再び「帰ってきた」といえるために~「ゲレクシス」完結に際して~

今、すごく心が沈んでいます。
なんだか自分でも意外なほどに、気持ちが落ちていく一方ですね。

原因はわかっています。
2月14日発売のイブニング(2017No.05)で、古谷実の「ゲレクシス」が突然最終回を迎えたからなんです。



いえ、単に好きなマンガの連載が終了したから悲しんでいるわけではありません。
むしろそうであったならどんなにいいか……
普通に作品に対して名残惜しい気持ちを抱きたかったですよ。

昨年4月に連載が始まってまだ1年経っていません。
3月23日に出る2巻が最終巻となるので、古谷実作品の中でももっとも短い連載作品となるわけですが、
はっきりいって、「作品放棄」としか言いようがありません。
たぶん「打ち切り」でもないと思いますね。
最終回を読む限り、大風呂敷は広げたものの進め方に行き詰まってしまい、けっきょくは「匙を投げてしまった」というのが本当のところではないでしょうか。


ようするに、終わるから悲しいんじゃないんです。
「ゲレクシス」という作品に対する今回の仕打ちが悔しいんですよ。
作品がすごく可哀想に思えてしかたないんです。

いやね。前々回の15話「宴」までは「ようやく面白くなってきた!」とわくわくしていたんですよ。
「あっち」側の物語が「こっち」側に侵食してきて、ここから本当の意味で「ゲレクシス」という物語が始まるのかと期待していたんです。
ところが、前回の16話「イレギュラー」でいきなり出鼻をくじかれてしまいました。
一応ネタバレはしないつもりなので詳しくは書きませんが、正直首を傾げてしまいました。「そりゃないだろう」と。
でもまあ、それでも、ここから想像を超えたような展開が始まるのだろうと信じていたんです。

で、今回。もうね。唖然呆然でしたよ。

なんの予告もなしに
最終話「体質」
って!

なんですか、「イレギュラー」だの「体質」だの、そんな結末ありますか?
タイトルからして、もう「投げている」でしょう。
しかも最後の柱の煽りが「痛恨の準備不足」って!
そんなオチあるか!

いや実際、設定やプロットなどほとんど準備せずに今回の連載を始めたんじゃないんでしょうかね?
前作から3年待たされて最後にこんなオチを見せられたら、さすがにそんな当てこすりのひとつもいいたくなりますよ。

まあ設定や世界観をあえて詰めずにその時その時の流れで続けてみようというコンセプトだったのかもしれませんが、
そんな個人的な実験に付き合わされる身にもなってほしいですね。しかも実験失敗ですし。

とどのつまり、テーマは今までと同じでしょう。
「日常」と「狂気」の狭間に魅入られ、落ちてしまう人間の生き様ってやつです。
でも、今回はそんな深いテーマが胸に迫ってくることはないですね。
はっきりいって、前作「サルチネス」から考えても大きく後退していますよ。

あまり他の作品の名前を出すような真似はしたくないのですが、
先日最終巻が発売になった福満しげゆきの「中2の男子と第6感」と比べても、
物語の幕の下ろし方があまりにも投げやりとしか言いようがありません。



中2の男子と第6感」も当初は「ゲレクシス」のように「行き当たりばったり」で描いているかのように見えました。
実際、作者による「あとがき」によると、最初に考えていた「ペース配分」の通りにはほとんどいかなかったようです。

だっていつ連載が終わるか、わからないですから、そんなに引っ張れないですよ…

いかにも福満さんらしい言い訳で笑ってしまったのですが、
まあでも、連載始めから最後まで予定通りに進むマンガのほうが珍しいでしょう。そこは別にいいんです。

でもね。福満しげゆきは作品に対して真摯でしたよ。

よくある終盤にライバル・キャラいっぱい出てきたのに「俺たちの戦いはこれからだ!」的な終わり方になるのだけは、避けたい

思った以上に「中2と師匠の修行」のパターンが早く尽きてしまったにも関わらず、匙を投げずに最後まで描き切りましたよ。
むしろ作品への愛が強すぎて、エピローグが“長すぎて”しまったくらいですからね。

確かにそれはマンガとしては冗長すぎたかもしれません。

でも私は4巻の「あとがき」で、
「ボクシングで勝って子供を抱く」シーンが描けてよかった、「同窓会に行く」がやれてよかった、と、
まるで無邪気なこどものように綴っている福満さんこそマンガ家として正しいと思いますね。

それにしても。

考えれば考えるほど、本当に落ち込んでしまいます。
悲しさよりも腹立たしさよりもむしろ「空しさ」が先にたってしまう感じでしょうか。

あんなに素晴らしい作品を生み出していた古谷実というマンガ家が、
こういう形を「よし」としているということになんだか恐怖すら覚えてしまいます。

そう、怒っているわけでも悲しんでいるわけでもないんです。

怖いんですよ。
こういう決着のつけ方を許してしまう古谷実がなんだか怖いんです。
それは、私がかつて敬愛していたマンガ家の姿とはあまりにもかけ離れているから。
その現実がなんだかすごく恐ろしいもののように感じてしまうんですよ。

3月23日に発売される最終巻には「描き下ろしおまけページ」があるとのことですが、
せめて、そこで「今回は失敗だった」と素直に認めてほしいですね。
それならまだ救われますよ。

どんな作家だって失敗作はありますし、それならまだ次を待てます。
そのときは「古谷実が帰ってきた」と再び書くことができるでしょう。

でも仮に、本当にこの形での終わらせ方に満足してるとするなら。
……その時は、次も「帰ってきた」と思えるかどうか、自信が持てません。


スポンサーサイト

tag : 古谷実

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

完結したのですね
なんだかびっくりです

なんとなく古谷実ってもうずっと前から、
描き続けてきた、鬱屈した人間、普通からこぼれ落ちた人間に、
興味が薄れてきてるんじゃないかと感じてたんですよね
そういうのはすでに作品として昇華され清算が済んでいるんじゃないかと

例えばヒメノアールって二回主人公が代わっていて、
最初は20代の冴えない若者、
次が30代の冴えないおっさん、
最後が生まれつき頭がおかしいと言い張る若者

でもそれ、古谷実が熱が入らなかったからだと思ったんですよ
もはや20代の鬱屈はとっくに清算されてて筆がのらない、
じゃあ30代のおっさんに交代、20代よりは良いが…、交代
結局ヒメノアールで古谷実が一番熱が入ったキャラは、
最後の生まれつき頭おかしいと言い張る若者だと思うんです

もはや過去のテーマに対しては清算が済んでいるのに、
同じものを描こうとするから熱が入らず次々に主人公を交代させていったのがヒメノアールだと思うんです

で、今回
読んでいないので評価は下せないですが
管理人さんの言う通り投げっぱなしだとしたら
やっぱり古谷実はもはやこのテーマでは、
どうやっても熱が入らないんじゃないかと思ってしまう
もちろんプロとして投げっぱなしにするのは問題ですが

Re: No title

Ooさん、コメントどうもありがとうございます。

正直、このエントリーは公開しようかどうしようか悩みました。
当ブログの方針として「作品の悪口は書かない」と決めていたので。
でも、どうしてもこの思いを吐き出したいという気持ちのほうが勝りましたね。

誤解してほしくないんですけど、古谷実に愛想が尽きたわけじゃないんです。
もしそうなら、こんな記事も書かずに、いっさい触れないで終わりにしています。
好きなものの話をしていたほうがずっと楽しいですし、そのほうが意味あることだと思っていますので。
でも、まだ自分の中でなんらかの思いがあるんですよ。古谷実に対して。

ヒメアノールへの見解は興味深いですね。
確かにあからさまに主人公が代わったのはあの作品だけですし、
読んでいた当時も、なんだか迷走しているなと感じた記憶があります。

本来なら、はじめからあの殺人狂の若者を主役として描くべきだったんですよね。
まあ、狂気の彼方にいる人間とそこへはいけない人間とのダブル主人公的な感じで、
その違いを浮き彫りにしようとしたのかもしれませんが、結果としてどっちつかずになってしまったように感じます。

でも、その後の「サルチネス」は割と評価しているんですよ、私は。
ぎこちなさは否めないというか、相変わらずの散らかりようではありましたが、
それまでの堂々巡りから抜け出して、そのもっと先を追求していきたいという意志を感じ取れたんです。
だからこそ、今回の「ゲレクシス」には期待していたんですね。
「サルチネス」のその後を見せてくれるんじゃないかと。

興味が薄れているのはわかるんです。
古谷さんもすでに成功した側の人間ですからね。熱も入らないかもしれません。

でも、それ以降も彼はずっと同じテーマを描き続けているわけです。
「サルチネス」から3年ですよ?
他に描きたいものも見つからない……としても、
3年もあれば、別の描きたいテーマを見つけるには十分な猶予期間だと思うんですね。
それでも彼は同じテーマを選んだんですよ。
ということは、まだ「うまくやれない人間」に対して何かやり残したことがあるんじゃないでしょうか。

それでも、やっぱりダメだった、うまく描けなかった、ならまだいいんです。
どんなに優れた作家でも駄作や失敗作はつきものですから。
今回は失敗でした、また次頑張ります、と言ってくれたならまた待てる自信があります。

ただ、私が怖いのは、あの終わらせ方で「満足」してしまっているんじゃないかということなんですね。
「サルチネス」で感じたような「まだ何か見つけられる」「もっと先へ」という意志が欠けていたような気がしたんです。
そこがたまらなく怖いんですよ。それはマンガ家として致命的なような気がするからなんです。

もちろんこれは、私個人の見解です。必ずしも正しい見方だとは言いません。
3/23発売の最終巻を読んで、ご自身の目で判断してください。
その上で、もし違ったとらえ方があればご教示いただけるとうれしいです。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line