ナンバーガール2巻購入。

numbergirl2-01.jpg 
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の谷川ニコさんのもう一つの代表作(?)である、「ナンバーガール」の2巻をようやく購入しました。
※余談ですが、“ナンバーガール”で検索するとバンドのほうばかり出てきますね。まあ、当たり前ですけど。

「わたモテ」ファンの中で、果たしてどれだけの人がこの作品も読んでいるかわかりませんが、
私は基本的に、好きになった作品は作者ごと追いかけるタチなので、この作品も読んでいます。(さすがに雑誌で追いかけてはいませんが)

……と言っても、ちょうど「わたモテ」のアニメが始まるころ、「わたモテ」4巻と同時発売だったので、まんまとその販売戦略にのせられただけなんですけどね。
「ナンバーガール」1巻の帯には“「ワタモテ」の作者が放つ4コマギャグ”というキャッチもありましたし、今回の2巻も帯を見ていただければわかるように“「私がモテないのは~」の谷川ニコのSF4コマ!”とあります。

なんというか、「わたモテ」のネームバリューで売ろうという意図が見え見えですねw まあ、私もそれでこの作品を知ったわけですし、別に悪くはないですけどね。

さて、この「ナンバーガール」。
どんな作品かというと、まあ一言でいえば「女子高生クローン4コママンガ」です。
といっても、これだけではよくわからないかもしれませんね。


要するに、まったく同じ姿をしたクローンの女の子が16人出てくるわけです。彼女らは名前すらありません。
「2」とか「16」とかみんな“ナンバー”で呼ばれるわけですよ。
エヴァの綾波レイだって、名前はありましたからね。ある意味、「私が死んでも代わりはいるもの」どころの話ではありません。
普通に考えれば、かなりへヴィな内容ですが、これをからっとしたテイストで“笑い”に変えていくわけです。

まあ、シャレにならないくらいの切ない状況を“笑い”に変えてしまうのは、「わたモテ」に通じるものがありますし、
きっと、「わたモテ」ファンにも楽しめる作品だと思います。

ただ、もこっちのように“共感性”や“クズかわいい”といったキャラ性で読ませる作品ではなく、どちらかというと、“ブラックユーモア”的な笑いなので、すべての人にお薦めできるかといえば、ちょっと微妙かもしれませんけどね。

それにしても谷川ニコさんって、マンガのモチベーションがホントひねくれていますよね。

「わたモテ」も『「モテない」と言いながら、なんだかんだいって、同性にも異性にも「モテてる」キャラクターが嫌い』で、
当初はまったく可愛くないキャラで、友達も本当に一人もいない設定にしようと思っていたらしいのですが、
この「ナンバーガール」の設定を思いついた理由も相当ひねくれています。

漫画のキャラクターは1人1人個性がないといけませんが、ならばと逆に全員、全く同じにしてみようと思ったのがスタートラインです。

これは、「ナンバーガール」1巻が発売したころのインタビュー記事からの引用ですが、普通は思いついてもそれを実際に作品にしようとは思いませんよね。

マンガはキャラクターだといったのは高橋留美子の師匠でもある小池一夫氏ですが、それが真理だとしてもあえてそれに逆らってやるという底意地の悪さがそこにあります。

でもその底意地の悪さこそが、もこっちという魅力的なキャラクターを生み出したわけです。

この「ナンバーガール」も初めのほうは、「みんな同じで個性がない」というそのこと自体を笑いしていましたが、
だんだんと、それぞれが微妙に“個体差”を獲得していく過程が描かれています。
この辺も「あるあるネタ」から「キャラクターギャグ」に変わっていった「わたモテ」に通じるところがありますね。

「わたモテ」より「毒」要素も多めですし、もこっち好きのすべての人にお薦めできるかといえば微妙ですが、
こちらから試し読みもできますし、少しでも気になる方は是非。

なお個人的には今回の2巻、本編以上にあとがきが一番笑いましたね。
わたモテのあとがきマンガとかが好きな人は必見ですよ。


ところで、
numbergirl2-02.jpg 
裏表紙には、谷川ニコさんの代表三作品(?)が紹介されているのですが、
それぞれのキャッチコピーの「やっつけ感」がひどいですw

numbergirl2-03.jpg 
ナンバーガールの「まだ持っていない人はどうぞ!」はまあいいとしても、
ちょく!」の「やたら血がでる流血ラブコメ!」とか、これじゃあ何が何だかよくわからんだろw(まあ間違ってはいないけど)

そしてなにより、
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のコピー!

喪女のもこっちがキレまくる!」って、ふざけてんのか!
まったく、よその出版社だからって、テキトーなこと書かないでもらいたいw

ナンバーガール (2) (電撃コミックスNEXT)ナンバーガール (2) (電撃コミックスNEXT)
(2015/02/26)
谷川ニコ

商品詳細を見る

ナンバーガール (1) (電撃コミックスNEXT)ナンバーガール (1) (電撃コミックスNEXT)
(2013/06/27)
谷川 ニコ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

tag : ナンバーガール 谷川ニコ

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line