FC2ブログ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪150~おいしい料理にはそれにふさわしい器がある~

2月7日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」が喪150に更新されました。

うーん、今回は前回とはまた違った意味で、感想が書きづらいですね。

そうですねえ…読み終えた時の私の心境をもこっちに託すとするなら、
mo89-22.png 
こんな感じでしょうかw

なんていうか、少しもやもやするんです。または、これは久々に「苦言モード」に入らないとダメなのかなという変な緊張感が胸をよぎるせいでしょうか。

いえ、内容は面白かったんですよ。むしろ“面白かったランキング”では前回よりも上にきます。(この辺がまた記事を書きづらい理由なんですがw)
笑えたネタだって、質量ともに今回に軍配があがりますね。

そう、料理そのものはいいんです。
問題はその出し方ですね。料理の盛り方というか、器に問題があるような気がしたんですよ。せっかくの料理をこんな形で出すかね、みたいな。
そのせいで、ひとつひとつのエピソードの魅力がうまく伝わっていないように感じた回でしたね。

こういうパターンはたまにあるのですが、そのたびにどういうテンションで書こうか悩みます。
あまりはしゃいでいるとその不満がうまく伝わらないし、かといって「苦言」を変に取られて叩いているように思われるのも心外です。
あくまで愛ゆえのさらなる願いに過ぎないのですが、それを自分の中でもうまく呑み込めていないがために悩みなんでしょうね。

まあとにかく、やってみるしかないでしょう。出たとこ勝負というやつです。
それでは、見てまいりましょう!

more...

スポンサーサイト

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!14巻 感想~先を急ぐ「焦燥感」がもの悲しさを呼び起こす~

 
1月22日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」14巻が発売されました。

前巻が「遠足編」なら、今回の14巻は「GW編」。
こうして字面だけ見ると、なんだか賑やかで楽しそうな雰囲気ですよね。
3年生編が始まって随分たちますが、わたモテの世界はいまだ春、浮かれた空気が漂っているかのようです。

でも実際に読んでみると、なんだかもの悲しい印象を受けました。個々の話はそれほどでもないのですが、なぜか全体を通してみるとそんな気持ちになってくるんです。どの話がどうということではなく、ひとつひとつの話の連なりがそれを形作っているように感じましたね。この感覚は単行本ならば、という気がします。

というわけで、遅くなりましたが今回も14巻の感想を綴っていきたいと思います。よろしくお付き合いのほどを。

※各話(喪133から喪142)の感想は、以下の各エントリーを参照してください。

more...

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line

祝!高橋留美子が第46回アングレーム国際漫画祭「グランプリ」を受賞

高橋留美子が「漫画のカンヌ」グランプリ 「慣例を超えた最初の人物」
https://kai-you.net/article/61378

曲がりなりにも高橋留美子主義者を名乗っている私ですから、このニュースを取り上げないわけにはまいりません。
そう、この度、フランスで行われている第46回アングレーム国際漫画祭にて、高橋留美子が「グランプリ」を受賞したのです!

アングレーム国際漫画祭とは、「漫画のカンヌ」とも言われる、1974年からフランス南西部アングレーム市で開催されている欧州最古の漫画イベントのこと。
基本的には「バンド・デシネ」と呼ばれるフランス中心の漫画を対象とした賞ですが、最近では日本漫画のノミネートも増えているそうです。ただ、それでも「グランプリ」となると、日本人としては2015年の大友克洋氏しか受賞していません。
今回の高橋留美子の受賞は史上二人目。しかも女性としても二人目だそうで、かなりの快挙といってもいいでしょう。

これはもう、素直にうれしいですね。40年近くファンをやっている身としても実に感慨深いものがあります。

こう言ってはなんですが、かつてはアニメ「うる星やつら」なんて、有害作品の代表みたいに言われていましたからね。当時、新聞に批判投稿が載るたびに行き場のない憤りを抱いていたことを今でも鮮明に思い出しますよ。いつの間にか手のひら返したかのように絶賛しているメディアは今でも信用ならないですね。(クイーンの時にも似たようなこと書いたな…)

まあとにかく、こんな名誉ある賞をいただいたのはすごくうれしいですし、世界の人たちにその業績が認められたのは誇らしくもあるわけですが、その受賞理由には若干の引っ掛かりも感じてしまいます。

more...

tag : 高橋留美子

line

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪149~ただもう、好きだとしか言いようがありません~

1月17日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」が喪149に更新されました。

なんだろう、今回の話はなんかすごく好きですね。
ここ最近の中でもたぶん、3本の指には確実に入りますよ。

ただ、どこがいいのかと言われると、言葉がうまく出てこないんですよね。
特別笑えるとか、最高に面白いという感じでもないですし、かといって、泣ける話というわけでもありません。
わたモテは「痛い」「切ない」「笑える」の3つの話に分類できるという説をかつて唱えた私ですが、どうも今回の話はそのどれでもないような気がするんです。もしかすると、そういう部分も魅かれる理由のひとつなのかもしれませんが。

とにかく、自分でも不思議に思うくらい異常に好きなんですけれども、いざ感想記事を書くとなると逆に難しいんです。「好き」というのは、完全に100%主観ですからね。

さきほど、3本の指とは言いましたが、それはあくまで個人的な“好きランキング”の中の話なんです。これが例えば、“面白かったランキング”とか“笑えたランキング”だったら、おそらく中くらいだと思います。
つまり、この場合の“好き”と“面白い”はまったくリンクしない別のカテゴリーなわけです。この感覚を伝えるのは、そう簡単にはいかないような気がします。

とはいえ、いくら主観丸出しに書きなぐるところだとはいっても、さすがに好きだ好きだ好きだーだけではチラシの裏にさえなりません。表に出すからには、それなりの形にするべきなのですが、さてどうしましょう。

まあ、いくらない頭を振り絞っても妙案は出てくるものでもありません。
ここはいつものように、ひとつひとつ見ていくしかないようです。

というわけで、さっそく見てまいりましょう!

more...

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!喪148~この楽しさがこれからも続きますように~

まずは遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

というわけで、1月3日に「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」が喪148に更新されました。

正直、お正月真っただ中の更新はどうも変な感じでした。なんだか落ち着かないというか。

ある意味、わたモテの最新話を読むというのは、私にとっては「日常」なんです。要するに普段の生活の一部なんですね。
一方、お正月は言ってみれば「非日常」。
近所の氏神様に初詣をしたり、親戚一同と顔を合わせたり、はたまた駅伝を見たりと、年始ならばの特別な時間を味わうものという認識があるわけです。さらに言えば、頭を使わずに基本ぼーっとしているだけなんですよ。そうしないと私の場合、新たな一年を始められないんです。

なので、まだ仕事始めもないままの今回の更新はかなりのイレギュラー感覚がありました。(まあ元々更新日が祝日だったりすると調子が狂うところがありますけどね。喪125とか喪106とか)

ていうか、この時期にわたモテが更新するということ自体がイレギュラーといってもいいでしょう。しかも、お正月特別企画というわけでもなく、普通に“喪148”ですからね。レギュラー更新ゆえにイレギュラーというw

ただ、まったくの通常更新だったかというと、そうでもなかったような気がします。ほのかにいつもとは違う“特別”感も漂っていたのではないでしょうか。

というわけで、さっそく見てまいりましょう!


more...

tag : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
ぬるく切なくだらしなく。 オタクにも一般人にもなれなかった、昭和40年代生まれの「なりそこない」がライトノベルや漫画を主観丸出しで書きなぐるところです。 滅びゆくじじいの滅びゆく日々。 ブログポリシーはこちら

なりそこない

Author:なりそこない
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カウンター
line
表現規制問題について
line
Amazon人気商品










line
My Favorite商品
line
検索フォーム
line
読んでいます
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line