9月13日購入物備忘録その1(マグダラで眠れVII)

20150913kounyu.jpg 
9月13日に購入したもの。

ここしばらくけっこう忙しく、悪天候もあって、なかなか外で買い物もできなかったのですが、久々にマンガやラノベを買いました。
まだゆっくり、読んでもいないので、感想といった感想は書けませんが、まあ今回は備忘録的に思い浮かんだことをつらつら書いていく感じで。
今日はまずはその一つ目、「マグダラで眠れVII」。

magdala07_omote.jpg 
狼と香辛料」の作者が描く錬金術師ファンタジー、「マグダラで眠れ」の最新刊。
途中、スピンオフや別シリーズなどがあったため、前巻から一年ぶりの刊行になりますね。

私は基本的に「剣と魔法」とかハイファンタジー系は苦手です。SFでもホラーでもなんでもいいのですが、舞台設定が、「現代の日常世界」でないと、どこか身構えてしまって、うまく物語に入り込めないところがあります。

ただ、何事も例外というものはあるもので、
その数少ない「例外」が「狼と香辛料」、そしてこの「マグダラで眠れ」というわけです。


どうして、支倉氏の作品はすんなり入っていけるのだろうと考えてみたのですが、
たぶん、私にとってこれらの作品は「わかりやすい」からなんだろうと思います。

言い換えれば、ファンタジーぽくないんですよ。
「狼」にせよ「マグダラ」にせよ、物事の雌雄を決するのは魔法や剣ではなく、必ず人間の“知恵”なんです。
だからこそ交渉力が問われる商人や職人こそが物語を作っていく。
この辺、中世ヨーロッパを舞台にしながらも、どこか現代に通じたエッセンスを感じ取れるのが面白いんですね。

実際、支倉さんの作品の魅力ってほとんどが会話の妙というか、掛け合いですからね。
アクションや緊迫感のあるサスペンス的な魅力ももちろんありますが、やっぱり最終的にはホロとロレンス、クースラとフェネシスとの絶妙なやり取りに尽きると思います。
まあ、そういったところが、「日常派」の私の琴線に触れたんだろうという気がしますね。

「狼と香辛料」は“幸せでありつづける物語”はあるのか、というテーマが根底にありましたが、「マグダラで眠れ」はさらにその“先”、すなわち「マグダラの地」そのものを描こうとしています。

はっきり言って、そんなの行った人間にしかわかるわけないだろう、という気もしますが、「狼と香辛料」であれだけ素晴らしい「ハッピーエンド」を示してくれた支倉さんのことですから、きっと想像もしなかったような地に我々を連れて行ってくれるのではないでしょうか。

物語もいよいよ佳境に入ってきた感じですし、なんとしても最後まできちんと見届けたいシリーズの一つですね。


スポンサーサイト

tag : マグダラで眠れ

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line