私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪104~期待は外してはくるけど、肝心のところは決して外さない~

10月6日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」が喪104に更新されました。

さて、今回はどんな話になっているんでしょうか?
……って、さすがにしらじらしいですねw

前回「きーちゃん回“予告編”」だったわけですから、当然、今回は「きーちゃん回本編」になっていることでしょう。
まあこれで、いきなり3学期が始まっていたら、そりゃあびっくりですけどw
でも、常にこちらの期待を微妙に外してくる谷川さんではありますが、ここぞというところの本筋は絶対に外さない人なんですよね。
そこは信頼できる作家さんなので、その辺は安心しています。

というわけで、早速見てまいりましょう!


mo104-001.png 
初っ端からまさかの、きーちゃんと弟との初邂逅!
お互い「!」となっているところにもなんだか「おおっ」とちょっと感動してしまいますw



mo104-002.png 
ええ、この段階で新年初対面なのかよw
なんだかあっさりしているというか、冷めているというか……

親戚の家に新年挨拶しにいくときって、普通こんな感じなんでしょうか?
自分のところはわりと、親戚一同みんなで正月きちんと顔をあわせる、みたいなことをずっとやっていたので、この空気はちょっと違和感があります。
まあ今の時代、うちらみたいなほうが特殊なのかもしれませんね。

それにしても、きーちゃんって「お兄ちゃん」って呼ぶんですね。
いとこだと、名前呼びで「智貴くん」もあるかなと思っていたのですが。
まあ、もこっちのことも「お姉ちゃん」と呼んでいますから、このほうが自然といえば自然ですね。
でもなんか、きーちゃんの口から「お兄ちゃん」という言葉が出るのは、どうも変な感じがしてなりませんw

それにしても智貴、1月2日から部活ってすごくありません?どんな強豪校だよw
よっぽど部活動がさかんな学校なんでしょうかね。

mo104-003.png 
うーん、やっぱりこの二人、妙に距離感があるような気がしますね。
特に智貴のほうに「めんどくさい」オーラが出ています。
まあ、彼は親しい男友達以外は誰に対してもどこか引いている感じがありますから、特別きーちゃんだけにというわけでもないのかもしれませんが。

それよりもここは、きーちゃんの「……」の意味がちょっと気になりますよね。

mo104-004.png 
というわけで、今回は「モテないしきーちゃんは普通じゃない」
なんともすごいタイトルですねw

ていうか、タイトルに具体的なキャラ名が入っているのって初めてなんじゃないでしょうか?
いつもだったら「モテないし普通じゃない」だと思うんですよね。
まあいかにも「きーちゃん回本編」という感じがしていいんですけど、なんか意図があるのかと邪推してしまいます。

この表紙絵もちょっと違う感じがしますよね。
いつものような、なにげない日常の一場面を切り取ったような感じではなく、昔のギャグ漫画風というか、
こういうキャラの立ち絵メインってむしろコミックスの表紙なんかで使われるパターンではないでしょうか。

“強敵”と書いて“しんせき”と読む柱コピーも、なんだかそのイメージに合わせたかのようなへんな「ダサさ」があって、なかなか興味深いです。

あと、きーちゃんの猫ヒゲがすごくかわいいw
羽子板で墨を塗るとか、昭和的なベタさをあえて追求した上でのこの表紙なのかもしれませんね。 

mo104-005.png 
WWWWW
着替えるっていうから、二人で初詣にでも行くのかと思いきや、
単に気合い入れているだけかよwww
ていうか、たかが従姉妹の相手するのにそこまで思い詰めなくても……w

とはいえ、このもこっちはちょっといじらしくもありますよね。
「悪夢(きーちゃん)」といえども、やっぱり客人としてもてなすつもりはあるんですから。
ちょっとおしゃれな服を選ぼうとしているのもなんとも微笑ましいです。
さっき、思いっきり寝姿見られていたんだから、いまさら取り繕うこともないはずなんですけどねw

ていうか、今回って喪103ラストからそのまま話がつながっているんですね。
寝起き直後できーちゃん相手は確かにきついなあ……

mo104-006.png 
意図的かはわかりませんが「床に置いてた」きーちゃんのスマホを、思わず見てしまうもこっちw
なんともいい表情していますよね。
確かに小さい頃からしっている従姉妹に異性の影を感じたら、こんな顔をしてしまうかもしれませんw

この時点では、きーちゃんの「恋愛模様」からの切な痛い展開を予想していたのですが……

mo104-007.png 
WWWこのきーちゃんを見るもこっちの表情が最高ですねw

つーか、せっかくの正月なのに、二人で部屋に閉じこもってゲーム三昧かよ!
これ、マジで着替える意味があったんだろうか…

mo104-008.png 
トップのサムネにも使われていたこのシーンですが、
この段階にいたっては、誰だってきーちゃんの恋愛関連ともこっちとの対比で「色恋フェーズ」突入か、と思いますよね?
私だって、これはもこっちが恋愛ごとに目覚める感じで話が動いていくのか!?と思わず手に汗を握りましたよw
で、これはかなり“痛い”話になるぞ、なにしろきーちゃん回だし!と覚悟を決めたのにもかかわらず……

mo104-009.png 
「友達になってくれ」
うーん、なんとも心苦しい言葉ですwこういう微妙な言い方って、あとから悲劇を呼ぶんですよねえ……

まあ、きーちゃんは当然モテるでしょうし、その手の男の子は引き手数多でしょう。
だからこそ、このもこっちの反応は当然だともいえると思うのですが…… 
mo104-010.png 
でました、サイコきーちゃんw
「友達だよ」ってw
単なる友達を「コウヘイ」なんて名前で登録するのかよwww

まあ、この子の場合、無自覚でこう思ってそうだから怖いんですが…
ホント、コウヘイ君には同情しますよw

mo104-011.png 
これは怖い。怖すぎます。他のことしたくないって……
いくら単なる友達だとしても、この扱いはないだろうに。

「家に帰ってから返信する」とか言っていましたけど、それじゃあ、1日どころか2日以上待たせるってことじゃねーか。
メール返信なんてそんな何分もかからないだろ!そのくらいの手間さえ惜しむのかよ…
ホント、コウヘイ君には同情を禁じ得ません……

本来なら、そこまで自分を慕ってくれているわけですから嬉しいことなんでしょうけど、
そりゃあもこっちも「……」となりますよね。完全にストーカー気質のセリフですもん。

mo104-012.png 
WWWWW
ああなるほど、怖いというより、理解できないんですねw
嘘でもいいから、なんで自分に自慢してこないのかがw

ある意味、「色恋フェーズ」ともいえますが、こういう展開はちょっと予想外でしたね。
きーちゃんを恋愛方面的にも「サイコ」よりにすることで、もこっちとのズレを際立たせるわけですか。

mo104-013.png 
嘘モテ自慢wwwなにげにすごいフレーズだなw

しかしそうか、2年前のアレがある種のトラウマになって、
そういったことに何も感じなくなっているのではないかと疑い始めているわけですね。

確かに、中学2年生にしては幼すぎる感がありますし、小学生で精神年齢が止まってしまっているという可能性もなくはないかも。

mo104-014.png 
えーw
まさかの「真子っち」パターン

まあさすがのもこっちも「きーちゃんって人は本物ですか?」と短絡的にならずに、
「男だったら弟(智貴)みたいな奴」がタイプかと解釈するわけですが……
(なんで自分みたいな人なら即、弟、となるのかよくわかりませんがw)

mo104-015.png 
WWWWW
なるほど、冒頭の智貴への「……」はこれの伏線だったわけですねw
もこっちの冷や汗が妙に笑えますw

それにしても、今さっき初めて会ったみたいな言い方ですよね、これ。
ひょっとすると、今まで弟ときーちゃんの接点ってほとんどなかったのかもしれません。

だからかもしれませんが、きーちゃんってあまり人を見る目がないのかなという気もします。
もこっちと似ているかどうかは別としても、どう考えてもあの弟が「普通」だとは思えないんですがw

mo104-016.png 
ああ、なるほど。「ほっとけない感じ」を恋のような感情とごっちゃにしているんですね。
うーん、ますます小学生っぽいメンタリティーだなあ。

それにしても、目を伏せるきーちゃんってなんかへんな感じですね。逆に大人っぽく見えるというか。
あのサイコ目こそが彼女を幼く見せているのかもしれませんね。

mo104-017.png 
WWWWWまあ、そう思うわなw
もこっちにしたら、中学生にもなってこういう性未分化的なスタンスというのは理解不能の世界なんでしょう。

mo104-018.png 
WWWWWなんだこのきーちゃんw
これじゃあサイコというよりむしろAIだろw
(カチカチという機械音もきーちゃん自身が発しているとしか思えんw)
これは客観的な描写じゃなく、完全にもこっちの主観入りまくりの表情ですよねw

それにしても、このもこっちの思考はなかなか感慨深いです。
単純にきーちゃん怖い、じゃなく、自分のせいでこうなったのでは?という発想は、それこそ2年前にはなかった考え方ではないでしょうか。
見逃しやすいところですけど、こういうちょっとした所にもこっちの「成長」が見えるんですよね。

ていうか、あんな土下座と駄菓子屋でのもこっちを見たら、多感な子供なら誰だって情緒不安定になるじゃないかなあw

mo104-019.png 
WWWWW妙な使命感が生まれとるwww

今回のキーワードは「普通」ですね。
普通の女の子とはどういう子のことをいうんでしょう?
それは誰と比べての普通なんでしょう?

そう考えるとけっこう深いテーマだとも思うんですけど、
ここはもこっちがこのセリフを言っていることでギャグになっているわけですよね。
お前がいうなみたいなw

mo104-020.png 
WWWWWメスサイドってwww

谷川さんってこういうパターンのネタ好きですよねw
ブックオブの「おい売れよ」とかw

mo104-021.png 
個人的ベストもこっち。
なんかこれだけ見ると、普通にいいお姉さんしていません?
生足も色っぽいし、きーちゃんとの比較のせいか、すっごく大人っぽいもこっちですよね。

でも「ときメモ」的なあれって、「もう中二だしそろそろいいんじゃない?」というようなニュアンスのものかなあw
何かが違う気がしますw

mo104-022.png 
なんという恐ろしい計画なんだ……www
「今後与し易い」ってw
ていうか、当初の「普通の女の子に戻す」という目的からかなり外れてきているんだがw

mo104-023.png 
おいw
どういう理屈だよwさっきの「私のせいもあるのか」はどこいったんだw
「成長」が見えるとかいっていた俺がバカみたいじゃねーかw

それにしても、このきーちゃんは……w
果たして、“今よりマシ”なのかは意見が分かれるところかもしれませんw

mo104-024.png 
ああ、こういうのは嫌ですねえ。

いえ、こういう風に後ろから自分のプレイスタイルを監視されるってすっごく居心地悪くありません?
特にこういうその人の「人間性」が出るようなゲームって、自分の性癖を晒しているようでなんとも恥ずかしい感じがしちゃうんですよ。

実はきーちゃんのこの「バランス型」、私のやり方にちょっと似ているんです。
自分もこういうふうに全てを無難に進めていきたいタイプなんですよ。
で、お前つまんねーやり方するなあと呆れられるというw

まあたぶん、楽しみ方を知らないんでしょうね。なんというか、ゲーム内でも嫌われたくないんですよ。
もともと自分はあまりゲームってしないんですが、
特にこういうシミュレーションというか育成ゲーム的なものは苦手ですねえ。

mo104-025.png 
やべえ、これマジで俺だわw
いえ、この男の子が、ということではなく、このきーちゃんのプレイスタイルが、ですよw

いや、本当にこういう選択肢が出たら絶対同じものを選びますね。
「人それぞれだと思うよ」なんてリアルでも口癖のように言っている気がしますw
うわー、こうしてみると、自分ってなんて凡庸でつまらない人間なんだろう…

mo104-026.png 
WWWWW
そりゃあゲーマーなもこっちにしたら、信じられないやり方なんでしょうね。
驚いている表情があまりにもリアルすぎますw
(こ、こんなやり方があったとは…!)みたいなw


mo104-027.png 
プレーに人間味を感じないwww

ゲームで人間性を判断されたくないわ、とも思いますけど、
嫌われてもいないが好かれてもいないって、これリアルな自分とちょっとダブる感じがして、
少し複雑なんですよねえ……

mo104-028.png 
まあ、第三者からはそう見えますよねw

このきーちゃんの「凄く面白いよ」はそのままセリフどうりとっていいのか、もこっちに気を使っているのか、判断が分かれるところかもしれませんけど、この感じからすると、天然ぽいですよね。
本人は普通に「ザ・バランス型」を楽しんでいるのかもしれませんw
(そもそも恋愛成就ゲームとも思っていないようですが)

mo104-029.png 
うわ、なんというつまらないエンディングwしかも2流大学ってwww

これにはさすがにひどいと思うわwある意味、最悪のバッドエンドだろw
「風の噂で」とかエンディングで一番聴きたくない言葉としか言いようがないw

mo104-030.png 
WWWWW闇しか見えないwww
まあ、あの「卒業エンド」を「クリアできたよ」というくらいだからなあ。

でも「ゲームを通してきーちゃんの中身を見たかった」ていうのも、
これはこれで闇が深い言葉だと思いますけどねw
なんだよ“きーちゃんの中身”ってw

mo104-031.png 
ちょっと面白そうですね、きーちゃんを落とす恋愛ゲーム。
むちゃくちゃクリア条件が厳しくて、とんでもないクソゲーになりそうですがw

mo104-032.png 
いつのまにか、こんな暗くなっていたのかよw
1月2日をゲームオンリーって、もう立派なダメ人間としか言いようがないw

それにしても「動物はだいたい好きだよ」って普通ならすごく微笑ましいセリフだと思うんですが、
きーちゃんがいうと、なんだかサイコ臭がしてきますよねw

ところで、智貴は部活午前中とかいっていましたけど、こんな時間までなにしていたんでしょう?

mo104-033.png 
WWWWWWW唐突すぎるわw
あまりに唐突すぎて、笑いながらも次のコマ見るまでまったく意味がわかりませんでしたよw
ついに気が狂ったのかとw

mo104-034.png 
なんというクソゲーwww
いや、糞ゲーかw

ていうか、この恋愛ゲームやばすぎでしょ。
完全にご主人様と犬じゃないですか……
もはや、人間でプレイするよりも手っ取り早く犬に転生したほうが近道なんじゃないでしょうかね?
(そういう裏ルートがあったりして)

mo104-035.png 
WWWWWWW
はい、ここが今回の一番笑ったシーンですw

「犬系男子って野グソするような奴じゃねーだろ」
この智貴の冷静すぎるツッコミが最高ですw

てか、ここのもこっち、さっきのぐるぐる目よりも怖いんだが…

mo104-036.png 
きーちゃんを先にお風呂に行かせて、ようやく一息つくもこっち。
いいですよね、なんか素に戻ったというか。

智貴のところのいたもこっちがあまりに電波汚染(笑)されていただけに、ここはなんだか見ているほうがほっとしてしまいますw
うん、ここが個人的今回のベストシーンかも。

mo104-037.png 
ここで初めて検索するもこっちw
ひょっとして、マジで犬系男子って外で平気でウンコするような男子だと思っていたのか?www

まあそういう私も、今回で初めて「犬系男子」というカテゴリーを知った口なんですけどね。
たぶん、google検索窓に「犬系男子」と打ち込むのは、これが最初で最後でしょうw

mo104-038.png 
WWWWWきーちゃん怖すぎだろw
このあと、犬系男子君がどうなったのかが心配です…

ていうか、もこっち、こういうのは好みじゃないっていうなら、
なんで「野グソするような奴」のほうは好みだと思ったんだよwww

mo104-039.png 
WWWWWきーちゃんって何?ってWWWそこからかよw

でもそうか。従姉妹なんだし10年以上は付き合いあるのか…
うーん、当たり前といえば当たり前なんですが、なんかきーちゃん相手だとピンときませんね。
小学生上がる前とかどんな感じだったんだろう……

まあ、10年以上といっても、1年にせいぜい2~3回程度しか会わないわけですし、
人となりをよく知らなくてもおかしくはないですけどね。
ましてや小学生くらいのときですからねえ。

mo104-040.png 
で、ここでもこっちは「きーちゃん」自身について“検索”を始めるわけですね。うーん、深い!

でもなんだか、途中からゲシュタルト崩壊し始めていますがw

ワタシ…イヌ…ドウブツ…ペット…ケモノ…
…って、いかん、文字を打っているうちに自分もなんだか言葉認識が危うくなってきた…
(ずっとカタカナばかり打っていると頭が変な風にトリップしません?)

mo104-041.png 
WWWWW二人とも表情も絶妙ですねw
もう、このコマだけでもずっと笑っていられますw

もこっちのタイが緩んでいますけど、きっと気も緩んでいたんだろうなあw

mo104-042.png 
WWWWW
いつの間にか、検索キーワードが変わってんじゃねーかw
思わずこっちも、「ケモナー メスケモ」で検索しちゃいましたよw
ていうか、ケモナーはともかく、どこからメスケモなんてフレーズが出てきたんだか…

あと、きーちゃんの表情がそれほど変わっていないことに注目ですね。

mo104-043.png 
お姉ちゃんああいうのが好きなんだーwww
もはや定番のアンジャッシュネタですが、あながち勘違いでもないかもしれないんですよね。
もこっちの目をみていても、完全に本来の目的を忘れて没頭している感じだしw

でも、この連続3コマはなかなか興味深いですね。
きーちゃんの目が普通なんですよね。サイコきーちゃんになっていないんです。
で、「ああいうのが好き」なもこっちにびっくりしながらもそのまま受け入れようとするわけです。
気づかれないようにそーっと部屋から出るところにもそんな姿勢がみて取れますよね。

智貴にまったく気づいていないのもなんだか面白いですね。
きーちゃんにとって、「普通の人」である智くんは対象外ということなんでしょう。

mo104-044.png 
ここで初めて、きーちゃんの中身が少し見えた気がしました。
なるほど、私たちわたモテファンが、もこっちに対して抱く想いと基本的に変わらないじゃないですかw

mo104-045.png 
おいおい、パソコン壊れるぞw
まさかもこっちともあろうものが「緊急エスケープ画面」も用意していないとは!
お母さんにエロ音声聞かれたときの教訓がまったく生かされていないんですねw

mo104-046.png 
きーちゃんこえええwww

しかも、悪気があるわけではなく、
「恥ずかしがらずに私に全てをさらけ出してもいいんだよ、お姉ちゃん」的な善意からくるところが余計に怖すぎますw

mo104-047.png 
WWWWWWW
ここは最後まで、「犬系男子って野グソするような奴じゃねーだろ」と、
今回、一番笑ったシーンを争ったところなんですよねーw

ほんの鼻差で智貴のツッコミに軍配があがりましたけど、
このもこっちの「カミングアウトしてきた」なんか、むちゃくちゃツボですね。
あまりに唐突な告白なのに、なんか妙にあっさりと受け止めている感が最高ですw

ていうか、きーちゃんも少しは会話の流れってものを意識しろよw なんの脈絡もねーじゃねーかw
これじゃあ、ワタシ、オネエチャンガ、エッチナドウブツノエヲミテタノ、シッテルヨと言っているも同然ですよねw

mo104-048.png 
WWWなんだこのアップwww
単なる白黒の楕円の組み合わせがこんなに怖く感じるとはwww

てか、そんな会話嫌すぎるwww

mo104-049.png 
お互い、勘違いしたまんま理解し始めたかのような二人ですwww

上っ面の会話で繕いながらも、お互いの本音が変に呼応しあっているのもなんだかおかしいですねw

どちらも自分のほうが「普通」であると思い込みながらも、
「普通」とは違う相手をちゃんと受け入れようとしている姿に、奇妙な感動すら覚えてしまいます。



はい、というわけで前回予告編からの「きーちゃん回本編」だったわけですが、いや~最高でしたね。
期待していたもこっち以外のキャラとの絡みこそなかったものの、今までの「夏休みきーちゃん回」とはまた違った面白さと魅力に満ち溢れていた話だったと思います。

今回のもこっちは、今までのようにきーちゃんに対して「マウントポジション」を取りに行くのではなく、
「きーちゃんって何?」(笑)とばかりに“きーちゃんの中身”を知ろうとしていたのがすごく新鮮でしたし、
あの夏休みからの確かな成長も感じられて、ある意味、すごく爽やかな気分にさせられた回でしたね。

そうそう、
mo104-050.png 
こんなスキンシップをするもこっちなんて、今までありました?
どっちが上の立場か、なんてイライラしていたあの夏休みが、もう遥か遠くに感じられますよw

また、きーちゃんも前とは違って、ある種の「人間性」が垣間見れた気がして興味深かったです。

『やっぱり普通の人とは違ってお姉ちゃんはいつも私をびっくりさせるなー』

きーちゃんの内面がここまでストレートに語られたのも初めてのような気がしますね。
ある意味、「サイコ」的な怖さはより増してきているのに、その反面、彼女なりの思考回路みたいなものもちゃんと見え始めているわけですよ。

今までのきーちゃん回は、もこっちの歪んだ虚栄心と劣等感からくる「痛さ」を笑うパターンでした。
それが今回は、お互いをもっときちんと知ろうとするも、どこかかみ合わない「おかしさ」を笑う方向性に変わっています。
理解できないと思いながらも、それでもなんとか理解しようとしている姿が滑稽ながらも愛おしくもあるわけですよね。

こういう方向転換はえてして、妙に湿っぽい“いい話”系でお茶を濁されやすいと思うのですが、
そこはわたモテ、変に安い展開にはならずにキレまくりのギャグできっちり笑わせてくれるのですから、さすがですよね。
いや~、特に新キャラと絡めなくても、こんな新鮮なきーちゃんもあるのですね。本当にもう感心しきりでした。

確かにきーちゃんと弟との絡みももっと見たかったです。吉田さんやゆりちゃんとの絡みも見たいです。
でも、こちらの期待を外してはくるけど、肝心のところは必ず外さないのがわたモテなんです。

今までの「きーちゃん回」とはまた違う、
新たな「きーちゃん回」の誕生に心躍らされずにはいられません!


コミックス第10巻は、10月22日発売です!
スポンサーサイト

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

更新お疲れ様です
もこっちの服は修学旅行2日目の時のやつですね
吉田さんのナニをアレした直後、
バスの中でオドオドしっぱなしな立ち姿が可愛かった!

今回はきーちゃんが居る時と居ない時の緩急がありすぎて
特に「外でウンコしてみて」のページは振れ幅振り切ってましたね
読んでて笑いながらも理解が追いつかない状態でした
>私たちわたモテファンが、もこっちに対して抱く想い
それをまさに実感させてもらえましたね!

No title

前の土下座の時と違って、お姉さんっぽく振る舞っていて成長していますね~。

ただ、きーちゃんが我々と同じ立ち位置にやってくるとは思いませんでした。すごく複雑な気分です。
そして普通の生活が物足りないのかな?と感じられる描写がいくつかあって、きーちゃんが心配になってしまいました。
もこっちはきーちゃんの人生を大きく変えてしまったのでは・・・

きーちゃん回は苦手だったのですが、喪104はかなり楽しめましたね。きーちゃんのサイコキャラが個人的にけっこうツボですし、もこっちの成長も伺えて良かったです。

コメントありがとうございます

みなさん、コメントどうもありがとうございます。
まとめての返信にて失礼いたします。

>スモークさん

>もこっちの服は修学旅行2日目の時のやつですね

おおホントですね!まったく気づきませんでしたが、
吉田さんゆりちゃんと親しくなれた記念すべき私服でしたからね。
ひょっとすると、もこっちなりに考えてのこのチョイスだったのかもしれませんね。

「緩急」「振れ幅」そうなんですよね。
ずっと家の中での話なのに、まったく飽きさせない構成が本当に見事だったと思います。


>もめんさん

今回のもこっちは、きーちゃんと同レベルで張り合うという感じではなく、
「お姉ちゃん」の立場から寄り添おうという意志が感じられてよかったですよね。

まあ、きーちゃんの周りには、
もこっちほど彼女をドキドキさせたり優しい気持ちにさせてくれる存在がいないのでしょう。
物足りないというより、もこっちが際立ち過ぎているんですよ、きっと。
それだけもこっちが魅力的だということじゃないでしょうかw


>はるさん、コメントありがとうございます。

確かに今回はきーちゃんアレルギーの人にも優しい作りになっていましたねw
もこっちが以前のような変な見栄を張らなくなってきた面も大きいのかもしれません。
この形が今後のきーちゃん回スタンダードになっていくような気もします。

更新お疲れ様です。
やっぱり智貴のサッカー部って結構つよいんでしょうね。中学の頃からの友達(きのこ頭のブサイクな方)が「俺らレベルだと原幕ぐらいしかなくね?」と言ってましたし。
以前滅びゆくじじいさんがわたモテは人前では読んではいけないと仰っていた意味がよく分かりましたね。もこっちの「ウンコしてきて」の台詞でもう堪え切れなかったので慌ててスマホの画面消して真顔に戻す羽目になってしまいました。
やっぱり下ネタってセンスが問われますね。ただ単に言われただけでは冷めてしまうのですがわたモテの下ネタは毎回吹き出してしまいます。
きーちゃんにはもっと色々な人間と絡んで欲しいですね。智貴とはあっさり終わってしまったので他のキャラに期待かな。

Re: タイトルなし

>ふちささん、コメントどうもありがとうございます。

>智貴のサッカー部って結構つよい
やっぱりそうですよね。
考えてみれば智貴って、外出の理由がほとんど部活しかないような気がします。
彼自身がサッカー馬鹿でもあるんでしょうね。

>慌ててスマホの画面消して
あちゃー、やっちゃいましたかw
わたモテはリアルに声が出してしまう笑いが多いですから、
読むときは本当に気を付けないといけませんよね。

個人的には下ネタって基本的にあまり好きではないんです。
ただそれは、倫理的な意味や潔癖性からくる嫌悪感ではなくって、
要は「安易」な笑いに見えるからなんですね。
でも、わたモテの下ネタって、おっしゃる通りセンスがいいんですよね。
今回の“野糞”ネタも、きーちゃんが好きなものから始まっての前フリがちゃんとあるわけですから。
だからこそ、智貴のツッコミも活きるわけで、すごく考えられた笑いだと思いますね。

>色々な人間と絡んで欲しい
まだ次回以降に期待できると思いますよ。
きーちゃん回が終わるときは必ず「別れ」の話もやるので、たぶんまだ続くはずですしね。

No title

きーちゃんがもこっちと同じ学校に進学して萩野先生が担任になったら凄まじい展開になりそうな気がしますねw
最近のわたモテはもこっち以外のキャラも目立っているのでもこっちが不在できーちゃんと智貴が二人っきりみたいな話も読んでみたいです。
智貴のサッカー部はちょっと前の話だと初戦敗退みたいなので実力は謎ですね、智貴は一年なのに公式戦で活躍するレベルなので特に熱心に練習しているのかもしれません
あとコウヘイから来たのはメールじゃなくてLINEだと思うので名前は相手が決めているんじゃないかと思います。

Re: No title

コメントどうもありがとうございます。

>メールじゃなくてLINE
うわ、恥ずかしい、本当にそうですね。普段LINEとかやらないんで、完全に勘違いしていました。
むしろ中学生ならメールとかほとんどやらないくらいですよね…
こういう指摘はすごくありがたいです。教えてくだってありがとうございました!

きーちゃんと荻野というコンビはすさまじいですねw
でもきーちゃんは今たしか中二で、高校入学するころはもこっちも卒業しているので、
まあ大丈夫じゃないでしょうか。

>初戦敗退
ああ、そういえばそうでした。うーん、次の大会を目指しての正月返上練習なんでしょうか。
確かにサッカー部の実情は謎が多いですね。

智貴ときーちゃんの絡みはもっとみたいですよね。
今回のはほとんど顔合わせのみでしたからやっぱりちょっと物足りなさは否めません。
ていうか、二人にもこっちの話題をしてほしいんですよねw
お互いのもこっちに対する認識のギャップみたいな話が読みたいです。

ワグナス!!きーちゃんは、もこっちをケモナーと認定したぞ!!

はじめまして。アメリカン武士道です。じじいさんのブログいつも楽しく読ませていただいております。さて今回のわたもての感想ですが、もこっちときーちゃんがお互いをケモナー認定し合うという壮絶なラストが強烈に印象に残りました。あと、「わたもて」全体を通しての疑問なんですが、女子高生だったら、片想いでもいいから意中の男性っているものだと思いますが、それが作品内にまったくでてこないんですよね。それが不思議といえば、不思議です。

Re: ワグナス!!きーちゃんは、もこっちをケモナーと認定したぞ!!

>アメリカン武士道さん、コメントありがとうございます。

「壮絶なラスト」w 確かに始まりからは想像もできないオチでしたよねw

もこっちって、恋愛に対する憧れはあるにせよ、実際には本当の恋をまだしたことがないように思いますね。
「人をすきになる」という感覚がまだピンときていないのではないでしょうか。
だから、かわいいと思われていると勘違いした初芝を変に意識したりもするわけで。
要するに精神年齢的にまだ高校生になっていないんですね。
ベタな言い方ですけど「恋に恋している」みたいなところがあるような気がします。

もこっちみたいなタイプは、周りがお膳立てしてあげるといいと思うんですよ。外堀から埋めていくというかw
最初は気が進まないながらもだんだんその気になってくると思うんですよね。
それこそ、吉田さんやゆりちゃんが世話を焼くような話なんか面白いんじゃないかなあ。
きーちゃんがやるとすごく痛々しい話になりそうですがw
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line