私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪93~うっちーの「下着」は小宮山さんの「ありがとな」にはかなわない~

3月3日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」が喪93に更新されました。

それはそうと、ついに、千葉ロッテマリーンズとのコラボ企画の詳細が明らかになりましたね。
korabo-ill01.png 
なんかむちゃくちゃかわいいんですけど。
もこっち、ゆうちゃん、小宮山さんの2頭身キャラがまた賑やかでいいですね。
谷川さんって、こういうマスコット的なキャラがまたうまいんだよなあ。
マジでこれ、ゆるキャラ的に売り出せば、わたモテを知らない一般層にも受けるんじゃないでしょうか。

各種コラボチケットの内容も出ていましたが、
個人的には“もこっちプロデュース”という触れ込みの「パーティーフード」というのが、ちょっと気になりましたw

「もこっち好物のあのメニュー(回鍋肉・納豆巻を予定)」
なんですかこの組み合わせ…….。食い合わせ的にもどうなのかw

つーか、そんなに好物だったっけ?
回鍋肉なんて、1話のときに「フレーズ」でしか出てきていない気がするんですがw

いずれにせよ、一般受けしそうな?かわいいキャラも公開されましたし、いよいよ盛り上がってきましたね!
自分はまあ、時間もお金もないですし、そもそも野球にもあまり興味がないんで、球場までは足を運ばないと思いますが、
やっぱりこういうのって、ムードなんですよね。
ファンとしてもお祭り気分というか、なんだか雰囲気的にわくわくしてしまいます。

※チケットはイープラス様にて販売するそうです。

というわけで、本編のほうもますます盛り上がっています。
喪93「モテないしプレゼントを渡す」、早速見てまいりましょう!


mo093-01.png 
久々にゆうちゃんと待ち合わせのもこっち。
寄りかかっているだけなんでしょうが、なんか磔されているみたいな感じになっていますw
後ろのポール?がなんだか大きなウサギの耳みたいに見えてかわいいですねw

mo093-02.png 
というわけで、今回はゆうちゃんとお買い物。
修学旅行直後の喪83以来でしょうか、ゆうちゃんもけっこう久しぶりですよね。

ここでちょっと気になるのは、「特別編5」のとき同様に、もこっちがキツネのマフラーをしていることですね。(2コマ目でしていないのは作画ミス?)
もちろん時系列的には、あの時よりも前になるわけですが、なんとなく話的に“つながり”があるのではないかと邪推してしまいます。

mo093-03.png 
で、ここから少し回想シーン。

珍しく勉強しているもこっちが印象的ですね。
喪90「モテないし将来について考える」で“進路”の話題が出てきましたが、やはり、その辺のことを踏まえての描写なのかもしれません。

にしても、もこっちの着ている服のセンス……

mo093-04.png 
普通なら「どうでもいいな」というツッコミが、ここの笑いどころなんでしょうが、
個人的には、「へーそうなんだ」という返しのほうで笑ってしまいましたw

いくらなんでも、昔からの知り合いの誕生日で、「そうなんだ」はねーだろw
せめて、忘れていたふりで「あ、そうだったっけ」くらい言っとけってw

mo093-05.png 
身銭www
そこまで大袈裟なことなのかwww

それにしても、中学時代には誕生日プレゼントとかの話はなかったんでしょうかねえ。

mo093-06.png 
wwwwwゴミってwww
でも、本気でそっちのほうがいいように思えるから怖いですねw

なんでもないように装いながら、ゴミ箱を手にするもこっちが妙におかしいwww
そんな演技、別に必要ないだろwかえって不自然だってw

mo093-07.png 
WWWWW
彦◯呂かwww
ていうか、店内でゴミをひろげるなよw

それにしても、プレゼント開けたらゴミとか、普通なら完全にイジメですけどね……

でも小宮山さんの場合、喪89
mo89-25.png 
こんなこと言ってますからねw
あながち、もこっちの考えは間違っていないわけです。
むしろ、このほうが友情の証になりそうですねw

一方、何をあげたら喜ぶのか思案中のゆうちゃんは、もこっちに相談してみますが……
mo093-08.png 
野球と弟www
なんだその組み合わせw なんか芸能人が書いた小説とかのタイトルでありそうw

それにしてもゆうちゃん、小宮山さんの恋心に気づいていなかったんですね。
「弟って…もこっちの…?」がちょっと面白いですw
一般概念としての「弟」好きだったら、よけいに怖いですよねw
弟だったら誰のでもいい!弟萌え!とかw(「妹」ならそういう人もいそう…)

mo093-09.png 
wwwwwゆうちゃんかわいいw
なんていうか、悪い意味で「天真爛漫」ですねw

まあ確かに、もこっちがお義姉さんって、ちょっとどころか、むちゃくちゃ面白いですけどw

mo093-10.png 
wwwwwいかん、目がマジだwww

ゆうちゃんが速攻であやまっているのも、けっこうツボですw
「ごめんなさい」だもんなあw 本気の謝罪ですよこれw

mo093-11.png 
だからもこっち、目がやばいってw ゆうちゃん怖がってるからwww

しかし、もこっちもゆうちゃん相手だと、けっこう強気に出るようになりましたね。
喪29「モテないしケーキを作る」(4巻所収)で、「唯一の友達に愛想つかされた?」と涙目になっていたのが嘘のようですw

むしろ、ゆうちゃんのほうが、「もこっちに愛想を尽かされたくない」とあせっている感じですよね。

まあ、あのころは修学旅行4班のメンツどころか、まだ小宮山さんもいませんでしたからね。
力関係が逆転したとまでは言いませんが、やはりあのころとは、微妙に変わってきているんでしょう。

mo093-12.png 
そうか、ゆうちゃんって小宮山さんをそういう感じでみていたのか……
確かにきている服はアレだし、女の子女の子した感じを嫌うイメージがあってもおかしくはないですけどね。

ゆうちゃんはどちらかというとかわいい系ですし、
普通に小宮山さんの好みがわからなかったんでしょう。

ひょっとすると、もこっちを買い物に誘ったのも、
自分よりも小宮山さんの喜ぶようなものがわかるかもという思惑もあったのかもしれません。
そう考えると、ちょっと切なくなりますね。

mo093-13.png 
一応、プレゼントする気はあったんだw

つーか、あのやりとりでやる気がなくなるって、「可能性としてなくはない」と、どこかで思っているからなんじゃないでしょうかw
けっこう本気で、小宮山さんが義妹になることを恐れていることの裏返しなのかもしれません。

mo093-14.png 
こういう、フキダシにミニキャラがのったやりとりってけっこう好きです。
谷川さんって、わりとこの手の手法をよくやりますよね。

それにしてもあれって、よく男の芸能人が女の人にプレゼントするものなんですか?
そうだとしても、きっと芸能人だから許されるんでしょうね。
私がそんなことやったら、間違いなく社会的に抹殺されますw

mo093-15.png 
ここでまさかのうっちーwww

いやあ、この展開は予想できませんでしたが、
喪80以降、すっかりうっちーファンになってしまった私は、思わず「よっしゃー!」と、心の中でガッツポーズをしてしまいましたねw

にしても、「ばっ」って、反応早すぎだろw
なんか電波みたいなものをキャッチしているしw
常に「もこっちレーダー」が作動しているのかw

mo093-16.png 
wwwwwまたそれかよw
お前は、それしか考えが及ばんのかw

つーか、連れ合いの子たち、うっちーのことを気にも留めずに、
「でねー」と話に夢中になりながらフェードアウトしていっているんですが……w

彼女らの中でのうっちーの存在感って……と、ちょっと考えてしまいますね。

mo093-17.png 
WWWWW
まさか、喪78のこのシーン、
mo78-07.png
がロングパス伏線だったとはwww

そういえば、忘れていましたが、顔半分隠せばゆうちゃん似、という隠れ設定があったんですよね。
考えてみれば、こんなおいしい設定を谷川さんが放っておくはずがありませんw

それにしても、修学旅行4班のいわば新レギュラーであるうっちーが、
このタイミングで、もこっちの交友関係に触れたというのは、何気に重要なポイントのような気もします。

mo093-18.png 
うっちーwww埴輪だろ、これじゃw

しかし、ここまで変幻自在というか、表情豊かなキャラになるとは…
もはや、「スマイルマーク」と呼んでいたころが遠い昔のように思えてきますw

mo093-19.png 
なんて、きれいな眼をしているんだ…w
ある意味、すごく純粋な表情だと思いますw

それにしても、すごいデザインですね。意外と小宮山さんも気に入りそうな気がしますw

mo093-20.png 
何この羞恥プレイw

「さっきのおしおきとして」
とか言っていましたが、
完全にご主人様的発想じゃないですか!

ゆうちゃんの表情もちょっと官能入っているというか、そっちの素質があるんじゃないでしょうか。

mo093-21.png 
wwwww
だから自意識過剰だってのw

もはや、うっちーの持ちネタとなってきましたが、もう何度見ても笑えますね。
ビビり方のバリエーションもいろいろあって、見ていて飽きません!

mo093-22.png 
でた、無自覚のジェラシーw
彼女の中ではいったい、どんな淫らな想像が繰り広げられているんでしょうか……
まあ確かに、どんな関係?と言われると、ちょっと考えなくもないですがw

あえて表情を見せない演出も効果的です。

mo093-23.png 
ここでうっちーの存在に気付くもこっち。
同時にうっちーも気づかれたことを気づきます。

ここは正直、次のページをめくるのに緊張しました。

実は、もこっちとうっちーって、
修学旅行終了後、会話を交わしたことすらないんですよね。(一応、喪82こんなシーンがあったくらいですか)
いつも一方的に、うっちーがびびっているだけですからw

そんないびつな二人の関係に、ゆうちゃんという触媒が加わることで、
何かまた化学反応が起こるかもとドキドキしていたのですが……

mo093-24.png mo093-25.png 
WWWWW

こんな展開、予測できるかwww
つーか、そんな発想、即座に浮かぶ方が怖いわw

ちなみに、この時点では、ここが「今回の一番笑ったシーン」だったんですが、
まさかこれを上回る爆笑シーンがこの後出てくるとは、思いもしませんでした……

mo093-26.png 
喪80
mo80-20.png 
これですねw
こんな偶然、絶対マンガでしか起こらないよなあw

しかし、もう何がなんだか……w
そもそも「私似の女に私がはいてたパンツをあげる」って、なんなんだよw
果たしてこれが、どういう性的趣向なのかもよくわかりませんw

mo093-27.png 
急に醒めるもこっちwww

それに対して、恥ずかしながらも、けっこうまんざらでもなさそうなゆうちゃんのコントラストが面白いですね。

mo093-28.png 
WWWWW
なんか、変にいい表情をしていますよねw
すでに目的が達成された満足感でしょうかw

さんざん下着を試した後に、「タオルとかでいいや」という落差も、地味に笑えますね。
ゆうちゃんのツッコミもいい味出していますw

mo093-29.png 
すみません、ベタですけど、やっぱりこれが
今回の個人的ベストもこっちシーンになってしまいますw

この後のお母さんとの何気ない会話もいいんですよね。
「智子ー 体操着はー?」「あーーカバンの中ー」
って、この間延びした感じのやり取りが、なんかすごく雰囲気があると思いません?
ああ、いい家庭だなあと、しみじみ感じてしまいますね。

mo093-30.png mo093-31.png 
まあ、実にわかりやすい伏線ですよねw

1枚ならともかく、3枚もあるなら、
普通「一緒に入ってるこのタオルも洗っていいのー?」とか聞いてもおかしくはないと思うんですけど……

つーか、もこっちもおかしいですよねw
いくらなんでも、その日買った新品のタオルと使用済みのタオルの区別くらいつくだろw

でもまさか、これがあんなオチの伏線だったとは……

mo093-32.png 
おなじみ「STAR TURRYS」w
ゆうちゃんの笑顔がまぶしすぎます。
バックに花とか、最近ではあまり見ませんよねw

mo093-33.png 
なにこれ、お姫様?

でも小宮山さんが必要以上に可愛く描かれるときって、実は要注意なんですよねw

さて、そんな小宮山さんとゆうちゃんの微笑ましいやり取りの影で、
もこっちもなにやら、がさごそやっているようですが……

mo093-34.png 
このもこっち、いいですね。
「ん……」という渡し方に彼女らしさがよく出ています。
きっと、どのタイミングかも考えていたんだろうなあ。

にしても、タオル3枚、裸で渡すのかよwww
せめて、紙袋くらいに入れてもらえよw

mo093-35.png 
プレゼントにタオルセット、しかも裸って、
普通なら馬鹿にしてるんかと怒ってもいいレベルですよね。

でもまあ、あのもこっちからなら、「まあありがとう……」ともなりますw

にしても小宮山さん、なんで匂いをかぎだすんだよw唐突すぎんだろw

mo093-36.png 
WWWWW
速攻かよwwwあの時の…!!じゃねーよwww
なんか全身に電流が流れているしwww

もう、この小宮山さんの変態ネタも、うっちーのアンジャッシュネタと双璧なくらい、鉄板ですねwほんと、サイコーですw

あと、「実用的」って言葉にそこまで反応するなよwww

mo093-37.png 
WWWWWWWWWW

はい、ここが今回、うっちーの「遠距離から私に」ネタをさらに上回る、
一番笑ったシーン&ベストシーンになりますwww

もうね。
セリフも表情もすべてさわやかで、すごく心温まる感じなのに、
ここまで笑えるシーンって今まで見たことありませんよ!
もこっちの困惑ぶりがまたw

つーか、「いっぱい使わせてもらうよ」って何をどうすんだよwww

mo093-38.png 
もこっちにしたら、只のタオルですもんねw わけがわからんわなw
まあ、結果的に「ゴミの宝石箱」に匹敵するくらいの友情の証になったことでしょうw

さて、ゆうちゃんがそんなもこっちを意味ありげに見つめていますが……

mo093-39.png 
なんかすべてが「優しい世界」になっていて、そこがかえって笑えますw
まあなんにせよ、みんな幸せそうでよかったよかったw

でも、ゆうちゃんの笑顔になんとなく、さみしさみたいなものも感じますね。



というわけで、ゆうちゃん回でもあり、うっちー回でもあり、何より、小宮山さん回でもあったわけですが、
今までのいいとこどり的な感じで、すごく面白かったと思います。
これで荻野が「バチン」とでもやってくれれば、もうオールスターといってもいいくらいですねw

最近のわたモテって、こういうお互いの勘違いというか、キャラ同士の思惑のズレから沸き起こる笑いが多いですよね。
前回の吉田さん回もそんな感じでしたし。

個人的にも、こういう「認識のズレからくる笑い」ってすごく好きなんですよ。
古い例で恐縮ですけど、「めぞん一刻」の面白さも、本筋のラブストーリー以上にそこが一番の魅力だったと思っているくらいですから。

まあ、強いて気になる点をあげるとするなら、うっちーネタのパターンが限られているかなというところでしょうか。
同じ勘違いネタでも、たとえば井口さんは、小宮山さんとのコラボで広がりを見せたりしているじゃないですか。
うっちーの勘違いって、一人で完結しちゃうんですよね。

もちろん、「遠距離から私に下着あてがってきたーー!!?」だけで、むちゃくちゃ笑えるんですけど、
やっぱり、小宮山さんの「ありがとな」にはかなわないわけですよw

というわけで、うっちーもそうですし、前回の吉田さんもそうですが、
そろそろ、もこっちだけじゃなく、いろんな絡みも見てみたいですね。

今回はニアミスでしたけど、うっちーとゆうちゃんが対面とか、絶対面白いと思うんですよ。
お互い「どんな関係なんだろ」と疑心暗鬼になるとか、間違いなく笑えるでしょw
きっと、喪91のような爆発力が生まれると思うんだけどなあ。


ところで、ついにコミックス9巻の表紙が公開されましたね。
にしても、この表紙はかなりびっくりしました。
watamote_09kan.png 
そう、コミックス8巻の感想の時に指摘した、
コミックス1巻から4巻まで「ぼっち表紙」に戻っているんですよ!

まあ、単純に「4巻ごと」サイクルで、元に戻った、ということなんでしょうけど、
ちょっと衝撃的でしたね。
まさか、またぼっちに逆戻りということはないでしょうが……
(9巻は今まで以上に賑やかになりますしねw)

いずれにせよ、修学旅行編も終わって、わたモテも次のフェーズに入ったんだよ、という感じが伝わってくるいい表紙だと思います。

コミックス9巻は3月22日発売!
スポンサーサイト

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

更新お疲れ様です
久々の優ちゃん回と言う事でとても嬉しかったです、最近は小宮山さんや修学旅行以降の新キャラの出番が多く、優ちゃんがほとんど話に絡んできませんでしたが、そこはバランスを重視する谷川先生らしくちゃんと優ちゃんメイン回を入れてくれましたね。
今回は前々回の様な衝撃的な面白さはないですが、全体的に安定して面白いって感じでした、優ちゃんとうっちーがちょっと似ているって点をきっちり回収する辺り谷川先生らしいなと思いましたw
新たな展開としてはもこっちには優ちゃんという友人がいることを修学旅行のメンバーが知ったことですね、今後も優ちゃんを巡っての新しい展開があるんじゃないかと期待してしまいます。
あと前から思っていましたが、優ちゃんって見ていてちょっと不安になるキャラですね、もこっち・小宮山さんと同じ学校に行けなかったことを必要以上に気にするというか、二人と距離が出来るのを恐れているような感じがします(海水浴が出来なくて泣き出したり、もこっちと小宮山さんの会話に付いていけなくて焦っているシーンが散見されますよね)

No title

コメントありがとうございます。

ゆうちゃんは学校が別という設定上、もともと扱いが難しいキャラではありましたが、
ここ最近、もこっちの周りの環境が変わっていくにつれて、ますます話に絡ませづらくなってきている感はありますね。

でも今回、うっちーがゆうちゃんという存在を知ったという事実は、かなり大きな意味を持ってくるような気がします。
それに、ゆうちゃんとうっちーは似ているという、うってつけの設定があるのですから、
その辺をうまく使えばかなり面白い展開が期待できるのではないでしょうか。
例えば、もこっちがうっちーをゆうちゃんと見間違えて、とか、
逆に吉田さんやシャカ子がゆうちゃんをうっちーと間違えるとか、勘違いの幅も広がりそうですよねw

ゆうちゃんは確かに危ういですよね。
彼女は自分一人で抱え込んでしまうだけで発散させることができないので、ある意味もこっちよりも危険かもしれません。
もこっちなら弟もいますし、小宮山さんもいるのでストレス発散もできるんですけどね。

特に小宮山さんが登場して基本3人組になってからは、
どこかもこっちと小宮山さんとの仲を羨んでいるような一面が見受けられます。
ゆうちゃんって、彼氏も謎ですけど、学校での交友関係もどういう感じなのか、はっきりとはよくわからないんですよね。
きっと、学校の中でも彼氏と一緒のときでも、いつも自分を繕ってばかりで、休まる暇がないんじゃないでしょうか。
だから、悪態をつきながらも自然体で接し合えるもこっちたちに、憧れにも似た気持ちを抱くんだと思います。

今回のラストの笑顔も、自分にはどこかさみしそうなニュアンスも感じとれたんですよね。
そう考えると、「特別編5」のゆうちゃんがますます意味ありげに思えてきました……
そのうち、ゆうちゃんの「心の闇」をクローズアップした話があってもおかしくないですね。

No title

更新お疲れ様です。
いつも「滅びゆくじじい」さんの鋭いご感想を楽しみにしております。随分前よりご感想を伺っていたのですが、ここに書き込むのは初めてです。

私としては今回の話で注目かなと思ったのは、ゆうちゃんが智貴のことを口にしたことです。

わたしの記憶が正しければですが、これまで友モテも含めて、ゆうちゃんと智貴がニアミスも含めて直接会ったこともなければ、互いの事を口にしたこともない、というのは、気になっていました。
「ゆうちゃんの彼氏というのは、実は智貴じゃないのか」という説はかなり以前からネット上でしばしば囁かれていたと思いますが、私は実はこれ、ワタモテのオチの一つとして、結構アリなんじゃないのか、とちょっと思っています。「こみちゃんと智貴君が結婚したら」云々のところも、(もこっちの弟と付き合っているのをかねがね気にしていた)ゆうちゃんがもこっちの反応を試そうとしたのではないか、というのは、さずがに深読みしすぎですかね・・・・・・・

ゆうちゃんの彼氏が智貴だったというのは、(私のような)黒木姉弟ファンからすれば、ちょっと辛いオチでもあるのですが、人見知りの激しいゆうちゃんは智貴に(心を許せる数少ない友人である)もこっちを重ね、智貴は年上なのに何となく頼りなく放っておけないゆうちゃんに(実の姉として複雑な愛憎を抱いている)もこっちを重ねている、とすると、なんだか納得が行くような気がするのです。

いや~我ながらとんでもない妄想を失礼いたしました。ひさびさにゆうちゃんが出てきてくれたのが嬉しくて、つい・・・・・・「ゆうちゃんの彼氏は貴智説」、だれか同人誌のネタにしてくれませんかね。
乱筆乱文大変失礼を致しました。今後ともご感想を楽しみにしております。

No title

はじめまして。いつも楽しく拝読させて頂いております
最近気が付いたのですが、もこっちとウッチーだけが制服のシャツのボタンを一番上まで止めた上に、ネクタイもきちんと締めているんですよね
そうしているのは(たぶん)この二人だけですので、他人に対して自分をさらけ出せないキャラを表しているのかな?などと、ちょっと深読みしてみたりしておりますが^^;

(追記)
あともう一人、“もこっちの女神さま”今江恵美委員長もそうでした!
あのお方を失念するとは、何ともおハズカシイ限り...(;^ω^
この考察、やはり深読みが過ぎましたでしょうか?

No title

コメントどうもありがとうございます。
いつも当ブログをご覧いただいているとのこと、大変うれしい限りです!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

「ゆうちゃんの彼氏=智貴」説はもちろん私も承知していますが、個人的にはそれはさすがにないんじゃないかな……と考えています。というか、できればそうであってほしくはないですね。

だって、それが最後のオチなら、完全に「バッドエンド」じゃないですか。
まったく救いがないというか、正直「自殺エンド」に匹敵するくらいだと思うんですよ。
信じていた人間すべてに裏切られるわけですから。
「ハッピーエンド主義者」としても、そこは認めたくない、というのが本音なんですw

それに、ゆうちゃんのほうはまだしも、智貴のほうはキャラ的にありえないかなと思ってしまうんですね。
もしそうだとするなら、智貴って相当なタマじゃないですか。女に興味がないようなふりをして、影では姉の親友と付き合っているわけですからw
一歩間違えば、ゲスキャラですよね。キャラ崩壊もいいところでしょう。
ましてや、2年近くも姉バレしていないっていうのは、ちょっと非現実的かなと。

ゆうちゃんと智貴にいままでまったく接点がなかった、というのはその通りですよね。だからこそ、そういう説が生まれたんでしょうし。
でも、なんとなくですけど、これミスリードくさい気がするんですよ。

ネットネタにも精通(笑)している谷川さんのことですから、当然「ゆうちゃんの彼氏=智貴」説も把握していると思いますが、知っててあえて、ファンにそう思わせておこうという意図があるように思えるんです。
それこそ、各自同人ネタとして捗ってくればいいや、みたいなw
もしくは、もこっちがゆうちゃんと弟の仲を疑うとか、そういう「勘違いネタ」を今後のために温存している可能性もありますねw

私はどちらかといえば、「ゆうちゃん彼氏実は存在しない説」のほうが、ちょっとアリかなと思っています。
これまでに彼氏の実態が語られるのはゆうちゃんの話の中だけ、というのもなんだか意味ありげですしね。
まあ、もちろんこれもミスリードの可能性があるわけですがw

でも、ゆうちゃんが実は「闇」をかかえているという設定はあってもおかしくはないとは思いますね。
少なくとも智貴よりは、まだそっちのほうがリアリティがあるかなと。

いずれにせよ、どちらの説も作品内でははっきりと語られることはないんじゃないでしょうか。
意味ありげに匂わせつつ、最後まで肯定も否定もされずにファンが各自妄想を繰り広げる、というのが、
読者にとっても、作品にとっても、一番幸せなんじゃないかと思いますw

No title

o_nさん、はじめまして。コメントどうもありがとうございます。

おお、よく気づきましたね。まったくわかりませんでした…
もこっちとうっちーのみ制服をきちんと着ている、というのは、ちょっと意外ではありますが、確かに深い意味がありそうにも思えますねw
今後、何か気づいたらその辺も考察してみようかと思います。
貴重な?情報、どうもありがとうございましたm(_ _)m
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line