私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪94~今までにない特殊な回、それでもそこに、わたモテの原点がある~

4月21日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」が喪94に更新されました。


さて、4月8日から10日まで行われた千葉ロッテマリーンズとのコラボイベントは、かなり盛り上がったようですね。
(私は行けませんでしたが、「もこっちを見守る会」さんがくわしいレポートをあげてくれています。)

私自身、今回のコラボにあてられたせいか、
本来あまり野球に興味がないタチなのに、なぜかロッテの試合結果だけは必ずチェックするようになってしまいましたw
あ、昨日、うっちー投げたんだ、とかw
そういった意味でも今回のコラボ企画は成功したといってもいいんじゃないでしょうか。

それにしても、随分久しぶりの更新な気がしますよね。
1ヶ月空きの更新くらいはいつものこととはいえ、今回は特に待たされた感があります。

それもそのはず、前回が3月17日以来ですから実質5週間空いたことになるんですよね。
しかもあのときはコラボ記念の「特別編6」でしたから、ある意味、番外編ともいえるわけです。
なので、わたモテ本編となると、実に3月3日の喪93以来になるんですよ。
そう考えると、“気がする”じゃなく、本当に久しぶりの更新といえるのではないでしょうか。

というわけで、待ちに待った喪94。さっそくみてまいりましょう!



mo94-01.png mo94-02.png 
一瞬、読むマンガ間違えたのかと思いましたw

冒頭1ページ丸々、普通にサッカーマンガの出だしにしか見えませんでしたからねえ。
あまりに久しぶりだったので、谷川さん、内容を忘れてしまったのかとw

というわけで、今回は「モテないし弟はサッカーやってる」

なんだか変に説明的なタイトルというか、え、今更そこを言う?みたいな違和感がありますねw
それにこれだと、サッカーやってることが、まるで「モテない」ことと同列のニュアンスかのようです。
モテないし……弟はサッカーやってるし……みたいなw

なんでそんな踏んだり蹴ったり、みたいな愚痴になってんだよwという感じになりましたw

mo94-03.png 
試合中になぜか突然、姉のことを思い出す智貴w

にしても、この絞り方はないだろw
こんなんもう、レモンの味しかしませんよ、きっと……。

しかし、このもこっちほどではないにせよ、「おせっかい」というか、ありがた迷惑的なことを押し付ける人っていますよね。
飲み会とかで、当然のように全員分の皿に食べ物を細かく切り分けたり、つけダレを調合したり、勝手にビールや酎ハイを注文したり……

悪意があるわけじゃなく、むしろ気配りのつもりなんですよね。だから厄介なんです。
まあ別にその場で何も言いませんし、美味しくいただきますけど、なんかもやもやしたものが胸に残るんですよ。
だから、このときの智貴の気持ちはよくわかります。

ていうか、これはさすがに怒っていいですよねw
かけるにしても、せめてポタっポタっと垂らす感じにしてくれよ……

mo94-04.png 
え、なんだこれw
こいつ、姉への怒りをプレイに昇華してんのかw

つーか、どう見てもファウルでしょ。こんなん公式試合でやっていたらブーイングの嵐どころじゃないですよ。
下手すれば乱闘になりかねない危険なプレイじゃないでしょうかね…

mo94-05.png 
おいおい、またかよw
その野獣のような目は、いちいち姉を思い出さなきゃダメなのかw

mo94-06.png 
WWWWW
……うーん、やっぱりここが、今回の個人的ベストもこっちシーンになるでしょうねえw

普通ならサービスカットなんでしょうけど、これじゃあ興奮する前に笑っちゃいますよねw
爆笑ってほどではないですが、このもこっちの表情や格好をずっと見ていると、なんだか妙にジワってきますw
まあタイツってかなり伸ばさないと入らないらしいんで、実際、こういう感じで履くらしいですけど。

なんにせよ、いくら身内だからって部屋に入るときは必ずノックをしましょうw

mo94-07.png 
「わざわざタイツ履くタイミング狙って」www
こういう言われ方ってムカつきますよねw
勝手にこっちの理由さえも決めつけられると、素直に謝ることもできませんよ。

しかも「姉のタイツにばっか興奮してる変態弟」とかw
去年のクリスマスの件をいまだに引きずっているんですね。
この様子だと、一生言われかねませんw

ちなみにこれですw↓「JK姉と黒タイツ
mo_sp4_10.png


mo94-08.png 
すげえw
このシーンだけ取り出してみると、妙にかっこいいです。
しかしガドドンってどんな効果音だよw

それにしても、姉のことを思い出せば出すほど強くなるって、
もはや「酔拳」ならぬ「姉拳」といってもいいんじゃないでしょうかw

mo94-09.png 
今回ちょくちょく、普通の「サッカーマンガ」になりますよね。
時々これはわたモテだ、ということを忘れてしまいますw

つーか智貴、すごく積極的だな。レギュラー取れそうなんで、ここに賭けているのか?

…と、ここでまたまた、姉との回想シーンが始まりますw

mo94-10.png 
ちん子ちゃんWWWWW
誰だよそれw

mo94-11.png 
うわ~……井口さんかわいそうにw
これなら、「変態シスターズ」の妹のほうがまだマシなんじゃないでしょうか…

にしても、なんだか同じクラスメイトなのに名前も覚えてもらっていないようでしたし、
すでに智貴の中でも、「ちん子」の名前でインプットされてしまったかもしれませんね。

さらに「……興味ねーよ」とか言われてますし、あまりに彼女が不憫です。
果たして、ここからの巻き返しはあるのでしょうか?

mo94-12.png 
wwwもこっちとしては一応、井口さんをかばっているつもりなのかもしれませんが、それにしてもこれはw

ていうか、「チンチン以外存在意義ないくせに」って、むしろそんなにすごいチンチンなのか!?
うーん、男としては、ちょっと言われてみたい気もしないでもないような、ちょっと複雑な気持ちですw

mo94-13.png
wwwww
「サッカーやるディ◯ド」とか「存在がレッドカード」とか、
何気に、サッカー絡みの憎まれ口が多いのが面白いw
これが智貴の中で、サッカーへの情熱へと変わるわけですねw

mo94-14.png 
姉への怒りを相手選手にぶつけるとか、八つ当たりもいいとこですよね。
ていうか、完全にとばっちりだしw

つーか、これ相手の人大丈夫なんでしょうかね?
マジで心配になってしまいますよ。
思いっきりスパイクぶつかっているし…

mo94-15.png 
ええ、イエロー? いやいや、これはレッドでしょう!

つーか「ナイスファウル」って……
とんでもないチームだな。アストロ球団かよw
そりゃ相手も「てめぇコラ」となりますよ。選手つぶされたらたまったもんじゃないですし。

mo9-15b.png 
原幕サッカー部って、マジやべえな……勝つためならなんでもありかよ。
智貴もこんなの何でもないとばかりに、妙に冷静ですしw

まあ、これが彼のスタイルというか、審判の目をくらます絶妙なラフプレイが認められての採用なのかもしれませんね。
姉への怒りが、彼をレギュラーの道に近づけたというわけですかw

それにしても、先輩から「智貴」って名前で呼ばれているんですね。
普通は「黒木」というふうに、名字呼びだと思うんですが……友達感覚なのかな?

さて、試合はPK戦に突入。
mo94-16.png 
またその目かよwww
もうこれ、意図的に思い出そうとしていますよねwここぞとばかりにw
彼の中では“必殺技”扱いなんでしょうかw

mo94-17.png 
というわけで、場面は四度目の回想シーンへ。

部活で疲れてしまったのか、ソファに横になったまま、うつらうつらしてしまっているようですが……

mo94-18.png 
狸寝入りかよw
智貴もかわいいですよね。様子みるとかw
本当にうざいと思っているなら、だるいのを押しても2階にあがると思うんですけどねw

mo94-19.png 
よし…行ったな…、といちいち確認する智くんw
ていうか、まだ出ていってないだろw安心するのはまだ早いんじゃないかw

そもそもこれじゃあ、もこっちも何しに来たんだという感じですよねw

mo94-20.png 
何このツンデレ姉弟w

ここは、喪25「モテないし看病する」(3巻所収)での「……しぼれよ」のシーンをちょっと髣髴とさせます。

mo94-21.png 
ちっwww
ああもう!って感じですよねw
なんの含みもなさそうな、平然としたもこっちも実にいい味だしています。

ドラえもんで、のび太が道具でジャイアンに風邪を移そうとする話があるんですけど、それをちょっと思い出しましたね。

どんな話かというと、
普段の仕返しとばかりに、意気揚々とゴホゴホやりにいくのび太に対して、
それを見たジャイアンが心配そうに
「おい気を付けろよ、今年の風邪はたちが悪いそうだ。そうだ、家にいい薬がある、持ってこようか」
と、なぜか優しい言葉をかけてくれるんですよw
で、のび太が「こんな時だけやさしいなんて!」となって、仕返ししたくてもできない、みたいな感じになるんですw(ちょっとうろ覚えですが)

このときの智貴も、「こういう時に限ってやさしくしやがって」みたいな気持ちだったんじゃないでしょうかねw

なんともニヤニヤしてしまういいシーンです。

mo94-22.png 
WWWWW
なんだか振って振って落とす、ってお手本みたいなオチですねw
なんでここ一番というところで、よりにもよって、あのシーンを思い浮かべたんだかw
ていうか、動揺すんなw

あと、ここはなんといっても「姉を想う力!!」というキャッチが最高ですw
これがあるからこそ、笑えるといっても過言ではないですね。

なので、今回はこれも込みで、一番笑ったシーン&ベストシーンとさせていただきます!



まあ一言でいうなら、すごくかわいい回でした。智貴も、もこっちも、もう本当にかわいいw

智貴なんて、実際にやっていることは危険極まりないラフプレイなのに、
その源の力といえば、すべては“姉を想う力”だなんて、
もうそのギャップ自体が、たまらなくかわいいとしか言いようがないですw

しかし、いつもこんな感じなんでしょうかね?
サッカーやってる最中、常に姉のことを考えているとか、ちょっと引きますよw
谷川さんがかつて、もこっちのことを“弟に依存している”と言っていましたが、智くんも同じじゃないですか!
これじゃあ、シスコンを通り越して完全に「姉依存症」ですw

それにしても今回、かなりの異色作ですよね。
だって、もこっち視点じゃないんですよ? もう完全に智貴主観の回でしたからね。
しかも、もこっちの登場は回想シーンのみ!
もこっち以外のキャラがここまで最初から最後までメインの話って、実は今回が初めてなんじゃないでしょうか。

ただ、今までにはない特殊な回であったと同時に、
改めてわたモテの原点を思い出させてくれた回でもありました。
つまり、わたモテとは「黒木姉弟の物語」だということ。
そう、連載第一回を見ても明らかなように、元々、この二人しか出てこないような話だったんですねw

だからこそ、智貴に限っては、主役をはることもアリなんですよ。
これが、小宮山さんやゆうちゃんではそうはいきませんからね。あったとしても、それはわたモテ本編ではなく、やっぱり、スピンオフになってしまうと思うんです。
だって、ここまでもこっちのことを考えているキャラなんて、智貴以外いないじゃないですかw

今までは、もこっち視点の話しかなかったので、
ここまで、弟の内面が明らかになったことはありませんでしたが、
こういったパターンもアリとなると、さらに作品世界が広がりそうで、ますます楽しみです!






スポンサーサイト

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

今回はわたもてが開始してすぐに載せても問題ないような、正統派なネタでびっくりしました。
ちゃんとした漫画になっているというか。谷川ニコってすごいと思いました。
長く連載すればこういったパターンからはどんどん離れていくものが多いのに。
もこっちの毛布掛けですが、これも衝撃的でした。意外な一面を見てしまった感じです。まぁ智貴視点なので、もこっちの脳内ではいろいろ考えてるのかもしれません。

No title

最初のコメントの方、ご指摘、ありがとうございます。
作中の智貴のプレイはサッカーにおいて特別悪質なものではないということを、
この場を借りまして訂正させていただきます。

本来なら記事を訂正するべきなのかもしれませんが、
なるべく、その時その時の感想を素直にそのまま残すというのが、
当ブログのコンセプトですので、コメント欄での訂正をお許しください。

なお私は、サッカーに限らず、特にスポーツ関連においては、かなり疎いほうなので、
今後もとんちんかんなことを書いてしまうかもしれません。

気になる部分がありましたら、これからも遠慮なくご指摘いただければと思います。

No title

>すぶたさん、コメントありがとうございます。

そうですね、これがコミックス1巻とか2巻辺りで載っていれば、「異色」とか「特殊」とも思わなかったかもしれません。
わたモテって、変化しつつも基本的なところは絶対に曲げないですよね。軸がしっかりしているというか。

もこっちはああ見えて、“お姉ちゃん”しているんだと思いますよ。
まあ、あえて優しく接するという嫌がらせの可能性もなくはないですがw

素晴らしい考察!

読みながら爆笑しました!

No title

コメントありがとうございます。

楽しんでいただけたようで、大変うれしいです!
これからも読んで面白い記事をこころがけますので
どうぞよろしくお願いいたします!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

学校全体で野球部応援しに行って文句言ってたけど最後マネージャーに優しくされてまた行かなきゃいけなくなった話と似てますね

Re: No title

コメントどうもありがとうございます。

智貴の心情のことですよね。なるほど、確かに通じるものがあります。
普段構えているくせに、いや構えているからこそ、不意な優しさに弱いのでしょう。
なんだかんだいってもこの二人似た者同士ですよねw
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line