古谷実が帰ってきた。

 

新連載が始まるたびに、もう何度となく思ってきたことですが、
やはり今回もこう呟かざるを得ません。

そう、古谷実が帰ってきた、と。

geregu_01.jpg 
前作「サルチネス」から3年。
今度はなんとヤングマガジンではなく、「イブニング」での新連載。
(意外にもヤンマガ以外の雑誌での連載は初だそうです。)

それにしても、なんでも「もしも古谷実がヤンマガ以外で新連載をしたら……?」というコンセプトらしいのですが、正直、「いや、別にどうもしないだろ」としか思いませんでしたねw
実際、内容はいつもの「古谷実」そのものでしたしw

いや、本当に今回も、そのままヤンマガに載っていてもまったく違和感ないような作品なんですよ。
40歳のむさくるしい独身オヤジが恋をする、とか完全に平常運転じゃん!
(ちなみに私“なりそこない”も、40代の冴えないじじいですが…今回の主人公にもちょっと似ているのでかなり複雑です)



それはさておき、古谷実って、今の若い人にとってはどういう感じなんでしょうね。
デビュー作であり、大出世作でもある「行け!稲中卓球部」からもう20年ですからねえ。
ギャグ漫画家というイメージも、もはやないのかもしれませんね。
「日常の中に潜む狂気を描くサイコパス漫画家」といった印象の方が、もはや一般的なのかもしれません。

まあ、「いいかげん、うだつのあがらない男と美女、平和に見える日常、そこへ密かに忍び寄る狂気……といったパターンばかりじゃねーか」と言われれば、ファンとしても返す言葉もないんですがw

個人的にも「シガテラ」「わにとかげぎす」「ヒメアノ~ル」はどうもイマイチはまれなかったことは否めません。(でも「ヒミズ」までは大好きです)
だから、“ワンパターン漫画家”という意見も少しはわかります。

ただ、前作の「サルチネス」は割と好きなんですよ。
ギャグも少しずつ冴えてきているように思えましたし、キャラクターたちも魅力的でした。
まだ、吹っ切れていないというか、「リハビリ中」という感はありましたが、
「古谷実復帰間近!」という予感がしたのも事実です。

今回の「ゲレクシス」(この意味不明なタイトルからしても「いつもの古谷実」臭がしますw)も、初っ端からなかなか笑わせてくれます。
やっぱり、言語感覚というか、会話がうまいんですよね。
「人ホメる時に さらし首って言葉出て来ねえよ!」とかw

はっきり言って、まだ何も話は動いていませんが、
主人公の店長とバイトの女の子のやりとりだけで、どうしても期待してしまう自分がいますね。
ギャグ寄りなのか、やっぱり、哲学とバイオレンスの方にいくのか、まだなんとも判断できませんが、
いずれにせよ、これからしばらくイブニングを買うはめになりそうです。(「いぬやしき」とか「少女ファイト」、そして「レッド」と、何気にすごい漫画が多いんですよね、この雑誌)


なお、漫画界からの応援コメントとして、何人かの漫画家さんがコメントを寄せていますが、
geregu_02.jpg 
やっぱり、平本アキラさんは強烈ですねw


以前にも触れたことがありましたが、「うる星やつら」以降、私がもっともハマったギャグマンガです。


「稲中」の後のせいか、なぜか過小評価されていますが、個人的に古谷さんの中で最も好きな作品です。


スポンサーサイト

tag : 古谷実

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

僕といっしょ(あとグリーンヒル)は自分も稲中後のせいか
当時はイマイチと思ってましたけど
改めて読み返すと古谷作品の良いとこどりな感じがして凄く良い作品ですよね
個人的にはシガテラが一番好きだったりするんですけど

古谷さんの作品って、漫画によくある「都合の良い美女あげたよ」、
じゃなくて「都合の良い美女あげたけど、そこから君はどうすんの?」を描いてる気がして、
そこで冴えない自分としては「うぉー!これは俺の物語だ!」と毎回痛い思いをしながら読んでるんですけど、
ただやっぱり如何せんワンパターンすぎて…
これ前のと何が違うのよ?っていう…

自分は単行本派なのでまだ読んでないんですけど、
40歳、独身、恋
もうそのフレーズだけでやっぱり期待しちゃうんですよねえ
でもここ何作品かちょっとアレだからなあ、
でもやっぱり期待しちゃう、っていうことの繰り返し

毎回出出しは期待するんですけねえ…
出版社が違うから今度こそはと思ってますけど

No title

Ooさん、コメントありがとうございます。

「僕といっしょ」いいですよね!
古谷さんって、「ヒミズ」からいきなりダーク路線にシフトチェンジしたわけじゃなくって、「稲中」中盤以降から、すでにその芽があったと思うんですよ。
「稲中」も後半になると、シュールを超えて「哲学的」とでもいうようなギャグが目立つようになってきましたからね。
きっと、あのころから「ヒミズ」以降のようなテーマをいつか描きたいと思っていたような気がするんです。

で、私は「僕といっしょ」(それと「グリーンヒル」も)があったおかげで、それほど戸惑わずにすんなり「ヒミズ」の世界に入って行けたんですね。
「いいとこ取り」というか、仮に「稲中」から「ヒミズ」へと続くグラデーションがあったとしたら、その真ん中部分に相当するのが「僕といっしょ」と「グリーンヒル」、という気がします。

要するに、「稲中」が「ヒミズ」の世界につながるんだ、ということを、すごくわかりやすく見せてくれたのが「僕といっしょ」だったんです。(もちろんこれは、後々、「ヒミズ」が始まったときに気がついたわけですが)
そういった意味でも、個人的にすごく思い入れがある作品ですね。

それにしても、「シガテラ」が一番好きって人、多いですね。
特に漫画眼に長けている人に多い気がします。
自分はどうも「シガテラ」がよくわからなかったので、ちょっとコンプレックスがありますね。

ダーク路線では「ヒミズ」が一番好きなんですよ。
主人公が闇、というか、“怪物”に取り込まれていく過程にすごく共感できましたし、わかりやすかったんですね。
それ以降の作品にはない「怖さ」と「悲しさ」が、あの作品にはあふれていた気がします。

「都合の良い美女あげたけど、そこから君はどうすんの?」とは言い得て妙ですねw
すごくわかりやすい例えだと思います。
だぶん、同じようなテーマで同じような展開を繰り返すのは、古谷さん自身、「どうすんのか」まだわからない所があるからなんじゃないでしょうかねえ。
だから、何度も何度も問い直すんじゃないかと。

あ、あと期待に水を差すようで申し訳ないんですけど、
「イブニング」ってヤンマガと同じ講談社ですw

No title

>同じようなテーマで同じような展開を繰り返すのは、
>古谷さん自身、「どうすんのか」まだわからない所があるからなんじゃないでしょうかねえ

なるほどぉ…
ものすごく腑に落ちました
少なくとも自分がワンパターンだと思いつつ離れられないのって、
絶対そこの部分なんだって気づきました
真摯に「まだ答え出てねーぞ」っていう

そう言われてみれば、自分がシガテラが好きなのって、
「都合の良い美女あげたけど、そこから君はどうすんの?」
に対しては一番、真に迫ってるところなんですよね
暴走したり空回りしたりしながら一番そこを考えてる作品

シガテラって一番好きって言いながらも、
話としてはちょっとグダってると思うんですよねw
色々詰め込みすぎで、あっちゃこっちゃ散漫なような…

話としての完成度とかバランスで言えば、
ヒミズのが好きだったりします
時点でグリーンヒルか僕といっしょ

シガテラ好きって多分そこら辺のテーマがジャストミートした人なんじゃないですかね
あと単純に南雲さんが可愛いからとかw
ヒロインとして一番可愛い気がしますw

てかイブニングって講談社なんですね
雑誌はあまり読まないのでお恥ずかしいかぎりです

No title

ああ、なるほど。
確かに「シガテラ」って、「都合の良い美女あげたけど、そこから君はどうすんの?」そのものですね。
ヒロインが主人公に惚れる流れも、こういっちゃあなんですがもっともご都合主義(笑)的でしたし、
そういった意味でも「ヒミズ」以降、もっともテーマに忠実な作品と言えるかもしれません。

たぶん、自分には何より「シガテラ」の主人公が馴染めなかったんだと思います。
よくもわるくも私にはあまりに「普通」すぎたんですね。

古谷作品の主人公って、どこかみんな社会から外れてしまった人たちじゃないですか。
やっぱり自分は、稲中の「前野」や「井沢」から離れられない人間なので、どうしても常軌を逸しているキャラばかり気になってしまうんですよ。
だから一番好きなキャラは「僕といっしょ」のイトキンだったりするわけです。(「グリーヒル」に彼が再登場した時はマジで泣きそうになりました)
そう考えると「シガテラ」のテーマ自体、私には合わなかったのかもしれません。

もちろん、「シガテラ」以降、「普通」に生きるとは何か、というテーマがすごく重要になってきているので、
荻野という普通の少年が主人公なのもわかりますし、ああいうラストになったのも作品としては正しいのかなとも思うんですけど……
まあ頭ではわかっていても気持ちがついていけてないんでしょうね。

「シガテラ」もそうですし、そのあとの作品もそうなんですが、どうも終わり方が腑に落ちないというか、何かもっと他に道があったんじゃないの?という気持ちが拭えないんです。

「ヒミズ」のラストは衝撃的でしたが、同時にすごく心の奥にストンと落ちる感じがしたんですよ。
ああ、悲しいけれど、こういう終わり方しかないよな、というか。要するに「納得」できたわけです。
(余談ですが、個人的には単行本よりも雑誌掲載当時のエンディングの方が好きなんです。古谷作品は雑誌時と単行本収録とでは大幅な書き直しが多いので、雑誌から追いかけてしまうくせがついているんですね)

「僕といっしょ」が一番好きな理由も、やっぱり終わり方が大きかった気がします。
絶望的な状況下の中で、「人生って何?」という問いに対してしっかり答えてくれたあのラスト。
他の作品では感じることができなかった「強さ」と「優しさ」が、あそこには確かにありました。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line