アニメ監獄学園を創った男たち【声優編】4~シンゴで締めることの意味~

第1回目が掲載されたのが、11月2日発売のヤングマガジンNo.49ですから、すでに一ヶ月半以上経っていますが、「アニメ監獄学園を創った男たち【声優編】」の感想もようやく今回でラスト! 最後を飾るのはシンゴ役の鈴村健一さんになります。

はっきりいって、ガクト→ジョー→アンドレときてのシンゴという流れに、
最初は、なんでこの順番なんだろと思うところもあったんです。

だって通常は、ワキから攻めていって最後にメインじゃないですか。

キヨシ以外の4人をやるにしてもシンゴなんてまず一番最初にさっと取り上げてから、ジョー、アンドレときて最後にガクトという感じだと思うんですよ。
わざわざ重要キャラを逆からなぞる意味がよくわからなかったんですね。

でも、このシンゴ編を読んで納得しました。
なるほど、こういうテーマだからこそ、最後はシンゴで締めなければならなかったのか、と。
そういった意味でも全体としてすごく楽しめたというか、本家さながらの構成力に感服したシリーズでしたね。

さて、それでは見ていきましょうか。

prison_seiyu4_01.png 
何だ、この言わされている感丸出しのセリフはw


というわけで今回は、いきなり収録現場から話は始まります。
オオサワとマツクラの「ズンズン」がコントぽくって逆にいい感じですw

prison_seiyu4_02.png 
こっちも意地になるしかって……
なんだかどっちもどっちというか、もはや「クレイジーチキンレース」になっていないか?

prison_seiyu4_03.png 
息継ぎwww
そういう問題だったのかよw
クレイジーというから、てっきり地上波タブー的なアレかと思いきや……w

prison_seiyu4_04.png 
だからなんなんだ、この説明的なセリフはw

でもまあ、声優さんにあまり詳しくない原作ファンにはうれしい仕様ですよねw
つまり、鈴村さんは「安定感」のある声優さんであると。
心配事ばかりの『監獄学園』で~」というセリフが笑えますw

さて、その鈴村さん、なんだかちょっと複雑な思いがあるようですが……

prison_seiyu4_05.png 
なんだそれww

要は、あの“クレイジーボーイ”水島努監督の現場においては、
「安定感」だの「安心感」だのむしろ場違いなのではないか、という悩みのようですが、
いやいや、シンゴも別に普通じゃないからw
あの世界の中では他と比べて相対的にそうなるだけで、彼自身も十分におかしいからw

prison_seiyu4_06.png 
prison_seiyu4_06b.png 
なるほど。まあわからないでもないんですよね。

強烈なキャラばかりの男囚たちの中で、シンゴの立ち位置はけっこう難しいところがありますからね。
ある意味、一番演技力が求められるキャラなのかもしれません。

prison_seiyu4_07.png 
「乳首当てゲームで当たったのに当たっていないフリをするアンドレ」
を考えていた興津さんの“クレイジー”演技に、刺激を受ける鈴村さんw

で、妙なところで役者魂が出てしまったのか、次の電車ごっこのシーンで彼はこんなことをおっぱじめます……

prison_seiyu4_08.png 
おい、やめろってw
それはお前の仕事じゃないだろ!

クレイジーですか、じゃねーよw

この辺、ちょっと鈴村さんは方向を見間違えてしまっていますね……

prison_seiyu4_09.png 
そりゃ、そうですw

この場面はちょっと感動しましたね。
単に“クレイジー”を求めているわけじゃなくって、
あくまでいい作品を作る上での“クレイジーボーイ”だということがよくわかるエピソードだと思います。

prison_seiyu4_10.png 
だから、それは鈴村さんの仕事じゃないんだってw

ここで【声優編】第2回「ジョーの咳」が出てくるのがなかなか効果的ですね。
なるほど、ああいう「クレイジー指示」がむしろ欲しいわけかw

prison_seiyu4_11.png 
で、“クレイジー”を求めて原作を読み込む鈴村さんw

なんだか動機は間違っているような気がしますが、
研究熱心というか、仕事に取り組む姿勢は間違っていませんよねw

で、原作のシンゴに活路を見出した鈴村さん、
「やはりここしかない」とシーンが
prison_seiyu4_12.png 
これですよwww

で、「いける…!!ここが俺たちの活路だ!!」って、いろいろおかしすぎますww

でも、俺「たち」という部分がいいですよね。
シンゴというキャラクターと一心同体になっている声優さんの矜持みたいなものを感じます。

prison_seiyu4_13.png 
当たり前だろw

つーか、なんであのシーンがあると思えるのかわからん……
シリーズ構成というものを考えていないのかw
どう考えてもそこまでやるなら1クールで収まるわけないだろw 切りどころも悪くなるし。

あと、なぜツジ子にこの話を持ちかけたのかもよくわかりませんw

prison_seiyu4_14.png 
なぜ謝るw

それはともかく、あいかわらずツジ子がかわいいですw

prison_seiyu4_15.png 
1期にないなら2期でやればいいじゃない!
お、おう…

うーん、ちょっと強引な展開のような気もしますが、なるほど、これがやりたかったわけですね。

prison_seiyu4_16.png 
2期やりましょう!と熱く語る鈴村さんに笑顔で応える水島監督。

顔で語るという感じで、なかなか魅せるシーンではありますが……

prison_seiyu4_17.png 
wwwいいオチだw
前回といい、すごく「ギャグ漫画」ぽい締めで個人的に大好きなノリですね。

しかし、やっぱり最大のネックは「みんなのスケジュール」なのね……


というわけで、ようやく【声優編】も終わりを迎えたわけですが、
要するに、「俺たちも2期やりたいんだよー!」って言いたいがためにシンゴ回をラストに持っていたわけですねw

ガクトジョーアンドレの回はシンゴ役の「普通」さを際立たせるための布石だったと。
うーん、実によくできた構成だw
「制作秘話」と銘打ちながら、実は最初から「2期見たいなら円盤買ってね」がテーマだったというw
まあある意味、清々しいオチだったと思います。

prison_seiyu4_aori.png 
で、どうやら、ヤンマガ編集部も切実(笑)に渇望しているようですが、
まあ、アニメ化効果で原作部数もかなり伸びたらしいですからね。
次の弾がなかなか見つからない今、講談社としても、稼げるときに稼いでおきたいところが本音でしょう。

それにしても、原作側がここまで露骨に2期やりたいことを押してくるとは思っていませんでした。
アニメスタッフがいうならともかく、ちょっとどうなのかと思わなくもないですね。

いずれにせよ、2期を作る上で「みんなのスケジュール」の壁を打ち破るためには、
どうやら円盤の売り上げも重要のようですので、2期を見たいファンは購入するのもありかもしれません。


というわけで、誌面掲載からだいぶ時期がずれてしまいましたが、「アニメ監獄学園を創った男たち【声優編】」の感想もなんとかこれにて無事終了となりました!
どうもありがとうございました……って、何か最後に告知があるんだけど……

ヤングマガジンサードvol.1【12月4日(金)発売】にも一挙2話掲載だ!!
こっちもよろしく頼むぞ!!

prison_seiyu4_yokoku.png
……なんだと……
いったいこれ以上なにがあるというのでしょうか……しかも一挙2話とか…

……仕方ありません、乗りかかった船です。
その「ヤングマガジンサード」も発売からすでに2週間以上経ってしまっていますが、
あと1回、「ヤングマガジンサード」編の感想をなんとか年内にアップしたいと思います……
(もはや完全に意地だけです)


ところで、今月はファン待望の原作コミックス19巻も発売になりましたね。
 

遅ればせながら、私も購入したのですが、
prison19hyoushi.jpg 
販促帯になんだか、おかしなことが書いてあるのですが……。

「出るぞ! OAD!!」
マジですか!!!(今さらの情報ですみません…。今月はホント忙しくて…)

2期うんぬんというのもこれの布石だったというか、
スケジュールとか円盤売り上げとか言いつつも実は「既成事実」ということなんでしょうかね?
なんだか、騙された感がハンパないんですけど……。(まあ2期は2期でやりたいんでしょうが)

で、気になる中身のほうはというと、コミックスにこんなチラシが同封されていました。
prison-dvd01.jpg prison-dvd02.jpg 
「脱獄成功→俺達は自由だ」から「表生徒会」登場までの間のエピソードである、「マッドワックス」編(コミックス9巻収録)をアニメ化するそうです。
つまりは、アニメ最終回でダイジェストとしてちらっと描かれていた部分もきちんとストーリー構成として見せるということなのでしょう。

来年3月4日発売のコミックス20巻にDVD付き限定版として発売とのこと。
 
まあ確実に手に入れたい人は予約はしておいたほうがいいかもしれませんね。
でもやっぱりこういうのってブルーレイじゃなくってDVDなんですね……
いろいろ諸事情あるのでしょうが、DVDなら別にいいや、というアニメファンもいるかも。



スポンサーサイト

tag : 監獄学園

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line