすい例え、どうもありがとうございます!
そうですよね、進級できなかったって、ゲームオーバーしてるってことですからねw

ああ、そういえば、ネモのカラー絵って正式には初めてでしたっけ。10巻の特典で一度見ているので気づきませんでした。
確かに赤毛のアンみたいな色ですよね。高校デビューで真っ赤に染めたんでしょうか…親とかどんな感じだったんでしょうね。
なにげに岡田と清田もカラー初ですかw
確かに岡田は髪の色より、あの形の方に意識がいってしまいますよねwあれ、オシャレだと思っているんでしょうか。

No title

更新お疲れ様です
正直今回の話はいまいちと感じました。修学旅行以降のわたモテの魅力ってもこっちと他のキャラの交流にあると思うので、もこっちの妄想だけで話が進むのはちょっと違うなぁ…というのが感想ですね
ただ、おもしろいのは妄想の中の学年2位の女の浮きっぷりですね、わたモテって漫画ですけど「漫画っぽい」要素を極力排除している作品だと思うんです、登場するキャラも話の展開も基本的に現実的で誇張された感じがしないのが魅力だと思うのですが、だからこそ学年2位の女の「漫画っぽさ」が浮いて見えるし、ギャグになっているのが面白いと思います(相手を前にしてフルネームで呼ぶのもあり得ないですよねw)
11巻の表紙は岡田が描かれているのが嬉しいですね、岡田って初期から登場しているキャラですけどもこっちと一切関係性がないですから、表紙に登場させたということは岡田に注目した話があるのかと期待してしまいます。

Re: No title

コメントどうもありがとうございます。

もこっちのクラス内での立ち位置も変わりつつある今、確かにそういった不満を抱く人も多いかもしれません。
特に3学期の席替えの件が大きいですね。
あれで、ネモや加藤さん、そして南さんへの期待が大きく膨れ上がりましたからね。
そんな中、ここまで焦らされたら「生殺しかよ!」と苛立つ気持ちもわからないでもありませんw

ただ今回の話は、単純にもこっちのソロ妄想回ともいえないような気がします。
智貴が冒頭とラストにしか出てこないので、そう思われても仕方ない部分もありますけど、
やっぱり今回は「姉弟」回なんですよ。

ある意味、喪102「モテないしいつかの冬休み」の裏バージョンという気もしたんですよね。
要するに今回のもこっちは「自分はこの一年で少しは『強くなった』んだよ」と弟に伝えたかったんですよ。
それはあの日、「あの頃の夏休みや冬休みは楽しかったなー…」と一緒にハルヒを見ながら弟に語っていたもこっちの姿となんだかダブってしまうんです。
話している内容があまりにひどすぎるためにわかりづらいですけど、もこっちの真意はそこにあったような気がするんですね。(もちろん本人的にはそんな意識はないでしょうが)
そう考えると、ラストの「弟の思いがけない反応に本気でビビるもこっち」もなんだかいじらしいなあ切ないなあと感じてしまいます。

あそこだけ、なんだか別のマンガみたいですよねw >学年2位の女
まあ、マンガやラノベ的あるあるをパロッたりおちょくったりする作風ゆえに、ツッコミをいれる側としては「リアル」を追求せざるを得ないのでしょう。
そうでないと、ああいう場面が活きませんからね。
ネモや南さんといったキャラの存在感もそういったところからきているのかもしれません。

岡田はの話は本当に期待しちゃいますよね。ある意味、南さんよりも楽しみな感があります。
…というより、ネモと岡田の関係が気になるんですよね。
ネモはもこっちを意識しているのに、岡田はまるで存在しないかのように決して関わろうとはしないわけです。
ある意味両極端のこの二人がどういう思惑で一緒にいるのか、その辺りをとにかく知りたいですね。

ゆり真子吉田

いつもお疲れ様です。「もこ真子トイレ事変」の回以来のコメントです(^.^)。
もこっちがゆり真子吉田さんから隠れてる場面ですが、良く見ると吉田さんは真子の真後ろではなく斜め後ろを歩いてるんですね。ちょっとした描写ですが、この3人の直線的ではない人間関係を表しているかのような。「わたモテ」はこういった描写が本当に繊細で素晴らしいと思います。

Re: ゆり真子吉田

>チーリーさん、コメントどうもありがとうございます。(「もこ真子トイレ事変」ってなんかゴロがいいですねw)

え、どういうこと……って、おお!?本当だ、吉田さんは少し手前側を歩いていますね。
これはすごい。谷川さんも素晴らしいですが、これに気付いたチーリーさんも素晴らしいですよ!

それぞれが履いているソックスも3人のキャラを象徴しているようですし、本当に読みこめば読みこむほど味わい深い作品ですよね。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line