今後の(わたモテ以外の)更新予定覚書

相変わらず多忙な年末を過ごしていて、なかなかブログに時間が割けない日々が続いています。

まあこんなご時世に仕事があるだけありがたいことでもあるんですが、
やっぱり出したいものが出せないまま溜まっていく一方というのもそれはそれできついことでもあります。
幸いわたモテの感想だけはなんとか続けていけていますが、
他にもいろいろ書きたいことはあるんですよ。(需要があるかどうかは別として)

元々このブログはその時の旬のものをと決めているわけではなく、
あくまで自分の中で盛り上がっているものを扱っていくことを目的としているので、
最新のものをいち早く取り上げなくては、と焦ることは別にないんですけど、
それでもあまりほったらかしにしておくと、自分の中にある新鮮な気持ちがだんだん変容していくのがわかるんですね。
確かにくっきりと存在していたはずの思いがだんだんゆっくりとぼやけていって、
最後には静かに消えていくのを何もできずにただ見ているのはなんだか心苦しいんです。

というわけで、今回は今後の感想予定リストをここに残しておこうと思います。
いうなれば、これだけは書いておかなけば、という自分への意思表示ですね。
私信にも近いものなので、記事としてエントリーすべきものなのかも微妙なところですが、こうすることで自分へのプレッシャーにもなるかなと(笑)

※なお、このリストは順不同です。特に優先順位があるわけではありません。



●『いまさら翼といわれても』(米澤穂信)

やっぱり、これは外せませんね。この時にも少し触れましたが、実に6年半ぶりのシリーズ新作ですからね。
しかも今回はまず目次で驚かされましたから!
是非いろいろと考察していきたい一冊ですね。


●『さよなら妖精』(米澤穂信)

米澤穂信とくれば、こちらも見逃せません。
10月末に「デビュー15周年記念刊行」として新装版が発売になったわけですが、
書き下ろし短編も収録とくれば、取り上げないわけにはいかないでしょう。

前にも書きましたが、米澤ワールドを知るうえで絶対に欠かすことができない最重要作品です。
王とサーカス」や「真実の10メートル手前」で太刀洗万智を知った方に是非おすすすめしたいですね。
(あ、「真実の10メートル手前」の感想も書きそびれたままだ……)


●『あしたはひとりにしてくれ』(竹宮ゆゆこ)

「砕け散るところを見せてあげる」に続く竹宮ゆゆこ最新作。

ああもう死ぬほど好きですね。好きで好きでたまらないですw
竹宮ゆゆこに関してはどうしても信者的な目線になるので、いつも以上にちょっとやばめのテンションの文章になってしまうのですが、もうこればっかりは仕方ないですね。
引かれてもいいや、えいや!とばかりに書いてしまうと思いますw


●『この恋と、その未来。 -三年目 そして- 』(森橋ビンゴ)

これも一作目からずっと追いかけている大事な作品なので、絶対に書かないと。
この恋と、その未来。 -二年目 秋冬- 』もまだきちんと感想を書いていない状況なのでなかなか厳しいですけど、
彼らの行く先をきちんと見届けることは自分にとっての責務とさえ思っています。
(でもまだ読んでもいないんだよなあ…早く読みたいんだけど)



……とりあえず、ここまでは最低限書きたいですね。
できれば年内中に、と言いたいところですけど、まあ難しいかなあ。
でも必ず書きます!


あと他にも、
5年ぶりに復活した『狼と香辛料』シリーズや、新装版が刊行中の『サクラダリセット』についても是非触れておきたいし、
米澤さんの推薦文に惹かれて読んだ『星読島に星は流れた』もすごく心に残った作品だったのでその感動を残しておきたい気持ちがあります。
来年ついにシリーズ最終巻が出るという『ビブリア古書堂の事件手帖』も途中で中断しているので4巻以降の感想を再開したいし、
サクラダリセットの河野裕氏最新作『階段島』シリーズも『いなくなれ、群青』しか書いていないのをなんとかしたいし、野崎まどの『バビロン』シリーズも触れておきたい。
マンガだって、阿部共実とかもっと語りたいし、『ゲレクシス』もできればリアルタイムで感想を書きたいしああいっそ昔の『稲中』とか改めて感想を書いたっていいくらい……
うーん、きりがないのでこの辺でやめときます。それこそ鬼が笑いかねないのでw

まあ、あまり気張ってもしょうがないですし、これからもマイペースで続けていくつもりですが、
そろそろなんとかしていきたいところでもあります。
せめて本を読む時間は確保していきたいですね。


   
スポンサーサイト

tag : 米澤穂信 竹宮ゆゆこ 森橋ビンゴ

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

管理人さん、本当にお疲れ様です

私がこのブログが好きなのって、
この人は真剣にこの作品に向かい合っているんだなあ、凄いなあ、
ってすごく感じるからなんですよね
どうも私は管理人さんほど、作品に対して真っ向から向かい合っていないんだなあ、とコンプレックスも抱いたり

>あまりほったらかしにしておくと、新鮮な気持ちがだんだん変容していくのがわかる
例えば私が羨ましいと思うのは、この感覚
きっとこれは誰だってそうなんですよね
初読の感覚はどんどん変容していく
でも、それは分かってんだけど、そこら辺を曖昧にして中途半端な感想書いちゃったり

その辺りの一本筋が通った文章って、凄く、凄く、尊敬する

なのでこれからも無理せずに真摯にマイペースに更新して頂きたいと思いながら、
その上で、ゲレクシスや阿部共実の感想、楽しみにしていますよ(笑)

Re: No title

Ooさん、うれしいコメントどうもありがとうございます!

なんか、そこまで褒められるとちょっと居心地が悪いんですが(笑)
まあ、実際のところはそんな崇高な精神で取り組んでいるわけじゃないんですけどね。

でも、みっとなくても拙くても嘘だけは書かないようにしようとだけは肝に銘じています。

それは別に倫理的な理由ではなくって、なんというか、かっこつけてもどうせばれる、と思ったんですよ。
ていうか、現実では「知ったかぶり」や「心にもないことを言ったり」もしてきたんですけど、
やっぱり化けの皮ははがれしまうんです。
要するに、嘘が下手なんですよね。

若いころ嘘をつきまくったおかげ(?)で、身の程を知ったんです。
ああ、自分は他人をだませるほど賢くないんだな、と。
そんな自分が唯一戦えるものはといえば、「自分に正直であること」でしかないと悟ったんですね。

ところが、これがまた厄介な産物で、意外と「自分の気持ちに素直になる」って難しいんですよw
書いているうちに自分の考えが変わっていったり、
自分の言葉に驚いて、え、本当にこんなこと思っていたの?と戸惑ったり……
日々、「自分の気持ち」との戦いですね。ホント、己の姿こそ自分には見えないんだなあと思い知らされる毎日です。

その自分との戦いが「真摯」と受け取られたならすごくうれしいですね。
これからも精進しますので、どうぞよろしくお願いいたします。(あくまでゆるく切なくだらしなく、ですがw)


ゲレクシスは第14話を経て、ようやく自分が期待していた展開になりつつあるか?というところに差し掛かっていますwかなり面白く

なってきていますよ。
ただ休載が多くて、ほぼ月一回のペースになりつつあるのが歯がゆいですね。
というわけで、単行本派のOoさんにはなかなか厳しいかと思いますけど、
次にゲレクシスの感想を書くときはやっぱりネタバレ全開の内容になってしまうと思いますので、そのあたりはご了承くださいw

阿部共実もねー。
「ちーちゃんはちょっと足りない」にはすごく衝撃を受けてそれ以来ファンになってしまったんですけど、
読んでいると心の古傷が疼きだしてなんだかすごく苦しくなるんですよね。冷静に自分と向き合えないというか。
なんとかやり口を見つけて形にしたいところですが。
最近は阿部さんの師匠?的存在の施川ユウキの「バーナード嬢曰く。」を読んで和んでバランスを取っていますねw
鬱ギャグというジャンルでは施川さんが本家本元なんでしょうけど、
バーナードは鬱要素を極力外した作風であまりダメージを受けないのでちょうどいい緩和剤になっています。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line