アニメ監獄学園を創った男たち【YM the3rd編】2~監獄学園-プリズンスクール-はまだまだ続く~

ああ、すっかり「アニメ監獄学園を創った男たち【YM the3rd編】」の続きを忘れていました……
というわけで、今更ですが、2本目の感想です。

1本目の感想はこちら

prison_third02_01.png 
しょっぱなからもうわけがわかりませんが、
まあ原作やアニメを見ていたファンには、これがなんのことなのかお分かりですよねw

prison_third02_02.png 
そう、私も実際に見るまでは間違いなく『放送できずにカットだろう』と思っていたエピソード、「うんこ.mp3」です!

いやああれの「制作秘話」が読めるとは!
もう最初からテンションMAXになりましたねw



prison_third02_03.png 
とりあえず、まず確認したいことは「ツジ子はなんでよりによってこんな時に飯食ってたんだ?」ですねw
つーか、佐藤監督、わざわざこの音を聞かせにやって来たって、ほとんど嫌がらせじゃんw

あと「なんでこんなに水っぽいんだ」とか「誰の何なんだ」とかいちいちセリフが面白いwww
欄外コメントでも言及していましたが、本当にこういうSEってどうやって作っているんでしょうかねえ。

prison_third02_04.png 
はい、ここでまず最初の重要事項。

なんと元々は「無音」演出ということで決まっていたというのです。
つまり、あの音は佐藤監督の独断から始まったのですね。

prison_third02_05.png 
そんな「ウンコで笑える小学生みたいな発想」の佐藤監督に、プロデューサー・カワセは「考査」の件を引き合いに出します。

「考査」とは、「TV局がそのアニメに放送できないシーンが含まれるかどうか」、事前に絵コンテやシナリオをチェックするものだとか。
普通のアニメなら、あって2~3箇所(@1話)だということらしいのですが……

prison_third02_06.png 
WWWWW
まあそりゃそうでしょうねw

でもそんなの百も承知で企画通したんじゃないの?とも思います。

そもそも、それならなんでこのアニメ企画にGOサイン出したんだという話ですよ。
「クレイジー」と呼ばれる佐藤監督を抜擢した時点で、お前らも覚悟していたんじゃないのかよ、いまさら何言ってんだという気もしますね。

佐藤監督も
「『監獄学園』をアニメ化するとなれば当然考査も厳しいのは誰もがわかっていたはずだ!」と反論していましたが、まさにその通りだと思います。

彼は言います。
反発したいんじゃない。ただ追従してしまうことで、挑戦心や勇気を失うことが恐ろしいのだ、と。

正直ここは、私的にもかなりグッとくるシーンだったのですが……

prison_third02_07.png 
なんだこいつwww

もうこの宗教っぽい場面で「ああなんだネタなのか」と思いましたw

prison_third02_08.png 
だから、だまされんなってwww

それはそうと、やっぱりツジ子はかわいいなあw

まあいくらかっこいいことを言っても所詮、「うんこ音」をどうするか、という話だけなんですけどねwww

というわけで、この後こんな話し合いになるわけですw
prison_third02_09.png 
「水っぽい音を抑えてオナラ主体に」
いまだかつて、こんな形の“妥協”が果たしてあっただろうか……

これは本当にいい「制作秘話」でしたねw
あれで、「当初よりは多少控えめな音」だったというのですからwww
もうその「本気」さに、脱帽するしかないです。

さて、話はこれで終わりではありません。まだまだ「クレイジー」秘話は続きます。

prison_third02_10.png 
!!?

まあスタッフならずともこの人何言ってんだとなりますよね。
馬の出るシーンていうと、わたしは芽衣子の「どうどう」かなと思ったのですが、どうやら違ったようです。

prison_third02_11.png 
なるほどwあのシーンをもっと派手にかっこよく見せたかったんですね。

prison_third02_12.png 
マジギレ2www

でもこれはプロデューサー側の意見がもっともだと思いますね、正直w
そんなところに尺と手間をかけるくらいなら、それこそ「キヨシと花ちゃんがいろいろ大変」な部分に力をもっと注ぐべきでしょう。

そもそも「動物を動かす」というのはアニメの中でも相当大変なんだそうです。

で、ここはマツクラPの「最終話にそんな余力があるわけがない」という至極納得の説得により、なんとか馬の演出は諦めてもらったのですが……

prison_third02_13.png 
2番目の重要情報。佐藤監督は此の期に及んで、なんと交換条件を出してきたわけです!

なるほど、あの「どうしている」アニメ化の裏にはこんな駆け引きがあったんですね。
この辺のやりとりってカメラとか回ってなかったんですかね?すごく見たいんですけど。
再現ドラマでもいいんで、BDの特典映像にあったら購入決定なのになあw

prison_third02_14.png 
さらなる重要情報。なんと、9話丸ごと「腕相撲」エピソードにするつもりだったとは!

そうかあ、あれでもすごかったとしか言いようがない演出だったと思うんだが、あれ以上に魅せようとしていたのか……

prison_third02_15.png 
「世界一狂ったアニメにしてやる」と豪語する監督に圧倒されるツジ子w

でもこのエピソードはかなり大きなポイントだと思いましたね。
それだけあの「腕相撲」は、佐藤監督にとっても相当思い入れがあったわけです。

prison_third02_16.png 
ここでふたたびマツクラPの一声。
どうやら制作会社の責任者のようですし、この人が佐藤監督に一番強く言える立場なんでしょうね。

で、そのマツクラが言うには、このままでは、
「これまでのあらすじで1話丸々作ることになる」ということらしいです。
つまりはそーしゅー…

prison_third02_17.png 
なるほど、さすがの佐藤監督もこれには悪寒が走るほど恐ろしいことなんですね。
ツジ子にその言葉さえ言わせないとはw

prison_third02_18.png 
おお、さすがはプロw

そうですよね、アートじゃなく商業アニメを作っているのですから、そこだけは絶対に越えてはいけないところです。
ギャグぽく描かれてはいますが、佐藤監督が単なるクレイジーボーイなのではなく、アニメのプロフェッショナルであるということをよく表している話だと思います。

prison_third02_19.png 
wwwwwなんだそれw

どうやら、カワセPがいうには、
「ここまで頻繁に使うのはマズイ、ここは表現を柔らかく」
ということらしいのですが、正直何言ってんだかwって感じですね。

表現を柔らかくっていうより、ウンコよりウンチのほうが「軟らかい」イメージってだけだろwww

prison_third02_20.png 
またしても重要な情報がw
なんでも「うんこ」って言葉はあれでも半分減らしたそうですよw
(ということは10秒間に6回は言わせるつもりだった?)

はい、というわけで、2本目のレビューでした。

最後だからというわけでもないんでしょうが、本当に「今だから言える」制作秘話満載の回でしたね。

「うんこ音」問題。
「島津の退き口シーンでの馬演出」問題。
「腕相撲まるまる1話」問題。
そして「ウンコウンチ」問題wと、
最後だから面白エピソードすべて出し尽くそう、という気持ちが伝わってくるような最終話(?)だったと思います。

あ、そうだ、最後の最後でさらなる重要情報があったんですよね。
そう、「次回掲載は未定だけど、来年単行本にする予定なので、待っていてほしい」ですよ!(この場合の来年はもちろん2016年、今年のことです)

うーん、ようやくこれで「アニメ監獄学園を創った男たち」の感想も最後かなと思っていたのですが、
単行本が出た暁には、また書かなきゃいけなくなるかもしれません……
(今までの9本だけじゃあ100ページ前後にしかなりませんから、なんらかの書き下ろしが入りそうですし)

まあ、3月にはOAD付単行本も出ますし、まだまだこれからも「監獄学園」について語っていこうと思います。

 


あと、昨年末に終了した TVドラマ版「監獄学園 プリズンスクール」ですけど、総合的に見れば、まあまあ悪くはなかったんじゃないかという感想を持ちました。

まあ正直、3話くらいまでは、これはダメだなと感じたんですがね。特にキヨシとガクトの脱獄計画を大幅にカットしたのは、かなり残念でした。
確かに全9話でやりくりしなきゃならないんで、しょうがないというか、これは制作スタッフの問題というより編成側の問題だとは思うんですが、見ている側としてはやっぱり腑に落ちない感があります。あれだと、キヨシが果たして戻ってこれるのかという緊迫感がまったく感じられないんですよね。あの念密な計画があってのあのトイレシーンだったと思うので。

でもまあ後半はかなり盛り返しましたよ。
ていうか、監督は前半を捨てて、腕相撲や尻問答にすべてをかけたんですね。全9話でやれと言われて、その辺開き直ってのあの構成だったのでしょう。与えられた条件の中でベストを尽くしたんだなと思います。

特に最終話は素晴らしかった!ある意味、アニメよりも2期を期待させる演出でしたね。

そういえば昨年25日、ニコニコ動画でドラマの一挙放送と一緒にやっていた「ドラマ監獄学園キャストと一緒にクリスマスパーティー」をこの正月(!)にタイムシフトでみたんですけど、
こちらもまさに「制作秘話」満載のすごい内容でした。

あの原作の絵を使ったオープニングバックは井口監督がすべて一人で選んだものだったとか、
芽衣子の「つば」は本物だったとか、苦情がなんと1件もなかったとか(!)、本当に「アニメ監獄学園を創った男たち」にも負けないくらいの意外な秘話がたくさん聴けて興味深かったです。

特に、芽衣子のバッタシーンの話は感動しましたね。

なんでも「このシーンだけは絶対にカットしないでくれ」と原作者および出版社側から言われたのが、あのシーンなんだそうです。「ここに芽衣子のキャラクターのすべてがあるから」と。

監獄学園」がどういう作品なのかが実によくわかる、本当にいい話だと思います。

 

「アニメ監獄学園を創った男たち」感想、今までのまとめはこちら↓

第1回
http://horobijiji.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
第2&3回
http://horobijiji.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

アニメ監獄学園を創った男たち【声優編】
第1回(ガクト)
http://horobijiji.blog.fc2.com/blog-entry-139.html
第2回(ジョー)
http://horobijiji.blog.fc2.com/blog-entry-141.html
第3回(アンドレ)
http://horobijiji.blog.fc2.com/blog-entry-144.html
第4回(シンゴ)
http://horobijiji.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
スポンサーサイト

tag : 監獄学園

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line